海外旅行先でパスポートを失くしたら…必要な3STEP【もしもシリーズ】

6721.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・海外旅行でパスポートを失くしたら

<How to>

1まずは所轄の警察署へ

2現地の日本国総領事館へ連絡

慣れない海外旅行だと、トラブルがあった時どうすればよいかわからずパニックになってしまいますよね。せっかく楽しみにしていた海外旅行ですから、トラブルが起きてもできるだけ冷静に、素早く対処できるよう、あらかじめ必要なことは手順を知っておくことは大切です。

今回は、人気の海外旅行先ハワイを例に、パスポートをなくしてしまった場合どうすればよいのかを解説します。

■1:まずは警察署へ

楽しい旅行中に「気が付くとパスポートがない!」そんな事態におちいった時は、焦らずにハワイの所轄の警察署へ向かいましょう。警察署でパスポートの紛失届を提出し、紛失届を行ったことを証明するポリス・レポートを作成してもらいます。数枚にわたるレポートの場合がありますが、こちらは後日必要になるので大切に保管しておきましょう。

■2:ホノルル日本国総領事館へ連絡

『在ホノルル日本国総領事館』は、ハワイ諸島のすべてを管轄しています。まずは総領事館へ電話をかけ、臨時の帰国用パスポート(帰国のための渡航書)の申請の手続き法を確認しましょう。ちなみに、新規でパスポートを発行しようとすると1週間程度を要します。帰国が迫っているときは、臨時の帰国用パスポート(帰国のための渡航書)を発行してもらってください。申請時に必要なものは、下記のとおりです。

・申請書(領事館にある用紙)
・ポリスレポート
・写真2枚(※サイズの規定があります)
・日本の国籍が確認できる身分証明証(戸籍謄本または本籍地が記載されている運転免許証、やむを得ない場合はパスポートの写しで可)
・帰国の便名が確認できる書類(航空券、アイテナリー等)
・手数料

海外旅行に行く際は万が一に備えてパスポートの写しと写真を用意しておくことをおすすめします。

■3:帰国後は?

帰国用の臨時パスポート(帰国のための渡航書)が発行された時点で、なくしてしまったパスポートは効力を失います。帰国のための渡航書は帰国時の1回限り有効のものなので、新たに海外へ出かけたい場合は、パスポートを新規に取得することが必要です。

海外旅行先でパスポートを紛失したり盗難されたりすると、偽造されて不正な出入国や国際的な犯罪に悪用される場合があります。

楽しい海外旅行、トラブルでパニックをおこさないためにも、事前にこういった場合はどうすればよいのかといった、自分が旅行する現地のガイドラインを見ておくことをおすすめします。外務省のホームページや、渡航先の日本国総領事館のホームページなどで確認しましょう。

<関連記事>

画像一覧

  • 海外旅行先でパスポートを失くしたら…必要な3STEP【もしもシリーズ】

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

海外旅行でケータイはどうする?「Wi-fiとSIMカード」比較してみました

この夏休みを利用して海外旅行に出かけようと考える人もいるのではないでしょうか。

そんな海外旅行で準備が欠かせないものといえば、今や必需品となったスマートフォン。日本のスマートフォンを海外に持っていってもそのまま使うことはできないので、必ず準備が必要になります。

今回はそのような状況を踏まえつつ、快適にスマートフォンを利用するために必ずすべきことをお話します。

■今使っているスマフォを持っていっても使えないの?

今持っているスマートフォンを海外でそのまま使えるということはなかなかないでしょう。というのもスマートフォンをインターネットに接続させるためは国に応じた周波数帯域を利用しなければなりません。阪急百貨店の商品券が大丸では使えないのと同じです。

きちんと大丸では大丸の商品券を買わなければ使うことができないのです。つまり、スマートフォンを海外で利用するためには、海外に対応したSIMカードかWi-fiを手に入れる必要があるということなのです。

■Wi-fiとSIMカードのメリット、デメリット

・ 料金
こちらはSIMカードに軍配があがります。種類やデータ量プランも豊富で、目的に応じたSIMカードを選ぶことができるでしょう。ただ、インターネットに繋ぐためには現地でプリペイドSIMを購入しなければなりません。

そのため、望んだプランを正しく選ぶためには英語がある程度話せないと設定や購入にかなりの苦労を伴うでしょう。

・ 携帯制
こちらもやはりSIMカードが有利といえるでしょう。Wi-fiを持ち歩くとなるとある程度の大きさを気にしなければなりませんが、SIMカードであれば端末一つで持ち運べるので非常に手軽といえます。

・ 難易度
最後に利用までの難易度ですが、Wi-fiは日本でレンタルして持っていくことができます。対してSIMカードはインターネットに繋ぐことを考えると、上記のように現地で購入する必要があり、ある程度の英語が話せなければなりません。そういった意味で少しSIMカードはハードルが高いと言えるかもしれません。またハワイなど日本人観光客が多く訪れる旅行先では、日本語で現地でWi-fiのレンタルができるところもあります。

いかがだったでしょうか。金額的にもメリットの大きいSIMカードの利用にはハードルが少し高いかもしれませんが、そきれも一つの思い出として挑戦するのもいいかもしれませんね。逆に安心して海外に行きたいと考える方はぜひWi-fi利用を検討してみてください。

海外旅行の保険は、健康保険があるから加入しなくても大丈夫?

