一級夜景鑑賞士が実証済み!「夜景を見るなら夏がいい」納得の理由

6745.jpg

一級夜景鑑賞士が贈る【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム】第二十回目。

一般的に冬の方が空気が澄んでいるので、夜景を見るのに適していると言われています。カメラで撮影しても確かに写りは冬の方が良いです。

けれど皆は一つだけ忘れています。 
「冬は寒い」ってことを。

歴戦の強者のカメラマンならば分かります。けれどデートで1月後半などの風が強い日に、横浜の大さん橋のような、何も風が遮るものがないオープンな場所に行ってみてください。正直5分持ちません。(実体験) 小雨が降っているようなものならば、みるみると女性はテンションがさがり、青ざめながら、
「じゃ行こうか!」
何か甘い言葉ささやこうと話しても、
「うん。そうだね!じゃ、行こうか!」を連発されます。(実体験)

その点、夏ならばちょうど涼しくなる夜に、夜景を見に行った方がよっぽど健全だという意見があっていいのではないでしょうか。

夏に夜景を見に行く利点がもう一つあります。それは「暗くなる時間」です。

よく勘違いをされるのは、「夜景を専門家にしている人って、昼夜逆転をして、夜中にずーっと街を徘徊してるのではないか」ということです。

実は決してそんなことはありません。一番夜景が輝く時間は、夕暮れから2時間くらいと言われています。(夕暮れから夜景に変わる移ろいが楽しめる。あまりに遅いと街灯が少なくなるなどの理由です。)夏であれば、19時-21時。会社帰りでもまだ間に合います。しかし冬の夕暮れは早いです。時期によっては16時-18時になってしまい、時間的にも厳しい方が出てくるのではないでしょうか。

っということで、夜景を見に行くのに最適なのは、冬ではなく、夏のいまこそ見にいこう!っという普通、夜景を見に行くには冬という定説を覆すようなフリをして書いてみました。あ、言い忘れましたが、夏の夜景には必ず「蚊」との対決は避けられません。
ポケムヒをカバンに忍ばせて夜景を見に行ってくださいね。

けど、今となっては、「夜景が綺麗な場所があるんだぜ!って誘うより、「あそこの場所って、すげーレアなポケモンが出るんだぜ!」っと誘った方がOKが出る可能性は確実に高いのを知りつつ、「夜景ってなんなんだろう」と少し物思いにふけながらこのコラムは終わりたいと思います。

画像一覧

執筆者

佐藤 大地

Facebookページ「夜景空間」管理人。まだ全国に22名しかいない夜景鑑賞士1級(夜景マイスター)を取得。中学から夜景に興味を抱き、現在も夜景修行中。将来的には外国人にも日本の夜景の素晴らしさを紹介したいと目論んでいる。1981年 生まれ、東京都出身。青山学院大学卒業。

佐藤 大地

関連記事

関連記事

夜景デートスポット!神奈川県に急げ!【絶景ムリョー】

今週の無料で見れる絶景スポットは神奈川県!
湘南平というスポットをご存知でしょうか?
神奈川県民であればチェックメイトC.C.と同じぐらいの絶景スポットかもしれません。

秦野は大山方面をタイムラプスにて撮影しておりますが、反対側には海が広がっていて、抜群の大自然に囲まれております。
海側の景色はこのように広がっています。
湘南平

展望塔にはレストランも備え付けられているのでゆっくり休憩をすることも可能です。
一点注意があるとすれば、「ゲリラ豪雨」にはご注意ください。

<撮影データ>

■湘南平 高麗山公園レストハウス展望台

大磯駅からちょっとした登山気分で向かうことも可能ですが、一番のおすすめは車で向かう方がよいでしょう。バスで向かう方法もありますが、夜景を見てからですと帰りのバスがありません。

■住所

神奈川県平塚市万田790番地

■TEL

みどり公園・水辺課
0463-21-9852

■営業時間

9:30~21:30 (展望台は22:00まで)

■アクセス

平塚駅北口3番線から、平35系統で「湘南平富士見」下車。そこから徒歩10分。
平塚駅北口から「湘南平富士見」まで約13分

■駐車場

普通車18台

一級夜景鑑賞士おススメ!天候に負けない夜のデート〜東京編〜

一級夜景鑑賞士が贈る【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム】第十九回目。

前回に引き続き、梅雨の夜景対策として、天候に左右されず、効率的に夜のデートができる最適なバーをご紹介します。もちろん、梅雨でなくても大丈夫!今回は東京から。いろいろあるBarから今回は「暗さ」をテーマにしたBarを2つ厳選してご紹介します。

1.北青山サロン

神宮球場がある外苑前駅の3番出口から3秒で到着する雨対策にもバッチリなBar。「カフェSign」というお店の地下にあります。

「暗闇」をコンセプトにしているBarだけあって、地下に続く階段を降りて扉を開けると、今日は閉まっているのではと勘違いしてしまうくらい暗いBarがあります。メニューを読むのもペンライトの光を頼りにオーダーするくらいです。もちろん暗いだけではなく、建物自体の雰囲気、センスは私が行ったBarの歴代3本の指に入るくらい抜群です。

さらにそんな暗いバーに対して、お店のマスター(イケメン)の対応がとてもあたたかい。そんな本当は秘密にしたいお店です。
HPはこちら

2.松虎(まつとら)

