雨の日はハウスinハウス【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

6783.jpg

雨の日はハウスinハウス【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

雨の日はハウスinハウス【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

『子どもって狭い場所に入るのが好きですよね。
そんな子ども達が大喜びすること間違いなし!なのがダンボールハウス。

ダンボールはスーパーなどで、たいてい無料でもらうことが出来ます。
あとはテープやカッターなどお家にあるもので作れてしまうので、とっても安上がり!

ダンボールハウスのよいところは、作る過程も楽しめて、もちろん作り終わった後も楽しめる。というところ。

こうしよう!ああしよう!など、親子で話し合いながら、楽しんで作業ができるので、お外で遊べない雨の日などにピッタリの遊びですよね。

あなたと子どもだけのマイハウス、作ってみませんか!?』

チャリーン。

<関連記事>

画像一覧

  • 雨の日はハウスinハウス【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

執筆者

中村こてつ (なかむらこてつ) イラストレーター

九州在住、男の子二人のお母さん。育児をメインに絵日記ブログを書いています。http://ameblo.jp/unkotetsu/

中村こてつ

関連記事

特集

関連記事

はじめまして、ダメ主婦です。【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

はじめまして、ダメ主婦です。【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

はじめまして、ダメ主婦です。【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

はじめまして、ダメ主婦です。【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】

はじめまして。中村こてつと申します。

日本の南の方で、2人の男児を子育てしている母親です。
この度、マネーゴーランドにてマンガを描かせていただくことになりました。
が、描くに当たり、自分が何の知識も持っていないことに気づきました。
どおりで全然貯まらないわけだよ。(笑)

そんな私なので、お得な情報を提供できるわけもなく、勝手に皆さんの『頭の休憩係』になることにしました。

はじめのほうでは、子育てから得たうっすいい節約系記事を描きますが、すぐにネタ切れとなって、くだらない内容に移行する予定です。

どうぞ生暖かい目で読んでやってください。
よろしくお願いいたします。

チャリーン。

今夏絶対に見たい!日本の美しい絶景スポット9選【節約絶景ドライブ】【声優ナレーション付】

日本各地にある絶景ポイントを、節約をテーマにお届けしている節約絶景ドライブ。

今回は、これまで紹介してきたプランをテーマ別に分類してご紹介します。日本にはまだまだあなたの知らない絶景が眠っています。絶対に見ておきたい夢のような光景を目の当たりにすれば、今夏の思い出がまたひとつ増えるはず。日本のポテンシャルの高さをいまいちど自分の目でお確かめください。

■世界に自慢したくなる日本の絶景が見られるプラン

・世界遺産の富士山を仰ぎ見られるドライブコース:富士パノラマライン編

富士山の裾野をぐるりと囲む国道139号(富士パノラマライン)をドライブできるコース。富士五湖と呼ばれる美しい湖やパワースポットも数多く点在しています。節約絶景スポットは、マイナスイオンを近くで浴びることができる「白糸の滝」やグルメも楽しめる「朝霧高原」など。
世界遺産の富士山を仰ぎ見られるドライブコース、マネーゴーランド

・伊勢神宮から賢島まで走るドライブコース:伊勢志摩国立公園編

市内が丸ごと国立公園に認められた伊勢市。その中央にあるのが伊勢神宮です。内宮・外宮をはじめ125の宮社からなる神社は、日本人ならいちどは足を運びたい地。そんな伊勢神宮から2016年サミット開催地となった賢島までをドライブできるコースです。節約絶景スポットは、リアス式海岸線を縫うように走る「パールロードシーサイドライン」や英虞湾を一望できる「横山展望台」など。
伊勢神宮から賢島まで走るドライブコース、マネーゴーランド

・世界遺産、白川郷合掌造りが見られるドライブコース:白川郷ドライブ編~

石川県から岐阜県にまたがるホワイトロードを通って、世界遺産のまち白川郷を目指すドライブコース。山深い日本の原風景を見ながらドライブが楽しめ、最後には庄川沿いに合掌造りの家屋が立ち並ぶ光景は、ここでしか見られないもの。節約絶景スポットは、かつてスーパー林道として知られたホワイトロード沿いにある「ふくべの大滝」や「三方岩岳」など。
世界遺産、白川郷合掌造りが見られるドライブコース、マネーゴーランド

■涼しい夏を過ごせるプラン

・避暑地として有名な軽井沢を駆けるドライブコース:日本ロマンチック街道で行く軽井沢編

東京からのアクセスが良く、避暑地として古くから発展を遂げてきた軽井沢。標高が高く夏でも気温が上がらず、高原のため湿気も少ない快適な地をめぐるのがこちら。駅周辺やまるで都会のような雰囲気を持ちながら、一歩奥に入れば大自然の涼風が肌を撫でる快適なコースになっています。節約絶景スポットは、プロジェクションマッピングも行なっている「白糸の滝」や浅間山の雄大な姿を見ながらドライブができる「鬼押しハイウェイ」など。
白糸の滝、避暑地として有名な軽井沢を駆けるドライブコース,マネーゴーランド

・特別名勝の奥入瀬川沿いを走るドライブコース:青森県・奥入瀬渓流を満喫ドライブ編

青森県と秋田県の境にある十和田湖を水源とする奥入瀬川。国指定の特別名勝、天然記念物にも認定される観光地で、緑のトンネルの中を突き進む風景は、まるで日本ではないかのよう。場所によって表情を変える奥入瀬川のせせらぎに耳を傾けるだけで、日本の夏を誰よりも涼しく過ごすことができるはず。節約絶景スポットは、カルデラ湖として有名な「十和田湖」や1684年に開湯した「酸ヶ湯温泉」など。
特別名勝の奥入瀬川沿いを走るドライブコース:青森県・奥入瀬渓流を満喫ドライブ編、マネーゴーランド

