ドル円、方向性を決めるタイミング! 【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

6681.jpg

■7月第5週の見通し(2016/07/25)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「日米金融政策の発表でドル円分岐点に」

先週も為替市場では思いもよらない色々なことが起こりました。

前週末のトルコクーデターは土日を挟んで未遂に終わったことで、一先ずリスク回避の動きは後退しました。トルコ情勢がこじれていたら更なる円高が進んだ可能性がありました。地政学的なリスクというのは元々長続きしないものですが、一先ず早急に収束したことで市場に安心感が広がりました。

この日はソフトバンクが英国半導体企業ARMホールディングスを3.35兆(240億ポンド相当)で買収することを発表しました。しかし、英国問題を抱えるポンドは上昇には繋がりませんでしたが、円売り要因でもありドル円にも買い安心感が広がりました。

また、日本政府が20兆円超規模の経済対策を打ち出すとの見通しが示されたこともドル円の押し上げ要因となりました。米国株式市場も連日史上最高値を更新するなど、リスクオンの動きが強まるなど、ドル円にとっては追い風となりました。

結果、ドル円は英国のEU離脱を問う国民投票の結果が明らかになる直前の高値106円80銭を上抜き、ドル円は107円ミドルまで上昇。ここから更に上値を試すかと思われました。しかし、英国BBC放送が「日銀の黒田総裁がヘリコプターマネーは必要ないし、可能性もない」と発言したことが伝わるとドル円は105円ミドルまで一気に下落しました。市場は今週の日銀会合でヘリコプターマネーも含めた追加緩和を実施することを織り込み始めていただけに、ドル円の失望売りが出て下落に転じました。その後、この放送がブレグジット前のものであることが判明したものの、ドル円の上値は重くなりました。

今週は日銀政策会合が開かれますが、黒田総裁はヘリコプターマネーに対してはこれまでも消極的な姿勢を示してきました。もし、今回実施しなければ一時的に下落することになるのは明らかです。ただ、既に失望売りが出た後だけに、下値は限定的とみて良いでしょう。反対に、実施した場合は108円を上抜く可能性が高いとみます。

今週はFOMC会合も開かれます。前回はブレグジットリスクや米労働市場への懸念からハト派的な意見が増えていました。今回はブレグジットショックも和らぎ、6月雇用統計の大幅改善で再びタカ派が増える可能性が高いでしょう。そうなればドル円の押し上げ材料ともなります。

日米の金融政策のギャップが拡大するかどうか、今後のドル円の方向性を示す重要な週になりそうです。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!7月第5週、今週の為替市場の見通し

画像一覧

  • ドル円、方向性を決めるタイミング! 【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

執筆者

岡安 盛男 (おかやすもりお)

レグザム・フォレックスLLC (http://fx-okayasu.com/)代表、為替アナリスト                                                 外資系銀行に20年間在籍、1999年より為替デイトレーダーとして独立後は、 自身のトレードスタイルを確立、実践的な為替投資の啓蒙活動の他、FXスクール講師やFX会社向けの情報提供サービス、投資家向け情報レポートを展開(http://www.gladv.co.jp/members/fx_bible/)。ラジオ日経「岡安盛男のFXトレンド」、日経CNBCの「朝エクスプレス」など出演中。執筆多数。

岡安 盛男

関連記事

関連記事

地政学的リスクは短期で終了? 【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

■7月第4週の見通し(2016/07/18)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「地政学的リスクは短期で終了?」

先週は市場に漂う三つの不安が払しょくされ、リスク回避の動きが後退しドル円は大きく上昇に転じました。

一つ目は参院選で与党が圧勝したことです。過半数を獲得した安倍政権は大規模景気対策を打ち出すとの姿勢を示したことで株式市場が上昇。リスクオンの動きが高まり安全通貨の円も売られました。

また、バーナンキ元FRB議長が来日し、日銀の黒田総裁や安倍首相と会見。会見ではヘリコプターマネーを議論したのではといった憶測が広がりました。ヘリコプターマネーとは、ヘリコプターから市中にお金をばらまくように、政府と日銀がマネーサプライを大幅に増やす景気対策のことです。
市場は日本銀行が7月の政策決定会合でヘリコプターマネーに踏み切るとの見方からドル円は上昇しました。

