一級夜景鑑賞士おススメ!天候に負けない夜のデート〜東京編〜

6470.jpg

一級夜景鑑賞士が贈る【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム】第十九回目。

前回に引き続き、梅雨の夜景対策として、天候に左右されず、効率的に夜のデートができる最適なバーをご紹介します。もちろん、梅雨でなくても大丈夫!今回は東京から。いろいろあるBarから今回は「暗さ」をテーマにしたBarを2つ厳選してご紹介します。

1.北青山サロン

神宮球場がある外苑前駅の3番出口から3秒で到着する雨対策にもバッチリなBar。「カフェSign」というお店の地下にあります。

「暗闇」をコンセプトにしているBarだけあって、地下に続く階段を降りて扉を開けると、今日は閉まっているのではと勘違いしてしまうくらい暗いBarがあります。メニューを読むのもペンライトの光を頼りにオーダーするくらいです。もちろん暗いだけではなく、建物自体の雰囲気、センスは私が行ったBarの歴代3本の指に入るくらい抜群です。

さらにそんな暗いバーに対して、お店のマスター(イケメン)の対応がとてもあたたかい。そんな本当は秘密にしたいお店です。
HPはこちら

2.松虎(まつとら)

恵比寿にあるBar。こちらも暗闇が売りの素敵なバーです。基本的に明かりは囲炉裏の炎しかありません。ちょっと心配なるくらいの暗さですが、注意すべきは暗さだけではありません。ここにはメニューもありません。あらかじめ何を飲みたいのかを考えておくことが大事です。食事も基本は干物や野菜の炭火焼です。

食事に行くというよりかは、3次会あたりで用意しておくと良いという印象です。とにかくとても雰囲気のバーですが戸惑うことも多いかもしれないので、是非友人とでもいいので一度行って準備しておくのが良いと思われるBarです。
HPはこちら

というわけで今回は梅雨対策でご紹介しましたが、もちろん、雨が降っていなくても夜景鑑賞のあとに締めとして利用しても抜群の効果が見込めます。夜景の光を見た後に、暗闇で締める。なんて1UPしたデートプランなんてとても素敵だと感じたのでご提案しました。

是非あまり拡散せず、ここだけの情報としてお使いください。まだまだ紹介したいBarはいっぱいありますが、本日はここまで。次回もお得で、役に立つ夜景情報をお送りします。

<首都圏でも美しい夜景を見ることができる、無料な絶景夜景動画!>
No.1 文京シビックセンター 展望ラウンジ
No.2 新宿野村ビル
No.3 調布市文化会館たづくり
No.4 北とぴあ
No.5 川崎マリエン

<関連記事>

画像一覧

  • 雨でデート代を無駄にしないために。東京編【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム〜第十九回】

執筆者

佐藤 大地

Facebookページ「夜景空間」管理人。まだ全国に22名しかいない夜景鑑賞士1級(夜景マイスター)を取得。中学から夜景に興味を抱き、現在も夜景修行中。将来的には外国人にも日本の夜景の素晴らしさを紹介したいと目論んでいる。1981年 生まれ、東京都出身。青山学院大学卒業。

佐藤 大地

関連記事

特集

関連記事

デート夜景の天敵といえば…-1-【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム〜第十七回】

本日は避け続けていたけど、避けて通れない話題を書いてみます。けっして安くないデート代をパーにしないようなご提案です。

夜景には相性が悪いと思われる季節がきっともうすぐやってきます。それは梅雨。せっかく頑張って作った夜景巡りプラン実行の当日。どしゃぶりの雨が降っていた場合、あなたならどうするでしょうか。

「雨が降ってるおかげで地面が水溜まりになって反射して逆に綺麗だよね。」そんな夜景の苦しいウンチクを語りながら、デートコースを変えずに強行し、ビショビショになってまで夜景を見たい人。そこまでいるのでしょうか。

また、ある人も計画を強行し、土砂降りの日に綺麗な夜景を見下ろせる山の頂上へケーブルカーで行き、案の定の結果になっていても一緒に来てくれた人が
「うわー!水墨画みたいに滲んでて逆に綺麗。嘘じゃないよ!」
絶対嘘だけど優しい声でフォローをしてくれる人、果たして何人いるのでしょうか。

そしてそんな優しい人の隣であなたはゴアテックスを着込み、ビニール傘越しの灰色の夜景を見ていて果たしていいのでしょうか。

私は夜景鑑賞士ですが、雨が降ったら素直にこう思います。
「雨って夜景見えなくなるから嫌い。」
夜景を愛する人ほぼそう思っているはずです。

もちろん雨の日に夜景を見るための対策、無くはありません。

けっして高い所から遠い夜景を見てはいけない。
間に距離があるほど雨の影響を受け、夜景の輝きは消えます。特に山から見下ろす夜景や川を挟んだ奥に見える夜景は避けた方が良いです。高い確率で大ケガをします。

距離の近い夜景スポットに行く。
さきほどの逆で光が強いので雨の影響は少ないです。遊園地等が代表的です。このようなところは近くに雨宿りのスポットがあることも多いです。

