即席ラーメン・カップ麺を年5千円も食べている市町村はどこ?

6875.jpg

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・最もカップ麺を食べている県庁所在地を調査

<Point>

1カップ麺は寒い地域で人気?

2青森市ではカップ麺に年間5,000円もの支出!

3最下位の大津市は青森市の半分しかカップ麺を食べない

8月25日は即席ラーメンの日ということをご存知ですか?というのも1958年の8月25日に世界初のインスタントラーメンといわれる『チキンラーメン』が販売されたのです。

今や私たちの生活の中で必要不可欠とも言える存在となったカップラーメンですが、全国で最もカップ麺を食べている県庁所在地はどこかご存知でしょうか。今回は、ランキング形式でどこの市町村がカップ麺を多く食べているのか、カップ麺の年間支出額を元に紹介します。

なお、今回のランキングは総務省統計局発表の『家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成25年~27年平均)』に基づいて作っています。

■3位 山形市(年4,881円)

まず、3位からですが山形市という結果になりました。なぜ山形という意見が出そうですが、答えは単純に「寒いから」と言えるのではないでしょうか。他の理由として考えられるのは土地柄か麺類の消費が多い傾向にあります。麺類の消費は全国から見ても2位と非常に人気が高いことが伺えます。ラーメンに限らず麺類が好きということなのかもしれませんね。

■2位 新潟市(4,917円)

続いて2位にランクインしたのは新潟市です。こちらもなぜ人気なのかと言われると、やはり寒いからでしょうか。冬の寒い日に外に出て買い物に行くよりも、家でぬくぬくとカップ麺を食べている方が楽ですからね。新潟と聞くと米の印象が強いかもしれませんが、それに負けないくらいカップ麺の人気も高いようです。

■1位 青森市(5,366円)

日本で最もカップ麺を購入しているのは青森市という結果になりました。これまたなぜ青森?という話になりますが、こちらも土地柄なのでしょうか。というのも青森市は中華麺でも全国2位となっていますし、ラーメンや焼きそばといった味の濃いものが好まれているのかもしれません。

また、東北限定の焼きそば『BAGOOOON(バゴーン)』というカップ麺があり、普通なら捨ててしまうお湯をわかめスープに変える食べ方もあるそうです。一度で二度美味しいカップ麺を好んで食べていると言えるでしょうね。

■番外編:最下位 大津市(2,591円)

番外編ということで、全国で最もカップ麺が食べられていないのは大津市だそうです。地域別に見てみると近畿圏はあまりカップ麺を好んで食べない傾向にあるようです。その近畿圏である大津市が最も食べないというのも納得できますね。

さて、意外な結果とも捉えられるランキングでしたが、イメージと大きく違うと思われた方も多いのではないでしょうか。まだまだ暑い日も続きますが、熱いラーメンを食べて夏を乗り切りましょう。

<関連記事>

画像一覧

  • 8/25は即席ラーメンの日!カップ麺を年5000円も食べている市町村はどこ?

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

金欠一家も大満足!「食べ盛りの子どもも喜ぶ」食費節約法とは

夏貧乏という言葉を聞いたことがありますか?

言葉の通り夏には出費が多くて、お金がない!という状況ですね。旅行や帰省、そしてボーナスを一気に使える時期とあって、散財してしまう人も少なくないようです。

そんなとき、おそらく真っ先に節約しようと考えるのは食費ではないでしょうか?毎日かかる大きな出費ですし、安く済ませようと思えば安く済ませられるということもポイントですよね。

しかし、同時にお腹いっぱいになるまで食事をしたい!と考える人もいるでしょう。今回は、安い食費で夏貧乏を乗り切る方法についてお話しします。

■まずは自炊しよう

まず、食費を抑えるためには、なんといっても自炊することが最も有効な方法です。自炊であれば、家族に応じた必要な量だけ作ることができますし、食材を自分で調達するため、1食の値段を調整できるメリットがあります。

忙しくて自炊をする時間がない!と考える人もいるかもしれません。しかし、ネットで調べてみると、パパッと作れるレシピが山のように出てきます。忙しいと思っている方も、これを機に料理を始めてみてはいかがでしょうか。

■安い食材を買おう

またまた当たり前のように聞こえますが、安い食材を買うということも重要なポイントですね。スーパーでセールをしている日に1週間分をまとめ買いするというのも一つの手ですし、少し大きめな食材を2食分に購入するという方法もあります。

満足感を得るためにも、限られた食費の中で、できるだけ多くの食材を購入することは大切ですよね。ですからスーパーのセール情報には常にアンテナを張っておきましょう。

■満足感を得られるマル秘テクニック?

