和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s」第8回中村芳子著「20代のいま、やっておくべきお金のこと(新版) 」

6616.jpg

お金のことと自分の人生について向き合うのは、結婚、出産、転職、住宅購入などがきっかけで、ある程度年齢がいってからなのかもしれません。

しかし、若いうちに無頓着すぎてお金との付き合い方を誤ってしまうと、もしかしたら将来の人生に影を落とすことになる可能性だってあります。

そんな事態を避けるために、若いときから真剣にお金に取り組もうと提案しているのが、今回ご紹介する本、中村芳子著著『20代のいま、やっておくべきお金のこと(新版)』。翻訳出版もされたベストセラーの一冊です。

中村芳子著「20代のいま、やっておくべきお金のこと(新版) 」、和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s、マネーゴーランド

■著者のコメント
この本を書こうと思ったのは、当時27歳の美容師さんのため。腕もセンスもいい男性だったので、毎月ヘアカットをお願いしてました。彼の夢は「自分の店を持つこと」。でもいろいろ話を聞いてみると、カードローンを使っている、貯金はしていない。これじゃあ、せっかく素晴らしい才能と夢があるのに実現できない! そんなの悲しすぎる!

彼を「お金の知識」の面から応援して、ぜひ夢を実現してほしいと思って、企画をつくり出版社に持ち込みました。2004年のことです。当時は20代向けのお金の本がほとんどなかったので、1社目からは「20代はお金も持ってないし本も読まないから無理です」と断られました。2社目の編集者が「20代向けのお金の本はほとんどないから、面白いですね。やりましょう」とのってくれました。

驚くことにトータル12万部の爆発的なヒットとなり、韓国、中国、台湾でも翻訳出版されました。金融の環境は違ってもお金の基本は同じなんです!読者の方から「おかげで結婚できました」「30歳までに1000万円貯めました」「借金をやめて人生が変わりました」とうれしい声をいただいています。

世の中にはお金の情報はあふれています。でも、大切なのは最新情報を追いかけるのではなく、自分の中に土台を築くこと。つまり、お金の基本の知識やテクニックを理解して、身に付けること。〇〇投資でxx万円儲けることではなく、毎月の収入から10%以上を自動積立するとか、クレジットカードのリボ払いを使わないとか、ムダな手数料を払わないとか。

もちろんタイトルの通り、20代のお金初心者の方に読んでいただきたいのですが、30代、40代以上の「お金のことがなんとなく苦手」「よくわからないことがある」方々にもおすすめです。この本を読んだ方からよくコンサルティング(FP相談)の申し込みがあるのですが、40代、50代、60代の方もいらっしゃいます。

初版から10年たったので、その本をさらに読みやすく工夫し、カーシェアリングや、スマホバンキングなどの新しい情報を加えてパワーアップ、新版を出しました。ぜひ手にとって読んでみてください。

中村芳子、マネーゴーランド

中村芳子(なかむら よしこ)

日本の女性FP(ファイナンシャルプランナー)第1号。早稲田大学卒業後、大手電機メーカーに就職するも、金融関係の仕事をしたくて日本最初のFP会社に転職。ファイナンシャルプランニングを実践で学び、1991年に退社、友人と有限会社アルファ アンド アソシエイツを設立。むずかしいお金のことを、やさしく解説するのが得意。愛にあふれた辛口のアドバイスが人気。現在は国際派ファイナンシャルプランナーとして、個人のマネー相談、マネーセミナー、マネー記事の執筆、金融機関のアドバイサーなどを行っている。趣味はヨットと太極拳。

<主な著書>
『結婚までに、やっておくべきお金のこと』『女性が30代で必ずやっておくべきお金のこと』『お金が貯まる人 貯まらない人』など多数あるほか、『三日でわかる聖書』『養子でわくわく家族』などお金以外の著書もある。

■和泉昭子のココがオススメ!

