未来が来た!ATMでキャッシュカードが不要!【あなたのマネー】

6703.jpg

2017年春からセブン銀行ATMではスマホだけで出金できるようになります。なんとキャッシュカードも不要です!まずは「じぶん銀行」の預金者向けにスタートし、その後他行との連携を進めていく予定になっています。

■手続きの流れ
1スマホにて専用アプリを起動
2引き出し金額を設定
3セブンATMの画面に表示されたQRコードを読み取り、スマホで識別番号を確認。
4ATMに識別番号と口座の暗証番号を入力
5引き出し

現状ではこのような手順が予定されているようです。

現状は上記の手順が予定されているようです。

■利便性について

手順が多いように感じるかもしれませんが、キャッシュカード、通帳の管理の手間を考えるとこちらの方が便利!というかたもいらっしゃると思います。また、災害時であったり、緊急時にも携帯さえあればATM利用が出来るというのは大きなメリットになると思います。

現在でも一部地銀などでは既に生体認証システムを使ってカードや通帳無しのATM取引ができます。こういったサービスがさらに普及していくことに今後も期待したいですね。

画像一覧

  • 未来が来た!ATMでキャッシュカードが不要!【あなたのマネー】

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

ネット&ATMまで…⁉︎ 忙しい人にピッタリ「宝くじが買える」意外な方法

1等の賞金が5億円のサマージャンボ宝くじが発売中ですが、多くの宝くじ売り場は19時までしか営業しておらず、社会人はなかなか購入機会がないことも事実です。そこで今回はネット銀行を利用した宝くじを購入する方法、また、購入できる宝くじを紹介します。

■ネット銀行で購入するメリット多数

上記では社会人に限定してお話ししましたが、もちろん社会人以外の方も宝くじをネット銀行で購入することによって、大きなメリットが受けられます。

例えば、宝くじには1年間の交換期限があります。つまり宝くじを買ったとしても当せん番号発表を忘れていることもあるようです。つまり、一夜でお金持ちになれる宝くじに当せんしたにも関わらず、換金を忘れていたという人が存在するのです。

その点、ネット銀行であればこのような心配はいりません。当せん確認や当せん振込が全て自動で行われるため、もらえる金額は忘れることなく、きちんと受け取ることができるのです。

しかもその銀行に口座を持っていれば現金を引き出すことなく、口座に入っているお金で宝くじを購入可能。たとえばみずほ銀行ではATMで一部の宝くじを購入できます。

■どの銀行で購入できる?

それだけ便利ならネット銀行で購入しよう!と考える人も多いかもしれません。現在、宝くじが買える銀行はジャパンネット銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行。

各ネット銀行が取り扱っている宝くじは、それぞれのネット銀行によって様々ですが、ロト6やナンバーズといった数字選択タイプの宝くじはどのネット銀行でも取り扱っているところが多いようです。

ただしサマージャンボ宝くじのような大規模の宝くじは、みずほ銀行しか取り扱っていないため注意が必要です。

忙しい社会人の方も当せん確認が面倒な方もネット銀行による宝くじ購入はメリットが非常に大きいです。ネット銀行の口座をお持ちの方はもちろん、お持ちでない方も今回から宝くじはネット銀行で購入してみてはいかがでしょうか。

LINEが上場!今が投資の始めどき!?【あなたのマネー】

東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行で10年超の銀行勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして活躍する高橋忠寛さんに、LINEの上場についてレクチャーしていただきました。

2016年7月にLINEが上場しました。なんと時価総額約1兆円という今年最大のIPOです。また、ニューヨーク証券取引所との同時上場は国内初の事例になります。

そもそも上場するとはどういうことかご存知でしょうか?

■上場するとは

【IPO:株式公開】
未上場企業が証券取引所に上場することによって、誰でもその会社の株式を購入することが出来るようになります。企業にとってのメリットは直接金融市場を通して広く資金を集めることが可能になること。また、知名度の向上や、社会的信用も高まります。

■今が投資の始めどき!?

投資家にとってIPO(新規公開株)投資は初値が公開価格を上回る確率が高く新規公開株の抽選に当たり、公開価格で手に入れた株式を初値で売り抜けることができれば確実に儲かるのです。(今年は8割が公開価格を上回っています。)

■長期的な投資を考えた場合

初値が公開価格に比べて高ければ高いほど上場後の株価が伸び悩むことも多くあります。長期的な視点で考えると上場後の投資タイミングは慎重に判断した方がよいかもしれません。

LINEの上場が市場の活性化にも繋がるのではないでしょうか。

不動産投資は気をつけろ?!【あなたのマネーNo.4 】

あなたのくらしに関わるマネー情報を毎週お届け!
今週は首都圏でのアパート空室率が30%を超えている問題についてです。

不動産調査会社によると、首都圏のアパートでは空室率が30%を超えて2004年の統計開始以来最悪の水準となっています。また、これまでは順調に上がっていた東京の家賃相場も頭打ちとなっており徐々に減少傾向にあります。

■悪いことばかりではありません

賃貸希望の人にとっては家賃が安いのは嬉しいことですよね?これまでよりも安くいい物件に引っ越しをすることもできるかもしれません。

■不動産投資は危険?

金融緩和政策やマイナス金利政策の影響もあって銀行はお金の貸し出し先を探しています。不動産に関連する貸出は貸したお金が返ってこなくなる可能性が比較的低いため、銀行も不動産に関する融資には積極的です。

不動産業者は、2015年の相続税改正もあって「保有している土地にアパートを建てて不動産収入を得たほうがいいですよ!節税対策にもなります!」「不動産投資をすることで家賃収入も得られるし、相続対策になります!」という営業トークでアパート建設や不動産投資を積極的に勧誘しました。

■問題点は?

新たにアパートを建てた場合、無事に入居者が埋まれば家賃収入で返済もできていた借入金。しかし空室だらけになってしまったら?多額の負債を抱え、節税どころか資産を減らすことになってしまいます。不動産投資についても同様です。
物件を見極めるための知識や経験も必要です。安易に手を出すのではなく、十分な覚悟をもって取り組む必要があります。

ふるさと納税額が4倍に!?【あなたのマネーNo.3 】

2015年度の「ふるさと納税」利用額が前年に比べ、約4.3倍へ急増しています。金額としては1650億円を超えています。

■なぜ4倍以上になったのか?

1つは、単純に利用できる金額の上限が前年に比べて2倍になったからです。
2つめの理由としては、「ワンストップ特例制度」という制度が始まったことにより、多くの人は確定申告をする必要がなくなりました。
3つめの理由は、各自治体が特典を充実させていることもあり、ふるさと納税のメリットが知られるようになったからです。

■本来の趣旨とのズレ?

本来、ふるさと納税制度の目的は「地方創生」です。地方の特産品を知り、消費に貢献することや、税金の使い道を自ら決めることで地方を応援しようということです。しかし、現状では金券や商品券を配るなど単純にお金を集めるためだけの自治体も散見されます。

ランキング