有名企業の製造現場に潜入!親子で夢中になれる「オモシロ工場見学」3つ

6539.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・工場見学

<How to>

1大人も子どもも楽しめる無料の工場見学でお得に家族の休みを満喫

普段は見られない、あの商品をつくっている過程を見学できるなんて、子どもはもちろん、大人までわくわくしちゃいますね。貴重な体験ができる工場見学、夏休みにはぴったりのおでかけスポットです。

特典付きとあれば、お得感満載です。大人も子どもも楽しめる工場見学、その中でも今回は、無料で体験できるものをピックアップしてご紹介します。

■ミートボール工場(石井食品 千葉県八千代市)

お弁当に入っているとテンションが上がっちゃう、あのミートボールをつくっている工場です。自社製品のミートボールやハンバーグを製造している過程を見学でき、社員さんが同行もしてくださいます。なんと、工場でしか食べることのできない、出来立てのミートボールなどが試食可能!子どもたちも大喜びですね。
※見学は要事前申し込み。

■ケーキ&アイス工場(シャトレーゼ白州工場 山梨県北杜市)

洋菓子や和菓子など、手土産などでお世話になっている方も多いのでは?あの『シャトレーゼ』にも、工場見学があるんです。白州工場では、あんこやアイスの製造過程を見学することができます。そして見学後…アイスの試食がいただけちゃうんです!夏にぴったりの工場見学ですね。予約無しで見学が可能です。

■JAL SKY MUSEUM(羽田空港)

ジェット機の整備風景を間近で見ることができる、『JAL』の工場見学。その迫力は大人をも圧倒するほど。他にも仕事紹介エリアやサービス紹介エリアがあります。こちらはなんと、『JAL』の制服が無料で簡単に試着することができ、コックピット模型を背景に記念写真を撮ることも可能。子供たちの夢が広がる工場見学です。※見学は予約制。

遊園地ももちろん楽しいけれど、それとはまた違った楽しさのある工場見学。見学料が無料とあれば、得することしかありませんね。

普段は知ることのない、商品の製造過程や働いている人の様子を見学することで、とても貴重な体験ができます。試食や試着など、特典も嬉しい!この夏の計画に、ぜひお役立てください。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

【2016夏休み】模擬裁判や判決言渡も体験できる!最高裁判所の子ども見学会

 最高裁判所は、小・中学生とその保護者を対象に、大法廷の見学や模擬裁判、記念撮影などを行う「夏休み子ども見学会」を開催する。応募締切は6月13日、当日消印有効。開催日は7月と8月のうち、指定された4日間。

 最高裁判所は通常、学校団体向けに大法廷を見学する庁舎見学ツアーを実施しているが、夏休み期間は小・中学生とその保護者を対象にした特別な子ども見学会を実施する。

 子ども見学会では、通常の見学とは異なり、模擬裁判や判決言渡体験のほか、法服を着用しての記念撮影も行われる。さらに、各国の法服展示も企画される予定。普段は体験できない、貴重なひとときを過ごせそうだ。

 実施日時は7月28日・29日、8月1日・2日の4日間。各日とも、午前と午後1回ずつ、合計8回の実施を予定している。定員は、保護者を含み各回200人まで。必要事項を記入のうえ、6月13日までに往復はがきに申し込む。参加申込み方法詳細は、最高裁判所Webサイトで確認できる。

◆最高裁判所「平成28年度 夏休み子ども見学会のご案内」
日程:7月28日(木)・29日(金)、8月1日(月)・2日(火)
時間:各日とも午前・午後の各1回
【午前の部】10:00~11:45
【午後の部】14:00~15:45
対象者:小学生・中学生とその保護者
※1グループにつき1名以上の保護者の同伴が必要
定員:各回200人まで(保護者を含む)
申込締切:6月13日(月)当日消印有効
申込方法:必要事項を記入のうえ、往復はがき(104円)で申し込む
※詳細は最高裁判所Webサイトで確認できる

国家公務員にさせたい、なりたい!中央省庁の見学会が夏休みに開催

 文部科学省をはじめとした中央省庁が毎年行っている、夏休みの子ども向けイベント「子ども霞が関見学デー」が、7月27日と28日の2日間開催される。期間中は府省庁内の見学をはじめ、多数の体験プログラムに参加できる。対象は小・中学生や幼児。

 「子ども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじめとした府省庁などが連携して毎年夏休みに開催しているイベントで、平成28年度は26の府省庁が参加予定。参加により親子のふれあいを深め、子どもたちが広く社会を知る体験活動の機会にするととともに、各府省庁などの施策に対する理解を深めることを目的に実施されている。

 期間中は各府省庁の職場見学をはじめ、仕事の内容がわかる展示や、親子で参加できるさまざまなプログラムが実施される。参加者には、各府省庁などのプログラムと地図が入った「日本国霞が関子ども旅券」(パスポート)を配付。子どもたちが興味にあわせて自由に霞が関を歩くことができる。

 平成27年度の見学デーでは、直接大臣に話やインタビューができる「大臣室へようこそ」やさかなくんによるトークショー、実験教室、工作教室など、各府省庁の特色を生かした多数のプログラムが実施された。平成28年度のプログラムの詳細については、6月下旬頃に文部科学省や参加府省庁のWebサイトで公表される予定。プログラムによっては事前に予約が必要なものや、抽選のものもある。参加対象は小・中学生、幼児などで、原則として保護者の同伴が必要。