先日、熊本県のY子さんからお便りをいただきました。そこには「お金に関する本を探しています。どの本を読んでも難しくて読めません。」とありました。詳しいプロフィールはわかりませんがその内容や文字の雰囲気から、まだ20代の若い女性ではないかと推測しました。

そこで、今回は「新版 20代のいま、やっておくべきお金のこと」を御紹介することに決めました。まさに、若いうちからどうお金とつきあうべきかが生活・仕事・貯金・自己投資・結婚・将来・老後といった多角的な側面から展開されているからです。

著者の中村芳子さんは、ものすごく明快な考え方をする人で、その柔軟な発想、メリハリのある生き方は、私にとって非常に刺激的で大好きなのですが、書かれた本にもその人となりや考え方がそのまま出ています。

たとえば、「貧乏は財産だ。金持ちではない親に感謝しよう!」という発想。昔からお金持ちの人は、知らないうちに「防御」の態勢に入っている。収入や貯金が減ることを怖れていては、何にもチャレンジできない。人生、守りに入ってはつまらない…といった具合です。多くの日本人、とくに最近の若い人たちが陥りがちな罠にはまらず、強くて思い通りの人生を切り拓いていく考え方を伝授してくれます。

中村さんの筆力に、多くのベストセラー&ロングセラーを生み出しているダイヤモンド社の土江英明さんの編集力が加わって、非常に読みやすい1冊に仕上がっています。日ごろ本を読むことに慣れていない人でも、メッセージがスラスラと頭に入ってくるでしょう。

未来を怖れず、自分の可能性を広げながら、楽しく生きていくために、ぜひ手にとってくださいませ。


<関連記事>

画像一覧

  • 和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s」第8回中村芳子著「20代のいま、やっておくべきお金のこと(新版) 」

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s」第7回井戸美枝監修「マンガでまる分かり!申請するだけでもらえるお金」

もしも100万円ものお金がもらえるとしたら…「今の生活にゆとりが生まれたり、これからの人生設計も変えられるかもしれない」と思いませんか?

国や自治体ではさまざまな支援制度を用意しており、住宅購入や出産、育児、介護などでもらえる助成金があります。

そんな、知っているのと知らないのでは今後のライフスタイルに大きな影響をもたらす、多種多様な“申請するだけでもらえるお金”にフィーチャーしたのが、今回ご紹介する本、井戸美枝監修の『マンガでまる分かり!申請するだけでもらえるお金』です。

監修:井戸美枝、漫画:佐々木昭后『マンガでまる分かり!申請するだけでもらえるお金』

■監修FP・社会保険労務士からのコメント
この本は、ある1人の男性の(これから起こるであろう?)人生の大イベントをシミュレーションしながら「国や自治体などからもらえるお金」をご紹介するマンガ本です。

引っ越し、住宅購入やリフォーム、出産、育児、子どもの教育費用、医療費、親の介護費用…。人生にはお金がかかるイベントが盛り沢山です。将来どうなるんだろう…と漠然とした不安をかかえている方も多いと思います。そんな人生の節目、お金のかかるイベントには“もらえるお金”があるかもしれません。

たとえば、結婚・出産でもらえるお金(12万〜150万円)、育児でもらえるお金(5千円〜150.5万円)、住まいについてもらえるお金(2〜150万円)、病気・ケガ・介護でもらえるお金(38万円相当)などなど…。くわしくは、このマンガを楽しく読みながらご参照して頂ければと思います。

ただし、これらの“もらえるお金”のほとんどは、自分から申請しないともらえません。そう、知らないともらえないのです。こういう給付金があるんだ!ということを頭の片隅にでも置いて頂ければ「よし!やってみよう!」と人生の歩み方が変わるかもしれません。

2016年5月時点での最新の制度までカバーしています。皆さんのお役に立つことができれば幸いです。

監修:井戸美枝

井戸美枝(いど みえ)

CFP®、社会保険労務士。神戸市生まれ。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題を専門とする。社会保障審議会企業年金部会委員。経済エッセイストとして活動し、人生の神髄はシンプルライフにあると信じる。

<主な著書>
『専業主婦で儲ける!サラリーマン家計を破綻から救う世界一シンプルな方法』(講談社+α新書)『なぜ、お金の貯まる人は家計簿を大切にしているのか』(東洋経済新報社)『知ってトクする!年金の疑問71』(集英社)など

■和泉昭子のココがオススメ!

