運命の会社と巡りあう!? 「理想の転職を叶えるために」大切なこと

6754.jpg

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・転職とキャリアアップ

<Point>

1転職が最良の選択とは限らない

2なぜ転職するのか?を考える

3転職するためには自分の強みを知ろう

転職で自分の人生を再出発させる! そのように考えて意気揚々に転職活動をする人もいるでしょう。一般的に転職をするのであれば35歳が一つの区切りと言われるため、早く転職しなければいけない! と感じているのではないでしょうか。

しかし、実際に転職によって思い望むような収入や立場が得られた人ばかりではありません。「転職をすれば全てが上手くいく」というような宣伝文句をよく聞きますが、そう上手く進められないのが現実のようです。

では、あなたにとって「満足するような転職とは何か?」ということについて考えてみましょう。

■転職で何を求めるか?

そもそも転職しようと考えている人は、転職に何を求めますか? 今の状況が悪いから転職するというのも一つの考え方かもしれません。しかし、それだけでは多くの場合、転職で思うような職に就けていない人が多いでしょう。

というのも、そのような人は仮に自分が望むような会社であっても自分が「なぜ転職したいのか?」という疑問に明確に答えられることはありません。転職でキャリアアップしたいという人も、なぜキャリアアップしたいのか? を明確に答えられる必要があるでしょう。

■そもそもキャリアアップとは?

転職でキャリアアップしたい!と考えても、キャリアアップも人それぞれで考え方が変わります。年収を上げたいと考える人もいれば、より大きなプロジェクトで影響力を与えたいと考える人もいるでしょう。中小企業から大企業と考える人もいれば、課長から部長へと役職が上がることを重視する人もいます。

そのような様々な選択肢が与えられた状況で、自分が転職に何を重視するのか? ということを考えることによって、望む未来が手に入れられるでしょう。

■客観的な視点を持とう

そのようなキャリアアップについて考えた上で、転職を考えるのであれば、客観的に自分の評価がどのくらいなのかという視点を持つ必要性があります。自分は過去にどのような業績を上げているのか、新たな会社では自分の強みは生かせるのか、自分の強みを理解しておらず、どのように発揮するか方法を具体的に話せない人は、どこに転職しても自分の力を存分に発揮できません。それどころか、以前の会社の方が良かったと後悔することすら考えられます。

自分が仕事で何を求めるのか? その会社で自分が貢献できるポイントは何なのか?その辺りを今一度見直してもらえたらと思います。

<関連記事>

画像一覧

  • 運命の企業と巡り会う!?理想の企業に転職するためのコツとは

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

年収大幅UP計画スタート!「夏に転職活動が狙いめ」の理由

手っ取り早くかつローリスクで年収アップを検討しているのであれば、まず視野に入れるべきは転職活動です。

実は転職活動は夏がねらい目だとご存知でしたか? 今回はそんな夏の転職活動についてのお話です。

■10月は求人数が多い

企業の採用ニーズですが、9月、10月と3月、4月は非常に高まる傾向があります。なぜならば多くの企業で年度の切り替えとなり、新規事業や退職、異動に伴う人員の補充が必要となってくるからです。ボーナスをもらってからやめるなんて人が多いこともあり納得のいく話かと思います。

なお、企業においては一般的に計画的な採用は年度の切り替わりである4月入社を前提としたものがほとんど。それ以外の採用に関しては新規プロジェクトや欠員補充等即戦力を求められるケースが多いのでそこも注意が必要です。しっかりと自身のスキルをアピールしていかないといけませんね。

■転職活動にどのくらい時間をかけるか

転職までどのくらいかかるか。もちろん人それぞれですが、早い人は2~3週間で決めてしまう人もいれば、なかには1年がかりでじっくり検討する人も。自身の望む企業と巡り合うのはなかなか難しいものです。

しかも今の仕事をつづけながら、余裕をもって転職活動をするのであればなおさら。10月にむけて求人件数が増加している時期だからこそ、余裕をもって今からスタートするのが良いですね。

また前述の通り、もらえる人は夏のボーナスはすでにもらっているはずなので転職の準備資金もばっちり。退職のタイミングも問題で、急に辞めるなどと言おうものならもめることは必至。後腐れなく退職するためにもしっかり退職の意思を伝えて引継ぎを済ませるためにも、まさに今がチャンスです。

まとめると

・求人募集が増える時期である
・十分な準備期間が取れる
・ボーナスをもらった後である

という観点から、夏からの転職活動、まさに今からの転職活動がねらい目なのです。

転職は人生を左右する非常に大きな問題なのでじっくり吟味したいところです。より良い選択をするためにはあせりは禁物。良い結果を出すためにも今からじっくり準備しましょう。