 申込み開始日や実施詳細は6月下旬頃に公表される予定。なお、平成27年度は6月23日に詳細が公開された。

◆平成28年度子ども霞が関見学デー
日時:7月27日(水)・28日(木)
対象:小・中学生、幼児
※原則として保護者同伴
参加府省庁(予定):内閣官房、人事院、内閣府、宮内庁、公正取引委員会、警察庁、個人情報保護委員会、金融庁、消費者庁、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、国税庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、特許庁、国土交通省、気象庁、環境省、防衛省、会計検査院、国立国会図書館
※実施プログラムなどの詳細は6月下旬頃公表予定

旅行先&予算も丸わかり!夏休みの計画ランキング【マネーゴーランド意識調査】

6月も後半に差しかかり、そろそろ本気で計画を立て始めたいのが夏休みのこと。そこでマネーゴーランド編集部では『夏休みの予定に関するアンケート』を全国の2,076名を対象に実施。

夏休みの旅行先からレジャー費用、夏休みの時期まで、世間の人々がどんな計画を立てているかご紹介しましょう。夏休みの予定をたてるなら、もう今すぐ始めたほうがいいかもしれませんよ!

■「8月に10日間休み」が多数

まず、今年夏休みをとる予定があるかどうか聞いたところ、「とる」と回答した人は52.2%で、「とらない」は47.8%で約半数は夏休みをとらないことが判明しました。

また夏休みをとると答えた方に、いつ休みをとるか聞いてみると、最も多かったのがお盆休みがある「8月中旬(543名)」で、「8月前半(321名)」「8月後半(256名)」と続きました。

さらに夏休みをとる期間については、「10日以上」が18.7%で多く、次いで「7日(12.3%)」「5日(11.9%)」「3日(10.8%)」でした。

Q1:夏休みはいつとる予定ですか?(夏休みを「とる」と答えた方が対象)
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

Q2:夏休みは何日とりたいですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

■「8月に10日間休み」が多数

次に夏休みにやりたいことを質問。その結果「国内旅行」が1,052名もの支持を受けて、圧倒的に人気に。それ以外には、ショッピングや祭り、テーマパークなどが選ばれましたが、「自宅周辺で過ごす」も486名が選択しています。

さらに夏のレジャーの費用については「5万円以内」と答えた人が46.8%と最も多く、「1万円(27.2%)」「10万円以内(15.9%)」となり、5万円以内で抑えたい人が全体の7割以上となりました。

Q3:夏休みがとれたら、何をしたいですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

Q4:夏休みのレジャー費用はいくらですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

■国内旅行先 人気スポットTOP5

では、夏休みにやりたいこと一番人気の国内旅行先について、行きたい旅行先ランキングをご紹介しましょう。

トップの1位、2位は定番人気である沖縄と北海道が独占。そのほか東京や京都、大阪の都市が選ばれました。またディズニーリゾートや軽井沢、箱根などの名前も挙がりました。

1位:沖縄
2位:北海道
3位:東京
4位:京都
5位:大阪

■海外旅行先 人気スポットTOP5

海外旅行先についてはハワイやグアム、台湾など比較的日本から近い場所がやはり人気。少数派の中にはボリビア、ウクライナ、バハマという声もありました。

1位:ハワイ
2位:アメリカ
3位:グアム
4位:台湾
5位:オーストラリア

ここで紹介したアンケート結果をもとにすれば、逆に観光客で混んでいない穴場スポットや空いている時期を考えるのにも役立つはず。夏休みのプランを考える際にぜひ参考にしてみてくださいね。

※上記集計は2016年6月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数2,076名)

貯蓄の目的が旅行なら・・・旅行積立がお得!

お金を貯めるコツは、先取りで毎月決まった金額を積み立てていくこと。

「家を買いたい」「子供の教育費の準備が必要」「車が買いたい」など、人によって目的は様々だと思います。低金利でなかなかお金を増やすことが難しい現在、特に「旅行のためにお金を貯めたい!」という人におススメなのが「旅行積立」です。

旅行積立は、銀行ではなく旅行会社や航空会社に毎月決まった金額を積み立てていくもので、毎月の最低積立額は3,000円程度からとかなりお手軽。そして、何よりも魅力的なのが高い利回りです。定期預金にお金を預けてもメガバンクなら金利年0.010%、金利が高めのネット銀行などでも高くて年0.04%程度ですが、旅行積立の場合は年約1.17%〜3.0%。かなりおトクですね。最低積立金額や積立回数、サービス利率は各旅行会社や航空会社のプランによって様々ですが、満期に受け取れるのは、基本的には各社とも自社のツアーや航空券が利用できる旅行券となっています。

ANA旅行積立プランでは、「一時払いコース」「一時払い6か月満期コース」「毎月払いコース」の3つがあり、満期旅行券額30万円、12回払い、サービス額率3%の場合、毎月の積立金額は24,601円、サービス額が4,788円です。さらにリピート特典や、ANAカードで支払う、貯まったポイントがマイルに移行できるサービス、スルガ銀行ANA支店の口座からの引落しにすると毎月5マイルが貯まるなどの特典も。

日本旅行の「ドリームプラン」の場合、積立金額3,000円〜、サービス額率は積立期間にもよりますが、1.5%〜1.75%。満期に受け取る旅行券(ドリーム旅行券)で自社ツアーだけでなくJR券も購入できるので、毎年家族で帰省するときにJRを利用している・・という人にはうれしいサービスですね。

とても魅力的な「旅行積立」ですが、いくつか注意点があります。利率が高いとはいえ旅行会社や航空会社に積み立てるものなので、貯まったお金は満期時に旅行券としてしか使えないという点です。また、その会社が万が一倒産してしまった場合などにはお金が戻らない可能性もあるということです。さらに、途中でお金が必要になっても、現金での返金はできない点も注意が必要でしょう。大切なのは目的をしっかり決め、余裕資金で無理なく続けることです。

ランキング