リオ五輪でジカ熱に感染…!「南米への旅行」保険はどうするべき?

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・ブラジルで病気になった時のポイント

<Point>

1海外旅行保険を選ぶ際のチェックポイントはどこ?

2日本とは大違いのブラジルの医療事情

3海外旅行保険は旅行先に合った補償内容にすることが大切

6797.jpg

4年に一度のスポーツの祭典、リオデジャネイロ・オリンピックが盛り上がっていますね。オリンピックに夏季休暇をあわせて取り、現地で応援に行かれている方もいらっしゃると思います。

しかしブラジルはジカ熱をはじめとした感染症の心配があり、それを理由にオリンピックへの参加を断念した選手もいるほどです。そこで今回は、ジカ熱や海外旅行保険についてお話します。

■海外旅行保険を選ぶ際の最大のポイントは?

海外旅行保険には死亡保障もついていますが、必要な方はすでに生命保険に入っているでしょうから、これはあまり重要ではありません。ジカ熱などの感染が心配される地域への旅行の時には、「治療費用保険」「救援費用保険」これらの補償内容を確認しましょう。

ちなみに、ジカ熱とは、中南米を中心に広がりを見せている感染症で、ジカウイルスを持っている蚊によって感染。ほとんどが軽症ですみますが、妊婦さんが感染すると、頭の小さい小頭症児を出産してしまう可能性があるようです。

⚫️治療費用保険:
旅行中にかかった病気や、事故によるケガで医師の治療を受けた場合に保険金が出ます。治療は現地だけではなく、旅行終了後72時間を経過するまでの治療でも保険の対象です。特定の感染症※に指定されているものであれば、旅行終了後30日を経過するまでの治療が対象です。
※特定の感染症:デング熱、黄熱、マラリア、コレラ、ペスト等

⚫️救援費用保険:
旅行中の病気やケガで3日以上の入院をして、家族が現地まで駆けつけることになった場合、家族の往復交通費や宿泊費が保険で受け取れます。

■ブラジルの医療事情は日本とは大違い

日本では、治療を受ける際、保険証を持っていれば3割負担で受診できますが、外国では事情が違います。ブラジルには治療費が無料の公立病院がありますが、待ち時間が長く、設備や衛生面に不安があります。一方私立病院は設備が整っていますが高額です。また、日本語や英語が通じないこともあるので、通訳サービスのある海外旅行保険に加入しておくと安心です。

外務省の海外安全ホームページによれば、現金のみで受け付ける医療機関もあるので、少なくとも500レアル(約16,000円)程度のブラジル通貨やクレジットカードを持参したほうがよいとのことです。

保険会社によってはキャッシュレスサービスといって、保険会社の提携病院で受診した場合、自分で治療費を支払わなくても、保険会社が直接病院に支払うようになっていることもあります。ただし、金額によってはいったん立替払いをする場合もあるので、現金は必要でしょう。

■旅行先の土地柄に合った補償内容にすることが大切

ブラジルは感染症だけではなく、治安も心配です。携行品損害保険をつけておけば、盗難にあっても補償されます。ただし、置き忘れは対象外ですので気をつけましょう。

オリンピック・パラリンピックは、メダルの数も気になりますが、ひたむきな選手の姿にはいつも感動させられます。今年の夏は、スポーツの素晴らしさをより一層、堪能したいですね。

画像一覧

執筆者

タケイ啓子 (たけいけいこ) ファイナンシャルプランナー

36歳の時に2人の子をつれて離婚し、大手生命保険会社に営業として就職。その後、保険の総合代理店に転職し、保険の電話相談業務に従事。 どんな時にも、自分らしくありたい。それはとても自然な気持ちです。 お金の心配で自分らしさを、くもらせてしまうのは、もったいないこと。 心配や不安を、目標や希望に変えるお手伝いをいたします。FP Cafe登録FP。

タケイ啓子

関連記事

関連記事

健康保険証を失くしたら…旅先での診察も対応可能?【もしもシリーズ】

楽しい夏休み!海や山などどこに行こうかワクワクします。だけど旅先で熱が出てしまったりケガをしてしまったりなんてこともあるかもしれません。

国内旅行には必ず健康保険証は持っていきますよね。ところが気がついたら保険証が見当たらない!紛失したのか、盗まれたのか。
今回はそんなときの対処法をお伝えします。

■1:速やかに警察や信販会社へ届け出を提出

まずは慌てないことが大切ですが、健康保険証は本人確認書類として認められているところも多いため、なりすましてレンタル会員になられて滞納されたり、消費者金融で借金をされたりしてしまうかもしれないのです。