ボーナス後が狙い目⁉︎ 「年収アップを目指す」転職の基本プロセス

6月や7月にボーナスをもらったら、「そろそろ転職しようかな…」と考える人も多いのではないでしょうか。

1年のうちで採用数が増えるのが2〜3月と8〜9月と言われています。いずれも、期が切り替わる時期です。もしも今転職を視野に入れているのであれば、求人数が増えてくる8〜9月を狙うとよいでしょう。

しかし、転職には時間がかかるもの。特に、初めて転職するという人であれば、早めに準備を始めたほうが得策です。そこで、転職をするためのプロセスをここでおさらいしておきましょう。

■STEP1:キャリアの棚卸をしよう

転職活動を始めるにあたってまず必要になるのが、キャリアの棚卸です。今の会社での実績ややってきた仕事について書き出してみましょう。事務職など業績に直接つながらないようなことであっても、例えば「この業務フローをこう変化させたことで、作業時間を○時間減らすことができた」ということがあれば、ぜひそれも書き出してみてください。

■STEP2:業界・業種についての研究をしよう

次に、自分の目指す業界や業種がある程度決まっているならば、求められるキャリアや能力について研究してみましょう。業界・業種によって採用活動を行うタイミングも違いますし、資格が必要になるのなら勉強も必要です。

また、業界研究のやり方として、異業種交流会に参加してみるのも一つの方法です。SNS上ではたくさんの交流会のトピックが立てられていますし、参加者の属性が見られることもあります。志望業界関係者がいそうなところに参加してみて、実際に話を聞いてみましょう。きっと業界・業種のナマの声が聞けることでしょう。

■STEP3:引き継ぎはきっちり、円満退社を

運良く転職先が見つかっても、今の会社をすぐに辞めるというわけにはいきません。法律上は最低2週間前に退職の申し出をする必要がありますが、実際には業務の割り振りの変更や引き継ぎなどがあるので、1ヶ月以上前には上長に申し出た方が無難です。また、辞めるタイミングについても、会社に迷惑がかからないように繁忙期やプロジェクトの最中は避けるなど、配慮しましょう。

初めての転職はわからないことも多く、何かと大変かと思います。業務に支障が出ないように、会社から帰った後や休日を利用して情報収集や転職準備に努めましょう。良いご縁があるといいですね!

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

年収が1,000万円もあったら、旅行やお出かけなど、今自分が我慢していることも全部できるだろうなと考える人は多いでしょう。

しかし、実際に年収1,000万円以上を達成している人は、給与取得者のうちわずか 4.1%(国税庁 平成26年民間給与実態統計調査より)と、非常に少ない割合であることがわかります。

なぜ彼らは年収1,000万円越えという、いわゆる“勝ち組”になれたのでしょうか。その理由の一つに辛いことを引きずらない思考を持っているということが言えます。

※ここで一息!:3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

 ■引きずらない思考がなぜ良いか? 
彼らを真似てそんな思考を持つようにしても、なかなか実践できないという人も多いでしょうし、そもそもなぜ引きずらない思考が年収に関係するのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、この引きずらない思考というのは確実にあなたの人生に大きな影響を与えるでしょう。引きずらない思考を持つことによって生まれるメリットは数知れません。

たとえば、大好きな彼女や彼氏と別れてもいつも通りバリバリ仕事をすることも可能ですし、仕事で何か大きなミスをしたとしてもすぐに切り替えることもできるでしょう。有名なバスケットボールの選手が大事な決勝シュートを外しても、次の試合ではウィニングシュートを決めるように、切り替えの早さはあなたの仕事に大きな影響を与えるのです。

辛いことを引きずったままで、重要なクライアントの案件を失敗させてしまっては、会社に大きな損失を出し出世コースから外れることも十分に考えられます。ですから、引きずらない思考を持つことが、そのような場面を避けることにもつながるのです。

 ■引きずらない思考の第一歩は過去に感謝すること 
しかし頭では理解しても、引きずらない思考を持つことは簡単なことではないと思われるでしょう。そんな人は過去の出来事に対して感謝の気持ちを持つことが重要だと思われます。

一度失敗してしまった過去は取り戻すことができません。それにいつまでも悔やむのではなく、冷静になぜ上手く行かなかったのか?を考えて次に活かす方が、未来に目を向けたよりよい方法だと言えるでしょう。

「こんな大きな失敗を経験したのは、この会社で自分くらいだろう」
「前の彼氏にはここが受け入れられなかったけど、自分の行動は本当にこれでいいのか?」

そのように冷静に自分を見つめ直すと自然と切り替えも速くすることができます。そして過去の経験から学んだことを次に生かせばいいのです。

引きずらない思考を持つためには時間がかかりますが、いつまでも悲観的になるのではなく、未来に視点を持ってもらえればと思います。

ランキング