楽しい海外旅行。でも病気になったら大変と心配事はつきません。海外の医療機関で治療を受けた場合、国によっては多額のお金がかかることはよく知られています。

例えば、アメリカで盲腸になって入院をしたら医療費はなんと約200万円も。その高い医療費をカバーするために、海外旅行に行く前には、海外旅行保険に加入する人が多いのが一般的です。しかし、海外旅行保険は結構保険料がかかります。
実は、海外で支払った医療費は、日本の国民健康保険または会社の健康保険に海外療養費として申請することが可能なのです。海外療養費とは、海外で急な病気にかかりやむを得ず現地で治療を受けた場合、保険者に申請を行うことにより、支払った医療費の一部が戻ってくる制度です。海外療養費は、海外で支払った費用の全額が認められるわけではありません。日本で同じ医療を受けた場合を想定して計算され、自己負担分(原則3割)を控除した金額が払い戻されます。つまり、7割の金額が戻ってくるのです。

ただし、健康保険は、日本国内で治療を受けることを原則としているため、日本国内で治療を受けることが可能であるのもかかわらず、治療を目的として海外で療養を行った場合には、海外療養費は支給されません。

海外療養費を申請する場合には、現地の医療機関にかかる時に下記のことに注意してください。
・海外の医療機関で医療費の全額を支払うこと
・海外の医療機関で治療内容の証明書(診療内容明細書)と診療に要した医療費の明細書(領収明細書)を出してもらうこと。金額だけ書かれた領収書では、申請できません。

さらに海外の医療機関で出してもらった「診療内容明細書」と「領収明細書」は、現地の言語で書かれていますので、帰国後日本語に翻訳をして申請書とともに提出する必要があります。実はこれが大変なので、申請を躊躇してしまう人が少なくありません。一般的な翻訳であればいいのですが、医療の専門用語が出てきたりして結構翻訳料でお金もかかってしまいます。しかし、海外で高額の医療費を支払ったのであれば、戻ってくる金額も多いので、ここは翻訳にお金がかかっても申請をすることをお勧めします。また、この海外療養費の申請は、海外で支払った翌日から起算して2年でできなくなりますから要注意です。

では、健康保険からお金が戻ってくるので、海外旅行保険がいらないかというとそうとも言えません。最低の保険料でいいので加入しておくと安心でしょう。また海外で病気になり保険金が支払われた場合でも、健康保険からは海外療養費が別途支払われますので、より安心です。


*出典:健康保険組合連合会

もう「パケ死」しない!夏休みの海外旅行での通信費にはご注意を

待ちに待った夏休み! 海外旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。

最近は、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を持つのが一般的になりました。海外でもいつもと同じように、わからないことがあったらググったり、地図を見たり、感動する景色を見たり美味しいものを食べたら、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に投稿したりしたいですよね!
でもその一方で、海外でのモバイルデータ通信が原因で、高額の通信費が請求される「パケ死」がたびたび起こり、話題を集めています。今回は、夏休みの海外旅行の際に安くスマホやタブレットを使うための節約ワザをお知らせします。

1.現地についたら、モバイルデータ通信はOFF
まず現地についたら、スマホの「モバイルデータ通信」はオフにしておきましょう。そうしないと、現地の通信会社と勝手にローミングが始まってしまうことがあります。電話の着信やSNSが必要ないなら、「機内モード」をオンにして、Wi-Fiもオンにしておきましょう。

2.地図はダウンロードしておく
海外旅行中なにかと頼りたいのが地図。ガイドブックや紙の地図でもよいですが、発展著しい新興国では、短期間でめまぐるしく風景が変わるので、最新の地図ではないことも。そんなときは、オフラインでも使える無料のGoogleマップを、訪問する土地ごとにあらかじめ保存しておきましょう。ただし、オフライン状態では、「経路の検索」や「場所の検索」は使えません。また地図の使用期間は30日間です。

