相手が思わず黙る…!お金を無心されたときの「上手な断り方」BEST5【声優ナレーション付】

6520.jpg

もしも友人から「お金を貸して」と頼まれたら、あなたはどうしますか?

金の切れ目は縁の切れ目。そんな言葉が古くからあるように、お金の貸し借りは思わぬトラブルを引き起こすリスクをはらんでいることは間違いないでしょう。そしてそんな危険性を察知して「お金は貸したくない…」と思う方が多いはずです。

そんなときに使える「上手な断り文句」を『マネーゴーランド』が独自に実施したアンケート調査から探ってみました。

■1位「お金は貸さない主義だから」

自分は人とお金の貸し借りをしないスタンスをハッキリ明言する方法。場合によっては相手にキツい言い方かもしれませんが、将来同じことが起こることを防ぐことができます。

■2位「ローンの返済があって今はお金が貸せない」

住宅ローンの返済を抱えている方は多く、嘘偽りのない断り方。実際に毎月の返済で家計がギリギリの状態ではなくても、「ローン返済」はいい言い訳になるでしょう。

■3位「給料が減らされて今はお金が貸せない」

自分の収入が減っているのであれば、人に貸す余裕はないという理由になるでしょう。ただしその人の前では、派手なお金の使い方は見せられませんね。

■4位「夫(妻)が管理しているから貸せない」

夫婦のどちらかが財布を握っていて、夫(妻)のせいにするアイディア。「相手のパートナーにまで自分がお金を無心していることは知られたくない」という心理が相手に働くはず。

■5位「自分も他の人にお金を貸してと頼んでいるから」

自分も誰かにお金を貸してもらわなければいけないほど、経済状況が悪いことをアピールする手。ただお金の貸し借りをする“同士”と思われてしまう危険もあり。

■番外編

「お金を貸せるほど持っていない」(20代女性)
「身内に不幸があってそれどころじゃない!」(30代女性)
「電子マネー派なので、現金がない」(40代男性)
「まもなく高額な買い物をする予定があるの」(20代女性)
「趣味につぎ込みすぎて貸せないよぉ」(10代女性)
「ペットの治療費がかかるから」(30代女性)
「今金欠〜」(10代女性)
「親の遺言だから」(30代女性)
「お金の貸し借りはよくサスペンスでも犯罪に繋がってるし危ないからぁ」(10代女性)

■アンケートでは「断る派」が多数

では友人・知人から「お金を貸して」と頼まれた場合、どのくらいの人が断っているのでしょうか? アンケート結果では「断ったことがある」人は40.5%で、「断ったことはない」は27.3%でした。お金の貸し借りの経験がない人は32.2%だったので、経験がある人だけに限ってみると断っている人は59.8%と約6割にのぼりました。

Q1:友人・知人から「お金を貸して」と頼まれて断った経験はありますか?
お金を無心されたときの「上手な断り方」BEST5、マネーゴーランド意識調査

■お金が原因で縁が切れた人は12.8%

さらに「金の貸し借りが原因で縁が切れた」人は12.8%、「絶縁までではないがトラブルになった」人は7.8%と、なんらかのトラブルが起きた人は20.6%もいることが判明しました。

Q2:お金の貸し借りが原因で、親・子・友人・知人と縁が切れた経験はありますか?
お金を無心されたときの「上手な断り方」BEST5、マネーゴーランド意識調査

お金の貸し借りをすると、せっかくの仲にヒビが入ってしまう可能性はやはり避けられないことなのかもしれませんね。

※上記集計は2016年6月にマネーゴーランド編集部が行ったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数2,205名)

■この記事は声優のナレーションでもお楽しみいただけます

■今回のナレーター

水野らむね(みずの らむね)

・主な活動歴
小劇場を中心に舞台で修行中。好きなことは、プラネタリウムでお昼寝。
テレビ東京『ドリームクリエイター』『ドリームドリームクリエイター』『つくり場』ナレーション、くぎうまちゃんキャラクターボイス
ツイッター  @Tann3sui

