作ろう世界に1つだけの車!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

6901.jpg

捨てればゴミ、作れば走る!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

捨てればゴミ、作れば走る!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

捨てればゴミ、作れば走る!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

300~400円程度の値段で気軽に買えるミニカーも、毎回となると出費もかさみますし、何より『なんでもほいほい買い与えるのは教育によくないのでは?』という親心もあって、子どもの要求をはねのける時があるかと思います。
子どももすんなり納得して・・・くれたら楽なのですが(笑)。

そんなときにオススメするのが「作る」ことです。
我が家では、欲しいとダダをこねる子に「オッケー!じゃ、帰って作ろう!」と言うと、泣き止んでその場から動いてくれることが多かったです。

牛乳パックがオススメなのは、
・もともと立体なので加工しやすい。
・ほどよい紙の厚さでヨレヨレにならない。
・手に入りやすい。

などなど利点がたくさんあります。
今回は乗り物ですが、ほかの工作も牛乳パックを使うと本当に便利です。
工作界の神!(笑)

ぜひ、世界にひとつだけのマイカーを作ってみてくださいね。

チャリーン。

<関連記事>

画像一覧

  • 捨てればゴミ、作れば走る!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】
  • 捨てればゴミ、作れば走る!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】
  • 捨てればゴミ、作れば走る!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】
  • 捨てればゴミ、作れば走る!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

執筆者

中村こてつ (なかむらこてつ) イラストレーター

九州在住、男の子二人のお母さん。育児をメインに絵日記ブログを書いています。http://ameblo.jp/unkotetsu/

中村こてつ

関連記事

特集

関連記事

雨の日はハウスinハウス【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

雨の日はハウスinハウス【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

雨の日はハウスinハウス【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

『子どもって狭い場所に入るのが好きですよね。
そんな子ども達が大喜びすること間違いなし!なのがダンボールハウス。

ダンボールはスーパーなどで、たいてい無料でもらうことが出来ます。
あとはテープやカッターなどお家にあるもので作れてしまうので、とっても安上がり!

ダンボールハウスのよいところは、作る過程も楽しめて、もちろん作り終わった後も楽しめる。というところ。

こうしよう!ああしよう!など、親子で話し合いながら、楽しんで作業ができるので、お外で遊べない雨の日などにピッタリの遊びですよね。

あなたと子どもだけのマイハウス、作ってみませんか!?』

チャリーン。

はじめまして、ダメ主婦です。【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

はじめまして、ダメ主婦です。【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

はじめまして、ダメ主婦です。【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

はじめまして、ダメ主婦です。【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

はじめまして。中村こてつと申します。

日本の南の方で、2人の男児を子育てしている母親です。
この度、マネーゴーランドにてマンガを描かせていただくことになりました。
が、描くに当たり、自分が何の知識も持っていないことに気づきました。
どおりで全然貯まらないわけだよ。(笑)

そんな私なので、お得な情報を提供できるわけもなく、勝手に皆さんの『頭の休憩係』になることにしました。

はじめのほうでは、子育てから得たうっすいい節約系記事を描きますが、すぐにネタ切れとなって、くだらない内容に移行する予定です。

どうぞ生暖かい目で読んでやってください。
よろしくお願いいたします。

チャリーン。

夏休みの宿題からお金のことも考えよう【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【つづみ、夏休みの宿題が終わらない】

つづみ:もうすぐ夏休みが終わっちゃうなあ…。

ママ:あっという間だったわね。あ、つづみ、宿題は終わったの?

つづみ:…

ママ:あれ?どうしたのかな?

つづみ:(涙目になって)どうしよう。全然やってないかも。ママ、終わらないかもー!

ママ:あれ?夏休み最初の頃、頑張っていたのに…。困ったわね。

【残っている宿題の量を知ろう】

ママ: じゃあまず、今どのくらい残っているか調べてみようか。全部出して、紙に書いてごらん。

つづみ:うん。今残っている宿題は…これと、これと…。

ママ: 次に、どのくらいずつ時間がかかるか、今書いたリストの横に、それぞれ書き出してみよう。

つづみ: (書く)

ママ: どう?何かわかった?

つづみ:うん。思ったよりたくさんはなかったよ!でも、あとちょっとしか夏休みがないから、できるか不安・・・。

【あと何日あるか調べる】

ママ:「ちょっと」って言うけれど、あと何日あるの?

つづみ:えっと、今日は8月23日だから…8日。

ママ:8日間全部宿題するのに使えそう?

つづみ:うーん。1日はママとパパとかのんと遠くにおでかけするから、全部は使えないなあ。7日間かな。

ママ:そうだね。じゃあ、さっきのリストに書いてある宿題を、7日間でどのようにやっていけばいいか、計画しよう。

つづみ:うん。えっと…(書いていく)。わあ!ママ!がんばればできそうだ!よかったー!

