最高値は約33万円!リオ五輪「高額観戦チケット」ベスト3

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・オリンピックのチケット価格

<Point>

1オリンピックのチケット価格調査

2チケット価格はオリンピックの注目度にもなる?

3陸上の最も高いチケットは約33万円

6755.jpg

5日から開催されるリオオリンピックですが、あなたは何か注目の競技がありますか?

世界のスーパーアスリート達が国の誇りをかけて戦う姿は見る者の心を打ちますよね。このオリンピック開催を待ち望んで、多くの日本人が睡眠不足になることは間違いないでしょう。

さて、そんな注目のオリンピックの中で最もチケットが高い競技は何か気になりませんか?やはり注目度の高い競技ほどチケットが人気で価格が高くなっていることが考えられますよね。

今回はチケットビスで見る、オリンピックでチケット価格が高いランキングを作ってみました。尚、各チケット料金は8月1日付けで、各競技の最高金額のチケットを参考にします。(※1)

■第3位 男子バレーボール3位決定戦(278,970円)

第3位はなんと男子バレーボールの3位決定戦とのことでした。男子バレーボールということも意外ですが、決勝戦ではないというのもまた意外ですね。

男子バレーボールは残念ながら日本の出場はありませんが、地元のブラジルがバレーボールも人気競技ということで注目が集まっているのかもしれません。4年前のロンドンオリンピックでは、決勝でロシア相手に追い込んだものの逆転負けをくらったので、逆襲に燃えるブラジルの男子バレーに注目です。

■第2位 男子バスケットボール決勝戦(307,238円)

続いて2位は男子バスケットボールの決勝戦でした。バスケットボールもバレーボール同様、日本は出場を逃していますが、国際的には非常に人気が高いスポーツということでも有名です。

なんといっても男子バスケットボールの注目はアメリカで、今年は前回オリンピックで優勝したメンバーから、がらっと変わっているものの、依然として優勝候補であることは間違いありません。会場を盛り上げるプレーの数々は必見です。

■第1位 陸上(8/20夜の部)(334,670円)

さて、最もチケットが高値で取引されていたのは陸上競技の最終日のチケットでした。その値段はなんと33万円。同じ時間と同じ会場のチケットでも最安のものであれば、約13,000円と約25分の1なので、いかに圧倒的な価格であるかわかります。最終日はリレーなども行われ、会場の興奮も一番になると思われます。

今年も熱いオリンピックがやってきます。必死にプレーしている選手達を応援しながら見ている側も思いっきり楽しみましょう。

画像一覧

  • オリンピックのチケット調査!リオで注目の競技は一体…?

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

リオオリンピックに株価アップの期待⁉︎ 「今から狙うべき業界」3つ

8月のオリンピック開催まで目前にまで迫ってきました。4年に1度の祭典では開催国がどこであろうと、例外なく熱気に包まれ、夜更かしが増えることも多いのではないでしょうか。

そしてこれだけ大きな祭典で注目したいのは、やはりオリンピックに関連する株です。今回の開催国がブラジルであるために日本の株価に影響するのか? と考える人もいるかもしれませんが、他国であってもオリンピックで注目すべき業界は少なくありません。

今回はリオオリンピックで注目したい業界をチェックしてみました。

■家電製品販売店

オリンピックを見るとなれば、やはり高品質の映像や音声を楽しもうという動きが一定数見られても不思議ではありませんよね。家電量販店というと『ケーズホールディングス』や『ビッグカメラ』、『ヤマダ電機』などが有名ですね。

ただし家電製品販売店の関連株は予測しやすいので、株価が割高になっていないかどうかだけは事前にチェックしておきたいところです。

■テレビ放送関連

こちらも想像しやすいと思いますが、オリンピックを放送しているテレビ放送関連株は注目です。ただし注目したいのはフジテレビやTBSといった民放ではなく、むしろWOWOWやスカパーといった有料放送です。

有料放送は、注目する放送がなければ契約する人は多くありません。しかし、オリンピックのような「自分がひいきにするスポーツを中心に見たい!」と考える人はこのような有料放送に契約すると予想され、株価が上がる可能性もあります。

■スポーツ関連

やはりオリンピックといえばスポーツ関連株は外せませんね。オリンピックではありませんが、全米オープンで錦織選手が準優勝したときにもテニス関連の株価は全体的に上昇傾向にありました。つまり、話題になりそうなスポーツをあらかじめ予想できれば、それに関連する銘柄も株価が上がると考えられますね。

リオオリンピックで活躍が期待される日本人も数多くいるので、今のうちにチェックしておくといいでしょう。

オリンピックで注目したい業界ということで、今回は3つの業界を紹介しました。これらの株を割安で買うことができれば、リオオリンピックが終わるころには株価が上がっていることが期待できます。オリンピックを楽しむだけでなく、ぜひ一緒に投資も試してみてください。

