ポケモンGO開発者は700万円⁉︎ ゲームプロデューサーの年収はいくら?

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・ゲームプロデューサー

<Point>

1ポケモンGOにはいろんな人が関わっている

2ゲームプロデューサーの年収は約700万円

3労働環境は厳しい?

6790.jpg

日本、海外を問わずに爆発的ヒットとなった『ポケモンGO』をプレイしている人も多いでしょう。自分の住んでいる町中にポケモンが次々で出てくるので、町中でモンスターボールを投げる人が急増しています。

今回はそんなポケモンGOをはじめとした、ゲームプロデューサーの仕事と年収について調査してみました。

■ゲームプロデューサーってどんな人?

あまり知られていないことですが、1つのゲームをリリースするためには、ゲームを実際に作る人以外にも多くの人が関わっています。ゲームを実際に作るプログラマーはもちろんゲーム内の絵を作るグラフィッカー。また、バグを修正するデバッガーなど役割は様々です。

そのような役割の中でゲームプロデューサーとは、ゲームの企画やスケジュール、クオリティーといったゲームの全体像を管理する役割です。当然、プロデューサーには多くの経験が求められ、ゲームがヒットするかどうかはゲームプロデューサーに懸かっていると言っても言い過ぎではありません。

■ゲームプロデューサーの年収は約700万円!

さて、そんなゲームプロデューサーの気になる年収はいくらなのでしょうか。
財団法人 デジタルコンテンツ協会が平成22年に発表した資料によると、ゲームプロデューサーの平均年収は695万2,000円。ディレクターは563万6,279円、プ
ログラマーが464万1,390円など。

日本人の平均給与が400万〜450万円ほどと言われていますから、それと比べれてみればかなりの高給取りということがわかるのではないでしょうか。

このような魅力的な収入であるからこそ、ポケモンGOのような素晴らしいゲームを世に送り出すことができるのかもしれませんね。

■ゲーム作成会社が激務は本当?

しかし、魅力的な年収である一方、体力面ではかなり厳しいことも求められます。ゲームプロデューサーに限らず、ゲーム作成会社では勤務時間が長くなりがちですし、リリース直前となると深夜まで働くこともざらにあるようです。ですから、労働環境は必ずしも良いとは言えないようです。

それでもポケモンGOのような多くの人に影響を与えるゲームを作ることに夢を持つ人も多いでしょう。そんな人はぜひ、ゲーム作成会社に入ってポケモンGOのような魅力的なゲームを作ってもらえたらと思います。

画像一覧

  • ポケモンGOの開発者に憧れて…ゲームプロデューサーの年収は?

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

ダウンロード済が48.7%!ポケモンGO緊急調査【マネーゴーランド意識調査】

あなたはやっていますか?『ポケモンGO』。

世界中で社会現象となっている『Pokémon GO』(以下、ポケモンGO)。日本国内でも7月22日にアプリのリリースが開始されました。皆さんはもう体験されましたか?

そこで、マネーゴーランド編集部では緊急アンケート「ポケモンGOについての意識調査」を実施!空前の大ブームとなっているこの『ポケモンGO』の今を調査してみました!

参考「任天堂の時価総額3兆5000億円超!話題沸騰『ポケモン GO』って何?」

■『ポケモンGO』ダウンロードした人が約5割

日本国内でのリリースが開始されると、すぐにApp StoreとGoogle Playの両ストアのランキングにおいて首位になるほどの大人気っぷり。本当にこんなにダウンロードしているの?ということで、「『ポケモンGO』をダウンロードしましたか?」と質問をしてみました。

その結果、「はい(48.7%)」「いいえ(51.3%)」と、回答者のほぼ半数がダウンロードをしていることが判明。でもこれだけのブームにもかかわらず、まだ半分ということは、まだまだこれから?ということでしょうか。

空ポケモンGO』をダウンロードしましたか?マネーゴーランド意識調査

■トレーナーの名前・性別はどうしてる?

