キャリアアップに不可欠!誠意をみせる「傾聴力」があるか自己診断

6841.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・社会人として求められるスキル

<Point>

1クイズに回答して現在の傾聴力のレベルをチェックする

2傾聴力とは何か、なぜ必要か学ぶ

社会人が身につけておくべきスキルを、クイズ形式で学んでいく本シリーズ。今回のテーマは、【傾聴力】です。
まずは、あなたの傾聴力を事例クイズでチェックしてみましょう。

■あなたの「傾聴力」自己診断

新人のあなたは、取引先の社長から自社に対する要望を聞き出したいと考えています。そこで、「我が社のサービスに対する不満はないでしょうか。」と思い切って質問してみました。すると社長は「実はね…」と語り始めました。あなたは、どのようにして話を聞くべきでしょうか。

(1)真剣さが伝わるように、きちんと目を見てじっと黙って社長の話を聞く。
(2)社長の話に相づちを打ちながら、メモを取るようにする。
(3)疑問に思ったことをその都度どんどん質問する。

■診断結果

(1)を選んだ人…傾聴力50点
(2)を選んだ人…傾聴力90点
(3)を選んだ人…傾聴力 0点

(1)のように、真剣に話を聞くことはもちろん大切です。しかし、何も反応がないと社長もきちんと伝わっているのか不安になります。また、相手の目をずっと見つめるのは、挑戦的な態度と受けとめる人もいます。

(2)のように、頷いたり相づちを打ちながら、大事な部分はメモを取ることで、あなたの真摯に取り組む姿勢が伝わり、社長の本音を引き出すことができるようになります。こういった情報収集により、さらに仕事が円滑に進むようになるかもしれません。

(3)のように、疑問に思うことがあるたびに尋ねていては、社長の話を遮ってしまうことになります。メモを取りながら、話が一段落したところでまとめて聞くようにしましょう。

■社会人が求められる「傾聴力」とは何?

傾聴力とは、相手の意見を丁寧に聴く力のことです。「聴く」という言葉は、単純に音が聞こえるだけでなく、注意して聞き取るというときに使います。相手が話しやすい環境を整えて、相手の意見を引き出す力を傾聴力といいます。

■なぜ「傾聴力」が必要なの?

職場では、「話す」ことと同様に「聴く」ことがとても重要です。相手を理解するためには、聴くことが必要不可欠です。効果的に情報を伝えるためにも、まずは相手のニーズを把握する必要があります。効率的に仕事を進めていく前提となるのは、相手が伝えようとしている事を正確に理解することです。そのために、聴く技術を身につけることが大切です。

まとめ:傾聴力を鍛える5つのポイント

(1)適切な相づちを打ちながら、話を聴こう!
(2)相手の言うことをまずは肯定的に受けとめよう!
(3)仕事の指示を受けるときは必ずメモを用意しよう!
(4)相手の話を遮らないようにしよう!
(5)重要なことは復唱し、理解したことを伝えよう!

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

<関連記事>

画像一覧

  • 話の聴き方こそキャリアアップの別れ道!「傾聴力」自己診断

執筆者

高橋忠寛 (たかはし ただひろ) ファイナンシャル・プランナー (CFP®)

株式会社リンクマネーコンサルティング代表取締役  http://link-money.co.jp/ ファイナンシャル・プランナー(CFP®)・日本証券アナリスト協会検定会員(CMA) 上智大学経済学部経済学科卒業。東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行での10年超の銀行勤務を経て、2014年9月に独立。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。 著書『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)

高橋忠寛

関連記事

特集

関連記事

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

「1分でも長く寝ていたい。」もしも毎朝そう思っているのなら、あなたには年収アップの可能性が低いかもしれません。それは、年収1,000万円以上をもらっている人の多くが朝型の生活を送っており、年収400万円未満の人の生活とは大きな違いがあると判明したからです。

では、社会で成功を収めている人のライフスタイルとは一体どんなものなのでしょうか?

■年収1,000万円以上で朝型は6割越え
ソニー生命保険株式会社が20歳以上の経営者・会社役員、会社員の合計1,000名に行った『経営者と社員の意識比較調査』から、興味深い結果をご紹介しましょう。

日頃の行動について「朝型」と「夜型」のどちらに近いか聞き、その結果を年収別に分析してみると、年収が高い人は朝型の割合がとても多いことが判明したのです。

経営者のうち年収が1,000万円以上の人は「朝型」と「どちらかというと朝型に近い」は合計で65.4%にもなり、会社員で年収1,000万円以上では「朝型」「どちらかというと朝型に近い」の合計は65.9%にものぼっているのです。

ちなみに会社員で年収400万円未満の人で「朝型」または「どちらかというと朝型」と答えた人は、43.3%しかいませんでした。

■企業経営者の平均睡眠時間は?
では、次に睡眠時間について見てみましょう。

同調査によると、経営者500名の平均睡眠時間は6.1時間で、会社員500名は5.8時間となり、経営者と会社員の間で睡眠時間に大きな差はないことがわかりました。

つまり、年収1,000万円以上の人や企業経営者は、起床してから仕事をこなし就寝するまでのあらゆることを、すべて一般の人よりも早朝から前倒しで行っているということでしょう。

■成功者はなぜ朝型を好む?
世界的な大企業の経営者も、多くが朝型で4時や5時といった早朝に起床していることが知られています。朝早くなら、オフィスに出かけるのにも通勤電車の混雑とも無縁だし、取引先からの電話などに追われることなく、集中して仕事に取り組めるというメリットがあります。

さらに、誰にも邪魔されることなく趣味の時間を確保したり運動したりと、日々のストレスを上手に発散することも可能で、仕事に限らず生活のさまざまなことの効率がアップすると言えるでしょう。

とは言っても、毎日残業に追われている方は大抵夜型の生活にどっぷりハマっているはず。でも年収アップや起業を考えているのなら、思い切ってライフスタイルを朝型に切り替えてみるとよいかもしれません。

あなたが年収アップの可能性があるか知りたいなら、3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断 でセルフチェックしてみてはどうでしょう?

