中野駅前から考える、都市部の駅前再開発

7097.jpg

 東京・中野の駅前が大きく姿を変えようとしている。01年に移転した警察大学校の跡地には、13年から14年にかけて明治、帝京平成、早稲田の3大学のキャンパスや施設が次々と建ち、キリンホールディングスの本社も移転してきた。お昼時などには街に学生たちがあふれ、一時は食事どころを探して歩く姿も見られたほどだ。この先もさらに駅前を中心とした再開発が計画されており、16年8月25日には中野サンプラザを含む周辺地域の再整備事業に向けて、野村不動産を代表とする事業協力者グループが選定されたばかりだ。

 再開発は街の人とモノの流れを大きく動かす。では、そこに地元の中小企業はどのように対応すべきだろう。いや、そもそも再開発という大規模プロジェクトに、中小企業が関わっていくことができるのだろうか? 大手のデベロッパーが主導する多くの街づくりプロジェクトにおいて、そこに民間が参画するのはあまりにハードルが高すぎるように思われる。

 中野の再開発では区内の5つの経済団体が協力し、「これからの中野のまちづくりを考える会」を発足。16年3月には区長と区議会議員にむけた提言書を提出している。地元企業も一体となった街づくりは、どのように行われているのか。同会の代表幹事を務める高山義章さんに話を伺った。

■文化に寄りそう街づくりが、経済のリスクヘッジとなる

――中野駅前では現在サンプラザ周辺をはじめ、様々な場所で再開発計画が動いています。これを地元企業の方々は、どのような思いで見ているのでしょうか?

高山 現在計画されている再開発では、西側の線路沿いにある囲町一帯を三井不動産が、駅南の西口地域をUR都市機構が、南口地域を住友不動産と西松建設が、それぞれ主体となって再開発を進めています。その中でエリアマネジメントが行われていないため、ようするに中野という街をバラ売りしている状態なんです。そこに地域としては最大の危機感を持っています。

――このまま進めば、連動や回遊性のない再開発になってしまうということですね。「これからの中野のまちづくりを考える会」が提出した提言書では、トータルコンセプトとして「多彩な文化が織りなすまち×そしてその文化を「皆で」育成・醸成していくまち」が提案されていました。これは、エリアマネジメントに対する、地域からの提言ということになるのでしょうか?

高山 「これからの中野のまちづくりを考える会」は15年6月に発足し、一個人でも参加できるワークショップ型の勉強会を繰り返してきました。その中で分かったことの一つが、個別の開発で街は発展しないということ。そして、もうひとつがハード(建物)とソフト(中身)が連動したコンセプトが必要だということです。

――そのコンセプトとして、会では“文化”に注目されました、その理由とは何だったのでしょうか?

高山 中野は言わずと知れたサブカル文化の聖地ですが、他にも梅若能楽学院会館を中心とした伝統文化、社会福祉法人愛成会を中心としたアール・ブリュット(アウトサイダーアート)が根付いています。エリアマネジメントとして、文化芸術のアウトソーシング機能を取り入れるというのは、自然な動きでした。

――文化をコンセプトに据えることは、街づくりにどのような付加価値をもたらすのでしょうか?

高山 街は文化が無いと陳腐化します。リーマンショックを見るように経済は変動していきますが、文化は不変なものです。それを地域の魅力としていくことは、経済危機へのリスクヘッジにもつながります。

■地元経済界が一体となって、初めて生まれる影響力

――「これからの中野のまちづくりを考える会」の提言書は、現在進めている再開発にどのような影響力を持っているのでしょうか?

高山 会の影響力という観点では、商工会議所、工業産業協会、法人会、しんきん協議会、商店街連合会という5つの組織を束ねていることが重要です。会員がそのまま地域の経済圏を網羅しているので、区としても、デベロッパーとしても無視できません。これは人口30万人という、都内でもコンパクトな中野ならではの出来事かもしれませんね。

――それは地域におけるプレイヤーが少なかったため、意見がまとまりやすかったということですか?

