健康保険証を失くしたら…旅先での診察も対応可能?【もしもシリーズ】

6660.jpg

楽しい夏休み!海や山などどこに行こうかワクワクします。だけど旅先で熱が出てしまったりケガをしてしまったりなんてこともあるかもしれません。

国内旅行には必ず健康保険証は持っていきますよね。ところが気がついたら保険証が見当たらない!紛失したのか、盗まれたのか。
今回はそんなときの対処法をお伝えします。

■1:速やかに警察や信販会社へ届け出を提出

まずは慌てないことが大切ですが、健康保険証は本人確認書類として認められているところも多いため、なりすましてレンタル会員になられて滞納されたり、消費者金融で借金をされたりしてしまうかもしれないのです。

また、あなたが紛失した保険証を持って他人が病院を受診しまったとします。直接被害はないかもしれませんが他人のカルテが自分の名前で作成されてしまうことになります。万が一事故や事件に巻き込まれた時にカルテを元に身元確認ができないという事態が起きてしまう可能性があります。

紛失に気づいたら真っ先に警察へ届け出を出しましょう。また、信販会社などが加盟している個人信用情報機関へ紛失したという事実の情報を提供し登録をしておく必要があります(本人申告制度)。なぜなら信販会社が与信の判断に慎重になってくれる状況を作ることになるからです。

代表的な個人信用情報機関は以下のとおりです。
・株式会社シー・アイ・シー(クレジット系)
・全国銀行個人信用情報センター(銀行系)
・株式会社日本信用情報機構(消費者金融系)

また、届け出を出した後に見つかった場合は、警察や個人信用情報機関への報告も忘れないようにしましょう。

■2:保険証の再発行の手続きへ

紛失しても再発行は出来ます。加入している保険証によって窓口や再発行に要する時間も違います。

国民健康保険の場合の再交付手続きは、市町村の窓口で基本的には即日交付になります。社会保険の場合は、企業の健康保険組合や全国健康保険協会の各支部の窓口に申請します。ただ、勤め先に担当の社会保険労務士がいる事もあるため、まずは勤務先の担当部署に相談しましょう。その場合再発行までには1週間から2週間ほどかかります。

■3:再交付までに病院にかかった時はどうなる?

保険証がなければ病院にいけないわけではありません。かかりつけの病院であれば事情を説明すればお会計も3割分だけで良いと言ってくれる場合もあります。

旅先で病院にかかった場合は、一時的に全額自己負担をする必要性が出てきます。後日、再発行した健康保険証をその病院に持っていけば差額の7割は病院が返金してくれます。

でも、東京在住の人が旅行先の沖縄の病院にかかった場合など、手元に健康保険証が届いたけど遠くて持っていけないなんてこともありますよね。これを防ぐ方法としては、病院にかかる際に自分の健康保険証番号がわかっていれば相談にのってうまく対処してくれる病院もあります。普段から万が一の紛失等を考え番号を控えておくと良いでしょう。

と、旅行先でのもしもの話をしましたが、楽しい夏休みなので、病気やケガがないよう過ごしたいものですね。

画像一覧

  • 健康保険証を失くしたら…旅先での診察も対応可能?【もしもシリーズ】

執筆者

廣木智代 (ひろきともよ) ファイナンシャルプランナー

結婚後、家業のスナックで手伝いをしていたが母の引退と共に廃業。家計の苦しさを埋めるための我が家の保険の見直しをきっかけに、お金に賢くなるお手伝いをするべくCFP資格を取得。心と体とお金の健康バランスを軸に、個別相談、セミナー、執筆を展開中。FP Cafe登録FP。

廣木智代

関連記事

関連記事

「1億円貯める」近道は?毎月貯蓄or投資…?【もしもシリーズ】

もしも1億円あったら…。そんな妄想は誰もが一度は抱いたことがあるはず。でもそんな金額は想像を超えた世界だし「そんなの夢物語にすぎない…」と思うものです。でも、そうあきらめるのはまだ早いかもしれません。

今回は1億円を貯めるためにどうしたらよいか、その具体的な方法について検討してみました。

■毎月コツコツ貯蓄の場合:毎月41万円×20年計画で実現可能

収入の一部を貯蓄にまわして、コツコツ貯蓄している方は多いことと思いますが、そのやり方で1億円を貯める場合、毎月どのくらいの金額を貯蓄しなければいけないのでしょうか。ここでは預貯金した場合の利子は考えずにシンプルに計算してみます。

・35年計画の場合:
毎月23万8,095円/月 × 12ヶ月 × 35年 = 99,999,900万円 

・20年計画の場合:
毎月41万6,666円/月 × 12ヶ月 × 20年 = 99,999,840万円 

・10年計画の場合:
毎月83万3,333円/月 × 12ヶ月 × 20年 = 99,999,960万円 

住宅ローンの一般的な期間である35年計画を立てるのであれば、毎月約23万円の貯蓄で大台の1億円に届きます。もっと短期間で10年ならば毎月の目標貯蓄額は約83万円となります。