画像一覧

  • 相手が思わず黙る…!お金を無心されたときの「上手な断り方」BEST5

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

プロに学ぶ「お金の正しい貯め方」!FPが実践している資産形成法3つ

FPをつとめる筆者は、現在の資産形成のやり方にたどりつくまで、数々の失敗を重ねながら「シンプル・簡単」に落ち着いてきています。簡単じゃないと続かないですからね。

今回は、そんな筆者がおすすめする資産形成法を3つご紹介いたします。

■収入から3割を貯蓄と投資へ

筆者は個人事業主として、ファイナンシャルプランナーという、お金に関わる仕事をしています。収入源はお客様から頂戴する相談料、投資助言契約料、セミナー・講演・執筆等の報酬となり、報酬をいただくタイミングも不定期で、金額も1,000円台~数十万円と様々です。

そのような収入状況なのですが、収入が入ってきた時のルーティンとして、入った金額の3割を貯蓄としてキープする作業を実行しています。1,000円の場合には3割ですと300円となるのですが、そこは面倒なので100円台以下は切り上げで1,000円としています。3割キープが完了したら、あとは自由に使って良いお金です。

ファイナンシャルプランナーはお金に関わる仕事だから、たくさん稼いでいるのだろうと思われてしまうかも分かりませんが残念ながらそうでもありません。一日、対応できる相談業務は多くて3人までが、時間的にも労力的にも限度ですので、収入はそこそこです。

しかし、大まかな60歳までの収入は計算できていますので、そこから逆算しますと現状3割キープが出来ていれば、老後のゆとり生活資金で心配することはないだろうという作戦です。

細かく言いますと、収入の1割は円建て預金、収入の2割は国内外株式・国内外不動産・コモディティなどに割り振ります。旅行等でまとまった費用が必要な時は1割の円建て貯蓄から取り崩して使っています。

■海外分散投資を実行する

筆者は、円だけに金融資産が偏ることはリスクと考えています。これまでの「円高・デフレ」での日本では、円建てで資産形成をするのがメインで正解でした。

しかし今後想定できるシナリオとしては「円安・インフレ」を忘れてはいけません。これが現実となってしまった場合には、見た目は同じ100万円でもインフレになると、デフレ時には買えていたものが買えない、または購入量が減ってしまうということになります。いわゆる資産価値の目減りです。

この資産価値の目減りに備えるため、収入の2割を国内外株式・国内外不動産・コモディティなどに割り振ります。

参考までに、筆者の資産配分を紹介すると、国内外のETF(上場投資信託)を活用し外国債券3割、国内外株式4割、国内外不動産2割、コモディティ(金)1割です。

■節税効果を最大限活用する「確定拠出年金」

筆者の場合、確定拠出年金は「個人型」となりますが、確定拠出年金では、毎月の掛け金(自営業者個人型の場合、月額上限6.8万円)が全額所得控除となります。この効果は、支払うべき所得税と住民税を減額させます。

また、NISAと同様、運用益も非課税。さらに、60歳以降に年金を受け取る時も優遇税制があることを考えると、使わない手はないのです。ただ60歳まで積み立てたお金を引き出せないというデメリットがあるので、老後資金の準備と割り切る必要があります。

2017年1月からは、加入対象者が拡大し、自営業者・フリーランス、会社員、公務員、専業主婦(夫)などほぼすべての日本人が加入できるようになります。賢く節税を行いながら資産形成していただきたいです。

以上、恥ずかしながら筆者の資産形成法ご披露させていただきました。少しでも皆さんの資産形成のヒントになれば幸いです。

FPは見た!夫婦がお金でモメる「絶対言ってはいけない」8フレーズ

何気なく言ってしまった一言が夫婦間の埋められない溝になってしまうことがあります。

ファイナンシャルプランナー(FP)であり心理カウンセラーでもある筆者は、夫婦関係についてご相談を受けていますが、喧嘩の原因の5割が「お金」に関するもの。まったく違う生活をしてきた夫と妻が一つの家庭を切り盛りしていくのですから仕方がないことです。