高山 それもありますが、長年に渡って地域の経済界が一体になるように取り組んだ成果でもあります。私と同世代の仲間たちが地域活動をはじめたとき、経済界はバラバラに活動していました。その中でも横断的な連携が取れるようにとコミュニケーションを取り続け、およそ30年かけてようやく今の形になったと言えます。

 明治大学大学院教授で都市工学の権威として知られる青山やすし先生には、「東京23区に経済区があるのは中野区だけです」と言っていただいたこともあります。それだけ、今の中野の経済界は結束していますし、だからこそ5つの組織が名を連ねる会で提言書を提出できたわけです。

――中野の経済界が結束した上で、会では高山さんが代表幹事としてみなさんの意見を取りまとめていらっしゃいます。行政やデベロッパーを相手取って、なぜこのような活動を具体化することができたのでしょうか?

高山 私の活動における立脚点は、04年の国による中野サンプラザ売却です。当時、物件は中野区が購入したものの、その運営が民間事業者に委託されることになりました。後に行われるであろう中野の再開発で、最大の拠点となる施設の運営に、地域が主体的に参加しなくていいのか? 戦わずして負けるのは情けないと、私を含む地元企業5社がコンソーシアムを組んで、事業者コンペに応募したのです。競合は大手デベロッパーですから、勝ち目はないだろうと考えていました。それでも事業を勝ち取り、民営化したサンプラザの運営を軌道に乗せることができたことが、私にとって大きな実績と成功体験になっています。

■文化を中心とした街づくり、そこにある商機とは?

――高山さんは中野の街は、どのように再開発されていくべきとお考えでしょうか?

高山 中野は昔から上京してきた人たちのベッドタウンとして成長してきました。色々な人を受け入れるというホスピタリティがあり、中野ブロードウェイを中心とするサブカルチャーも、そうした背景から生まれてきました。その中で、再開発ではエリアマネジメントに文化芸術のアウトソーシング機能を取り入れ、文化と街づくりを連携させていければと考えています。

――それは、中野サンプラザだけでなく、再開発される街全体でサブカル、伝統文化、アール・ブリュットなどの発信を行っていくということでしょうか?

高山 中野ブロードウェイで「まんだらけ」からサブカルが派生していったように、文化拠点を街づくりに組み入れていくということです。そこから生まれたものが連携して、想像できない出来事がうまれ、新しい中野のカルチャに育っていければと考えています。

――“文化”を街づくり全体のテーマとして掲げた上で、地元の商店街などはどのように変わっていくのでしょうか?

高山 中野には数多くの商店街がありますが、例えばそこで地方都市の自治体や世界各国のアンテナショップの受け入れていくという方法も考えられます。地方や世界の文化と触れあえる街として、そこに人が集まり交流すれば、新たな中野文化が生まれる機会になるかもしれません。

――ホスピタリティの高い住宅街があって、そこに隣接する商業圏があって、そこにディープな文化圏が生まれた。そういう街の性質から先にある未来を考えているということですね。

高山 まだ、私の頭の中だけの構想もありますが、そういう方向性を投げかけているところです。

――高山さんは不動産事業を営んでいらっしゃいますが、再開発に向けていち事業者として何か取り組んでいることはありますか?

高山 キリンホールディングスの本社が移転したことで、社員が中野に住んで、徒歩で通勤しているという話を耳にしています。こうしたレベルの高いワーカーに、“中野のワーキングスタイルは徒歩通勤”だと、提案できないかという思いはありますね。

 ただ、中野の住宅街は賃貸が中心ですが、老朽化して物件としての質が下がっています。これをすべて建て替えることはオーナーへの負担が大きいので、現在はそのリノベーションをご提案させていただいているところです。これによって、中野周辺の住宅ストックのクォリティを向上できればと考えています。

<Profile>
高山義章(たかやまよしあき)さん
三井不動産販売退職後、中野で「山一不動産」の三代目に就任。96年に不動産コンサルティングや賃貸管理業務、売買住宅仲介などを営む株式会社スペースを設立。東京商工会議所 中野支部 副幹事長。著書に「引き継いだ赤字企業を別会社を使って再生する方法」。

画像一覧

  • これからの中野のまちづくりを考える会 代表幹事 高山義章さん
  • 中野における再開発を、都市型街づくりにおける先行事例にしたいと語る高山さん
  • 中野サンプラザは22年度での解体を予定しており、跡地を含む周辺地域では25年に多目的施設の完成が予定されている
  • 「これからの中野のまちづくりを考える会」では都市計画についての勉強会を実施。その意思に賛同した梅若能楽学院会館では、16年7月に「文化と出逢うまちづくり」というイベントを主催している

提供元

関連記事

関連記事

ネットでの不動産探しの落とし穴!「おとり広告」対処法は?