少子高齢化&人口減少で、日本経済は長期的に縮小傾向に向かうと言われています。そしてそのあおりを受けるのは、主に若い世代。老後の年金などは、今のお年寄りと比べ、2~3割、目減りすると予測されています。

しかし、悪いことばかりではありません。国や自治体は少子高齢化を食い止めるために、これから結婚したり子どもを産み育てる若い世代に、様々な支援策を用意しています。また、病気や失業といった人生の苦しい時期には、さまざまな給付金がもらえます。

今回ご紹介するのは、こうした公的な給付金や助成金を紹介するマンガです。申請するだけでもらえる助成金や給付金はとてもありがたいものですが、株やFXなどと異なり、どちらかというと地味な情報なので、日ごろからお金のことに関心をもっている人でなければ、その存在すら知らない人も多いのではないでしょうか。

また、助成金・給付金の紹介本も、難しい制度の名前や手続きを羅列している場合が一般的なので、手にとることをためらってしまうかもしれません。

でも、この本は違います!
29歳のデザイン会社勤務「タロウ」が、給付金の妖精「キュウ」と出会い、結婚したりパパになったりといった将来シミュレーション(妄想?)をしながら、どんな時にどんな給付金をいくらもらえるのかが自然な流れの中でわかるように構成されているのです。

紹介してくれるのは、難しく細かな社会制度を、わかりやすく説明してくれることで定評のある社会保険労務士の井戸美枝さん。佐々木昭后さんの楽しいマンガにより、楽しく、短時間で知識を得ることができます。

助成金の多くは、自ら申請しなければならないため、知っていると知らないとでは一生のおトク度が大きく違ってきます。もらいそびれがないように、人生の早い段階で、ぜひご一読を!


和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s」 第6回竹下さくら著「『家を買おうかな』と思ったときにまず読む本 改訂第3版」

6月。早いところではボーナスが支給されます。

和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s」の第6回目は、竹下さくら著の「『家を買おうかな』と思ったときにまず読む本」です。

ボーナスを頭金にして家を買おうか?と検討する人もいるかもしれません。マイナス金利で住宅ローンはこれまでになく低金利で借りやすくなっています。一生に一度の大きな買い物と言われる住宅ですが、最近は、投資目的で購入する人も増えているとか。

確かに銀行に寝かして預金がほとんど増えないよりも、「住宅」という資産に変えて運用したほうがいいかもしれません。金額が大きいだけに悩みもつきません。クリアしなければならない項目もたくさんありそうです。さあ、今月もいっしょに学びましょう。

竹下さくら著『家を買おうかな』と思ったときにまず読む本 改訂第3版

■担当編集者からのコメント
日本銀行のマイナス金利政策で、住宅ローンの金利が大幅に低下しています。「今が買い時!」とばかりにモデルルームや住宅展示場に足を運び、どの家を買うか、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、購入を焦ってはいけません。超低金利につられて無理なローンを組むと、後々苦しむことになります。また、欠陥住宅をつかんでしまうかもしれません。

本書は、住宅ローンの最適な組み方、マンションと一戸建ての比較、物件選びのポイントなど、購入を決断する前にぜひ知っておきたいノウハウを実践的に解説します。

・賃貸 vs. 購入の住居費比較は、トントンになることが多い
・超低金利だから購入した方がいい、わけではない
・住宅ローンの返済額は、年収の25%以内に抑えるのが鉄則
・変動金利型一本でローンを組むのは危険
・住宅ローン控除があっても、繰上げ返済はした方がいい
・長く住むなら一戸建て、短い期間で手放すならマンションが有利
・欠陥住宅を避ける物件選びのポイント
・地震保険は入った方が安心
・教育費と住宅ローンを無理なく並行させる方法

以上のような重要ポイントを詳しく説明します。様々な条件に合わせた住宅ローン返済額のシミュレーションなども多数掲載し、お得な内容。2009年の初版刊行以来、好評を博し、累計7万部を突破している定番の入門書、最新改訂版です。

著者:竹下さくら

竹下さくら(たけした さくら)
ファイナンシャル・プランナー(CFP®)、1 級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士資格者、千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科(MBA 課程)客員教授

兵庫県神戸市生まれ。慶応義塾大学商学部にて保険学を専攻。卒業後、損害保険会社・生命保険会社の本店業務部門等を経て、1998 年よりFPとして独立、現在に至る。「なごみFP 事務所」を共同運営。主に個人向けのコンサルティングに従事し、講師・執筆活動なども行っている。

