タバコ代は年間16万円!「喫煙を今見直すべき」真の理由

このレシピを実行して

15万8,400貯まる!
<材料>

・タバコ代の節約

<How to>

1平均的な喫煙者は毎日1箱のタバコを消費

2禁煙すると年間約16万円の節約に

3禁煙するなら電子タバコを始めよう

※毎日タバコを吸う喫煙者が禁煙した場合の年間節約額

6856.jpg

あなたの口座に毎月1万円が振り込まれる方法があれば試してみたいですか?

実は、そんな夢にも思える方法が存在します。しかもその方法は、あなたを健康に導き、金銭的な節約ができるのです。残念ながら誰もができるというわけではありませんが、今回はそのような画期的な方法についてお話しします。

■禁煙すると毎日400円以上お得?

もったいぶっても仕方ないので、お話しすると、その方法とは禁煙するという方法です。

たばこを吸っている人を否定する気はありませんが、実際のところ喫煙者がたばこにかけているお金は少なくありません。2013年JT発表『全国たばこ喫煙者率調査』によると、たばこを毎日吸うと答えた男性は1日平均19.1本も吸っています。

おおよそ毎日1箱消費しているという人が多いようですね。これを月額で考えると、どのようになるのでしょうか。

■たばこにかかるお金は年間16万円!

たばこの値段を1箱440円、1日1箱のペースで消費したと考えてみます。1ヶ月を30日と仮定すると、ひと月のたばこ代は13,200円。年間単位で考えれば、15万8,400円にもなります。

ふとした休憩時や口が寂しいときにたばこが吸いたくなるというのもわかりますが、たばこにかかるお金は安くありません。

またたばこは身体に悪い影響をもたらすことは知られており、たばこが原因で病気になっていたらその医療費だって無視できるものではありません。

■禁煙したい人におすすめする電子タバコ

この記事を読んでいる方の中には、現在たばこを吸っているけれど禁煙したい!と考えている人もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、電子タバコです。電子タバコで禁煙しようとしている方の多くは、「電子タバコには吸った感覚がない」という意見があるようです。

確かに、電子タバコを禁煙するための道具として考えると、物足りないかもしれません。しかし、電子タバコを現在吸っている紙タバコと同じ嗜好品と考えてみると、思いの外ハマるという人も少なくないそうです。

「吸っている感覚がないからすぐ止める」のではなく、電子タバコの後にタバコを吸っても構いません。続けることによって禁煙の手助けになることは間違いないでしょう。ぜひ、禁煙の手助けとして電子タバコから始めてもらえたらと思います。

画像一覧

  • タバコ代は年間16万円!「喫煙を今見直すべき」真の理由

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

えっ正社員なのに…!「厚生年金・健康保険に加入できない」人とは

正社員なら誰でも厚生年金保険や健康保険に加入できると思っていませんか? 実は、加入できない正社員もいるのです。

なぜなら入社したところが、厚生年金保険や健康保険の“適用事業所”ではないからです。

■厚生年金保険や健康保険の“適用事業所”とは

法的に厚生年金保険や健康保険の適用事業所となるのは、「国や地方公共団体または法人の事業所であって常時1人以上の従業員を使用するもの、及び適用業種である個人事業であって、常時5人以上の従業員を使用するもの」です。

つまり、一般の会社でいえば、株式会社、有限会社、NPO法人、社会福祉法人、社団法人等の法人は全て適用事業所です。だからここに就職をした場合は、従業員がたった1人の小さな会社でも厚生年金保険や健康保険に加入することができます。

反対に、個人経営で従業員が5人未満であれば、業種を問わず適用事業所になることができず保険に加入することはできません。したがって、個人経営の小さな会社に就職をした場合は、いくら正社員だからといって厚生年金保険や健康保険には加入できないのです。

さらに、床屋さんや美容院、飲食店、エステティックサロン、会計事務所等の個人経営の場合は、非適用業種といって従業員が5人以上でも適用事業所にはなりません。

ただし、労災保険と雇用保険は、適用事業所という縛りはありませんので、正社員であればすべての人が加入できます。

■注意をしてほしい飲食店への就職

飲食店で働く場合、そこが株式会社や有限会社であれば厚生年金保険や健康保険に加入できます。しかし、反対に飲食店に多い個人経営のお店であれば、非適用業種なのでいくら正社員でも、さらにいくら従業員が多くても加入することはできません。