成約済の賃貸物件をネットに掲載し集客をする「おとり広告」を使った悪質な集客方法が増加しています。

『公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会』などの業界団体が、2015年度に認知した不当表示などの違反物件は3600件を超えています。また、前年比で約1.6倍に増加し、消費者庁も取り締りの強化を要請しています。

■おとり広告とは?

景品表示法などで禁じられている「おとり広告」は、地域の相場より家賃や間取りなどの条件が良い物件の広告を成約後もネットに掲載し、客を呼びこむ行為のことです。

■デメリットだらけ

最近では、ネットで賃貸物件を探すことは主流になりつつあり、「おとり広告」のような悪質なビジネス方法はネットの利便性が損なわれるだけではなく時間の無駄にもなってしまいます。

■おとり広告の対処法は?

ユーザーが出来る対処法としては、実際に直接、その物件に訪れてみるなど労力がかかることばかりであるため、より良い仲介業者を探すということしか現実的な手段が無いことも問題があるでしょう。

『家売るオンナ』北川景子役は良心的?いい不動産屋の見分け方とは

今夏話題になっているドラマが『家売るオンナ』。北川景子さんが演じる、テーコー不動産のスーパー営業ウーマン・三軒家万智が「私に売れない家はない」と豪語し、どんな顧客でも彼女から必ず家を買うという、不動産購入までのストーリーを紹介しているドラマです。

不動産が大好きな筆者は、顧客が必ず家を買うとは「どんなに良い不動産屋なのか?」と気になり見始めたのですが、顧客が購入するまでの展開が面白く、ハマっています。

家を探すときに、たくさんある不動産屋からどの不動産屋を選べばいいのか迷うところです。いい不動産屋なのか悪い不動産屋なのかどんなところで判断したらよいのでしょうか?

■ポイント1:迅速・丁寧な対応か?

迅速・丁寧な対応ができるのは営業であれば当たり前では? と思うかもうしれません。しかし、いくつかの不動産屋に訪問や電話、メールで希望の物件を探すよう依頼してみれば差は歴然です。

悪い不動産屋は返答が遅く、また返答があっても希望条件より高い金額の物件を手当り次第紹介してきます。これでは、不動産情報サイトで検索条件を入力して自分で探した方が良いのでは…という気になります。

■ポイント2:デメリットを全て伝えてくれるか?

物件のメリットはいくらでも伝えてくれますが、デメリットをちゃんと伝えてくれる不動産屋かどうかが大切です。駅から近い、日当たりがいい、スーパーが近い、部屋がキレイなどのメリットは、物件を見学にいけば素人目でもわかります。

しかしながら、デメリットは住んでから気がつくケースは少なくありません。湿気がひどくカビが生えやすい、玄関前の道は夜になると暗く人通りが少なくなる、隣人の騒音がある、デメリットになる可能性を全て伝えてくれる不動産屋は信頼できます。

■ポイント3:顧客の立場に立って物件選びができるか?

物件は、金額や立地、築年数などを条件に探し始めますが、住みなれないエリアであれば、近くにある病院やお店、学校、どこ行きのバスがあるか…など不動産屋ならではの情報がもらえます。基本的な情報だけでなく顧客がまだ考えていない点に気がつきアドバイスしてくれる不動産屋かどうかというのもポイントです。

例えば、新婚夫婦が分譲マンションを購入する場合、子供を産み家族が増えた場合でも住める間取りなのか、子供を育てる環境はどうなのか…などのアドバイスがあるかどうかです。顧客の希望条件を数字だけではなく、家族構成、家族の過ごし方、価値観などを考慮した上で提案してくれる不動産屋であれば良い不動産屋といえるでしょう。

冒頭に書いたドラマの三軒家万智は、顧客が抱えている問題や、求めている想いをしっかりキャッチし、顧客に寄り添った物件を紹介します。だからこそ顧客が必ず彼女から家を買うのでしょう。「これこそが良い不動産屋だ」と感心しながら楽しくドラマを見ています。

1万円で不動産オーナーに!ローリスクでできる「不動産投資の裏ワザ」

突然ですが、投資に興味はありますか?