ゲームをされている皆さんはお分かりになると思いますが、『ポケモンGO』の中では「トレーナー」と呼ばれるプレイヤーの分身が『ポケモンGO』の世界でさまざまなモンスターと出会います。お気に入りのスタイリングや髪型、肌の色などを組みあわせることができるので、思わず感情移入してしまう!そんな皆さんもいるのではないでしょうか。

そこで、「『ポケモンGO』で設定したキャラクターは、あなたと同じ性別ですか?」と聞いたところ、89.1%が自身の性別と同じトレーナーを選んだと回答。

一方で、『ポケモンGO』は位置情報を利用したゲームなので、現実世界で他のプレイヤーと遭遇することも多々あります。そのため、トレーナーの名前を本名にしてしまうと個人特定に繋がりかねないので注意が必要ですね。

別のアンケート結果によると、現実世界で他のプレイヤーと出会っても、あえて声を掛けたり、挨拶したりする人は少ないとが判明しましたが、挨拶をされればきちんと答えるということもわかりました。ルールやマナー、適度な距離感を守りながら楽しみたいですね。

『ポケモンGO』で設定したキャラクターは、あなたと同じ性別ですか?マネーゴーランド意識調査

■最初のポケモンは、何?

『ポケモンGO』の人気の理由の一つが、ゲームに登場するユニークなモンスターたち。そのモンスターたちとより多く出会うために、プレイヤーがさまざまな場所に出かけたり集ったりということが、ニュース映像などで見かける“あの”様子なのです。

『ポケモンGO』では、そのポケモンをプレイヤーが最初に選ぶことからゲームがスタートします。「『ポケモンGO』でゲームスタート時にプレイヤーが選べるポケモンはどれにしましたか?」とアンケートで聞いた結果は、「ゼニガメ(27.2%)」「ヒトカゲ(27.6%)」「フシギダネ(23.6%)」となりました。

『ポケモンGO』でゲームスタート時にプレイヤーが選べるポケモンはどれにしましたか?マネーゴーランド意識調査

■人気の理由はファミコン世代にあり!?

最初に選ぶことにできるポケモンで、21.6%が選んだのが「その他」。これはポケモンの中でも特に人気の高い「ピカチュウ」。しかし、ピカチュウは普通にプレイしても選ぶことができないポケモン。ではどのようにして皆さんは手に入れたのでしょうか?

アンケート結果によると、大部分の方がネット上の攻略情報を見て「ピカチュウ」を手に入れたということがわかりました。そらに「その他」と回答した方を年代別に見てみると、20代・30代における割合がそれぞれ14.1%、24.4%であるのに対して、40代・50代では40%前後と実に倍近くのシェアなのです。

これは、40代50代がファミコンなどのテレビゲーム経験世代であり、当時ゲームをいち早く攻略するための、いわゆる「裏ワザ」を知るために攻略本を読んでいた世代とも合致します。この攻略本世代のため、ピカチュウをより多く選んだのかもしれませんね。あくまでも編集部推察ですがw

『ポケモンGO』でゲームスタート時にプレイヤーが選べるポケモンはどれにしましたか?マネーゴーランド意識調査

■まだまだ伸びる!?『ポケモンGO』の収益

まさに空前の『ポケモンGO』ブームの中、金融市場にも大きな影響を与えています。任天堂の株価や関連銘柄が急上昇するなど、その経済効果は計り知れません。

この『ポケモンGO』の収益源はゲームにおける課金にあります。この課金はプレイヤーがゲームを有利に進めるさまざまなアイテムを購入するために『ポケコイン』呼ばれるゲーム内通貨を有料で購入するために発生します。

ではこの課金、どのくらいの人がしているのでしょうか?アンケート結果によると90.7%の人が「課金をしていない」と回答しています。今後この課金をより多くの人がすることになれば、まだまだ『ポケモンGO』の収益は伸びていく、その伸びシロがあるということにもなるかも知れません。

これからもマネーゴーランド編集部では、この『ポケモンGO』の動向に注目していきたいと思います。

■『Pokémon GO』オフィシャルサイト http://www.pokemongo.jp/
参考「任天堂の時価総額3兆5000億円超!話題沸騰『ポケモン GO』って何?」

※上記集計は2016年7月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数1,408名)

年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

年収が1,000万円もあったら、旅行やお出かけなど、今自分が我慢していることも全部できるだろうなと考える人は多いでしょう。

しかし、実際に年収1,000万円以上を達成している人は、給与取得者のうちわずか 4.1%(国税庁 平成26年民間給与実態統計調査より)と、非常に少ない割合であることがわかります。

なぜ彼らは年収1,000万円越えという、いわゆる“勝ち組”になれたのでしょうか。その理由の一つに辛いことを引きずらない思考を持っているということが言えます。

※ここで一息!:3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

 ■引きずらない思考がなぜ良いか? 
彼らを真似てそんな思考を持つようにしても、なかなか実践できないという人も多いでしょうし、そもそもなぜ引きずらない思考が年収に関係するのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、この引きずらない思考というのは確実にあなたの人生に大きな影響を与えるでしょう。引きずらない思考を持つことによって生まれるメリットは数知れません。