<主な著書>
『「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本』『「介護が必要かな」と思ったときにまず読む本』『知らないと損をする! 間違えない保険選びのツボ』(監修)(以上、日本経済新聞出版社)、『日本一わかりやすいお金の本』『ローン以前の住宅購入の常識』(以上、講談社)、『絶対トクする! 住宅ローンの借り方・返し方』(監修、エクスナレッジ)、『親と子の夢をかなえる! “私立”を目指す家庭の教育資金の育てかた』(近代セールス社)、『事実婚・内縁 同性婚 2人のためのお金と法律』(共著、日本法令)

●和泉昭子のココがオススメ!
来年4月から消費税10%への増税が予定されていますが、消費税8%の適用を受けるには、今年9月末までに契約しなければなりません(引き渡しが4月以降になる場合)。
また、日本銀行のマイナス金利政策で史上空前の低金利となっている今、思い切って住宅を購入しようと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

一方、世の中の事情とは別に、人生の節目を迎え、マイホームを検討している人もいるでしょう。たとえば、結婚を機に、子どもが小学校に入る前に、転勤リスクが低い会社に転職した、社宅にいられなくなった等々・・。いえ、特に大きな節目がないシングルこそ、「このままずっと一人だったら・・」と、保険的意味合いを込めて住宅購入を決意するケースも多いようです。

そこで、今回は、まさに「家を買おうかな」と思ったときに読むべき一冊をご紹介します。

一般的な住宅本や雑誌の場合、はなから「購入ありき」で語られるケースが多いのですが、本書は、そもそも「賃貸」と「購入」どちらがいいかを、家賃とローンの比較や資産運用、ライフプラン、買い時といった複数の観点から、具体的な数字で分析しています。

また、マンションや一戸建て、新築と中古、どちらがいいのかといった、ありがち、かつ究極な迷いに対しても、多角的に解説してくれています。さらには、ハズレない物件の選び方、チラシやモデルルームの巧みな言葉に惑わされないためのアドバイスもキッチリ伝授!

住宅本は一般に、著書が不動産の専門家である場合は物件選びや手続き面に、ファイナンシャル・プランナーの場合は頭金の工面やローンの選び方に偏った内容になっていることが多いのですが、この本はまさに、初めてマイホームを検討し始めた人に向けて、バランスのとれた必要不可欠な情報を提供してくれます。

著書の竹下さくらさんは、豊富な知識と優しい語り口で、個人相談でも人気のファイナンシャル・プランナー。人生で最も大きな買い物で失敗することがないように、信頼できる情報をしっかりゲットしましょう。


プロに学ぶ「お金の正しい貯め方」!FPが実践している資産形成法3つ

FPをつとめる筆者は、現在の資産形成のやり方にたどりつくまで、数々の失敗を重ねながら「シンプル・簡単」に落ち着いてきています。簡単じゃないと続かないですからね。

今回は、そんな筆者がおすすめする資産形成法を3つご紹介いたします。

■収入から3割を貯蓄と投資へ

筆者は個人事業主として、ファイナンシャルプランナーという、お金に関わる仕事をしています。収入源はお客様から頂戴する相談料、投資助言契約料、セミナー・講演・執筆等の報酬となり、報酬をいただくタイミングも不定期で、金額も1,000円台~数十万円と様々です。

そのような収入状況なのですが、収入が入ってきた時のルーティンとして、入った金額の3割を貯蓄としてキープする作業を実行しています。1,000円の場合には3割ですと300円となるのですが、そこは面倒なので100円台以下は切り上げで1,000円としています。3割キープが完了したら、あとは自由に使って良いお金です。

ファイナンシャルプランナーはお金に関わる仕事だから、たくさん稼いでいるのだろうと思われてしまうかも分かりませんが残念ながらそうでもありません。一日、対応できる相談業務は多くて3人までが、時間的にも労力的にも限度ですので、収入はそこそこです。

しかし、大まかな60歳までの収入は計算できていますので、そこから逆算しますと現状3割キープが出来ていれば、老後のゆとり生活資金で心配することはないだろうという作戦です。

