食べるだけでお金持ち!「金運がアップする」注目の食材3つ

6688.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・金運アップの食事

<Point>

1お金持ちになれる食材を紹介

毎日の食事を何気なくとっている人は少なくないでしょう。基本的に何を食べるかを意識していない人は、「美味しい」「美味しくない」の基準以外で食事を選ぶことはあまりないかもしれません。

しかし、それだけで口に運ぶ食事を選ぶのは少々もったいないと言えるかもしれません。というのも金運を上げてくれる食べ物を意識して口にすることで、お金持ちになれるかもしれないからです。

今回はそんな風水で良いとされている、金運アップの食べ物を紹介します。

■鶏肉と牛肉

風水において肉料理は金運アップに最も効果のある食べ物のひとつ。なぜ鶏肉と牛肉?と思われるかもしれませんが、これは金運に関わる方位と十二支に関係しています。簡単に説明すると金運に関わる方位は西と北であり、鳥(酉)と牛(子)はそれに対応しているのです。

短期的な収入を得たい方は鶏肉、長期的な収入を得たい方は牛肉料理を食べると金運アップに効果的と言われているようです。まずは、手始めに肉料理で活力をつけてみてはいかがでしょうか。

■大豆

風水的に集中力を上げてくれる食材は「金の食材」と呼ばれています。大豆は集中力を上げる食材としてもよく知られています。

また、栄養価を見ても大豆は「畑の肉」とも言われるほどで、良質のタンパク質とバランスの良い必須アミノ酸を含んでいるなど、日本人が昔から長寿である理由は大豆にあるといっても過言ではありません。金運アップもできて健康にもなれるなんて一石二鳥でお得ですよね。

■根菜

大地で取れた野菜には強いパワーを備えています。さらに、旬であれば旬であるほどそのパワーは強いと言われています。根菜のように大地のエネルギーを存分に受けた野菜を食べることで、真面目さや根気を養うと言われており仕事の成果も上がることは間違いないでしょう。

仕事の成果が上がれば収入ももちろんアップも考えられますし、お金持ちの一歩となるかもしれません。

このように毎日の食事には、あまり人には知られていないパワーが存在します。意識的に口にすることで、金運アップ、そしてお金持ちを目指していってみましょう。

<関連記事>

画像一覧

  • 毎日の食事を一変させる!お金持ちになれる食事3選

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

今日はフルムーン!お金持ちになれる「満月の日にやるといいコト」【声優ナレーション付】

「お金持ちになりたいなあ」そんなことを思う時はありませんか?

人生はお金じゃないと思いながらも、やはりお金があるに越したことはありませんからね。そこで、今回は“満月の力”を借りてお金持ちになる方法についてお話しします。

■満月には解明されていないパワーがある!?

なぜ、満月とお金が関係あるんだ!と言われるかもしれませんが、特別根拠があるわけではありません。しかし、昔から満月になると出産が増えるとか、犯罪が増える…なんてことも言われており、未だ全ては解明はされていないものの、月は人間だけでなく生命の誕生から発展まで密接な関係があるのです。

つまり、科学的な根拠はないものの月にはなんらかのパワーがあると昔から信じられているのです。8月の満月は「中秋の名月」と呼ばれ、豊作の祈りをされていたという説もあり、昔から人々の間で信じられていることを感じますね。

■満月の日にやるべき⁉︎ お金持ちになるおまじない

では、実際のところ満月の日にどんなことをすれば良いのでしょうか。ネットを中心に噂になっているのが満月に向かって財布を振り続けるということ。満月の日に、曇り空で月が見えなくても、月に向かって振り続け、最後にお月様に対してお礼を言うことがポイントだそう。

こうすることによって、財布の中に貯まったレシートや割引券を処分することができるので、財布の中をスッキリさせるという視点からも金運アップしそうですよね。

他にも様々な満月に行うおまじないがありますが、どれも共通して言えるのが、お金を入れるものをきれいにして、月の光に当てるといったことでした。信じるか信じないかはあなた次第ですが、目に見えない力を信じれば何かいいことがあるかもしれませんね。

本日、7月20日は満月です。お金が増えることを祈って財布を月に向かって振り続けてみてはいかがでしょうか。

<お金持ちになれる関連記事>
「“1億円貯める”近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】」
「億万長者を目指せ!“宝くじに当選する人”4つの共通点」
「3つの質問ですぐジャッジ!“年収1,000万円になれるか⁉”自己診断」

■この記事は声優のナレーションでもお楽しみいただけます


ナレーター 水野らむね

■今回のナレーター

水野らむね(みずの らむね)

・主な活動歴
小劇場を中心に舞台で修行中。好きなことは、プラネタリウムでお昼寝。
テレビ東京『ドリームクリエイター』『ドリームドリームクリエイター』『つくり場』ナレーション、くぎうまちゃんキャラクターボイス
ツイッター  @Tann3sui

一攫千金のチャンスを逃すな!2016年上半期「お金持ち挽回プラン」まとめ

老後や将来への漠然とした不安を抱きながらも、収入は思うように増えない…。そんな焦燥感を抱えている人々に、ここでお金を増やす、とっておきのプランをまとめてご紹介します。

2016年も半分が終わろうとしている今、「今年こそ!」「まだまだ挽回したい!」と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

■年収1,000万円を目指すプラン

「自分の能力じゃとても年収1,000万円なんて無理」とあきらめるのはまだ早いかもしれません。生活スタイルや時間の使い方を変えるだけで、年収アップは十分見込めるはずですよ。

●3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

まずは年収1,000万円になれるか、その可能性を簡単にジャッジしてみましょう。3つの質問に答えるだけで、すぐその場でわかります。

●年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

年収1,000万円超えの人には、早朝の時間を有効に使う人がとても多いのです。なぜ朝型の生活によって年収が上がるのか、紐解いています。

●東証一部上場企業代表が実践!成功者に共通する「時間の使い方」

成功者と呼ばれる人は、一般社員で終わる人とは明らかに捉え方が違うのが、時間に対して。大企業を束ねる人が考える“時間の使い方”とはどんなものなのでしょうか?