今回は、「言ってはいけないお金にまつわる一言」チェックで夫婦円満のコツについて考えていきましょう。

■我が家は大丈夫?夫婦円満度チェック

自分がパートナーに言ってしまった、言われたという「一言」がいくつあるかチェックしてみましょう。

1、「誰のおかげでご飯食べられてると思っているんだ」
2、「あなたの稼ぎがもう少しよかったら…」
3、「貯金これしかないの?」
4、「将来? なんとかなるさ」
5、「やりくり下手だなぁ」
6、「そんなことにお金使ってどうするの?」(お互いの趣味などを指摘)
7、「あそこの夫婦(家庭)はいいなぁ」
8、「今日のご飯これだけ?」

【診断結果】
該当した数:0〜1個・・・夫婦円満度100%
お互いのことを想い合う理想の夫婦です。定期的に将来のことや普段のお金の使い方について話し合い、夫婦円満を維持していきましょう。

該当した数:2〜5個・・・夫婦円満度70%
少しお金について不満があるようです。お金についての価値観は異なるのが当たり前ですから、喧嘩になる前に普段からお金について話し合っていきましょう。

該当した数:6個以上・・・夫婦円満度30%
相手に不満が溜まっていませんか? 不満を持ち続けているといつか大きな喧嘩になってしまいます。お金は生活していくうえ不可欠なものですから、ルール決めしておくことはとても大切です。夫婦でしっかり話し合っていきましょう。

■夫婦でお金のことでモメないために

一度は「死ぬまで一緒にいたい」と思って結ばれた二人です。夫婦円満でいられたら最高ですよね。お金に関しては「不安」が「不満」へつながります。収入がなかなか上がらない現在、どうやりくりしていくか、どのように資産形成していくか、じっくり考えることが必要です。

FPの筆者のもとに訪れる相談者からは「お金のことを話すのは面倒」とか「妻(夫)に任せてあるから」と逃げられてしまうとよく聞きます。不満だけが募って、言ってはいけないセリフを言って後悔する前に、夫婦でお金についてじっくりと話し合っていきましょう。

その際、冷静に話し合うことが必要なので、お金の専門家であるFPという第三者を交えて話し合うのも良いと思います。「不安」を軽くするのも「夢」を叶えるためにもお金はとても大切なものなのですから。

FPが斬る!ケチじゃない「現代流かっこいいお金の使い方」PART2

お金に色はついていませんが使い方によっては様々な意味合いに変化します。かっこいいお金の使い方をしている人ってちゃんと理由を持って使っているわけです。

では、どんなお金の使い方をする人がかっこいいのでしょうか? FPである筆者が出会った人の中で「かっこいい使い方をしているな」と感じた実例を挙げてご紹介しましょう。

■かっこいいお金の使い方例1:惑わされない

ある方のスーツを買いに付き合った時の話です。1着29,800円のスーツを気に入って見ていると「2着お買い上げいただくと全部で39,800円になりかなりお得です」と店員さんが勧めてきました。確かに2着買うと1着当たりの単価がかなりお得になります。ついつい買ってしまう人も多いと思います。

ところがその方は「必要なスーツは1着だけだし、結局1万円多く出すのでしょう?僕は決して得はしないよね。1万円多く出すなら1着が39,800円のスーツを買うよ。」と私に話してくれました。確かにその通りです。必要以上に買ってしまっては得なことなんてありません。

ついついお得と思いがちなお店の戦略にのることなく冷静に判断して買い物できるってかっこいいと思いませんか。

■かっこいいお金の使い方例2:奥様へのプレゼント

少しご年配の男性の話です。その方は、その日奥様に何を買って帰ろうか悩んでいました。「奥様のお誕生日か何かですか?」と質問したところ奥様のお名前に「三」がつくので毎月3日、13日、23日に何かしら買って帰っているとの事でした。

