ファミレスのドリンクバーで元を取る!ジュース何杯飲むべき?

このレシピを実行して

137貯まる!
<材料>

・ドリンクバーで元を取るには

<How to>

1各ファミレスのドリンクバーは約200円

2スーパーでのジュースを500mlで100円と仮定

3最もコストパフォーマンスが高い飲み物は何?

※『ロイヤルホスト』のドリンクバーで15杯(2.25L: 313円)飲んだ場合と、スーパーで2.25L分のジュースを買ったときの価格(500mlで100円と仮定して450円)の差額

6868.jpg

ファミリーレストランに必ずあるといっても過言でないのがドリンクバー。ジュースやコーヒーといった飲み物が飲み放題のドリンクバーにお得感を感じる人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなドリンクバーで何杯飲めば元を取れるのかということについて考えてみます。

■主要ファミレスのドリンクバーの値段は?

ファミリーレストランの、料理とセットで注文した場合のセットドリンクバーは税込で、『サイゼリヤ』が190円、『ガスト』が215円、『デニーズ』が268円、『ジョナサン』が292円、『ロイヤルホスト』が313円(ランチタイムの割引等は除く)。地域等によって値段は異なるかもしれませんが、安いところで200円前後、高くても300円程度です。今回は、この中で最も高い『ロイヤルホスト』の313円で元を取ることを考えてみましょう。

■ファミレスで何杯飲めば元が取れる?

スーパーで売っているジュースを大体500mlで100円と考えて計算してみると、元を取るためには約1.57Lのジュースを飲まなければなりません。1.57Lと聞くとかなり大変にも聞こえますが、制限時間があるわけではないことを考えると不可能ではないといえます。

ファミリーレストランのグラスは一般的に少し小さめなので、1杯150mlと仮定します。そうなると1.57Lのジュースを飲むためには、10.4杯以上、つまり11杯は飲まなければならない計算になります。

もちろんドリンクバー自体の値段が割安であれば、これほど飲む必要はなくなりますね。

■コスパの高い飲み物は?

ちなみにファミリーレストランのドリンクバーにあるメニューで、最もコストパフォーマンスが高い飲み物は何でしょうか。炭酸飲料等は「少し薄い」と感じる方もいると思いますが、濃縮シロップを炭酸水で割っている場合があり、それが理由かもしれません。ですから、炭酸飲料などは最もコストパフォーマンスが悪いと言えるでしょう。

実は、100%オレンジジュースなどの100%果汁ジュースが最もコストパフォーマンスがいいと言われています。あるいはコーヒーにミルクと砂糖をきちんと入れたものもコストパフォーマンスがいいようです。例えば、100%オレンジジュースでしたら細かな計算は省きますが、わずか5杯程度で元が取れます。

ファミレスでドリンクバーを頼むのであれば、ぜひ100%オレンジジュースに狙いを定めてみてください。またドリンクバーを単品で注文する場合は値段が高めに設定されていることが多いため、セットで頼む方が良いでしょう。

<食べ放題で元をとるシリーズ>
3,000円の飲み放題で損しない!「元をとる」にはビール何杯飲むべき?
焼き肉食べ放題で元を取る!「カルビ何皿」オーダーすべき?

画像一覧

  • ファミレスのドリンクバーで元を取る!コーヒー&ジュース何杯飲むべき?

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

ポイントも節約レシピも総動員!「給料日前の金欠時」やるべきこと5つ

給料前はいつも金欠。そんな方は多いかと思います。給料日前にお財布がさみしくなる原因はさまざまです。

お金の管理が苦手でついつい買い物しすぎてしまう人もいれば、たまたま結婚式など出費が伴うイベントが重なってしまった人、給料の支払いが遅れたりや予期せぬ事故で思わぬ出費、という方も中にはいるでしょう。

そんな不測の事態に備えて、金欠時に何をすべきか。5つのポイントを紹介します。

■1.ポイントを使う

現金がないならポイントを使えば良いのです。いつ使うかわからないポイント、使うのは今です。コンビニやスーパー、ドラッグストアでも現金の代わりにポイントで支払うことで金欠を回避しましょう。『Tポイント』、『楽天ポイント』、『マイル』など通常の生活で溜まるポイントカードは常に携帯しておくようにしましょう。

■2.食費を抑える

食費はなんだかんだ出費がかさむものです。家で自炊をして極限まで食費を抑えましょう。幸いネット上には節約レシピが山のように掲載されています。『マネーゴーランド』では、1食100円以下で作れる節約レシピを紹介していますから、ぜひ参考にしてみてはいかがですか?