電話応対クイズで丸裸!「あなたの計画力はどのレベル?」自己診断

社会人が身につけておくべきスキルを、クイズ形式で学んでいく本シリーズ。今回のテーマは、【計画力】です。まずは、あなたの計画力をクイズでチェックしてみましょう。

■あなたの「計画力」自己診断

会社で電話を取ると「〇〇商社の坂井だけど、石橋さんをすぐ出して!」といきなり言われました。相手はとてもイライラしている様子。当の石橋さんは外出中です。さてどのように対応したらよいでしょうか。

(1)「申し訳ありません。石橋は外出中です」と伝え、名前と連絡先を確認し、石橋さんの机に伝言メモを置く。

(2)「石橋は外出中なので、用件があればまた連絡ください」と伝える。

(3)「石橋は外出中です。差支えなければ代わりに要件を伺います」と申し出る。その後石橋さんにすぐに連絡を取り、状況を報告。対応方法について指示を仰ぐ。

計画力チェック、マネーゴーランド

■診断結果

(1)を選んだ人…計画力60点
(2)を選んだ人…計画力0点
(3)を選んだ人…計画力90点

イライラした様子のお客様から電話ですから、クレームやトラブルが発生している可能性があります。しっかりと状況を把握して、優先順位を意識した行動をとる必要があります。(1)の対応では、通常時の対応と変わりません。(3)のように、課題を解決するために必要なことを整理して、今するべきことを優先して行動しましょう。(2)の対応は、お客様に対しての対応とはいえません。

■社会人が求められる「計画力」とは何?

計画力とは、課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力のことです。計画は課題を解決するために立てるのであり、まずは課題を明らかにしておく必要があります。その課題に対して、いつから、何をどのように進め、どうやって解決するのか道筋をつけます。

■なぜ「計画力」が必要なの?

職場では、複数の仕事が並行して進んでいきます。そして、仕事には必ず期限があります。事前に計画を立て、優先順位を常に判断しながら、仕事に取り組む姿勢が重要です。できるだけ、効率的に速いスピードで仕事を進めていくためにも計画力が必要です。

まとめ:計画力を鍛える5つのポイント

(1)すぐに作業に取り掛かる前に、TO DOリストを作成しよう!
(2)優先順位を決めて業務に取り組もう!
(3)無理な計画は立てず、早め早めに仕事の準備をしよう!
(4)メモをこまめに取り、記録を残そう!
(5)状況に応じて適切な報告・連絡・相談をしよう!

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

出世できるか判明しちゃう…⁉︎ 社会で求められる「創造力」自己診断

社会人が身につけておくべきスキルを、クイズ形式で学んでいく本シリーズ。今回のテーマは、【創造力】です。まずは、あなたの計画力をクイズでチェックしてみましょう。

■あなたの「創造力」自己診断

新人のあなたは課長から「新商品についての企画を考えておくように」と指示されました。さて、あなたはどうやって新商品のアイディアを見つけますか?

(1)何か画期的なアイディアが思い浮かぶのをひたすら待つ。

(2)まずは現在取り扱っている商品を調査し、足りない商品や既存の商品を応用して何か生み出せないか考える。

(3)情報収集をしながら、多くの人に何かアイディアがないか聞いてみる。

創造力チェック、マネーゴーランド

■診断結果

(1)を選んだ人…創造力0点
(2)を選んだ人…創造力90点
(3)を選んだ人…創造力50点

(1)のように何もしないでただ漠然と思いつきやひらめきに期待しても、思い浮かぶものではありません。新人で知識がなくても、まずは(2)のように既存商品について情報を収集し、それらを組み合わせて新しいものが作り出せないか考えてみましょう。

こういった試行錯誤の積み重ねが画期的なアイディアを生み出すことに繋がります。(3)のように、まず情報収集をする点は大切ですが、他の人に聞くだけでなく自分自身で問題意識を持って主体的に考えないと成長はありません。

■社会人が求められる「創造力」とは何?

創造力とは、新しい価値を生み出す力のことです。課題に対して、既存の方法や常識にとらわれず、自分なりに考えて新しい解決方法を生み出す力が創造力といえます。

■なぜ「創造力」が必要なの?

仕事では、限られた時間や人、予算のなかで継続的に成果を上げていくことが求められます。そのために、課題に対していつも同じ方法で取り組むだけでは組織としての発展や個人として成長がありません。成長していくためにも新しい価値を生み出し続ける必要があります。現状に満足するのではなく、常に新しい方法を模索することが重要です。

まとめ:創造力を鍛える5つのポイント

(1)従来の常識や発想にとらわれず、自由に考えよう!
(2)現状に満足せず、常により良くするための工夫をしよう!
(3)何事も当事者意識を持ち、自分の頭で考えよう!
(4)思いついたアイディアは周囲の人に説明して意見を聞こう!
(5)行き詰まったら角度を変えて考えよう!

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

ランキング