年収大幅UP計画スタート!「夏に転職活動が狙いめ」の理由

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・夏の転職活動

<How to>

1求人が増えるのは9月〜10月

2夏の間から計画的に転職活動の準備をする

6620.jpg

手っ取り早くかつローリスクで年収アップを検討しているのであれば、まず視野に入れるべきは転職活動です。

実は転職活動は夏がねらい目だとご存知でしたか? 今回はそんな夏の転職活動についてのお話です。

■10月は求人数が多い

企業の採用ニーズですが、9月、10月と3月、4月は非常に高まる傾向があります。なぜならば多くの企業で年度の切り替えとなり、新規事業や退職、異動に伴う人員の補充が必要となってくるからです。ボーナスをもらってからやめるなんて人が多いこともあり納得のいく話かと思います。

なお、企業においては一般的に計画的な採用は年度の切り替わりである4月入社を前提としたものがほとんど。それ以外の採用に関しては新規プロジェクトや欠員補充等即戦力を求められるケースが多いのでそこも注意が必要です。しっかりと自身のスキルをアピールしていかないといけませんね。

■転職活動にどのくらい時間をかけるか

転職までどのくらいかかるか。もちろん人それぞれですが、早い人は2~3週間で決めてしまう人もいれば、なかには1年がかりでじっくり検討する人も。自身の望む企業と巡り合うのはなかなか難しいものです。

しかも今の仕事をつづけながら、余裕をもって転職活動をするのであればなおさら。10月にむけて求人件数が増加している時期だからこそ、余裕をもって今からスタートするのが良いですね。

また前述の通り、もらえる人は夏のボーナスはすでにもらっているはずなので転職の準備資金もばっちり。退職のタイミングも問題で、急に辞めるなどと言おうものならもめることは必至。後腐れなく退職するためにもしっかり退職の意思を伝えて引継ぎを済ませるためにも、まさに今がチャンスです。

まとめると

・求人募集が増える時期である
・十分な準備期間が取れる
・ボーナスをもらった後である

という観点から、夏からの転職活動、まさに今からの転職活動がねらい目なのです。

転職は人生を左右する非常に大きな問題なのでじっくり吟味したいところです。より良い選択をするためにはあせりは禁物。良い結果を出すためにも今からじっくり準備しましょう。

画像一覧

執筆者

林誠二 (はやし せいじ)

大学卒業後、雑誌社、web関連会社勤務。 オシャレしてブラブラすることが大好きです。

林誠二

関連記事

関連記事

年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

「1分でも長く寝ていたい。」もしも毎朝そう思っているのなら、あなたには年収アップの可能性が低いかもしれません。それは、年収1,000万円以上をもらっている人の多くが朝型の生活を送っており、年収400万円未満の人の生活とは大きな違いがあると判明したからです。

では、社会で成功を収めている人のライフスタイルとは一体どんなものなのでしょうか?

■年収1,000万円以上で朝型は6割越え
ソニー生命保険株式会社が20歳以上の経営者・会社役員、会社員の合計1,000名に行った『経営者と社員の意識比較調査』から、興味深い結果をご紹介しましょう。

日頃の行動について「朝型」と「夜型」のどちらに近いか聞き、その結果を年収別に分析してみると、年収が高い人は朝型の割合がとても多いことが判明したのです。

経営者のうち年収が1,000万円以上の人は「朝型」と「どちらかというと朝型に近い」は合計で65.4%にもなり、会社員で年収1,000万円以上では「朝型」「どちらかというと朝型に近い」の合計は65.9%にものぼっているのです。

ちなみに会社員で年収400万円未満の人で「朝型」または「どちらかというと朝型」と答えた人は、43.3%しかいませんでした。

■企業経営者の平均睡眠時間は?
では、次に睡眠時間について見てみましょう。

同調査によると、経営者500名の平均睡眠時間は6.1時間で、会社員500名は5.8時間となり、経営者と会社員の間で睡眠時間に大きな差はないことがわかりました。

つまり、年収1,000万円以上の人や企業経営者は、起床してから仕事をこなし就寝するまでのあらゆることを、すべて一般の人よりも早朝から前倒しで行っているということでしょう。

■成功者はなぜ朝型を好む?
世界的な大企業の経営者も、多くが朝型で4時や5時といった早朝に起床していることが知られています。朝早くなら、オフィスに出かけるのにも通勤電車の混雑とも無縁だし、取引先からの電話などに追われることなく、集中して仕事に取り組めるというメリットがあります。

さらに、誰にも邪魔されることなく趣味の時間を確保したり運動したりと、日々のストレスを上手に発散することも可能で、仕事に限らず生活のさまざまなことの効率がアップすると言えるでしょう。

とは言っても、毎日残業に追われている方は大抵夜型の生活にどっぷりハマっているはず。でも年収アップや起業を考えているのなら、思い切ってライフスタイルを朝型に切り替えてみるとよいかもしれません。

あなたが年収アップの可能性があるか知りたいなら、3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断 でセルフチェックしてみてはどうでしょう?

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

 「感性タイプの上司の付き合い方」  大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第44回 

「上司と相性が合わない!」
そんなことありませんか?

