帰省前にチェック!「義理の両親があなたを好きになる」2つの心得

6792.jpg

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・帰省中の義理の両親との接し方

<Point>

1準備を怠らないようにしよう

2気を遣わせないお土産は3,000円程度

3できる範囲で協力しよう

お盆休みに夫、または妻の実家に帰省するという人も多いでしょう。そして義理の両親と会ったとき、様々なことに気を使わないといけない!と考えているのではないでしょうか。

義理の両親と良好な関係を続けるためには、やはりいくつか気をつけるポイントがあります。今回は、義理の両親があなたに好感を抱く行動についてお話しします。

■義理の両親から好かれるポイント

義理の両親に好かれるためには細かな気遣いが欠かせません。というのも義理の両親から見ると、あなたは大切な娘や息子と生活を送っているかけがえのない人だからです。

両親としては、子どもにできるだけ苦労をさせたくないと考えているので、頼りになることをアピールできれば、ぐっと好感度も上がります。

逆に気配りもできないような常識のない人であれば、信頼を得ることは難しいでしょう。毎日会うわけではないからこそ、準備段階や帰省中の姿勢が重要と言えるのです。

■帰省で考えたいこと-準備編-

では、帰省の準備として、どのようなことが重要だと考えられるでしょうか。代表的なのはお土産を買っていくことですが、お土産は安すぎると失礼ですし高すぎても気を使います。また、贈る相手の好みでないお土産だった場合、気を使わせる結果にも繋がりかねません。

では、どのようなお土産が適切か?ということですが、株式会社ぐるなびの調査によると、帰省の手土産の平均価格は2,633円とのこと。また、もらったら嬉しい手土産は姑・舅とも1位がケーキでした。もちろん好みはあるので一概には言えませんが、この辺りは意識しておきたいですね。

■帰省で考えたいこと-帰省中-

先ほどもお話したように帰省中では細かな気配りが必要です。例えば、買い物に出かけるのであれば、何か買ってくるものは他にないか?といったことは聞いた方がいいでしょうし、お手伝いできることがあれば手伝った方が良いでしょう。

ただし、日頃料理をしないのに料理の手伝いをする、お酒が弱いのに飲むのに付き合うといったことは思わぬ失敗を生み出すことにもなりかねません。そのようなことで信用を失っては意味がありません。自分のできることを積極的に行うという意識で接するようにしましょう。

<関連記事>

画像一覧

  • 帰省する人必見!義理の両親があなたを好きになる理由

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

予想外の出費を賢くセーブ!夏の帰省時「持参するべき」意外なモノ

もうすぐ子どもは夏休みですね。子どもが夏休みの間に、家族で休みを揃えて実家に帰省することを考えている人も多いのではないでしょうか。実家に帰省するとなると、やはり気になるのはそこでかかる費用ですよね。

「帰るだけだから、交通費くらいしかかからないのでは?」と思われるかもしれません。しかし、そのように思われている方は要注意です。というのも帰省によって想定外の出費があることはそれほど変わったことではないからです。

今回は帰省にかかる予想外のお金とその対策についてお話しします。

■帰省には意外とお金がかかる?

帰省でかかるお金と聞くと、交通費くらいだと思われるかもしれません。しかし、実家に何か手土産を買って帰ることも多いですし、甥っ子や姪っ子にお小遣いも用意しなければいけないかもしれません。他にも帰省先で時間を持て余すと遊園地に出かけるなんてこともあり得ますし、そうでなくても外食くらいは十分に考えられますよね。

そのようなことを考えると、あらかじめ帰省で起こるイベントを考えることによって帰省にかかるお金を抑えることができそうですね。

■節約するための持ち物は?