ブレグジットで混乱する英国では次期首相指名が予想外に早く決まったことで、政治的な不安が後退。市場には安心感が広がりました。米国でも6月雇用統計が予想外の好調な結果となったことで労働市場への懸念が後退。連日NY株式市場は史上最高値を更新するなど、リスク選好の動きが続いています。

ドル円は一時106円30銭近くまで上昇。ユーロ円やポンド円、豪ドル円といったクロス円も全面高となりました。

しかし、金曜日の東京市場では三連休を控えポジション調整的な円の買い戻しの動き(ドル円は下落)が小幅ながら強まりました。

NY市場では再びドル円の買いが先行して始まりましたが、引けにかけ一気に円が上昇(ドル円は下落)しました。トルコで軍が国を掌握したとのショッキングな報道が流れた他、その前日には南仏でテロが起きたことや、中国の南シナ海情勢なども重なり地政学的リスクが一気に高まった為です。

安全通貨の円やドルが再び買われるなど、市場には不安感が広がり先週末は終わりました。

今週も週明け東京市場ではリスク回避によりドル円は上値の重い展開で始まるとみられます。しかし、地政学的リスクというのは長期化することはほとんどなく、短期で収束すると予想されます。

ブレグジット問題も一服感したかと思った矢先に今度はトルコのクーデター。次々と問題が起きて円安と円高が繰り返される目まぐるしい相場展開が続いています。損切りや利食いは早めに入れておくことがこのような相場では必要です。

申年は騒がしい年になると言いますが、本当に今年は何が起きるか分かりません。資金管理は徹底してください。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!7月第4週、今週の為替市場の見通し

英国EU離脱でビジネスチャンス到来か⁉︎【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる! 知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

英国のEU離脱派勝利は世界に衝撃を与えましたね。FXでおなじみの通貨英ポンドは大幅下落・日本円は円高に動くなど為替相場も乱高下。ところが、英国の株価指数(FTSE100)は国民投票前以上の水準に上昇するなど激しい動きとなっています。

■統一の時代から分離の時代へと変化

私達は今、歴史的なターニングポイントにいます。これから、英国とEU間で激しい競争がはじまり、各地で 過度な統一・統合が崩れ始めて、分離・独立の時代に向かう兆し になっていくと感じます。そうなると、為替相場の重要性が増してきます。

英国EU離脱、ビジネスチャンスの可能性?!上村和弘のFX基本講座、マネーゴーランド

■英国のEU離脱

英国は、EUに離脱を通知することから交渉はスタート。 リスボン条約(*)第50条 に従い、欧州理事会に通知して、英国とEUの間で離脱に向けての交渉が始まります。交渉期間は2年間、もし、合意に至らなければ、自動脱退もしくは双方合意の上で協議を延長します。
2年で合意できるのかそれとも長引くのか現時点ではまったく分かりません。

そして、英国はEU離脱後にEUや加盟国との間で、様々な協定を結ばなければいけません。これがまた複雑。しかし、「THE・交渉人の英国」、EU各国の利害関係を突いて、上手に立ち回るのではないでしょうか。結果的に英国有利の協定が次々にできてしまい、EU離脱によって英国大勝利とのシナリオになってもおかしくありません。

「英国がビジネス拠点として有利な点」
・世界の国際言語である英語が母語!
・ビジネス的なインフラが整っている!
・大英帝国時代から続く、企業グループを保有!
・米国と欧州の架け橋になりえる!
・英国はEUから大量に輸入しているため、輸入がなくなるとEUも困る!

■EU離脱でビジネスチャンスが増える?