・上司の言ってることがわかりにくい
・上司が文章をちゃんと読んでくれない
・上司が理屈っぽい
・上司がノリで動いてるっぽくて嫌だ
そんなことがあるかと思います。

相性を見るには、いつくかの切り口がます。
今回は、『感性』と『ロジック』タイプで見ようと思います。

まずは感性タイプ。
このタイプは、感覚で判断します。
細かい決まりより、勢いとか直感を大事にします。

次のロジックタイプ。
ロジックタイプは、感性よりも仕組みを大事にします。
脳で理解したいので、直感というあやふやなものはあまり信じにくいです。

感性タイプが上司だと、動きが目まぐるしく見えると思います。
感性で動くから、何かを感じた瞬間に考え方が変わる・・・・。
「昨日と反対のこと言ってる・・・・」ということが多いかと思います。
本人は、その時感じたことが正しいので、何とも思ってません。

上司が感性タイプで、部下が感性タイプの場合は、何となく相手のことがわかります。
どういうタイプかが。
ただ、気が合うかは別です。

感性が似てる場合は良いでしょう。
お互いのタイプが合ってるので、感性が同じ場合は、良い方向に加速するでしょう。

違う場合は、いちいち意見がぶつかるかも知れません。
お互い感性で話すので、結論が見えにくく、仮に良い関係でも、自分達の良いところをマニュアル化しようとすると、うまく行かないことが多いです。
ロジックに落とすと得意じゃないので・・・・。

上司が感性タイプで、部下がロジックタイプの場合。
上司は感性で好き勝手に動きます。
で、部下はロジカルなので、決まりで動きたい。
その場合、部下は上司に振り回されるということになるでしょう。
ここだけ取ると相性が悪いです。

ただ、上司が出来る人で、部下がロジカルなサポートタイプの場合は相性が良いかも知れません。
上司は基本的に天才肌です。
でも、仕組み化が苦手。
その時、部下が上司の良いところを仕組み化してあげる。
そうすれば、相性が抜群と言えます。

上司が感性タイプの場合は、自分のタイプもありますが、上司のタイプを意識すると良いでしょう。
意識しないままだと、うまく行かないことだけが気になってしまうので・・・・。

もし、感性タイプの上司がいる場合は、感性で動くことを見込んで、動きましょう。
そうすれば、精神的に疲れることも減るはずです。

覚えておきたい大事なこと、会社が倒産! 私の退職金どうなるの?

前回は退職金についてお伝えをしましたが、仮に会社が倒産し、もらえるはずだった退職金が支払われない場合どうなるのでしょうか?

「泣き寝入りするしかない・・・」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、一定の要件を満たす場合は、国の救済制度があります。

■「未払賃金の立替払制度」って?

未払賃金の立替払制度」というもので、労働者とその家族の生活の安定を図るセーフティーネットとして、会社の倒産によって賃金や退職金が支払われないまま退職した労働者に対し、「賃金の支払の確保等に関する法律」に基づいて、その未払賃金や退職金の一部を政府が会社に代わって立替払する制度です。「独立行政法人 労働者健康安全機構」というところが制度を実施しています。

■立替払を受けることができる人は?

会社側の要件は、「同居の親族以外の労働者を使用して、1年以上の期間にわたって事業を行なっていたこと」です。

労働者側の要件は、「法的手続の申立があった日又は労働基準監督署長の認定申請より6カ月前の日以降2年間に退職したこと」です。(図参照)したがって、法的手続申立の6カ月以上前に退職していた場合は、立て替えて貰えません。また、破産手続開始決定日(または「事実上の倒産」の認定日)の翌日から2年以内に立替請求をすることが必要ですので、この点も注意してください。

■立替払の対象となる未払賃金は?

立替払の対象となる未払賃金は、労働者が退職した日の6か月前から立替払請求日の前日までに支払期日が到来している定期賃金と退職金のうち、未払となっているものです。(図参照)ボーナスは立替払の対象とはなりません。また、未払賃金の総額が2万円未満の場合も対象とはなりません。

■「未払賃金の立替払制度」によって支払われる金額は?

ただし「未払賃金の立替払制度」によって支払われる金額は、未払いの定期賃金・退職金の金額の8割が原則です。また、退職日の年齢に応じて、支給金額の上限が定められています。未払い賃金の金額が上限額を超える場合には、上限額の8割が支給されることになります。

たとえば、退職日の年齢が30歳以上45歳未満の場合、未払い賃金の金額上限は220万円、立替払いの金額上限は176万円(45歳以上は296万円、30歳未満は88万円)となります。

とりあえずの相談先は、「労働基準監督署」になりますが、実際に手続きを依頼するとなると弁護士さんにということになります。このような制度があること自体を知っている人は少ないと思いますので、いざという時のために覚えておいてください。

■図版
独立行政法人 労働者健康安全機構のHPより
〔参考〕立替払を受けることができる人
〔参考〕立替払を受けることができる人

〔参考〕立替払の対象となる「未払賃金」の例
〔参考〕立替払の対象となる「未払賃金」の例

ランキング