エアコン節電テク&印鑑基礎知識も!お金レシピ番付7月「実生活編」

このレシピを実行して

1900万貯まる!
<材料>

・お金レシピ番付7月「お金を貯める」編

<How to>

1注目記事を読み返す

2読み返すだけでなく、実行してみる

※お金レシピ番付7月「実生活」編1位〜10位を行うと貯められる合計金額

6812.jpg

予想されていたとおり、猛暑となった今夏。エアコン代の節約テクニックから印鑑にまつわる基礎知識まで、実生活に密接な記事の中から、マネーゴーランドで2016年7月によく読まれた記事TOP10を選出しました。

■10位 おひとりさまの老後資金計画「個人年金は終身にするべき?」

シングルの方が増えている現代で、老後のための資金をどうしていくかという問題は切実。そんなテーマから個人年金について踏み込みました。

■9位 やっぱり魅力的!ネット銀行「円普通&定期預金の金利ランキング」

超低金利時代だからこそ見直したいのが、ネット銀行の活用です。その参考にぜひしてほしい、円普通預金と円定期預金の最新金利についてランキング形式でご紹介しています。

■8位 「お金が貯まらない理由」がわからない…!貯蓄愚者の失敗例3つ

お金を貯めようとしているのに貯まらない…と不思議に思う方も多いことでしょう。そんな貯蓄がうまくいかない人の特徴についてFPが鋭く指摘した記事です。

■7位 焼き肉食べ放題で元を取る!「カルビ何皿」オーダーすべき?

「食べ放題はお得」と言われていますが、どのくらい食べたら本当に損をしないのか、誰もが気になるもの。さてカルビを何皿頼めば、焼き肉食べ放題で元を取れるのでしょうか?

■6位 相手が思わず黙る…!お金を無心されたときの「上手な断り方」BEST5【声優ナレーション付】

もしも友人に「お金を貸して」と頼まれたら…そんな断りにくいシーンに役立つ、上手な断り文句をご紹介します。声優のナレーション付きなので、言い方についても参考にできるはず!

小さな努力で1000円の差!エアコン代節約「朝にやるといいコト3つ」、マネーゴーランド

■5位 小さな努力で1000円の差!エアコン代節約「朝にやるといいコト3つ」

日中の冷房による電気代を少しでも抑えるためには、まだ暑くならない朝の過ごし方がポイントとなります。朝にやっておくべきことをご紹介しています。

■4位  目指せ貯金2000万円!「月1万円で始められる」貯蓄生活

たった月1万円の貯蓄でも2000万円を貯金することは、決して夢ではないんです。そう気づかせてくれる記事で、具体的な貯金方法もご紹介しています。

■3位 猛暑に打ち勝つ!体にやさしい「妊婦のためのエアコン代節約術」

妊娠中の女性なら体を冷やしすぎることは避けたいもの。そんな妊婦さんならではのエアコンの使い方のちょっとしたテクニックをについてアドバイスしています。

■2位 猛暑で夏の電気代もウナギ上り!「夜間のエアコン代」を抑えるテク

夜間におけるエアコン代にフィーチャー。どうやったら電気代を最低限に抑えながら、快適な眠りを得られるでしょうか? そのヒントが隠されています。

■1位 実印と認印の違いは?大人なら知らなきゃヤバい「ハンコの基礎知識」

一口にハンコと言っても、さまざまな種類があるものですが、それをきちんと理解していますか? そんな社会人ならば知っておくべき基本情報をここでおさらいしましょう。

宝くじ当選確率UP情報も満載!お金レシピ番付7月「ドリーム編」も近日公開予定です。また来月もお楽しみに!

■今回のナレーター

度会 結希(わたらい ゆき)

・主な活動歴
落語大好き!人狼ゲーム大好き!な声優です。
声優落語集団「ういろぅてんぐ」共宰、ラジオ「みずき・ゆきひみつラジオ」メインパーソナリティ、他
ツイッター  @wataraiyuki

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

お金がザクザク貯まるテク満載!【2016年上半期】マネーゴーランドお金レシピ番付

あっという間に2016年も半年が過ぎてしまいましたね。

この半年は芸能人の不倫スキャンダルなどのワイドショーネタ以上に、お金に関するニュースが多かったのではなかったでしょうか。「マイナス金利」「電力自由化」「消費税増税の先送り」「英国のEU離脱」などなど…。

“実行すればお金が貯まるお金レシピ”をお届けしている『マネーゴーランド』もこの半年にたくさんの記事という「お金レシピ」をご紹介してきました。

そこで今回は『発表!2016年上半期マネーゴーランドお金レシピ番付』ということで、皆さんから注目を集めたお金レシピを編集部がご紹介いたします!