EUを離脱すれば、過剰と言われるEUの規制に従う必要もありません。税金や規制に関して、ブリュッセルの官僚たちから英国自身に権利を取り戻すことになります。
早くもオズボーン英財務相は、法人税の15%引き下げを提案。現在、英国の法人税率は20%、2017年4月に19%、2020年4月に17%とへと引き下げられるスケジュールは発表済み。

これから、英国とEUの間で、ビジネス拠点の争奪戦が起きるはず。英国から離脱する企業も出てくれば、逆にチャンスと見て英国に拠点を移す企業も出てくるでしょう。

EUによる過剰な規制は、制度に対応できる余裕を持つ大企業有利になりがちで、規制が強くなるとビジネスのイノベーションに必要なアニマルスピリットも生まれません。経済成長に必要なのは規制緩和。アベノミクスの三本の矢の一つも成長戦略で、規制緩和が重要なキーを握っています。

そして、勝敗の大きな判断材料としては、英ポンドの為替相場を見ておきましょう。英国のEU離脱ショックで大きく下がった英ポンドはこれからどう動くでしょうか。

2015年6月高値195.88円から128.72円まで67円超も下がっている英ポンド安は、輸出有利になりますから、いずれ切り返す時が来るでしょう。もちろん、EU離脱までの交渉期間はビジネス的な混乱が出てくるでしょう。EU自体、ドイツ・フランス・英国の三本柱から一本抜けてドイツの力が増してくるとの見方が有力。

英ポンド/円の月足チャート
英国EU離脱、ビジネスチャンスの可能性?!上村和弘のFX基本講座、マネーゴーランド
※引用:GMOクリック証券

やや落ち着きを取り戻しつつある英国、引き続き注目して行きましょう。

次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:リスボン条約
EUの統治における基本的な条約で2009年12月に発効。従来のEU条約・EC条約を改正する内容で、この条約が発効したことで、1993年11月に構築したEUの機構・制度を見直すことができ、EUの基本機構が整備されたと言えます。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから

●第14回 米国の雇用統計はFXのフィーバーデー! 月に一度のビッグイベント!
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第18回 米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?
●第21回 手数料80%カット!夏休みに活用したい外貨両替
●第26回 外国為替市場の1日、FXで儲けたいなら流れを知ろう!
●第29回 英国EU離脱は変動チャンス⁉︎ ショートの活用テク
●第31回 米雇用統計公表!FXは金利に注目

注目の米国雇用統計は一定の数値に【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

■7月第3週の見通し(2016/07/11)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「米国雇用統計は一定の数値」

先週末に発表された米国6月雇用統計の結果は予想以上の雇用者増となりました。しかし、ドル円は100円を瞬間割り込むなど、上値の重い展開が続いています。

先週発表された米国非農業部門雇用者数は28万人増と、予想の17万人を大きく上回りました。前月は予想を大きく下回ったことで市場ではネガティブサプライズとなりましたが、今回はポジティブサプライズとなるなど、予想は一体どうなっているのかと言いたくなりますね。

この結果を受けドル円は一時101円30銭まで買われましたが、一転して99円99銭まで下落しました。それは、前月の分が1万1千人しか上方修正されなかったためでした。直近3か月平均が14.7万人と低下したことを嫌気したものです。また、失業率が4.9%と予想の4.8%を上回ったことも売り材料となりました。しかし、平均時給は前月から2.6%上昇するなど、全般に見ると雇用市場への不安は一先ず払しょくされたと考えられる内容です。

「米景気の底堅さと欧州不安との綱引き」

前月の雇用統計結果からFRBの年内利上げ観測が後退しましたが、これで再び利上げ期待が高まる可能性が出てきたと言えそうです。ただ、英国のEU離脱問題や欧州景気減速懸念、が燻ぶる中で、年内利上げはかなり難しい状況といえます。それは、ドルの上値が重いという事にもなります。

これだけの雇用統計の好結果を受けてもドル円が下落したという事は、そのような事情があったと考えられます。マーケットはどうしても100円を割らせたかったのでしょう。ブレグジットでドル円は東京市場で99円まで下落したことで、再度そのレベルを見に行こうとするのがマーケットの習性です。

しかし、今回も100円の壁は完全に崩れませんでした。100円を割り込むと日銀による介入警戒感が高まったのでしょう。結局100円ミドルに反発して引けてきました。
今週は複数のFRB幹部メンバーの講演などがあり、ブレグジット後の国内外の景気に対してどのような発言をするか注目が集まります。

ブレグジットによる欧州や英国の景気減速懸念に対して、米国の景気期待の高まりが市場のセンチメントを変えることが出来るか、綱引きが始まります。

今週は日本の参院選挙の結果も明らかになります。もし、自民公明与党が勝利すればアベノミクスへの期待が再び高まり日経株価も上昇するとみられます。そうなればリスクオン(リスク選好)による円安が進む可能性があります。100円は近くて遠い壁になりそうですね。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!7月第3週、今週の為替市場の見通し