また、あなたが紛失した保険証を持って他人が病院を受診しまったとします。直接被害はないかもしれませんが他人のカルテが自分の名前で作成されてしまうことになります。万が一事故や事件に巻き込まれた時にカルテを元に身元確認ができないという事態が起きてしまう可能性があります。

紛失に気づいたら真っ先に警察へ届け出を出しましょう。また、信販会社などが加盟している個人信用情報機関へ紛失したという事実の情報を提供し登録をしておく必要があります(本人申告制度)。なぜなら信販会社が与信の判断に慎重になってくれる状況を作ることになるからです。

代表的な個人信用情報機関は以下のとおりです。
・株式会社シー・アイ・シー(クレジット系)
・全国銀行個人信用情報センター(銀行系)
・株式会社日本信用情報機構(消費者金融系)

また、届け出を出した後に見つかった場合は、警察や個人信用情報機関への報告も忘れないようにしましょう。

■2:保険証の再発行の手続きへ

紛失しても再発行は出来ます。加入している保険証によって窓口や再発行に要する時間も違います。

国民健康保険の場合の再交付手続きは、市町村の窓口で基本的には即日交付になります。社会保険の場合は、企業の健康保険組合や全国健康保険協会の各支部の窓口に申請します。ただ、勤め先に担当の社会保険労務士がいる事もあるため、まずは勤務先の担当部署に相談しましょう。その場合再発行までには1週間から2週間ほどかかります。

■3:再交付までに病院にかかった時はどうなる?

保険証がなければ病院にいけないわけではありません。かかりつけの病院であれば事情を説明すればお会計も3割分だけで良いと言ってくれる場合もあります。

旅先で病院にかかった場合は、一時的に全額自己負担をする必要性が出てきます。後日、再発行した健康保険証をその病院に持っていけば差額の7割は病院が返金してくれます。

でも、東京在住の人が旅行先の沖縄の病院にかかった場合など、手元に健康保険証が届いたけど遠くて持っていけないなんてこともありますよね。これを防ぐ方法としては、病院にかかる際に自分の健康保険証番号がわかっていれば相談にのってうまく対処してくれる病院もあります。普段から万が一の紛失等を考え番号を控えておくと良いでしょう。

と、旅行先でのもしもの話をしましたが、楽しい夏休みなので、病気やケガがないよう過ごしたいものですね。

緊急搬送費は高額と噂…!今知っておきたい「熱中症と保険のこと」

30度を超える日も多くなり、暑い夏がやってきました。この時期に心配なのが熱中症ですね。病院に救急搬送されたというニュースは連日流れており、7月初旬は去年同時期の5倍以上の熱中症による救急搬送者がいたとの消防庁の発表もありました。

そのような中、熱中症で救急搬送された場合の治療費が高額になるとネット上で噂になっています。では、その治療費に対してどのような対策をしたらよいのでしょうか?

■熱中症の緊急搬送は高額になる?

熱中症と言っても軽症のものから、肝・腎機能障害などの重症のものまであり、当然その治療内容により費用は全く異なります。そのため、一概に高額になるとは言えません。

しかし、意識障害等の重症により救急車で緊急搬送をされ、救命救急センターに入院をした場合はどうでしょうか。

救命救急センターへの入院料だけでも1日3万円前後かかります。これは、健康保険が適用された3割負担の場合で、正確には施設基準によって変わります。更に処置費や初診料等を加えるとかなりの高額となる可能性はあります。

■熱中症で入院した場合:公的医療保険は使えるの?

では、重度の熱中症により入院を余儀なくされた時など、高額の医療費に対してどのように備えたらよいのでしょうか?