最後に子どもがいっぱい食べるから、なかなか食費を減らすのは難しい!と考える人もいるでしょう。そのような人は料理をかさ増しする方法を身につけてみてはいかがでしょうか。

例えば、こんにゃく、もやし、キノコ類は比較的安価でどのような料理にも合わせることができます。このような安い食材を上手く利用することで、食べ盛りの子どもにも満足感たっぷりでお腹いっぱい食べさせることができます。

食費を節約するとしても、このように満足感を得られる方法はたくさんあります。ぜひ、出費が多くて大変と感じている方は実践してもらえたらと思います。

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】ビールに合う100円節約おつまみレシピ-3-

【ビールに合う100円節約おつまみレシピ】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

8月は、「ビールに合う100円節約おつまみレシピ」をテーマにお届けしています。

すぐにパパッと作れるおつまみレシピ、電子レンジやオーブントースターでお手軽に作れるものばかりです。
ビールを冷やしている間に、1品作っちゃいましょう☆

8月8日は、「厚揚げとしそのみそマヨ焼き」
8月15日は、「ビールがススム☆チキンステーキ」をご紹介しました。

さて!
今週は、「もやしナムルの冷やっこ」 です。

豆腐にしょうゆをかけてシンプルな冷奴もおいしいですが、ちょっと変わり種の冷奴もオススメ♪

もやしナムルの冷やっこ

☆お料理のときのお約束☆

夏場の衛生面は、いつも以上に気をつけましょう。
指先・指の間までしっかり手洗いをしてからお料理しましょうね!

では!作り方です。

========================================
材料(2人分)

絹ごし豆腐…1丁

ミックス野菜(もやしとにら)… 1袋

A すりおろしにんにく…小さじ1/2
A ごま油…大さじ1
A 鶏ガラスープの素…小さじ1

黒いりごま…少々

========================================

作り方

1. 豆腐は水切りする。

2. ミックス野菜を水洗いし、耐熱ボウルに入れ、ふんわりラップをかけて電子レンジ(600w)で3分加熱する。ザルに出し、粗熱が取れたら水けを絞る。ボウルにAを入れ、ミックス野菜を戻して和える。

ミックス野菜を水洗いし、耐熱ボウルに入れ、ふんわりラップをかけて電子レンジ(600w)で3分加熱する
ザルに出し、粗熱が取れたら水けを絞る。ボウルにAを入れ、ミックス野菜を戻して和える

3.  器に豆腐を盛り、2.をのせ、いりごまをかける。

器に豆腐を盛り、2.をのせ、いりごまをかける

ミックス野菜を使えば、とてもラクチン♪
洗って、電子レンジで加熱するだけ!いちいち、まな板を出さなくてもできますよ。

今回のミックス野菜は、もやしをベースに、ニラが入っているタイプを使いました。

もやし&ニラ&人参などのミックス野菜もありますよ。

もやしナムルの冷やっこ完成

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の1人あたりの材料費

絹ごし豆腐…¥19

ミックス野菜(もやしとにら)… ¥49

合計 ¥68

========================================

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】ビールに合う100円節約おつまみレシピ-2-

【ビールに合う100円節約おつまみレシピ】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

8月は、「ビールに合う100円節約おつまみレシピ」をテーマにお届けします。

先週は、「厚揚げとしそのみそマヨ焼き」をお届けしました。

8月にお届けするおつまみレシピは、”火を使わないレシピ
夏の面倒な調理がラクチン&お手軽ですよ☆

さて!
今週は、「ビールがススム☆チキンステーキ」 です。

ビールがススム☆チキンステーキ

☆お料理のときのお約束☆

夏場の衛生面は、いつも以上に気をつけましょう。
指先・指の間までしっかり手洗いをしてからお料理しましょうね!