投資と聞くと、頑として首を横に振る人がいます。投資は借金地獄への入口だと言わんばかりにリスクを恐れているのでしょうが、そんな人にとってベストな選択肢は、実は「不動産投資」をすることかもしれません。

不動産投資と聞くと、物件を購入して賃貸で収益を出すため、“投資金額が高い”“管理が大変”などのイメージを持たれるのではないでしょうか。今回はそのようなイメージを払拭する不動産投資についてお話しします。

■不動産投資ってどんな投資?

そもそも不動産投資について、あまり詳しくない方もいるかもしれないので簡単に説明します。不動産投資とはマンションの一室やアパートを購入し、購入した物件を賃貸に出します。そして、その家賃収入を得ることで収益を上げるという方法ですね。

つまり、あなたは大家さんになるわけです。ですから、新しく人を入れるためにも物件を掃除、リフォームしなければいけないこともあり得ますし、空き室が続くと住宅ローンを組んでいるのであれば、家賃収入がなくてもその支払いを続けなければいけません。

上手くいけばリターンも大きいのですが、相応にリスクも大きいというわけなのです。これだけ多くのリスクをなんとか回避する方法はないのでしょうか。

■不動産投資をするならクラウドファンディング

実はこのようなリスクを回避する方法の一つとしてクラウドファンディングという方法があります。クラウドファンディングとは簡単にいえば「みんなでお金を出し合いましょう」ということです。つまり、1人ではなく複数人で不動産物件を購入し、全員で管理します。

一般的に不動産投資では何百万円、何千万円もの投資をすることも少なくありませんが、クラウドファンディングであれば投資金額がわずか1万円から可能なのです。普通の不動産投資と比較しても格安で投資ができることがわかりますね。

■きちんと勉強はしておこう

しかし、いくらリスクが低いといっても全く勉強せずに投資するのも考えものです。きちんと投資したい物件の条件をあらかじめ決めておき、その条件に当てはまる物件にだけ投資しましょう。

最後の最後までリスク管理をしてこそ、投資成功のトビラを開くことができます。ですから、やろう!と思ってもすぐに飛び出さず、最低限の知識を身につけておくことをおすすめします。

不動産投資は気をつけろ?!【あなたのマネーNo.4 】

あなたのくらしに関わるマネー情報を毎週お届け!
今週は首都圏でのアパート空室率が30%を超えている問題についてです。

不動産調査会社によると、首都圏のアパートでは空室率が30%を超えて2004年の統計開始以来最悪の水準となっています。また、これまでは順調に上がっていた東京の家賃相場も頭打ちとなっており徐々に減少傾向にあります。

■悪いことばかりではありません

賃貸希望の人にとっては家賃が安いのは嬉しいことですよね?これまでよりも安くいい物件に引っ越しをすることもできるかもしれません。

■不動産投資は危険?

金融緩和政策やマイナス金利政策の影響もあって銀行はお金の貸し出し先を探しています。不動産に関連する貸出は貸したお金が返ってこなくなる可能性が比較的低いため、銀行も不動産に関する融資には積極的です。

不動産業者は、2015年の相続税改正もあって「保有している土地にアパートを建てて不動産収入を得たほうがいいですよ!節税対策にもなります!」「不動産投資をすることで家賃収入も得られるし、相続対策になります!」という営業トークでアパート建設や不動産投資を積極的に勧誘しました。

■問題点は?

新たにアパートを建てた場合、無事に入居者が埋まれば家賃収入で返済もできていた借入金。しかし空室だらけになってしまったら?多額の負債を抱え、節税どころか資産を減らすことになってしまいます。不動産投資についても同様です。
物件を見極めるための知識や経験も必要です。安易に手を出すのではなく、十分な覚悟をもって取り組む必要があります。

ランキング