金メダル報奨金500万円は妥当?五輪アンケート【マネーゴーランド意識調査】

ブラジルのリオデジャネイロを舞台に8月5日、4年に一度のスポーツの祭典、五輪がスタート。
それと同時に、2020年の東京オリンピックにも期待が高まります。そこで、マネーゴーランド編集部ではオリンピックに関するアンケートを独自に実施しました。

■リオデジャネイロ五輪に関して

「日本はいくつ金メダルをとると思いますか?」の質問で最も多かった回答は「4〜6個」で全体の38.9%でした。次いで「1個~3個」が29.9%、「7個~10個」が21.5%という結果になりました。

ちなみに過去の金メダルの獲得数は、2012年ロンドン大会では7個、2008年北京大会では9個、2004年アテネ大会では16個もの金メダルを獲得しています。

またリオ五輪で最も期待されている種目は「体操」で629票。次いでバレーボール(女子)588票、水泳(573票)でした。

さらに、日本オリンピック委員会(以下JOC)から出る報酬金について。金メダルを獲得した選手への報奨金はこれまで300万円でしたが、リオ五輪から500万円に増額されることが発表されています。この金額に対して「妥当だと思う」が56.4%、「妥当だと思わない」が43.6%と、意見を二分する結果になりました。

Q1:リオデジャネイロ五輪で日本はいくつ金メダルをとると思いますか?
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

Q2:リオデジャネイロ五輪に出場する日本選手の種目で、期待しているものはどれですか?
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

Q3:金メダルを獲得するとJOC(日本オリンピック委員会)から授与される報奨金額500万円は妥当だと思いますか?(競技団体からの報奨金は別)
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

■2020年開催 東京五輪に関して

では次に2020年に開催される東京オリンピックについて。「東京オリンピックに期待することはなんですか?」という質問に対して、圧倒的に多かったのが「景気がよくなること」で1,418人の支持を集めました。そのほかは「国際関係が良好になること」や「日本の文化が注目されること」でした。

また新規追加種目にしてほしい競技については「野球・ソフトボール(1,110人)」が圧倒的で、このほか「武術」「空手」が挙がりました。

最後に「生で観戦するなら、入場券はいくらまで出せますか?」という質問では、「3,000円」が42.7%、「5,000円」が24.9%と、5,000円以下で抑えたいと思う方で7割近くを占めました。ただ「10万円以上」と答えた人もおり、中には「30万円以上」が1.2%もいたという面白い結果となりました。

Q4:東京五輪に期待することはなんですか?(複数回答可)
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

Q5:東京五輪の追加種目になって欲しい競技はどれですか?
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

Q6:東京五輪を生で観戦するなら、入場券はいくらまで出せますか?
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

この夏世界が熱くなる、スポーツの一大イベント。東京オリンピックを見据えながら、さまざまな視点でリオデジャネイロオリンピックを観戦すると、楽しみももっと増えていきそうですね。

※上記集計は2016年6月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数1,994名)

夏休みは円安になる⁉︎ 為替と旅行の関係性とは【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

去年は為替相場が円安で、中国人を中心に外国人観光客が日本で爆買いする姿が目立ちましたね。一転、今年は年初から円高が進んでいますから、日本から海外旅行に行くとお得です。

米ドル/円日足チャート
為替と旅行の関係性!、マネーゴーランド
※引用:DMMFX

上の米ドル/円チャートをご覧ください。昨年(2015年)の6月に125.85円だった米ドル/円は、2016年に入ると円高が進み100円割れまで下落しました。

■円安は爆買いが有利で、円高は海外旅行が有利。

日本への観光客は円安が有利、日本からの海外旅行は円高が有利です。

例示)日本円から米ドルに両替してみると…
話を単純にするために、為替手数料無し、去年は1ドル=120円、今年は1ドル=100円で計算。

去年は1万ドルを持っていれば120万円に両替できたのに、現在は同じ1万ドルが100万円にしかなりません。20円分も米ドルの価値が下がったために、海外からの旅行者は財布の紐を締めることになり、日本の小売業は売上が減りそうです。

逆に、日本から海外旅行に行くのは有利。去年、100万円を持って行っても米ドルに両替すると約8,333ドルにしか交換できません。現在は、100万円持っていれば1万ドルに両替できますから、ホテル・食事・買い物とワンランクグレードアップできそう。

為替が円高・円安かどうかで、観光客の来日数や使う金額は変わってきます。海外旅行に行くなら少しでも為替相場が有利な時を狙うのはどこの国の人も同じ。20円分も割安・割高だと旅先で使える金額がまったく違います。このまま円高が進むと今年の爆買いはかなり減りそうですね。

■米ドル/円相場、夏場の動向!