プレゼントはほんの気持ち程度のもので、チョコレート、果物、文具など特別なものではなく日常的なものを買って帰るのだそうです。そしてそれを何と結婚してから35年続けているとの事でした。

「奥様はさぞかしお喜びでしょうね」と言うと「多分女房は気づいていないよ」との事でした。さりげない、奥様への愛のあるお金の使い方がかっこいいと思った瞬間でした。

そのあと同席していた他の方々も、奥様の誕生日には「花を毎年プレゼントしている」とか「結婚記念日には必ずお休みをとって出かける」などの話され、その場がとても盛り上がりました。ご家族へのさりげないプレゼントにお金を使えることは家族円満の秘訣なのかもしれません。

■かっこいいお金の使い方番外編:筆者の場合

バブルのころ、筆者が父と2人でお寿司屋さんに食べに行ったことがあります。「今日は娘と2人きりでデートなんだよ。うれしいから今日このお店に来ているお客さんのお勘定全部持っちゃう!」と、父はポケットからお札を出して払っていったんです。

その時「ちょっとお父さんかっこいい」なんて思ったりした記憶があります。あのバブルのころは本当に羽振りの良い人がたくさんいました。

お金を使うとき少しかっこ良さを気に留めてみるのも悪くないかもしれませんね。前回の記事「FPが斬る!ケチじゃない“現代流かっこいいお金の使い方”」もぜひ参考にしてみて、お金の使い方を考えてみてはいかがでしょうか。

FPが斬る!ケチじゃない「現代流かっこいいお金の使い方」

どんなにお金を貯めてたくさん持っていても、お金の使い方の「かっこいい」「かっこ悪い」は時代によって変わると思います。

バブルの頃は、札束のたんまり入った財布を食事のお会計の際に女性に渡して「これで払っておけ!」なんて言うのがかっこいいとされていました。今ではそんな人を見たら興ざめしてしまいます。

では、現代ではどんな人がかっこいいお金の使い方をしているのでしょうか?

■かっこいいお金の使い方例1:無駄な出費は最小限に
ある仕事でファミリーレストランに行った時の事です。私は何も考えず「ドリンクバー」を頼みましたが、同席した方はメニューを見て「一番安いのはアイスクリームだね」と言って、アイスクリームを注文しました。理由を聞くと「お茶を楽しみに来たわけではなく仕事で来たのだし、喉も乾いていないので少しでも安いものを」との事でした。

その方は、必要のない出費は最小限に抑えて、その分必要なところにお金を使うようにしているそうです。決してケチというわけではなく、その日はその方にご馳走になりました。日々の小さいお金の事を大切にしているのはかっこいいと思います。

■かっこいいお金の使い方例2:時間と費用対効果を考える
お金の運用を上手にされている方が名古屋より宇都宮までいらっしゃったときの事です。なんと「青春18きっぷ」を利用して在来線でいらしたとのことでした。名古屋から宇都宮まで新幹線を使えば14,000円ほどかかります。「青春18きっぷ」だと在来線使用のため倍の時間がかかりますが、費用は2,500円ほどで済みます。

その方いわく「もちろん時間を考慮して新幹線も使うけど、その日は時間があったこととパソコンで仕事がしたかったため、電車の中でも出来るように少し早起きをして在来線を使用した」とのことでした。

常に時間があるときはひと手間かけても安い方法を選ぶそうです。時間と費用対効果を考えてお金を使うってかっこいいですよね。そしてその方はボランティアもしており寄付もしているそうです。

おふたりの共通点はお金があっても出費の際に意義をきちんと考えながら使っていることと、そのこと自体を楽しんでいるということでした。もちろん、必要なときはケチらずお金を出すことも理解しての事です。

かっこいいお金の使い方をしている人は、小さい出費にも目を配りメリハリをつけられているんですね。

ランキング