恵比寿にあるBar。こちらも暗闇が売りの素敵なバーです。基本的に明かりは囲炉裏の炎しかありません。ちょっと心配なるくらいの暗さですが、注意すべきは暗さだけではありません。ここにはメニューもありません。あらかじめ何を飲みたいのかを考えておくことが大事です。食事も基本は干物や野菜の炭火焼です。

食事に行くというよりかは、3次会あたりで用意しておくと良いという印象です。とにかくとても雰囲気のバーですが戸惑うことも多いかもしれないので、是非友人とでもいいので一度行って準備しておくのが良いと思われるBarです。
HPはこちら

というわけで今回は梅雨対策でご紹介しましたが、もちろん、雨が降っていなくても夜景鑑賞のあとに締めとして利用しても抜群の効果が見込めます。夜景の光を見た後に、暗闇で締める。なんて1UPしたデートプランなんてとても素敵だと感じたのでご提案しました。

是非あまり拡散せず、ここだけの情報としてお使いください。まだまだ紹介したいBarはいっぱいありますが、本日はここまで。次回もお得で、役に立つ夜景情報をお送りします。

<首都圏でも美しい夜景を見ることができる、無料な絶景夜景動画!>
No.1 文京シビックセンター 展望ラウンジ
No.2 新宿野村ビル
No.3 調布市文化会館たづくり
No.4 北とぴあ
No.5 川崎マリエン

一級夜景鑑賞士おススメ!天候に負けない夜のデート〜横浜編〜

一級夜景鑑賞士が贈る【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム】第十八回目。

前回のコラムで予告した通り、梅雨の夜景対策として、天候に左右されず、効率的に夜のデートができる最適な飲み屋をご紹介します。夜景と直接は関係ないと思うかもしれませんが、知っていて損はないので是非。今回は私の大好きな横浜から。

1.amazon club(アマゾンクラブ)

横浜の馬車道駅にあるダイニングバー。
料理も美味しいですが、特質すべきは場所と雰囲気。「横浜の秘密基地」といったイメージでまず場所がわかりづらいです。きちんと確認しないとき見逃します。入り方にもコツがあります。

入ったとしてもまだ安心はできません。トイレの入り口に仕掛けがあって、あることをしないと入れません。店内は薄暗く、雰囲気は完璧で店員さんはとてもアットホームなところです。間違いない場所ですが、いろいろと確認事項がある店なのでデート前に一度は下見に行った方がいいと思われる店です。

2.deep blue横浜

これも馬車道にあるBar。
deep blueという名前だけあって、床は珊瑚礁、ソファから波の音が聞こえ、目の前には水槽が広がる・・・完全に直球のカップル向きのBarです。ちなみに2人で行かないと個室シートには通されません。 

店の雰囲気も素敵ですが、店を出たあとの横浜の静寂な雰囲気も大好きなBarです。前に紹介したアマゾンクラブのすぐ近くにあります。1件目にアマゾンクラブ、2件目にdeepblueと使い分けるのも良いかもしれません。というか私は使っています。

3.BarStarDust(スターダスト)

横浜市神奈川区にある米軍施設(ノースドッグ)の境目にあるBarです。昔の映画に出てくるアメリカのBarそのままという雰囲気。初めて入る人はそのレトロな雰囲気に必ず驚いてくれます。100円玉を持って本物のジュークボックスに入れて昔の曲を勘でかけながらお酒を飲むのが本当に最高です。

知る人ぞ知る場所だったのですが、ゴールデンボンバーの「女々しくて」という曲のPVにこの場所が使われていて、少しだけハラハラしました。ですが今でも秘密のBarといっていい場所です。是非ご利用ください。(歩いては厳しいです。車かタクシーがオススメです。)

というわけでいかがだったでしょうか。次回は東京編をご紹介します。ありすぎて困りますが、厳選して書いてみようと思います。

<首都圏でも美しい夜景を見ることができる、無料な絶景夜景動画!>
No.1 文京シビックセンター 展望ラウンジ
No.2 新宿野村ビル
No.3 調布市文化会館たづくり
No.4 北とぴあ
No.5 川崎マリエン

レインボーブリッジが歩ける!?大人デートに最適な絶景ポイント!

今週の絶景ポイントは「レインボーブリッジ」です!!
レインボーブリッジを外から眺めたことのある方は多いと思います。しかし、徒歩で渡ることが出来るのをご存知でしたか?

レインボー

海の中に浮かぶビル群を横目にゆったりとお散歩デートはいかがでしょう?東京タワーもスカイツリーもバッチリ見えますよ。

<撮影データ>

■レインボーブリッジ遊歩道(芝浦側)

ゆりかもめに揺られつつ、芝浦ふ頭駅にて下車。ランニングを行っているかたや、通勤の方。夜景の撮影に訪れている方など様々な人がいらっしゃいます。

■住所

〒108-0022 東京都港区海岸3-33-19(芝浦側)

■TEL

レインボーブリッジ管理事務所
03-5442-2578

■営業時間

夏期 4月1日〜10月31日 9:00〜21:00
冬期 11月 1日〜3月31日 10:00〜18:00
(※どちらも最終入場は閉場の30分前まで)

■アクセス

ゆりかもめ「芝浦埠頭駅」下車徒歩約5分(芝浦側)

■駐車場

各入口付近に有料駐車場あり

ランキング