3.現地のプリペイドSIMを使う
普段から通信費の節約のために、SIMフリー携帯&格安SIMを使っている方もいるかもしれません。もし旅行が長期にわたる場合は、現地のプリペイド式SIMカードを購入して使いましょう。パスポートさえあれば、空港で簡単に購入できる国も増えています。現地のSIMであれば、格安にスマホが利用できます。

4.無料Wi-Fiのみ使う
海外では、ホテルや交通機関、レストラン、カフェ、ショッピングモールでの無料Wi-Fi設置は当たり前。それほど頻繁にスマホやタブレットを使わないという場合は、「機内モード」をオンにして、Wi-Fiもオンにし、こうした無料のWi-Fiだけ使うようにします。ただし、通信速度が遅くて使い物にならないことも多いので要注意です。

手数料80%カット!夏休みに活用したい外貨両替【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

梅雨が終われば、待ちに待った夏到来ですね! 夏休みにはドル高・円安に振れる事も多くなりますが、両替のタイミングで考えさせられる時期でもあります。

そこで今回は、ハワイ・地中海にポリネシアと海外旅行に行く方に、両替手数料が80%近くも安くなるサービスをご紹介します。

■FX会社の外貨両替サービスがおすすめ

日本円を外貨に両替、または外貨を日本円に両替する。これってかなり手数料を取られますよね。10万円~100万円程度を両替すると数千円~数万円の手数料が取られてもったいない。でも、支払の全てをクレジットカードで行うというのも難しく、一定の現金を持っておかないと、ちょっとした買い物やサービスの時に不便。そんな時に利用できるのがFX会社の外貨両替サービスです。

海外旅行や出張の多い方は、FX会社の外貨両替サービスを利用してみるのもいいと思います。なんといっても低廉なコストが魅力、外貨両替時の取引手数料が格段に安いので、利用している方はどんどん増えています。いくつか条件もありますので、その辺りを考慮しつつ利用されると良いでしょう。

■日本円からドルに両替する場合の手数料比較

たとえば日本円からドルに両替する場合を考えてみましょう。日本円を外貨に両替する場合コスト高で、銀行の両替は 1ドル当り約2.5円、1ユーロ当り約6円の手数料が相場です。

これを計算してみると、1,000ドル(約10.6万円)分を両替するとなると、1,000×2.5=2,500円も手数料がかかってしまいます。

それに対して、FX会社の多くが提供している外貨両替は銀行に比べて格安の1ドル当り20銭、1ユーロ当り20銭が相場

これは先ほどと同じく1,000ドル(約10.6万円)に両替する場合、1,000×0.2=200円の手数料で済むことになります。大きな違いですね。

※FX会社・銀行共に、外貨を引き出す場合に、別途、出金手数料・リフティングチャージ(*)などが発生することがあります。

■マネーパートナーズの外貨受取サービス

FXの外貨両替サービスで、便利な方法がマネーパートナーズの外貨両替。他に外貨両替を行っているFX会社は、受取先が銀行の外貨口座なので、そこから引き出す手間が掛かります。

その点、マネーパートナーズFXは、成田空港や羽田空港などの主要空港で受け取れるのがお得で便利なところ。いくつかの条件(外貨両替は月に1回限り・米ドルで2,000ドルまで・出金手数料は1回あたり500円)を考慮しても十分メリットがありますね。

外貨受取サービス
※引用:マネーパートナーズ

ところで、爆買い・観光立国として外国客に期待している日本では、両替に関する様々なサービスがスタートしています。余った外貨の両替も安心です。

■外為どっとコムの外貨自動両替機

大阪のなんばに、外貨の自動両替機が設置されています。FX会社の大手、外為どっとコムが、ホテルサンルート大阪なんばに外貨自動両替機を設置しました。これは外貨を24時間自動で日本円に両替できるサービスで、大阪にお住まいの方や海外から来日される友人等がいらっしゃる場合は、利用してみても良いですね。

■フランチャイズの外貨両替専門店

ハワイやタイなど外国人観光客の多い国や地域には街中に、外貨両替所がたくさんありますね。日本でも秋葉原など観光の街には出始めています。
近年、新しいフランチャイズビジネスの一つとして、外貨両替専門店のSAKURA EXCHANGEが始まりました。インバウンド向けに外貨から日本円の両替に特化したお店で、外国人観光客の多い店や施設・街などで増えていくことが期待されています。

ボーナス期で夏休み目前、マネーゴーランド読者の方は賢い活用を検討さえてみてはいかがでしょうか。次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:「リフティングチャージ」とは?
外貨を送金する際に発生する外貨の受取手数料のこと。両替等を行わない場合でも、着金した時点で発生するという事になります。 

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本
●第2回 FXって何?
●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!
●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編
●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!
●第11回 ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!
●第13回 キャンペーン商品で生活?!
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第18回 米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?

ランキング