そこで注意をしてほしいのは、労働契約を結ぶ前に、個人経営か法人かをチェックすることです。保険に加入できなければ、自分で国民年金に加入し、健康保険も国民健康保険に入ることになります。当然に厚生年金には加入できません。

同じ正社員でも、入社する会社が法人か個人か、さらに個人の場合、適用業種か非適用業種か、適用業種であっても従業員が5人未満かどうかによって異なってきます。

ただし、個人経営の従業員5人未満や非適用業種でも、会社が任意に厚生年金保険や健康保険に加入することは可能です。しかし、現実には社会保険料の会社負担分を回避するために任意に加入する個人は少ないと言えます。

従って、就職するときは、同じ業種であれば株式会社か有限会社に就職することをお勧めします。

はり・きゅうは、健康保険が使えるケースもある

腰痛や肩こり、関節痛等に悩む人は、年齢が高い人だけでなく、最近では若い人でも多くなっています。骨や関節の痛みは、すぐに命に直結するものではありませんが、徐々に悪化して日常生活を送るのが大変になります。

そこで、はり・きゅうやマッサージに通っている人もいるでしょう。その場合は、健康保険が使えず全額自己負担となっているかと思います。ただし、健康保険が使える場合もあるので、どのような場合に健康保険が使えるのかみていきましょう。

はり・きゅう治療院の中には、「各種健康保険使えます」という看板を掲げているところもありますが、すべてが健康保険の対象になるわけではありません。厚生労働省は「はり・きゅう治療院」を保険医療機関とは認めていなくて、やむを得ない場合だけ健康保険を使えることにしています。そのために健康保険が使える治療は、厳格に決められていて、医療費の支払いも一般の医療機関とは違う方法がとられています。

どんな場合に健康保険の対象となるの?

はり・きゅうの施術で、健康保険の対象となるケースは、下記の2つの要件を満たした場合のみで、ハードルはかなり高いと言えます。

1.対象となる傷病であること
 ・神経痛
 ・リウマチ
 ・五十肩
 ・頚腕症候群
 ・腰痛症
 ・脊椎捻挫後遺症

2.医師が、はり・きゅうの施術に同意していること
医療機関において、治療を行いその結果治療の効果が表れなかった場合等、はり・きゅうの施術を認める医師の同意書が必要

注意点は?

また、注意してほしいのが「鍼灸院」という名前がついていればどこでも健康保険が使えるわけではありません。健康保険が使えるのは、「はり師」「きゅう師」と呼ばれる国家資格を持った人が施術を行う場合です。

また、医療費の支払いに関しても、窓口で3割負担分だけお金を支払う一般の医療機関とは異なり、はり・きゅうで健康保険を使った場合は、患者がいったん医療費の全額を支払って、後から自分で健康保険に申請して7割分を払い戻してもらうという手続が必要となります。ちょっと面倒ですね。

はり・きゅうで健康保険を使うことはできますが、医師の同意書が必要だったり、利用できる病気やケガの種類が限定されているなど、実は細かい決まりがあります。

誰でも簡単に保険で治療を受けられるわけではなく、「最近なんとなくだるい」「肩こりがひどくなった」という理由では、健康保険の対象にはなりません。ただし、対象の傷病で、医療機関にかかっているがなかなか治らない場合は、医師に相談をして、はり・きゅうの施術を健康保険を使って行うことはとても重要です。

健康保険証を失くしたら…旅先での診察も対応可能?【もしもシリーズ】

楽しい夏休み!海や山などどこに行こうかワクワクします。だけど旅先で熱が出てしまったりケガをしてしまったりなんてこともあるかもしれません。

国内旅行には必ず健康保険証は持っていきますよね。ところが気がついたら保険証が見当たらない!紛失したのか、盗まれたのか。
今回はそんなときの対処法をお伝えします。

■1:速やかに警察や信販会社へ届け出を提出

まずは慌てないことが大切ですが、健康保険証は本人確認書類として認められているところも多いため、なりすましてレンタル会員になられて滞納されたり、消費者金融で借金をされたりしてしまうかもしれないのです。

また、あなたが紛失した保険証を持って他人が病院を受診しまったとします。直接被害はないかもしれませんが他人のカルテが自分の名前で作成されてしまうことになります。万が一事故や事件に巻き込まれた時にカルテを元に身元確認ができないという事態が起きてしまう可能性があります。