<おすすめ節約レシピ>
⚫️【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】夏バテを吹っ飛ばせ!100円スタミナどんぶり
⚫️【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】ビールに合う100円節約おつまみレシピ-1-
⚫️【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】忙しい朝でもしっかり食べれる!食パンレシピ

■3.不用品を売る

自宅の不用品、もしくは本当は必要だけど手放せるものを売って現金を獲得しましょう。リサイクルショップや古本屋、さらに個人でのフリマアプリやオークション、ネット買取りサービスなど様々な方法が用意されています。手っ取り早いのはお店に持ち込むことですが、すこしでも多く稼ぎたいならばフリマアプリやオークションを活用してみるのも良いでしょう。

■4.短期的な仕事で副収入を得る

ある程度の技術・技能を持っている場合は、「クラウドワークス」などクラウドソーシングプラットフォームを利用して短期的な仕事で副収入を得ましょう。単純な入力作業から、デザイン、ロゴ制作などある程度品質を求められるものまで様々な仕事があります。

<おすすめ副業>
⚫️副業は難しくない!誰でも趣味の延長でお金を稼ぐ方法
⚫️最短わずか1日!緊急事態でも大丈夫「すぐにお金が手に入る」副業3つ

■5.クレジットカードを利用する

最終手段ですが、どうしてもというときは、手元にお金がなくても使えるクレジットカードを利用するのも一手です。ですが、これが慢性化して使いすぎてしまうと、結局請求日に慌てることになりかねませんので、くれぐれもご注意を。

<クレジットカードを使い際の注意点>
⚫️リボ払いは得?知らないと大損「賢いクレジットカードの支払い方」

焼き肉食べ放題で元を取る!「カルビ何皿」オーダーすべき?

夏バテなんて言葉はいざ知らず、夏でも焼き肉を食べたい!と思う人は少なくないでしょう。網の上でジューッと音を立てて脂を出しながら、こんがりと焼けた肉を炊きたてほかほかのご飯とほお張る肉は、まさに格別の一言に尽きます。

そんな焼き肉ですが、誰もが一度は「食べ放題で元をとるにはいくら食べればいいのだろう?」と考えたことがあるのではないでしょうか。今回はそんな疑問を解決するためにカルビを何皿食べれば元がとれるか?ということを考えてみます。

■焼き肉食べ放題の価格は?

カルビを含めた焼き肉の食べ放題価格はチェーン店でどれくらいなのでしょうか。全国でも有名な『牛角』が90分2,980円、関西に店舗数が多い『ワンカルビ』では120分3,380円という価格になっています。

飲み放題を含まない、食べ放題のみのコースで約3,000円として考えるのが多そうですね。さて、果たして食べ放題で元を取るにはどれほどのカルビを食べれば良いのでしょうか。

■元を取るためにはカルビ何皿食べるべき?

インターネットショッピングでカルビの価格を調べてみると、およそ3,000円で購入できるカルビは1kg。焼肉チェーン店のカルビを1皿80gと仮定すると、1000÷80で12.5皿。13皿も食べると聞くと、食べられそうな食べられなさそうな微妙なラインですが、カルビだけをひたすら食べるのであれば、達成可能皿数ではないでしょうか。

実際のところカルビばかり食べるわけではありませんし、場合によっては飲み放題をつけることもあるので、少しペースが落ちそうな気がしなくはないですね。

■焼き肉食べ放題を楽しむために

カルビ13皿で元を取れるとは言ったものの、あまり食べ過ぎて気分が悪くなってしまえば、せっかくの焼き肉が台無しになってしまいますよね。きちんと食べられる量だけ注文して、残すことなく焼き肉を食べるためにも自己管理だけはしっかりしておきましょう。

また、今回の飲み放題で元をとるために飲むべきビールを知りたい方は「3,000円の飲み放題で損しない!“元をとる”にはビール何杯飲むべき?」をぜひ参考にしてみてください。

3,000円の飲み放題で損しない!「元をとる」にはビール何杯飲むべき?