では!作り方です。

========================================
材料(2人分)

鶏むね肉…1枚

塩麹…大さじ2
マヨネーズ…大さじ1

粗びきこしょう…少々

すだち…お好みで適量

========================================

作り方

1. 鶏肉の厚い部分を切り開いて4等分に切り、ビニール袋に入れ、塩麹・マヨネーズを入れてよくもみこむ。

鶏肉の厚い部分を切り開いて4等分に切る
ビニール袋に入れ、塩麹・マヨネーズを入れてよくもみこむ

2. オーブントースターの天板にアルミ箔を敷き、1.の鶏肉を並べ、オーブントースターで15分ほど焼く。途中焦げそうになったら、上からアルミ箔をかける。

オーブントースターの天板にアルミ箔を敷き、1.の鶏肉を並べ、オーブントースターで15分ほど焼く。途中焦げそうになったら、上からアルミ箔をかける

3.  皿に盛り、粗びきこしょうをかける。お好みですだちを添える。

オーブントースターで焼いているときに、途中で焦げが気になってきたら、アルミ箔を鶏肉の上にのせて、焦げを防ぎましょう。

オーブントースターを使うと、じっくりと鶏肉が焼けるので、むね肉だけどパサつかず、しっとりと焼きあがっています。
「フライパンで焼くと固くなるんだよなー」という方にもオススメの調理法です。

ビールがススム☆チキンステーキ完成

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の1人あたりの材料費

鶏肉…¥60

合計 ¥60

========================================

食べ放題・飲み放題で元を取る!ビール何杯飲んだら元が取れる?

キンキンに冷えたビールで蒸し暑さを吹き飛ばす!

動いてもいないのに滴ってくる汗、動いたら更に吹き出す汗。
ノボリにはビアジョッキがはためき、屋上に連なるビアガーデンの提灯。

気温と湿度が上がってくると、いつも以上にキンキンに冷えたジョッキに注がれるビールが吸い寄せるパワーも、合わせて一層強力になってくるように感じますが、財布の中身、給料は一向に上がる気配を見せず、どうせなら財布の中身分はしっかり元を取って喉を潤したいなと思ってしまうサガにはあがらえません。

財布の中身を知っているかのような価格設定

「飲み放題3,000円」「飲み放題2.980円」なんて価格設定がなんとなくそんなところかな?なんて思っていたが、最近は「飲み放題980円」なんて価格設定も見ることがある。

なんと絶妙な価格設定なんだ・・・財布の中身との交渉、一緒に入る同僚達との交渉もスムーズに進んでしまう。あとは「思う存分喉を潤してやる!」と意気揚々と1杯目の到着を、一気に喉を通る白い泡と黄金色の液体を想像して待つのみ。

2杯目、3杯目と運ばれてくるビールジョッキに、ふと「どのくらい飲むと元がれる?」と疑問が・・・

ビールジョッキ1杯あたり幾ら?

2016年夏の調査によると、東京、山手線沿線での生ビール平均販売価格は550円とのこと。

いわゆる生中と呼ばれる、生ビールの中ジョッキ。この中ジョッキの容量は400~520mlと差があるものの、一般的に多く出回っている435型ビールジョッキという、すりきり1杯での容量435mlのビールジョッキを例として算出してみることにした。

第三のビールなどは一旦除外し、スーパーや酒屋で販売されているビールの350ml缶が多少値引きされているとして194円とすると、缶ビール1mlあたりの価格は0.55円となる。

435型ビールジョッキは、すりきり1杯なら435ml注げるが、店舗での一般的な注がれ方を理想的な泡と液体のバランスと言われている3:7で例とすると、304.5mlが液体の実質容量となるため、生中1杯の1mlあたりの価格は1.81円となる。

さて、既に2杯めに突入。早めに計算をし始めないと不安である。

飲み放題の価格は「980円」「1,480円」「2,980円」の3つのパターンが一般的?

ペースの早い同僚は既に元が取れるかどうかより、喉が潤えばいいし、10杯も飲めば十分!なんて言い始めている。しかし、どうしても気になってスッキリしない同僚もいるようだ。というわけで、改めてまずは飲み放題の価格がだいたい幾らくらいなのかを調べてみた。

相変わらず東京、山手線沿線となるが、食べ放題付き5,500円とか食べ放題付き4,980円なんてのもあるものの、今回は飲み放題のみに絞った。どうやら、980円、1,480円、2,980円の3パターンが一般的なようなので、この3パターンで計算してみることにした。