まず、帰省先でお金を使わないためにも遊び道具は持っていくといいでしょう。大人も参加できて、時間つぶしにもなり、全員が楽しめる、たとえば『人生ゲーム』のようなゲームは良い選択かもしれません。

そして、実家に持っていくプレゼントは晩ご飯の食材になるものだといいかもしれません。例えば、少し上質なお肉だとプレゼントにもなり、外食も防げて一石二鳥ですね。最近話題の「ふるさと納税」という制度を利用して実質2,000円で手に入れると尚良しといえるかもしれません。

帰省の手土産にもピッタリ!おすすめ「ふるさと納税」
・あまおうジェラート24Pセット、宮崎マンゴーゼリー1年分
・佐賀牛、活きサザエ

少し考えてみると帰省するだけでも様々な出費が考えられますね。あらかじめ考えられる出費を防ぐためにも上記のような方法を試してみてもらえたらと思います。

電車VS高速…「帰省の交通費」最強コスパはどれ?【東京−大阪編】

帰省時、その交通手段は考えものです。混雑具合や金額、移動のスピード、そしてさらには、リラックス度などあれこれ悩ましいですよね。

今回は自動車(高速道路)、新幹線(自由席)、高速バス、飛行機の四種類で、東京ー大阪間などを比較してみます。

■帰省時の費用比較

まず東京ー大阪間の片道交通費を比較してみましょう。
・高速道路:約15,000円前後(高速道路料金はETC割引適用後の料金で試算)
・新幹線(自由席):13,600円前後
・高速バス:5,500円程度
・飛行機:15,000円程度

しかしここで注意したいのは、上記の料金は一人の料金ということ。2人もしくは4人など家族で利用する場合は当然金額に差が出てきます。例えば、家族がいくらいても高速道路では料金はほぼ一緒ですし、飛行機や高速バスなどでは大人料金か子供料金かで大きく変わってきます。ご自身の状況で再検討してみましょう。

■帰省の頻度を考えてみよう

ちなみに新幹線は買い方、会員などによっても金額は異なってきます。例えば、新大阪から品川・東京まで行くときに、通常ののぞみの場合14,000円台かかりますが、東海道新幹線をよく利用する方なら、JR東海の『プラスEX会員』に入会するのがおすすめ。これなら13,000円台の会員価格で購入することができるなど特典があります。頻繁に帰省する方は各種会員制を検討してみましょう。

■金券ショップを利用する

交通チケットは総じて「早めに買って、安くする」ということが節約テクニックになります。いろいろなものの早割を使うのはもちろんですが、金券ショップを使うのも一手です。筆者の場合は、地方などへ出かけるときは大抵金券ショップで購入して、正規で購入するよりも1,000円前後安く購入しています。

東京大阪間はいつでも人気のチケットで、街の金券ショップでもよく売っています。利用したことのない人は、ぜひ一度試してみましょう。

勝手にコスパランキング!一番お得に帰省するなら?「東京ー福岡」編

帰省時の交通手段って、結局どれが一番よいのでしょうか。時間や快適度など、重視するところは人それぞれですか、総合的した場合のコストパフォーマンスは知っておきたいですよね。

そこで今回は、東京―福岡間に焦点を定めて、どの交通手段で帰省するのがベストなのか、検討してみたいと思います。これからあるお盆の帰省にぜひお役立てください。

■東京―福岡間の交通費と所要時間は?

東京から福岡(博多)へ1人で帰省するとして、今回は「電車(新幹線、在来線それぞれ)」、「飛行機」、「夜行バス」の3つの交通手段(片道)で、お盆休みの期間に利用した場合について検討したいと思います。所要時間の速さや費用の安さ、混雑具合など、様々な点で評価していきたいと思います。

「電車(新幹線のぞみ)」
交通費:23,150円(指定席)、21,810円(自由席)
所要時間:5時間1分

「電車(在来線)」
交通費:青春18きっぷ2回分で4,740円
所要時間:27時間35分

「飛行機(スカイマーク)」
交通費:25,490円(前割7を使った場合)
所要時間:約2時間

「夜行バス」
交通費:14,500円
所要時間:15時間50分

■決定!東京―福岡、帰省のコスパランキング

・最下位:電車(新幹線)
新幹線が最下位とは、意外でしたか?指定席ならまだ良いのでしょうか、自由席でしかも大混雑していたら、5時間は苦行です。指定席と自由席の費用の差も1,340円とそんなに変わらず、コスパは決して良くないと言えますね。ただ、指定席であれば必ず座っていられますし、座席もゆったりしていてその点は評価できます。