■ボーナス倍増プラン

6月から7月にかけてボーナス支給を受けている方は多いかもしれませんが、それをそのまま放置しているようでは、お金を増やすチャンスをみすみす投げ捨てているようなものかもしれません。

●FPがプロの視点で指摘!「ボーナスの本当に賢い使い方」2つの例

お金のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナー(FP)がすすめる、ボーナスの正しい使い方をここで見直してみてはいかがでしょうか。

●ボーナスで始める!FPおすすめ「外貨預金」金利ランキング

ボーナスを全額日本円でキープしていても、低い金利ではほとんど増えることはありません。もしも外貨預金を狙うのなら、こちらの金利ランキングを参考にしてみてください。

●金利orおまけで見極める!FPおすすめ「ボーナス預け先ランキング」

史上最低と評されるほど低金利の時代ですが、それでも中にはネット銀行やネット支店など、メガバンクの10~20倍の金利が付く金融機関もあります。

■宝くじを狙うプラン

「宝くじでお金持ちに。」そんな夢物語は周囲に相手にされないこともあります。でも現実には、宝くじの当選者は必ず選ばれているわけで、その希少な枠を狙うということだって「無し」とは言い切れません。

●億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点

宝くじで高額当選する人の特徴を洗い出しました。宝くじを買う前には必ずチェックしたくなる秘策がいっぱい詰まっています。

いかがでしょうか。お金を増やすコツは、こんなテクニックを学ぶことから始まるかもしれませんね。

「1億円貯める」近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】

もしも1億円あったら…。そんな妄想は誰もが一度は抱いたことがあるはず。でもそんな金額は想像を超えた世界だし「そんなの夢物語にすぎない…」と思うものです。でも、そうあきらめるのはまだ早いかもしれません。

今回は1億円を貯めるためにどうしたらよいか、その具体的な方法について検討してみました。

■毎月コツコツ貯蓄の場合:毎月41万円×20年計画で実現可能

収入の一部を貯蓄にまわして、コツコツ貯蓄している方は多いことと思いますが、そのやり方で1億円を貯める場合、毎月どのくらいの金額を貯蓄しなければいけないのでしょうか。ここでは預貯金した場合の利子は考えずにシンプルに計算してみます。

35年計画の場合

毎月23万8,095円/月 × 12ヶ月 × 35年 = 99,999,900万円 

20年計画の場合

毎月41万6,666円/月 × 12ヶ月 × 20年 = 99,999,840万円 

10年計画の場合

毎月83万3,333円/月 × 12ヶ月 × 20年 = 99,999,960万円 

住宅ローンの一般的な期間である35年計画を立てるのであれば、毎月約23万円の貯蓄で大台の1億円に届きます。もっと短期間で10年ならば毎月の目標貯蓄額は約83万円となります。

投信積立で貯蓄する場合:

では、投資信託を毎月積み立てて行う場合で考えてみましょう。

・毎月の積立額33万9,000円の場合

  • リターン2%で計算すると、20年で約1億円を達成できます。
  • リターン1%で計算すると、22年で約1億円を達成できます。

コツコツ貯蓄していくよりも1億円到達までの期間はもちろん短くできます。ただし、これはあくまでもシミュレーションであり、将来の成果が約束されたものではありません。税金や各種手数料は含んでいません。

宝くじを狙う

ごく稀な機会や現象を「宝くじに当たるようなもの」と表現しますが、宝くじに当選するのはそれほど難しいことなのでしょうか?

ここで千葉商科大学のウェブサイトで、商経学部の伊藤教授が解説していた記事によると、宝くじ1枚を購入して1億円当たる確率はおよそ「143万分の1」。まさに天文学的数値になります。

しかし、購入する枚数を増やす、1億円だけでなくもっと低い当選金も良しとするのであれば、もっと確率は上がります。
ちなみに宝くじに高額当選する人にはある特徴があることがわかっており、詳しくは億万長者を目指せ!「“宝くじに当選する人”4つの共通点」で紹介していますので参考にしてみてください。

■基本はやっぱり日々のお金の見直し?

毎月の貯蓄額は、一般的に考えるととても高額ですが、決して実現不可能な夢ではないのかもしれません。
しかしやはり、貯蓄の基本は日々のお金の使い方を見直すことにあるでしょう。

お金についてのプロフェッショナルであるFPがアドバイスする、お金の使い方は、「プロに学ぶ“お金の正しい貯め方”!FPが実践している資産形成法3」「FPがプロの視点で指摘!“ボーナスの本当に賢い使い方”2つの例」を参考にしてみてください。

さらに、夫婦でお金のことで喧嘩が絶えなかったりストレスが溜まったりするようでは貯蓄もうまくいかないはずです。「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」も参考にしてみてください。

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

ランキング