・長野県の美ヶ原高原を走る快適ドライブコース:ビーナスライン満喫ドライブ編

長野県にある美ヶ原高原。標高は2000mにも達する日本屈指の高原地帯で、夏場でも半袖で過ごすのが厳しいほど。そんな美ヶ原高原に向かって伸びるビーナスラインをめぐるドライブコースがこちら。澄み切った空気の中を颯爽と駆け抜ける爽快感は、ここでしか味わえないもの。運が良ければ雲海に遭遇できるチャンスもあり。節約絶景スポットは、全線無料開放された観光道路の「ビーナスライン」や高原植物が見られる「車山高原」など。
長野県の美ヶ原高原を走る快適ドライブコース:ビーナスライン満喫ドライブ編、マネーゴーランド

※水野らむねさんによる、ナレーション付き記事は次ページで!

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】ビールに合う100円節約おつまみレシピ-1-

【ビールに合う100円節約おつまみレシピ】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

8月も2週目、夏真っ盛りの毎日ですが、皆さんお変わりないですか?
この暑さ、ビールのシュワシュワ~とした泡や飲みごたえがたまりませんね~♪

そこで!!

8月は、「ビールに合う100円節約おつまみレシピ」をテーマにお届けします。

「ただでさえ暑いのに、調理したら余計に暑いからなぁ…」なんて思った方も多いはず!

8月にお届けするレシピは、火を使いませんよー。
電子レンジやオーブントースターでできあがるものばかりです。

できるだけお手軽にできて、ビールに合うおつまみレシピをご紹介します。

今週は、「厚揚げとしそのみそマヨ焼き」 です。

厚揚げとしそのみそマヨ焼き

☆お料理のときのお約束☆

夏場の衛生面は、いつも以上に気をつけましょう。
指先・指の間までしっかり手洗いをしてからお料理しましょうね!

では!作り方です。

========================================
材料(2人分)

厚揚げ…小2枚
しそ…1枚

A マヨネーズ…大さじ2
A 味噌…大さじ2
A おろししょうが…小さじ1/2

========================================

作り方

1. 厚揚げをキッチンペーパーで油分を拭き取り、1枚を4等分に切る。(2枚で8個に分ける)

厚揚げをキッチンペーパーで油分を拭き取る
1枚を4等分に切る

2. 天板にアルミ箔を敷き、1.の厚揚げを並べ、合わせたAを塗り、オーブントースターで5分程度、こんがり焼き色がつくまで焼く。

天板にアルミ箔を敷き、1.の厚揚げを並べ、合わせたAを塗り、オーブントースターで5分程度、こんがり焼き色がつくまで焼く

3.  皿に盛り、刻んだしそをちらす。

厚揚げとしそのみそマヨ焼き完成

オーブントースターで焼いているときに、焦げそうになったらアルミ箔を上にかけて焦げを防ぐとよいでしょう。

ビールだけでなく、日本酒にも、もちろん晩ごはんのおかずにもオススメですよ。

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

========================================

今回の1人あたりの材料費

厚揚げ…¥39
しそ…¥7

合計 ¥46

========================================

【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

肥満や薄毛のみならず、身長が低いことだったり、大きい方がいいとされている部分が小さいことだったり…人々が抱くコンプレックスを解消すると謳う広告は、昔から数多くありました。もう半世紀も生きているワタクシなんかは、その手の広告の商品にはマユツバものが多いということもわかりきっております。「はい、はい」ぐらいの感じで、鼻で笑ってスルーすることがほとんどですが、ネットの時代が到来してから、広告のキャッチコピーが昔よりえげつなくなってきているなぁと感じています。

クリックという行動をさせなければ詳細情報を読ませることができないという構造上、ある程度は仕方ないとは思うのですが、生体学上ありえない奇蹟が起こるかのような言葉が平然と踊っているwebサイトを見たりすると、開いた口がふさがらなくなります。

さらに不快なのは、社会の中にコンプレックスを産みだして商品を売りつけようという戦略が見え隠れするところ。「加齢臭防止グッズ」などは、そのいい例だと思います。「あなたはもう中年なんだから常に加齢臭に細心の注意を払わねば孤立しますよ」的な恐怖心を植え付けて、普段から清潔に暮らしている人にまで加齢臭グッズを売りつけて稼ごうとする…そんな広告がちらほら見受けられるのです。

コンプレックスなんて捨ててしまえば、そんな広告に釣られて大枚をはたいたりぜずにすむもの。しかし、人間は孤独に適応できない生き物。孤立することの恐怖と戦い続けています。だからこそ、マユツバなのではないかと半信半疑でも、そんな商品に関心を持ってしまうのでしょう。

誰もが持つ、見た目や加齢へのコンプレックス。そんなものに大金を投じなくてもすむように、身近な人同士、ひとりひとりの違いを尊重しあえばいいものを、傷つけあってしまう場合が多いのは悲しいですね。いまもどこかで、傷ついた人や不安にかられた人がマユツバものにお金を使っているところを想像すると、もっと社会が洗練されればいいのになぁとタメ息まじりに思ったりするのです。

【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】
Vol.5【ふるさと納税】
Vol.6【ネットショッピング】
Vol.7【無料サービス】
Vol.8【ムダな出費】

ランキング