紛失に気づいたら真っ先に警察へ届け出を出しましょう。また、信販会社などが加盟している個人信用情報機関へ紛失したという事実の情報を提供し登録をしておく必要があります(本人申告制度)。なぜなら信販会社が与信の判断に慎重になってくれる状況を作ることになるからです。

代表的な個人信用情報機関は以下のとおりです。
・株式会社シー・アイ・シー(クレジット系)
・全国銀行個人信用情報センター(銀行系)
・株式会社日本信用情報機構(消費者金融系)

また、届け出を出した後に見つかった場合は、警察や個人信用情報機関への報告も忘れないようにしましょう。

■2:保険証の再発行の手続きへ

紛失しても再発行は出来ます。加入している保険証によって窓口や再発行に要する時間も違います。

国民健康保険の場合の再交付手続きは、市町村の窓口で基本的には即日交付になります。社会保険の場合は、企業の健康保険組合や全国健康保険協会の各支部の窓口に申請します。ただ、勤め先に担当の社会保険労務士がいる事もあるため、まずは勤務先の担当部署に相談しましょう。その場合再発行までには1週間から2週間ほどかかります。

■3:再交付までに病院にかかった時はどうなる?

保険証がなければ病院にいけないわけではありません。かかりつけの病院であれば事情を説明すればお会計も3割分だけで良いと言ってくれる場合もあります。

旅先で病院にかかった場合は、一時的に全額自己負担をする必要性が出てきます。後日、再発行した健康保険証をその病院に持っていけば差額の7割は病院が返金してくれます。

でも、東京在住の人が旅行先の沖縄の病院にかかった場合など、手元に健康保険証が届いたけど遠くて持っていけないなんてこともありますよね。これを防ぐ方法としては、病院にかかる際に自分の健康保険証番号がわかっていれば相談にのってうまく対処してくれる病院もあります。普段から万が一の紛失等を考え番号を控えておくと良いでしょう。

と、旅行先でのもしもの話をしましたが、楽しい夏休みなので、病気やケガがないよう過ごしたいものですね。

あなたは大丈夫?意外と知らない退職後の健康保険

出会いと別れの春。
職場でも新入社員が入ってくる一方、転職や退職で会社を辞める人を見かけがちなこの季節。

さて、そんなサラリーマンの方が会社を辞めると、退職の翌日から健康保険が使えなくなることをご存知ですか?
ちょっと風邪を引いたくらいでは病院に行かなくても済みますが、ひょっとして事故にあったり、大きな病気になったりした場合は大変!

特に子供がいる場合、病院にかかるのは日常茶飯事なのに、パパやママの健康保険が使えないと一大事です。

そこで退職後すぐに手続きをしておきたいのが健康保険の手続き。収入が少なければ親など家族の扶養に入ることもできますが、今回は扶養してもらう家族がいないという前提で話を進めます。

独立や転職活動のため退職する場合はいったん会社員という立場を離れますので、通常は国民健康保険に加入することになります。国民健康保険の保険料は市区町村によって保険料率や計算方法が異なりますし、収入や家族構成によっても違ってきますので、実際の保険料は問い合わせて確認する必要があります。いざ、自分で直接払うことになって、その保険料の高さに驚くはずです。会社員の時は、一体いくら健康保険料を払っていたのか、給与明細に書かれてはいますが、覚えていない方がほとんど。天引きされているので自分の負担感があまりありません。

でも、保険証さえあれば自己負担3割で医療を受けられる日本の健康保険制度、実は世界に誇れる制度なのです。アメリカで病院にかかると、ものすごい金額を請求されますからね。日本の場合は「国民皆保険」が前提ですから、保険料が高くてもしっかり払っておきましょう。

国民健康保険加入の他に、前の会社の健康保険にそのまま残る「任意継続」という方法もあります。退職して独立しようとしているのに、前の会社の制度を利用できるなんて、結構おいしい話ですよね。退職した前日までに継続して2か月以上働いていることが前提で、退職後20日以内に健康保険組合や協会けんぽでの手続きが必要になります。退職後2年間は継続できますが(再就職して新しい会社の健康保険に加入したら資格を失う)、保険料は会社負担分を自分で支払うことになるため、会社員時代の約2倍となります。それでも、国民健康保険より安く済む場合もあるのでチェックしてみましょう。

退職という大きな決断は、場合によってはあなたを大きく飛躍させるかもしれません。
ただし、退職した場合の自分のデメリット(出費など)を予め把握しておくことが大切です。
次のステージへの第一歩を躓かないよう、保険についてもしっかりと確認しておきましょう。

ランキング