テーブルにはすでに3杯目が運ばれてきた。

早く計算に入らないと面倒くさくなってしまいそうだ・・・

ビール何杯で元が取れるかを、飲み放題の価格ごとに計算

生ビールだけでなく、焼酎、サワーにウィスキー、ハイボールなども含まれた飲み放題が多いが、飲み屋でのバイト経験がある同僚によると、ビールが一番原価率が高いという。

稀に飲み放題のビールが第三のビールである店舗もあるようだが、第三のビールは比較対象同様省いて、ビールのみで元を取るというルールにさせてもらう。

まずは飲み放題価格が980円の場合だ。

  • 缶ビール1mlあたりの価格が0.55円であるから、980円分の量となると1,782ml、約1.8リットルになる。
  • 435型ビールジョッキの7割に注がれることになるので、5.85杯になることから、6杯飲めば元が取れたことになる。

次は飲み放題価格が1,480円の場合だ。

  • 1,480円分のビールの量は2,961mlになるから、約2.7リットルになる。
  • 435型ビールジョッキの7割に注がれると、8.84杯。このケースでは9杯飲むと元が取れたことになる。

最後に飲み放題価格が2,980円の場合だ。

  • 2,980円分のビールの量は5,418mlになるから、約5.4リットルになる。
  • 435型ビールジョッキの7割に注がれると、17.79杯。このケースでは18杯飲むと元が取れたことになる。

結局ビール何杯で元が取れる?

3杯目を飲みきる前になんとか計算は終わった。同僚はお構いなしに5杯目を喉に流し込んでいる。

店舗によっては、飲み放題のビールが第三のビールであったり、焼酎、サワーやウィスキー、ハイボールも飲み放題に入っていたりするが、今回は一番原価率が高いというビールが、一般的な435型ビールジョッキに大して7割液体が注がれた状態と、スーパーや酒屋で販売されている缶ビール350mlあたりの価格で計算してみた。

結果として、

  • 飲み放題980円の場合、6杯飲めば元が取れる
  • 飲み放題1,480円の場合、9杯飲めば元が取れる
  • 飲み放題2,980円の場合、18杯飲めば元が取れる

ことがわかった。

キンキンに冷えた生ビールで喉を潤すペースが結構大変

4杯目が運ばれてくる頃には、同僚はすでに6杯目に突入していて、すでに元が取れる状況は秒読みだ。

今回は飲み放題980円の店舗に飛び込んだが、飲み放題2,980円の店舗だったら、元を取るのにあと14杯のまなくてはならなくなる。それも既に入店してから1時間が経過しており、飲み放題終了まであと1時間を切っている。

5分に1杯ペースはかなりキツイ・・・

そう。飲み放題にはさらに制限時間がつきものなのだ。
2時間制と言われながらも、5、6人で入店すると、注文してから全員分が運ばれてくるまで10分くらいかかることもある。更に制限時間で退店しなければならないのが一般的なようなので、結局実質飲める時間は100分を切る。その間に肴やアテを口にしながら飲むことになる。

計算も終わってあとは飲むだけ!と思ったら、また気になって計算してしまうことに・・・

飲み放題の制限時間を加味したペース配分で元を取る

2時間でどのくらい飲めば元が取れるか計算したら、あとはそのペースで残り分を飲むだけだ。

なんてだいぶ酔いも回ってきたようなので、2時間制の飲み放題で、入店から退店まで、1杯目が入店~注文後10分で運ばれてきたと想定し、2時間後には退店しなければならないので、退店10分前で飲みきっていなければならないとした。
実質飲める時間は100分。
をまずは計算してみる。

  • 2,980円の飲み放題の場合では、5分に1杯のペースで飲み続ければ元が取れる
  • 1,480円の飲み放題の場合では、11分に1杯のペースで飲み続ければ元が取れる
  • 980円の飲み放題の場合では、16分に1杯のペースで飲み続ければ元が取れる

2,980円の飲み放題の店舗だと、5分に1杯のペースということは、おかわりを注文してから運ばれてくるまでの時間も考慮すると、かなりハイペースで飲まなければならない。

同僚は既に9杯目を頼んでおり、元が取れたと喜んでいる。

全く好きでもない計算を飲みながらするという苦痛を味わうと、元が取れるか云々よりも、財布に優しい価格で同僚とワイワイ暑気払いができるのが一番だなと、6杯目を注文しようとしたところで、
「制限時間となりましたので、お会計をお願いします」
と、ちょっと喉の潤しが足りない感じになってしまった・・・

<自宅で帰宅後に1杯>

ランキング