■第10位:ボーナス支給無しは62%!給料事情を発表【マネーゴーランド意識調査】

マネーゴーランド編集部が独自の視点で行っているアンケート調査。その結果を元に紹介した2016年度のボーナス事情の記事がランクイン。周りの人はどうなの?同世代は?など、なかなか聞けないことでもアンケート調査の結果を見ることで推察できますよね。これからもユニークな意識調査をお届けしていきますので、お楽しみに!

■第9位:【マネーギャグアニメ動画】火遊び厳禁!取られる現金!不倫の慰謝料の相場

上半期にワイドショーの注目を集めた話題といえば、“あの”タレントさんの不倫騒動。その影響もあってなのか、オリジナルアニメの『わんわんわんコイン』が急上昇!アニメのストーリーとともに、お金にまつわる難問クイズは密かな人気なんですよ!

■第8位:年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

給与取得者のうち、わずか 4.1%が年収1,000万円以上。この年収1,000万円以上を稼いでいる皆さんは“なぜ”この給与を実現できたでしょうか。そこにはある共通の思考が存在した!という内容が注目を集めました。

■第7位:今年からできる新たな壁・・・年収106万円

あと3ヵ月後に迫ったパートタイマーの厚生年金と健康保険の加入条件の変更になりる、いわゆる「106万の壁」。直前に慌てることのないよう、今からしっかりと内容を把握して、今のうちからどのような働き方をするのかしっかりと考えておきましょう!

■第6位:今すぐ把握しておきたいたった3種類しかないお金の増やし方とは

お金を増やしたくない!という方はいないと思いますが、増やし方を知っているという方はまだまだ少ない。ということで、お金はどうやったら増やせるのかを考えた記事がランクイン。辿り着いたのはたった「3つ」の増やし方でした。

気になる上位ランキングの発表は次のページへ。

年収1,000万に熱視線!お金レシピ番付5月「お金を貯める」編

お金を賢く貯めることは誰もが興味を持つことでしょう。そんな“お金を貯める”ことをテーマに、マネーゴーランドで2016年5月によく読まれた記事TOP5を選出しました。

■5位 扶養は得or損⁉ 女性社労士FPおすすめの「主婦がお金を稼ぐ方法」

パート等で働きながら主婦業をこなしている女性は多いですが、そんなときに必ずと言っていいほど話題に上がるのが、配偶者の扶養に入るかどうか。女性ならば一度は気になるこの話題を、FPの小野みゆきさんが改めて説明しています。

■4位  FPが斬る!ケチじゃない「現代流かっこいいお金の使い方」

締めるべきところは引き締め、ここぞという場面ではお金を使う。そんな実例を学べるのが、FPの廣木智代さんが紹介するこちらの記事。お金のプロも思わず感心した、かっこいい使い方はぜひ見習いたいものです。

■3位 株主優待やるならやっぱり高利回りが良い!全期間株主優待利回りランキング

株式投資を行うなら気にせずにはいられないのが、株主優待の中身。優待利回りが群をぬいてずば抜けているものには、驚異の615%というものもあります。そんな優待利回りが高いトップ3をライターの河崎鷹大さんがリサーチしています。

■2位 税金を払わないとどうなるか?

納税は日本国民の三大義務のひとつで、給与から引かれたり、役所から納付書が届いたりします。でも税金を払わなかった場合どうなるのでしょうか…? ペナルティがあるのでしょうか? そんな、もしものことを税理士である小山潤さんが教えてくれました。

■1位 年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

お金を貯めることに関して、5月で最も読まれた記事が、河崎鷹大さんが指摘したこちらの記事。年収1,000万円は誰もが憧れる金額ですが、そこに到達した人の考え方にフォーカスし、ある共通点を導き出しています。

お金レシピ番付5月「節約」編も近日公開予定です。また来月もお楽しみに!

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

ギャルが見た!これがお金持ちの共通点!【マネギャル】

今週のマネギャルたちには数々の経験を活かしていただき、「お金持ちのクセ」を見抜いていただきました。逆を言えば、これを真似ればお金持ちになれる!?

■見た目じゃわからない!!
百戦錬磨の彼女たちの口から1番に飛び出したのはこの言葉でした。オラオラ系の方もいれば、身なりに気を使うこともない方もいらっしゃったとのこと。

■財布に現れるよ!!
続いて飛び出したのはこちら。レシートなんかまず入っておらず、よくある長財布ではなく「iPhoneが入るぐらいの大きさ」とのこと。筆者は見たことがないです。

さまざまな紆余曲折を経ながら、たどりついた答えは!?
真相は下記動画よりご確認をお願いいたします。

ランキング