まず、熱中症は、公的な健康保険制度の対象のため、高額療養費制度が使えます。
高額療養費とは、病院や薬局で支払った額が、ひと月に一定額を超えた場合、その超えた金額が戻ってくる制度です。

年齢や収入によって自己負担額が決まっていますので、自身の自己負担額を事前に知っておくことは大切です。高額療養費をもらうには、加入している公的医療保険に自ら請求する必要があります。払い戻しには、診療月から通常3ヶ月程度かかります。なお、請求の時効は2年です。

事前に『限度額適用認定証』を準備できていれば、窓口での支払いはその自己負担限度額までとなります。

■熱中症で入院した場合:民間保険は使えるの?

まず、熱中症は、病気の一種として扱われます。そのため、病気を対象にした「医療保険」に加入をしている場合は入院に対する給付金が支払われます。

注意が必要なのは、日常生活のケガや事故を対象にした「損害保険」に加入している場合です。損害保険は、「急激」かつ「偶然」な「外来」の事故が対象となりますので、基本的には熱中症は補償されません。

しかし、昨今は熱中症も補償対象としているけがの保険もありますし、特約を付けることで補償対象にできる場合がありますので、加入している保険の確認をしましょう。

また、保育園等から案内される「園児総合補償保険」やイベントなどに参加する時に加入する「イベント保険」「ボランティア保険」「スポーツ保険」等では熱中症も対象になっていることが多いようです。

当然のことながら、熱中症にならないように予防をすることが第一の費用対策です。しかし、防ぎきれない場合もありますので、突発的な支出に対応するための緊急予備資金を準備しておくことが次に大切です。

万が一重症化して入院を余儀なくされた場合に備えて、この機会に加入している保険の内容も確認をぜひしてみてください。

9500万円の賠償金実例も…義務化が進む「自転車保険」FP推奨の加入法

先日近くの歩道で、歩行者と自転車との、出会い頭による事故を見かけました。大きな事故ではなかったのですが、歩行者がハッと立ち止まり、自転車走行者も慌てて自転車からおりる…といった光景は、珍しいものではないかもしれません。

■賠償金9500万円の判決実例も!自転車保険の必要性

警視庁が発表したデータによれば、2015年中の自転車事故件数は全国で101,219件に上ります。

また2013年に起きた、少年と60代女性との自転車事故では、女性は後遺障害を負い、神戸地方裁判所が約9,500万円という高額の賠償金支払いを命じる判決を言い渡しています。被害者はもとより、加害者やその家族にとっても痛ましい事故となったのは、言うまでもありません。

バイクや原動付自転車とは違い、ライセンスの必要ない一般の自転車は、誰もが気軽に乗れる分、乗っている人の走行モラルや規則の順守に大きな差を生みやすいのが実態です。

そんな中、全国に先駆けて兵庫県にて、自転車保険の義務化を定める条例が2015年10月より施行されました。続いて大阪府でも義務化の条例が施行され、そのような動きは全国に広まりつつあります。

罰則規定はないものの、被害者救済と加害者になりかねない事を考慮して、加入はしておきたいですね。

■自転車保険の月額保険料・補償は?

では自転車保険とは、どのような内容なのでしょうか。

まず保険料についてですが、各損保会社の年間保険料は3,000円~1万円程度と、プランによって差があります。つまり、月250円〜830円程度で加入できます。

基本的な補償は、何より被害者への賠償金。額は上限1億円が主流で、中には3億円まで補償してくれる会社もあります。次に示談サービス。相手方との交渉を素人がするのは難しい事ですから、つけておきたいサービスです。

他には搭乗者のケガや死亡に対する補償です。入院や通院、手術についての補償になります。

■個人賠償責任特約と傷害保険には自転車保険の補償がある…⁉︎

実は一般の人には知られていない事なのですが、上記の補償は自転車保険に加入していなくてもすでに補償されているケースが多いのです。つまり“加入しているとは知らずに、加入している”状態です。そのからくりは、「個人賠償責任保険」と「傷害保険」にあります。

⚫個人賠償責任保険
個人賠償責任(賠責)は自動車保険や自宅の火災保険に特約として付加されていることが多いです。これは自転車保険でも同じことですが、被保険者ひとりの補償ではなく、同居している家族も補償対象になります。

