相続手続きが簡単に!金融機関ごとの面倒な手続きから解放される!

6799.jpg

法務省の発表によると、遺産相続手続きを簡素化するために相続人全員の氏名や本籍地など戸籍関係の情報が記載された証明書が2017年春から発行されることになりました。

■これまでの相続

これまでは不動産や、預金の名義を相続により変更する場合、被相続人の膨大な戸籍関連書類や相続人全員の戸籍情報を各機関に提出し、それぞれチェックを受ける必要がありました。審査にも時間がかかる上に、機関によって提出する書類が違ったりなど非常に手間がかかりました。

■これからの相続

必要書類を集めて一度法務局に提出をすると、そこで発行される証明書1通があれば名義変更の手続ができるようになります。

相続手続きを経験したことのある人にしかわからないかもしれませんが、これは画期的なことです。各金融機関がそれぞれ同じ作業を行っていることや、地方の不動産では評価額の低いものは相続手続き自体が放置されそのままになっていたりと、手続きの面倒さ、非効率さゆえの問題も起こっていました。

戸籍集めの作業は今後も必要ではありますが、高齢化が進む日本において、一度すべての関連書類を集めることができれば、その後は1通の書類にまとまるだけでも大きく労力は変わるでしょう。

画像一覧

  • 相続手続きが簡単に!金融機関ごとの面倒な手続きから解放される!

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

個人投資家に朗報!株式売買の単位が統一化!?

株式売買の単位が小口化していることはご存知でしょうか?いったいどんなメリットが?

上場企業株式の売買単位の統一化が進み、小口化も進んでいます。これまでは1株、10株、50株、100株、1000株など単位が様々でした。東京証券取引所としても、投資家の株式注文時のミス防止や利便性向上のためにも取引単位の集約を目指しています。ただし、企業側は事務負担が増加するため意向に応じる義務はありません。

■メリットは?

100株単位に統一されることにより、計算がしやすく、最低投資金額などがわかりやすくなります。2016年6月末時点での上場企業の平均最低投資金額は約20万円となっています。

■市場への影響は?

上場企業の約8割は100株単位に統一されています。NISAの投資金額制限もあり、企業側としても個人投資家が投資しやすいように小口化を進めています。個人投資家の長期運用資金が株式市場に流入しやすくなることや、市場の活性化につながることが期待されています。

未来が来た!ATMでキャッシュカードが不要!【あなたのマネー】

2017年春からセブン銀行ATMではスマホだけで出金できるようになります。なんとキャッシュカードも不要です!まずは「じぶん銀行」の預金者向けにスタートし、その後他行との連携を進めていく予定になっています。

■手続きの流れ
1スマホにて専用アプリを起動
2引き出し金額を設定
3セブンATMの画面に表示されたQRコードを読み取り、スマホで識別番号を確認。
4ATMに識別番号と口座の暗証番号を入力
5引き出し

現状ではこのような手順が予定されているようです。

現状は上記の手順が予定されているようです。

■利便性について

手順が多いように感じるかもしれませんが、キャッシュカード、通帳の管理の手間を考えるとこちらの方が便利!というかたもいらっしゃると思います。また、災害時であったり、緊急時にも携帯さえあればATM利用が出来るというのは大きなメリットになると思います。

現在でも一部地銀などでは既に生体認証システムを使ってカードや通帳無しのATM取引ができます。こういったサービスがさらに普及していくことに今後も期待したいですね。

LINEが上場!今が投資の始めどき!?【あなたのマネー】

東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行で10年超の銀行勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして活躍する高橋忠寛さんに、LINEの上場についてレクチャーしていただきました。

2016年7月にLINEが上場しました。なんと時価総額約1兆円という今年最大のIPOです。また、ニューヨーク証券取引所との同時上場は国内初の事例になります。

そもそも上場するとはどういうことかご存知でしょうか?

■上場するとは

【IPO:株式公開】
未上場企業が証券取引所に上場することによって、誰でもその会社の株式を購入することが出来るようになります。企業にとってのメリットは直接金融市場を通して広く資金を集めることが可能になること。また、知名度の向上や、社会的信用も高まります。

■今が投資の始めどき!?

投資家にとってIPO(新規公開株)投資は初値が公開価格を上回る確率が高く新規公開株の抽選に当たり、公開価格で手に入れた株式を初値で売り抜けることができれば確実に儲かるのです。(今年は8割が公開価格を上回っています。)

■長期的な投資を考えた場合

初値が公開価格に比べて高ければ高いほど上場後の株価が伸び悩むことも多くあります。長期的な視点で考えると上場後の投資タイミングは慎重に判断した方がよいかもしれません。

LINEの上場が市場の活性化にも繋がるのではないでしょうか。

不動産投資は気をつけろ?!【あなたのマネーNo.4 】

あなたのくらしに関わるマネー情報を毎週お届け!
今週は首都圏でのアパート空室率が30%を超えている問題についてです。

不動産調査会社によると、首都圏のアパートでは空室率が30%を超えて2004年の統計開始以来最悪の水準となっています。また、これまでは順調に上がっていた東京の家賃相場も頭打ちとなっており徐々に減少傾向にあります。

■悪いことばかりではありません

賃貸希望の人にとっては家賃が安いのは嬉しいことですよね?これまでよりも安くいい物件に引っ越しをすることもできるかもしれません。

■不動産投資は危険?

金融緩和政策やマイナス金利政策の影響もあって銀行はお金の貸し出し先を探しています。不動産に関連する貸出は貸したお金が返ってこなくなる可能性が比較的低いため、銀行も不動産に関する融資には積極的です。

不動産業者は、2015年の相続税改正もあって「保有している土地にアパートを建てて不動産収入を得たほうがいいですよ!節税対策にもなります!」「不動産投資をすることで家賃収入も得られるし、相続対策になります!」という営業トークでアパート建設や不動産投資を積極的に勧誘しました。

■問題点は?

新たにアパートを建てた場合、無事に入居者が埋まれば家賃収入で返済もできていた借入金。しかし空室だらけになってしまったら?多額の負債を抱え、節税どころか資産を減らすことになってしまいます。不動産投資についても同様です。
物件を見極めるための知識や経験も必要です。安易に手を出すのではなく、十分な覚悟をもって取り組む必要があります。

ランキング