米雇用統計公表!FXは金利に注目【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

■7月8日、米雇用統計に注目

7月8日(金)に公表される米雇用統計は今後のFXにとって非常に注目度が高まっています。5月の雇用統計が3.8万人と異常に低く、6月の数字も悪い場合、いよいよ米経済の悪化は本物という見方が出てきます ⇒ 7月の米国利上げが見送られる公算となります(第19回「直前、6月FOMC利上げの内容と対策!」)

「米雇用統計の推移」
米雇用統計の推移、マネーゴーランド

さて、米雇用統計を直前に控え、影響を与える金利について触れておきたいと思います。米ドル/円は、日本と米国の金利差で変動しますし、米国の雇用統計が大事なのも、最終的に金利に関係してくるから大事なのです。

■金利で為替相場が動く

金利が為替を動かすという関係は、為替相場を予想する上で最も大切。金利から為替相場を考えると、なぜ、円高や円安に動いたのかその理由が分かるようになります。

その流れをカンタンに解説しましょう。為替相場の変動要因はたくさんありますがエース格は金利です。
米国の雇用統計が良い ⇒ 米国の景気が良い ⇒ 金利が上昇 ⇒ 米ドルが買われる!
というのがパターン。逆に言うと米国の雇用統計が良くても金利が上昇しなければ、米ドルは上昇し難いということ(もしくは一時的な上昇で終える)。

そして、米ドル/円相場を予測するには、米国と日本の金利が今後どうなるかを予測することです。その金利をコントロールする司令塔が中央銀行。そう、米国のFRB日本の日銀中央銀行が金利を決める役割を持っている為、FRBや日銀の要人発言や政策に注目が集まるのです。

中央銀行が決める金利を「政策金利」と呼び、政策を「金融政策」と呼びます。今まで、日米の金利を決める政策、金融政策には違いがありました。

★日米の金融政策:基本路線
 米国=景気が良く、インフレ懸念があるため、金利を上げる方向
 日本=景気が悪く、デフレ懸念が強く、金利を下げる方向

米国の金融政策が変化するかもしれません。英国のEU離脱問題で世界経済への危機感が浮上している中、米国の雇用統計が悪いと、少なくとも当面の間、金利を上げる余裕が無くなります。

■2年物と10年物の国債金利

中央銀行が決める金利と合わせて見て欲しい金利があります。それが、国債(*)の金利。中でも2年物と10年物の国債金利に注目してください。セオリーは、国債金利が上昇すると通貨も上昇、逆に国債金利が下落すると通貨も下落します。安全性の高い国債の動きは、株式や通貨に影響を与えます。

次に、二国間の金利を比較すること。米国の金利が上昇し、日本の金利も同じ幅だけ上昇すればどうなるでしょうか、その場合、金利差に変化はなく、米ドル/円は概ね横ばいの動きとなります。

日米の国債金利差は、比較チャートで見るとすぐに分かって便利です。

日米の国債金利差、マネーゴーランド
※引用:GMOクリック証券

今度の雇用統計では、国債金利の動きにも注意してみると、一歩進んだトレーダーになれます。日本はマイナス金利という未曽有の世界に突入していますが、米国の金利も下がっているため(2年債0.59%:2016年7月1日)、意識して見ていくと良いですね。

次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:国債
国が発行する債券。国家が元本や利払いを保証しているために安全性の高い債券、発行時に償還(返金)期限と利率が決まっており、発行から償還までの期限は様々。10年満期の国債を長期国債。1年未満を短期国債、その間を中期国債と呼ぶことが多い。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから

●第14回 米国の雇用統計はFXのフィーバーデー! 月に一度のビッグイベント!
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第18回 米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?
●第19回 直前、6月FOMC利上げの内容と対策!
●第24回 FXなら積み立て投資がいい!ドルコスト平均法による長期投資を
●第26回 外国為替市場の1日、FXで儲けたいなら流れを知ろう!
●第29回 英国EU離脱は変動チャンス⁉︎ ショートの活用テク

ランキング