⚫️傷害保険
傷害保険は事故や災害、感染症での入院、通院、手術や死亡に対して補償されるもので、損害保険会社が取り扱う保険のなかで、唯一「ヒト」を補償対象にしている保険になります。生命保険とは違い、年齢や性別で保険料が決まるのではなく、危険なスポーツをしているか、職業は何か、もしくは75歳以上の高齢者か否かで、保険料が決まります。

実はこの2つに加入していれば、すでに自転車保険に入っているのと同じこと。2つ以上の保険に加入しているからといって、補償額がその分増えるということはありませんので、ムダな2重掛けは避けたいものです。ただし、契約の補償額は十分に確認をしてください。賠責額は、1億円以上が好ましいでしょう。

楽しいサイクリングや、安心な日常での使用をするために、保険の確認と、なによりルールを守った走行をお忘れなく。

小林麻央も北斗晶も…今こそ見直したい「女性保険」基本のき

市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんがわずか33歳という若さで乳がんになったというセンセーショナルな報道は記憶に新しく、さらにタレントの北斗昌さんも乳がんの摘出手術を受け現在も闘病生活中。

そんなニュースに「もしも自分もがんにかかったら…」と不安を感じた女性もいたのではないでしょうか。

『国立がん研究センター』の統計によると、30代から乳がんにかかる人が増え始め、40代後半~50代前半がピーク。がんの中でも、日本の女性が一番かかりやすいのは乳がんです。そこで、女性特有の病気や女性がかかりやすい病気(女性疾病)が気になる人のための、女性向け保険について考えてみましょう。

◆主な女性特有のがん 罹患率(年齢階級別)
国立がん研究センター、主な女性特有のがん罹患率
出典:国立がん研究センター がん対策情報センター(2012年)

■女性向け保険とは?

女性向け保険とは、女性疾病に手厚く備える医療保険を『女性専用』や『〇〇レディ』と命名して、“女性向け”として販売しているに過ぎません。

一般的な医療保険に「女性疾病入院特約」など保障をトッピングしたもので、普通の医療保険のプランの一つです。“1日入院するといくら”という基本の入院給付金(入院日額)に対して、女性疾病で入院すると一律5,000円、または基本と同額が上乗せされるケースが多いようです(5,000円のタイプに加入すると、女性疾病は入院1日あたり1万円の給付)。

中には、乳がんで乳房を切除した後に乳房再建手術をした場合、100万円受け取れる商品もあります。

■保険料はいくら?

まず、一般的な医療保険で、入院1日あたり5,000円と1回の手術を5万円や10万円だけ保障するシンプルなプランなら、30歳女性の毎月の保険料は1,500円前後です(1回の入院は60日まで。通算1,000日程度。保険期間は終身、保険料は終身払)。

これに対して、女性疾病なら入院1万円/日となる女性保険の場合は月額2,000円程度。つまり400~500円ほどアップします。一般的な医療保険の入院日額を1万円にすると、手術の給付金も2倍となり、保険料は約2倍の3,000円前後。特に女性疾病の入院が気になる人にとっては割安かもしれません。保険料の予算と、気になる病気で選ぶといいでしょう。

■女性向け保険に入るなら、いつがいいの?

女性向け保険では、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)や帝王切開など妊娠・出産時のトラブルも女性疾病の対象になりますから、せっかく入るのなら、妊娠前の方がいいでしょう(正常分娩は一般の医療保険、女性向け保険ともに対象外)。

また、子宮筋腫も30~40代の女性に発症しやすい病気のひとつ。女性ホルモンが影響するような婦人科系の病気は、閉経すると治療が不要になるケースもありますので、女性向け保険も若いうちの方が役立つかもしれません。

■医療保険に後から付加できる場合も

既に医療保険に入っている人が、「女性疾病の保障を充実させたい」と思った時に、必ずしも今の保険を解約して女性向け保険に入り直す必要はありません。加入中の保険に、女性疾病の特約を追加できるケースがあるからです。契約している保険会社に問い合わせてみましょう。反対に、不要になったら特約だけの解約も可能です。

「女性向け」となっている医療保険は、保障のバリエーションが限られたり、不要な特約があらかじめパッケージになっているものもあります。言葉に惑わされずに、普通の医療保険に必要な特約だけを追加した方が保険料を抑えられるケースもあります。また、女性疾病の対象となる病気の種類は、保険商品によって違いがありますので、比較することをおすすめします。

ランキング