立っているだけで汗が流れるような夏の暑い日に、キンキンに冷えたビールをゴクゴクと喉に流しこむ。普段の仕事の疲れが一瞬で吹き飛ぶことを感じる最高の瞬間ですよね。

夏はそのような快感を味わいたくて、同僚や地元の友人と飲み会に出かける人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回はより一層飲み会を楽しくするために、3,000円の飲み放題で元を取るためには一体何杯飲めばいいのか? ということについて考えてみましょう。

■1,000円分が飲み物代金の場合

3,000円の飲み放題といっても多くの場合、料理もついてくるところが多いかと思われます。そこで今回は支払った3,000円のうち、2,000円を料理代金、1,000円をお酒の金額と仮定して話を進めることにします。

そしてスーパーなどで販売されている缶ビールを350mlあたりで200円、一般的に居酒屋で出される中ジョッキは500ml程度と考えて話を進めてみます。

■ビール何杯で元が取れる?

上記の仮定であれば一体何杯飲めば“元が取れた”ということができるのでしょうか。居酒屋でビール中ジョッキ4杯を飲むなら合計で約2000mlを飲むことになり、これを350ml缶で計算すると5.7本分となります。スーパーで350ml缶のビールを6本を購入するなら200円×6で1,200円。

つまり結論を言うと、居酒屋でビールを4杯飲めば元を取れる計算になります。「意外と簡単に元を取れるのではないか?」と思われた人も多いかもしれませんね。しかし、飲み放題は2時間制と時間制限を行っている店も少なくありません。2時間で4杯ビールを飲むとなれば、おしゃべりしながらもハイペースで飲み進める必要があるかもしれませんね。

■カクテル・酎ハイよりビールが狙い目

余談になりますが、筆者は居酒屋で働いたこともあります。その居酒屋は特に一般的な居酒屋と変わりないところでしたが、やはり飲み放題で元を取りやすいのは生ビールだそうで、カクテルや酎ハイはさらに多くの量を飲まなければ元は取れないと聞きました。

ですから、少しでも元を取りたいと考えるのであれば生ビールを飲み進めるといいのではないでしょうか。そうするとお得感を感じながらも飲み会をエンジョイできるので、一石二鳥と考えることができるかもしれません。

金欠一家も大満足!「食べ盛りの子どもも喜ぶ」食費節約法とは

夏貧乏という言葉を聞いたことがありますか?

言葉の通り夏には出費が多くて、お金がない!という状況ですね。旅行や帰省、そしてボーナスを一気に使える時期とあって、散財してしまう人も少なくないようです。

そんなとき、おそらく真っ先に節約しようと考えるのは食費ではないでしょうか?毎日かかる大きな出費ですし、安く済ませようと思えば安く済ませられるということもポイントですよね。

しかし、同時にお腹いっぱいになるまで食事をしたい!と考える人もいるでしょう。今回は、安い食費で夏貧乏を乗り切る方法についてお話しします。

■まずは自炊しよう

まず、食費を抑えるためには、なんといっても自炊することが最も有効な方法です。自炊であれば、家族に応じた必要な量だけ作ることができますし、食材を自分で調達するため、1食の値段を調整できるメリットがあります。

忙しくて自炊をする時間がない!と考える人もいるかもしれません。しかし、ネットで調べてみると、パパッと作れるレシピが山のように出てきます。忙しいと思っている方も、これを機に料理を始めてみてはいかがでしょうか。

■安い食材を買おう

またまた当たり前のように聞こえますが、安い食材を買うということも重要なポイントですね。スーパーでセールをしている日に1週間分をまとめ買いするというのも一つの手ですし、少し大きめな食材を2食分に購入するという方法もあります。

満足感を得るためにも、限られた食費の中で、できるだけ多くの食材を購入することは大切ですよね。ですからスーパーのセール情報には常にアンテナを張っておきましょう。

■満足感を得られるマル秘テクニック?

最後に子どもがいっぱい食べるから、なかなか食費を減らすのは難しい!と考える人もいるでしょう。そのような人は料理をかさ増しする方法を身につけてみてはいかがでしょうか。

例えば、こんにゃく、もやし、キノコ類は比較的安価でどのような料理にも合わせることができます。このような安い食材を上手く利用することで、食べ盛りの子どもにも満足感たっぷりでお腹いっぱい食べさせることができます。

食費を節約するとしても、このように満足感を得られる方法はたくさんあります。ぜひ、出費が多くて大変と感じている方は実践してもらえたらと思います。

ランキング