細かく言いますと、収入の1割は円建て預金、収入の2割は国内外株式・国内外不動産・コモディティなどに割り振ります。旅行等でまとまった費用が必要な時は1割の円建て貯蓄から取り崩して使っています。

■海外分散投資を実行する

筆者は、円だけに金融資産が偏ることはリスクと考えています。これまでの「円高・デフレ」での日本では、円建てで資産形成をするのがメインで正解でした。

しかし今後想定できるシナリオとしては「円安・インフレ」を忘れてはいけません。これが現実となってしまった場合には、見た目は同じ100万円でもインフレになると、デフレ時には買えていたものが買えない、または購入量が減ってしまうということになります。いわゆる資産価値の目減りです。

この資産価値の目減りに備えるため、収入の2割を国内外株式・国内外不動産・コモディティなどに割り振ります。

参考までに、筆者の資産配分を紹介すると、国内外のETF(上場投資信託)を活用し外国債券3割、国内外株式4割、国内外不動産2割、コモディティ(金)1割です。

■節税効果を最大限活用する「確定拠出年金」

筆者の場合、確定拠出年金は「個人型」となりますが、確定拠出年金では、毎月の掛け金(自営業者個人型の場合、月額上限6.8万円)が全額所得控除となります。この効果は、支払うべき所得税と住民税を減額させます。

また、NISAと同様、運用益も非課税。さらに、60歳以降に年金を受け取る時も優遇税制があることを考えると、使わない手はないのです。ただ60歳まで積み立てたお金を引き出せないというデメリットがあるので、老後資金の準備と割り切る必要があります。

2017年1月からは、加入対象者が拡大し、自営業者・フリーランス、会社員、公務員、専業主婦(夫)などほぼすべての日本人が加入できるようになります。賢く節税を行いながら資産形成していただきたいです。

以上、恥ずかしながら筆者の資産形成法ご披露させていただきました。少しでも皆さんの資産形成のヒントになれば幸いです。

FPが斬る!ケチじゃない「現代流かっこいいお金の使い方」

どんなにお金を貯めてたくさん持っていても、お金の使い方の「かっこいい」「かっこ悪い」は時代によって変わると思います。

バブルの頃は、札束のたんまり入った財布を食事のお会計の際に女性に渡して「これで払っておけ!」なんて言うのがかっこいいとされていました。今ではそんな人を見たら興ざめしてしまいます。

では、現代ではどんな人がかっこいいお金の使い方をしているのでしょうか?

■かっこいいお金の使い方例1:無駄な出費は最小限に
ある仕事でファミリーレストランに行った時の事です。私は何も考えず「ドリンクバー」を頼みましたが、同席した方はメニューを見て「一番安いのはアイスクリームだね」と言って、アイスクリームを注文しました。理由を聞くと「お茶を楽しみに来たわけではなく仕事で来たのだし、喉も乾いていないので少しでも安いものを」との事でした。

その方は、必要のない出費は最小限に抑えて、その分必要なところにお金を使うようにしているそうです。決してケチというわけではなく、その日はその方にご馳走になりました。日々の小さいお金の事を大切にしているのはかっこいいと思います。

■かっこいいお金の使い方例2:時間と費用対効果を考える
お金の運用を上手にされている方が名古屋より宇都宮までいらっしゃったときの事です。なんと「青春18きっぷ」を利用して在来線でいらしたとのことでした。名古屋から宇都宮まで新幹線を使えば14,000円ほどかかります。「青春18きっぷ」だと在来線使用のため倍の時間がかかりますが、費用は2,500円ほどで済みます。

その方いわく「もちろん時間を考慮して新幹線も使うけど、その日は時間があったこととパソコンで仕事がしたかったため、電車の中でも出来るように少し早起きをして在来線を使用した」とのことでした。

常に時間があるときはひと手間かけても安い方法を選ぶそうです。時間と費用対効果を考えてお金を使うってかっこいいですよね。そしてその方はボランティアもしており寄付もしているそうです。

おふたりの共通点はお金があっても出費の際に意義をきちんと考えながら使っていることと、そのこと自体を楽しんでいるということでした。もちろん、必要なときはケチらずお金を出すことも理解しての事です。

かっこいいお金の使い方をしている人は、小さい出費にも目を配りメリハリをつけられているんですね。

ランキング