■投信積立で貯蓄する場合:

では、投資信託を毎月積み立てて行う場合で考えてみましょう。

・毎月の積立額33万9,000円の場合
リターン2%で計算すると、20年で約1億円を達成できます。
リターン1%で計算すると、22年で約1億円を達成できます。

コツコツ貯蓄していくよりも1億円到達までの期間はもちろん短くできます。ただし、これはあくまでもシミュレーションであり、将来の成果が約束されたものではありません。税金や各種手数料は含んでいません。

■宝くじを狙う

ごく稀な機会や現象を「宝くじに当たるようなもの」と表現しますが、宝くじに当選するのはそれほど難しいことなのでしょうか?

ここで千葉商科大学のウェブサイトで、商経学部の伊藤教授が解説していた記事によると、宝くじ1枚を購入して1億円当たる確率はおよそ「143万分の1」。まさに天文学的数値になります。

しかし、購入する枚数を増やす、1億円だけでなくもっと低い当選金も良しとするのであれば、もっと確率は上がります。ちなみに宝くじに高額当選する人にはある特徴があることがわかっており、詳しくは億万長者を目指せ!「“宝くじに当選する人”4つの共通点」で紹介していますので参考にしてみてください。

■基本はやっぱり日々のお金の見直し?

毎月の貯蓄額は、一般的に考えるととても高額ですが、決して実現不可能な夢ではないのかもしれません。しかしやはり、貯蓄の基本は日々のお金の使い方を見直すことにあるでしょう。

お金についてのプロフェッショナルであるFPがアドバイスする、お金の使い方は、「プロに学ぶ“お金の正しい貯め方”!FPが実践している資産形成法3」「FPがプロの視点で指摘!“ボーナスの本当に賢い使い方”2つの例」を参考にしてみてください。

さらに、夫婦でお金のことで喧嘩が絶えなかったりストレスが溜まったりするようでは貯蓄もうまくいかないはずです。「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」も参考にしてみてください。

もしも宝くじが当たったら…高額当選で「破滅人生にならない」方法

本日7月6日から『サマージャンボ宝くじ』の発売がスタートします。1等は5億円とかなり夢のある金額で、「もし当選したらローン返済して、車を買って、家を買って、美味しいものを食べて、旅行して…」と妄想を膨らませる人もいるでしょう。

宝くじで一等を当てる可能性は限りなく0に近いと言われますが、それだけに当たったときは舞い上がる気持ちを抑えられなくなるかもしれません。しかし、宝くじで高額当選した人が必ずしても幸運になれるとは限らないかもしれません。

■宝くじに当選すると不幸になる?

海外の宝くじは宣伝もかねて高額当選者は実名も報道されます。それゆえに高額当選者が一瞬の幸せを勝ち取ったとしても、その後に大きな問題を抱えています。友人から借金の依頼を受け、泥棒やいじめ、詐欺などの被害を受けるといったことも起こりえるようです。

イギリスでは、10代のときに宝くじで高額を手に入れたものの、上記のような問題が原因で2度も自殺を図っている女性がいるとか。高額当選したからといって誰もが幸せになれるというわけではなさそうですね。

日本では海外のように実名が報道されることはありませんが、宝くじによって金銭感覚を失ったという人もいるようです。宝くじに当選し豪遊し、お金があるときの感覚が抜けきれず、借金をしてまで豪遊を続けてしまうということも考えられますよね。

■宝くじに当選したら何を買うべき?

ですから、宝くじで高額当選しても豪遊するだけでなく、将来の生活を確保しておく必要があるのです。その方法とは宝くじで株を購入するというもの。

株には2種類の投資方法があります。株の売買をすることで利益を積み重ねるキャピタルゲインを狙う方法と、株を保有することで株主優待や配当金のようなインカムゲインを狙う方法です。

インカムゲインを狙うためには、ある程度まとまった資金を投資することが必要です。でも宝くじで当選したのなら、そのような資金を準備することができ、十分に裕福な暮らしを送ることも可能なのです。

「なぜ宝くじに当たってわざわざ投資をするのか?」と疑問に思われる方がいるかもしれませんが、これが理由です。

もしも宝くじに当選した方は豪遊する前に、一度投資をするという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。とはいえ、宝くじの当選を狙うなら「億万長者を目指せ!“宝くじに当選する人”4つの共通点」をぜひチェックしてから購入することをおすすめします。

あなたは大丈夫?意外と知らない退職後の健康保険

出会いと別れの春。
職場でも新入社員が入ってくる一方、転職や退職で会社を辞める人を見かけがちなこの季節。

さて、そんなサラリーマンの方が会社を辞めると、退職の翌日から健康保険が使えなくなることをご存知ですか?
ちょっと風邪を引いたくらいでは病院に行かなくても済みますが、ひょっとして事故にあったり、大きな病気になったりした場合は大変!