・第3位:電車(在来線)
いくら安いとは言え、27時間以上もかかるのに!?と思いましたか?そう、2日かければいいんです。つまり、途中ホテルに泊まってしまえば良いということ。10,000円のホテルに泊まっても、新幹線より断然安い。それならホテルに泊まって旅気分を味わったほうが楽しいですよ。青春18切符は途中下車もできるので、観光地によっても良しです。

・第2位:夜行バス
新幹線よりも10,000円程安い夜行バス。シートはゆったりタイプのものならなんとか過ごせそうです。夜は寝ているだけですし、朝起きても高速道路のサービスエリアが楽しめて、意外と長い時間でも大丈夫かもしれません。実家に着いたら気持ちよく布団で眠ればよし。

・第1位:飛行機
新幹線と交通費はほとんど変わりませんが、所要時間は半分以下。これはもう決定的です。格安航空機なのでシートは少し狭目ですが、2時間くらいなら我慢できる範囲でしょう。本を読んだり、寝ていたらすぐに着いてしまいます。上空からの眺めも気持ちよさそうです。

いかがでしたか?人それぞれ重視するポイントが異なると思いますから、こちらでご紹介した費用と所要時間、楽しみ方を参考に、次の規制は、自身にとってベストな移動手段を選んでくださいね。

計画無しは高リスク⁉︎ 「夏休みにお金を使っちゃう人」典型的パターン

ビジネスパーソンの夏休みといえば帰省や旅行、イベント等など、お金が必要になる機会が多いものです。そんな夏休みについついお金を使ってしまうという人はどういう人でしょうか?

心理カウンセラーでFPも務める筆者が、そんな人の特徴について説明しましょう。

■ついついお金を使ってしまう人の特徴

お盆の時期しか休めなくて旅行に行くにも高額になってしまうとか、子供が夏休みなのでという人は、お金はかかってしまいますが、計画的であること・お金がかかることも認識できているので、「ついつい」ということはなさそうです。

それよりも、
*時間はあるけど、やることが決まっていない
*遊び好き・外出好き
*ストレスがたまっている
という人は要注意です。
なんとなく出かけ、なんとなく買い物をし、気が付いたら・・・となりがちです。

夏休みの過ごし方は、お金を使う(-)、お金を使わない(0)、お金を殖やす(+)の3タイプしかありません。どれを選択するのも自由ですが、なんとなくお金が無くならないためには、それぞれどんなところに気を付けたらいいのでしょうか。

■お金を使う場合に気をつけること

どうしても遊びや買い物に使いたいのであれば、徹底的に意識して使ってみましょう。何に使っているのか、安くなる工夫はないか、使うことで何が得られたかなど、意識することで「なんとなく」は減っていきます。

また、例えば自己投資のように、将来何倍にもなって返ってくるような使い方であれば、ぜひこの夏休みを利用して使いましょう。あるいは、お金について勉強して資産運用のために使うというのもお勧めです。

ただし、いずれも使っていい上限を決めて取り組みましょう。

■お金を使わない場合に気をつけること

「わざわざお金を使わなくてもいい」という価値観を自分に植え付けるのもお勧めです。夏休みの過ごし方は人それぞれです。家でのんびりするのもありですし、ちょっと気分転換したいのであれば、図書館で本を読むなど無料スポットもいいでしょう。断捨離タイムを設けると、意外と物がいらないことに気付きます。

必ずしも、お金を使うことが解決ではありません。お金を使わない過ごし方で解決できないか向き合ってみてはいかがでしょうか。

■お金を増やす場合に気をつけること

特に今の仕事に満足していない人にはお勧めです。短期間にいつもとは違う仕事をしてみることで、息抜きにもなりますし、自分がストレスを感じているのは人間関係なのか、仕事の内容なのか、何を重視しているのか、本当はどんな仕事をしたいかに気付くことがあります。

起業を考えている人はプレセミナーをやってみるのも手です。それによって、お金も得られるわけですから、一石二鳥です。

ランキング