たとえば、大好きな彼女や彼氏と別れてもいつも通りバリバリ仕事をすることも可能ですし、仕事で何か大きなミスをしたとしてもすぐに切り替えることもできるでしょう。有名なバスケットボールの選手が大事な決勝シュートを外しても、次の試合ではウィニングシュートを決めるように、切り替えの早さはあなたの仕事に大きな影響を与えるのです。

辛いことを引きずったままで、重要なクライアントの案件を失敗させてしまっては、会社に大きな損失を出し出世コースから外れることも十分に考えられます。ですから、引きずらない思考を持つことが、そのような場面を避けることにもつながるのです。

 ■引きずらない思考の第一歩は過去に感謝すること 
しかし頭では理解しても、引きずらない思考を持つことは簡単なことではないと思われるでしょう。そんな人は過去の出来事に対して感謝の気持ちを持つことが重要だと思われます。

一度失敗してしまった過去は取り戻すことができません。それにいつまでも悔やむのではなく、冷静になぜ上手く行かなかったのか?を考えて次に活かす方が、未来に目を向けたよりよい方法だと言えるでしょう。

「こんな大きな失敗を経験したのは、この会社で自分くらいだろう」
「前の彼氏にはここが受け入れられなかったけど、自分の行動は本当にこれでいいのか?」

そのように冷静に自分を見つめ直すと自然と切り替えも速くすることができます。そして過去の経験から学んだことを次に生かせばいいのです。

引きずらない思考を持つためには時間がかかりますが、いつまでも悲観的になるのではなく、未来に視点を持ってもらえればと思います。

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

「1分でも長く寝ていたい。」もしも毎朝そう思っているのなら、あなたには年収アップの可能性が低いかもしれません。それは、年収1,000万円以上をもらっている人の多くが朝型の生活を送っており、年収400万円未満の人の生活とは大きな違いがあると判明したからです。

では、社会で成功を収めている人のライフスタイルとは一体どんなものなのでしょうか?

■年収1,000万円以上で朝型は6割越え
ソニー生命保険株式会社が20歳以上の経営者・会社役員、会社員の合計1,000名に行った『経営者と社員の意識比較調査』から、興味深い結果をご紹介しましょう。

日頃の行動について「朝型」と「夜型」のどちらに近いか聞き、その結果を年収別に分析してみると、年収が高い人は朝型の割合がとても多いことが判明したのです。

経営者のうち年収が1,000万円以上の人は「朝型」と「どちらかというと朝型に近い」は合計で65.4%にもなり、会社員で年収1,000万円以上では「朝型」「どちらかというと朝型に近い」の合計は65.9%にものぼっているのです。

ちなみに会社員で年収400万円未満の人で「朝型」または「どちらかというと朝型」と答えた人は、43.3%しかいませんでした。

■企業経営者の平均睡眠時間は?
では、次に睡眠時間について見てみましょう。

同調査によると、経営者500名の平均睡眠時間は6.1時間で、会社員500名は5.8時間となり、経営者と会社員の間で睡眠時間に大きな差はないことがわかりました。

つまり、年収1,000万円以上の人や企業経営者は、起床してから仕事をこなし就寝するまでのあらゆることを、すべて一般の人よりも早朝から前倒しで行っているということでしょう。

■成功者はなぜ朝型を好む?
世界的な大企業の経営者も、多くが朝型で4時や5時といった早朝に起床していることが知られています。朝早くなら、オフィスに出かけるのにも通勤電車の混雑とも無縁だし、取引先からの電話などに追われることなく、集中して仕事に取り組めるというメリットがあります。

さらに、誰にも邪魔されることなく趣味の時間を確保したり運動したりと、日々のストレスを上手に発散することも可能で、仕事に限らず生活のさまざまなことの効率がアップすると言えるでしょう。

とは言っても、毎日残業に追われている方は大抵夜型の生活にどっぷりハマっているはず。でも年収アップや起業を考えているのなら、思い切ってライフスタイルを朝型に切り替えてみるとよいかもしれません。

あなたが年収アップの可能性があるか知りたいなら、3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断 でセルフチェックしてみてはどうでしょう?

ランキング