ママ:よかったわ!

【残っている量や時間を知ると不安が減る】

ママ:つづみは、本当は残っている宿題がどのくらいあるか見たくなかったでしょ?でも、だからどんどん不安になっちゃったのよね。

つづみ:そうなんだ。見たくなかったけど、見てみたら不思議と安心したしやる気になったよ。

ママ:こういう不安ってね、やらなきゃいけないことがどのくらいあるのかっていうことと、残っている時間がどのくらいあるか「知る」ことが、大事なのよ。実は、お金もおんなじなの。

【時間とお金は共通点がいっぱい】

つづみ:え?お金も?

ママ:そう。今残っているお金がいくらかっていうことと、いつまでやりくりしないといけないか、っていうことと、を「知る」ことが大事なの。

時間もお金も、いくらでも降ってくるものじゃないから、先のことまで考えて大切に使わないと、なくなって困っちゃうっていう共通点があるのよ。

つづみ:へー、時間とお金って似ているんだねー!

<時間とお金の共通点>
・ 限りがあること
・ 残りの時間やお金をいつも意識するのが大事
・ 残りの時間やお金で、やることや買うものを計画するのが鍵
・ 残りの時間やお金を「知る」ことで不安が減る

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第15話 ぼくたちが決める!おでかけプラン
第14話 お金を貯めることってえらい !?
第13話 モノのやり取りで大失敗
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

ぼくたちが決める!おでかけプラン【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】第15話「ぼくたちが決める!おでかけプラン」

【夏休みだ!たくさんおでかけするぞ!】

つづみ:わーい!!夏休みだー!ママ、今年の夏はどこに行くの?

ママ:そうねー。どうしようかしら。

つづみ:ぼくねー、海もプールも遊園地も行きたい!あと旅行も!

ママ:そうね、お金がいくらでもあったら行きたいところだわ…(ため息)
そうだ!つづみにとっておきのアイデアを教えてあげようかな。

つづみ:なになに!?

【おでかけプランを僕たちが決める!?】

ママ: 実はね、この夏のおでかけプラン、つづみとかのんに任せようかと思っているの。たとえば今度の日曜日のプラン、二人で決めてみない?

つづみ:え?本当?すごい!僕たちで決めていいの!?

ママ: そうよ。ワクワクするでしょう?もちろんママもお手伝いするわよ。つづみ、自由帳を持ってきて。

つづみ:自由帳を持ってきたよ。かのんも連れてきた。

ママ:じゃあ、今からママが言うことを書いてね。「使えるお金(よさん)…6000円」

【よさんって何?】

つづみ:よさん?よさんって何?

ママ:予算っていうのは、何かをしたいって思ったときにいくらまでお金をかけられるかというものよ。だから、土曜日のおでかけプランで使えるお金は6000円まで、ということ。わかったかな?

つづみ:うわー!6000円も使っていいの?嬉しい!どこへでも行けるね!

ママ:ふふふ。どうかしら。一緒に考えていきましょう。まずおでかけはどこに行きたい?二人で話し合ってみて。

つづみ・かのん:プール!!

【お金がかかることは何かな?】

ママ:あら、珍しく気が合ったわね。じゃあ、プールにおでかけするのに、どんなお金がかかるか、自由帳に書いてみよう!何があるかな?

つづみ:入場するお金でしょ、あと電車に乗るお金。

ママ:ほかにもあるわよ。プールでいっぱい泳いだらお腹も空くでしょう?

かのん:お昼のレストラン代!

ママ:ピンポーン!ほかにはかからない?

つづみ・かのん:うーん。

ママ:じゃあ、それぞれいくらかかるか一緒に調べましょう。つづみ、金額を横に書いていってね。まず入場料は、大人800円、子供300円。交通費は、車で行くからガソリン代がかかるわよ。400円ね。ランチ代は4人で3000円くらいかな。つづみ、全部書いたら足し算してみてくれる?

【あっという間に”よさん”に】

つづみ:800+800+300+300+…  うわー!もう5600円だって!よさん、すぎちゃうよー。

ママ:計算頑張ったね。もう予算ギリギリ(笑)

つづみ:なんだ。6000円もあったらもっと色々行けると思ったのに。あっという間によさんになっちゃうんだね。

ママ:でも、まだ予算は余っているわよ。

つづみ:200円でお菓子を買って、200円でジュース買う!これでピッタリだ!嬉しいなー!

ママ:来週のプランもぜひ立ててね!頼りになるわー!

<おでかけプランを任せる手順>

・親が予算を決めて子どもに伝える
・行きたい場所ややりたいことを書かせる
・どんなことにお金がかかるか一緒に考える
・かかる金額を調べさせる(小さい子の場合は親が伝える)
・足し算をさせて、予算の中でできることを一緒に考える

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第14話 お金を貯めることってえらい !?
第13話 モノのやり取りで大失敗
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

ランキング