今年、日本に住んでいる方は、海外旅行に行くチャンス!
ところで、ボーナス後&海外旅行の影響でドルの両替が増えて、ドル高・円安に変化するのか過去数年の動きを確認してみました。

よく言われているのは、7月はドル高・円安、8月はその反動もあってドル安・円高という動き、8月の米国債の利払い等を含めて、本邦の輸出企業等から円買いの動きが出易いとの見方があるためですが、その他アノマリー(*)な事象も聞かれます。
(関連記事:第28回「FXは1ヶ月でどれ位儲けられるの?」

「米ドル/円相場の7月・8月の変動状況、アノマリー」
米ドル/円相場の7月・8月の変動状況、アノマリー、マネーゴーランド

2006年~2015年の直近10年間の7・8月は、
7月は、円高が6回・円安が4回と円高の方が多くなっています。8月は、円高5回・円安5回と同数。

結果としては、直前のトレンド(傾向)に影響を受けているようで、月毎の方向性は確認出来ませんでした。

■夏休みは市場が閑散期

7月・8月は、日本が夏休みとなるように海外も夏休み。日本以上に外国人投資家は夏休みをたっぷりと取りますから、為替相場の取引量=流動性が減ります。
政治もお休みモードで、大きなイベントも減りますから、その分、各国の株価の動きと連動性が高まりがちなために、株価には注意が必要です。

夏場は、大きく売買を仕掛ける投資家も減り、値動き自体が小さくなりやすい時期。秋からの本格相場到来に向けて英気を養うのにちょうどいいかも知れません。夏の間に、少額トレードで、腕を磨いておくと、秋の大相場に準備ができた状態で挑めます。

次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:アノマリー
明確な理由は確認できないが、一定の法則があるように感じられる現象のこと。理論的に説明が出来ないが同等の事が起こる経験則的な事象を指す。
実際に利用する場合、過去データを検証して有効性を確かめてからが無難。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから

●第10回 数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!
●第11回 ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!
●第13回 キャンペーン商品で生活?!
●第14回 米国の雇用統計はFXのフィーバーデー! 月に一度のビッグイベント!
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第18回 米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?
●第26回 外国為替市場の1日、FXで儲けたいなら流れを知ろう!
●第31回 米雇用統計公表!FXは金利に注目

使いすぎに要注意!FPが太鼓判「クレジットカードの最適枚数は?」

突然ですが、皆さんのお財布の中に、クレジットカードは何枚入っていますか?
2枚、3枚あたりが一般的でしょうか。

『一般社団法人クレジットカード協会』の統計によると、2015年3月末時点のカード発行枚数は2億5,890万枚で、20歳以上の人口で割ると一人当たり2.5枚の計算になります。

そのサービス内容やブランドも、年々増えていくクレジットカード。いったいどんな使い方をして、何枚持つのがベストなのでしょうか?

■ポイント機能の比較

まず、現金ではなくクレジットカードを使う理由として、「ポイント機能が付いている」ということが、最も大きな理由ではないでしょうか。
同じ金額の商品を購入するのに、現金は即時決済で、クレジットカードは事後決済。購入額に対して、ポイントが付いたり割引があったりするのも、現金にはないサービスですね。

クレジットカードの診査には所定の要件が必要ですが、もちろん複数枚作ることもできます。カード会社ごとにサービスも異なりますので、自分のライフスタイルに合わせて持つことで、効率よくサービスを享受するのが賢い使い方です。

例えば旅行好きな人は、航空会社の発行するカードで、お得にマイレージを貯める。普段の食費や雑貨を、近くの大型複合店で購入する機会が多い人には、その会社の発行するカードでポイントを貯めたり、割引を利用したりする。

また、毎月の通信費が一昔前に比べて上がっている方も多い中、最近では携帯電話やインターネットなどのキャリア会社の発行するカードと、コンビニエンスストアなどで使えるポイント会社との提携など、1枚のカードの中に複数の得点が絡むものが、多く見られます。

こうなってくると、何を優先にカードを選べばいいのか迷うのは当然ですね。

■FPが勧めるベスト枚数は?

では、FPを務める筆者が「最適だ」と言えるカードの枚数はいくつでしょう? 結論からいうと、カードは2枚。本命カードとサブカードに分けて使うのが、筆者流です。

まず本命カードは、高額商品や日々の固定費などを、全てまとめます。そして大事なのは、ポイントやサービスを使う際の出口です。大抵ポイントは、金額がまとまればまとまるほど換金率が上がっていきますので、一つに絞って使うという事です。例えば筆者は、カードのポイントは全て、航空会社のマイレージにポイント移行し使うことに決めています。

サブカードの役割は、めったにありませんが、大型家電や旅行費などで、購入額がメインカードの使用上限額を上回る場合に使うことに決めています。またVISAやJCBなどブランドによっては、使えないお店や企業があることから、本命カードとは異なるブランドで持つことに意味があります。

■使いすぎを防ぐために

クレジットカードの最大のデメリットは「使いすぎ」にあります。そんな人にオススメしたいのが、「デビットカード」です。即時決済なので、使いすぎる心配はありませんし、発行体によってはポイント機能がついています。

自身の身の丈にあった、上手な使い方をするのに、クレジットカードの持ちすぎは禁物です。目的に合わせて、2枚、サービスとブランドの異なるカードを選びましょう。

ランキング