特に子供がいる場合、病院にかかるのは日常茶飯事なのに、パパやママの健康保険が使えないと一大事です。

そこで退職後すぐに手続きをしておきたいのが健康保険の手続き。収入が少なければ親など家族の扶養に入ることもできますが、今回は扶養してもらう家族がいないという前提で話を進めます。

独立や転職活動のため退職する場合はいったん会社員という立場を離れますので、通常は国民健康保険に加入することになります。国民健康保険の保険料は市区町村によって保険料率や計算方法が異なりますし、収入や家族構成によっても違ってきますので、実際の保険料は問い合わせて確認する必要があります。いざ、自分で直接払うことになって、その保険料の高さに驚くはずです。会社員の時は、一体いくら健康保険料を払っていたのか、給与明細に書かれてはいますが、覚えていない方がほとんど。天引きされているので自分の負担感があまりありません。

でも、保険証さえあれば自己負担3割で医療を受けられる日本の健康保険制度、実は世界に誇れる制度なのです。アメリカで病院にかかると、ものすごい金額を請求されますからね。日本の場合は「国民皆保険」が前提ですから、保険料が高くてもしっかり払っておきましょう。

国民健康保険加入の他に、前の会社の健康保険にそのまま残る「任意継続」という方法もあります。退職して独立しようとしているのに、前の会社の制度を利用できるなんて、結構おいしい話ですよね。退職した前日までに継続して2か月以上働いていることが前提で、退職後20日以内に健康保険組合や協会けんぽでの手続きが必要になります。退職後2年間は継続できますが(再就職して新しい会社の健康保険に加入したら資格を失う)、保険料は会社負担分を自分で支払うことになるため、会社員時代の約2倍となります。それでも、国民健康保険より安く済む場合もあるのでチェックしてみましょう。

退職という大きな決断は、場合によってはあなたを大きく飛躍させるかもしれません。
ただし、退職した場合の自分のデメリット(出費など)を予め把握しておくことが大切です。
次のステージへの第一歩を躓かないよう、保険についてもしっかりと確認しておきましょう。

海外旅行の保険は、健康保険があるから加入しなくても大丈夫?

楽しい海外旅行。でも病気になったら大変と心配事はつきません。海外の医療機関で治療を受けた場合、国によっては多額のお金がかかることはよく知られています。

例えば、アメリカで盲腸になって入院をしたら医療費はなんと約200万円も。その高い医療費をカバーするために、海外旅行に行く前には、海外旅行保険に加入する人が多いのが一般的です。しかし、海外旅行保険は結構保険料がかかります。
実は、海外で支払った医療費は、日本の国民健康保険または会社の健康保険に海外療養費として申請することが可能なのです。海外療養費とは、海外で急な病気にかかりやむを得ず現地で治療を受けた場合、保険者に申請を行うことにより、支払った医療費の一部が戻ってくる制度です。海外療養費は、海外で支払った費用の全額が認められるわけではありません。日本で同じ医療を受けた場合を想定して計算され、自己負担分(原則3割)を控除した金額が払い戻されます。つまり、7割の金額が戻ってくるのです。

ただし、健康保険は、日本国内で治療を受けることを原則としているため、日本国内で治療を受けることが可能であるのもかかわらず、治療を目的として海外で療養を行った場合には、海外療養費は支給されません。

海外療養費を申請する場合には、現地の医療機関にかかる時に下記のことに注意してください。
・海外の医療機関で医療費の全額を支払うこと
・海外の医療機関で治療内容の証明書(診療内容明細書)と診療に要した医療費の明細書(領収明細書)を出してもらうこと。金額だけ書かれた領収書では、申請できません。

さらに海外の医療機関で出してもらった「診療内容明細書」と「領収明細書」は、現地の言語で書かれていますので、帰国後日本語に翻訳をして申請書とともに提出する必要があります。実はこれが大変なので、申請を躊躇してしまう人が少なくありません。一般的な翻訳であればいいのですが、医療の専門用語が出てきたりして結構翻訳料でお金もかかってしまいます。しかし、海外で高額の医療費を支払ったのであれば、戻ってくる金額も多いので、ここは翻訳にお金がかかっても申請をすることをお勧めします。また、この海外療養費の申請は、海外で支払った翌日から起算して2年でできなくなりますから要注意です。

では、健康保険からお金が戻ってくるので、海外旅行保険がいらないかというとそうとも言えません。最低の保険料でいいので加入しておくと安心でしょう。また海外で病気になり保険金が支払われた場合でも、健康保険からは海外療養費が別途支払われますので、より安心です。


*出典:健康保険組合連合会

ランキング