しかしそれはその場しのぎにしかならないという私の見解です。
そこで有力な手として1つ。それは

「素直に夜景以外の予備のプランを用意しておく。」
ことではないでしょうか。

私も何度も何度も失敗し、向き合ってきた問題です。

ということで次回は禁断のテーマ。
「夜景は見えないけど、雰囲気がいいBAR」
をご紹介していきます。

夜景鑑賞士という根本からテーマが変わっているというツッコミは無しでご期待ください。

「夜景」の定義・・・
夜の時間帯に見えている景色、それは全て広い意味で夜景である。

(定義者:佐藤大地)

【節約絶景ドライブ】パンダを見に行こう!~南紀白浜に浮かぶ円月島を満喫ドライブ~

●節約絶景ドライブ:熊野街道を通って南紀白浜に浮かぶ円月島を満喫ドライブ編

これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。題して「節約絶景ドライブ」。

みんなが知っているドライブスポットから地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします

●大自然が作り出した絶景を無料で楽しもう

伊勢志摩サミットで注目を集めた紀伊半島。実は紀伊半島は日本の秘境として知る人ぞ知る絶景が多く眠っている穴場スポット。太平洋に浮かぶ多くの奇岩や海岸線が、夕日に染まる光景は格別のもの。今回はそんな紀伊半島の誇る一大リゾートして有名な、南紀白浜を中心にしたドライブガイドをお届けします。

おすすめスポット●13

真っ赤に染まる円月島の美しい夕陽を見に行くプラン
・ルート:
すさみ南IC→県道36号→国道42号(熊野街道)→エビとカニの水族館→恋人岬→すさみ海中郵便ポスト→リヴァージュ・スパひきがわ→県道34号(南白浜道路)→アドベンチャーワールド→三段壁→千畳敷→白浜温泉→白良浜→円月島
・距離:約45km
・所要時間:約60分

▼夕陽が美しいことで有名な和歌山県。その中でもひと際美しいことで知られるのが円月島に沈む夕日の絶景です。
和歌山県の円月島に沈む夕日の絶景、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

紀伊自動車道の終点からスタート

今回は円月島に夕暮れどきに到着するのが理想のため、出発は南紀白浜から少し離れたすさみ南ICからスタート。大阪から紀伊半島の海沿いを南下する阪和自動車道・南紀田辺ICを通過すると、そのまま紀伊自動車道に接続。ここは無料通行区間のため高速料金を気にせずお使いいただけます。

すさみ南ICを下りて県道36号を海に向かうと国道42号に合流。ここから国道42号右折して南紀白浜に向かいます。ちなみにこの交差点すぐ近くにある道の駅すさみには、知る人ぞ知る「エビとカニの水族館」が併設されています。甲殻類だけにこだわった珍しい水族館で、館内はDIYムードの漂うアットホームな雰囲気が魅力です。

イノブタ料理に舌鼓を打つ

ここから国道42号を西へ向かいますが、この道は別名熊野街道と呼ばれています。京都や大阪から熊野三山に参詣するために古くからある街道として歴史好きには有名。ところどころから見える太平洋の絶景を助手席側に感じながら軽快なドライブが楽しめます。途中には夕陽の名所となる恋人岬もあり、車を停めてひと休みするのもおすすめ。

その先には、ユニークな名前の「イノブータン王国」という観光施設もあり。和歌山県すさみ町はイノブタ発祥の地であり、そのためすさみ町にはイノブタ肉を取り扱ったグルメスポットが多く、ランチをいただくのもよさそう。

人混みが苦手な方におすすめの海水浴場

まだまだ熊野街道である国道42号は続きます。途中でトンネルを数か所くぐると、すさみ海水浴場のすぐ近くを通過。ここは海の家がないこじんまりとした海水浴場ですが、水の透明度が非常に高く、人混みもほとんどないのが特徴。目の前には稲積島というこんもりした小島が浮かんでおり、海水浴をしなくても楽しめる穴場スポットです。

そのすさみ海水浴場を少し進むと、ダイバーには有名なすさみ海中郵便ポストのあるスポットが現われます。海底10mの深さに設置された郵便ポストで、なんと実際にここに投函すると実際に配達してくれるのです!! ただし陸の上からは郵便ポストはまったく見えないでご注意ください。

太平洋の大パノラマを見ながら温泉を楽しもう

日置川を渡ってまだまだ熊野街道をひたすら西に進むと、有名な温泉施設の「リヴァージュ・スパひきがわ」が登場。この一帯は日置川温泉として知られており、ここは日帰り入浴ができるのでドライブの途中に汗を流すのもおすすめです(大人650円)。湯船から太平洋が一望できる開放感が味わえます。

さらに進むと今度は椿温泉という温泉郷があり、ここにも多くの温泉施設や海水浴場があるので、立ち寄ってみるのもおすすめ。椿温泉郷にそびえ建つ大きなリゾートマンションを尻目にドライブはまだまだ続きます。

南紀白浜でパンダが見られるんです

椿温泉を出て今度は熊野街道を北上するように進み、県道34号方面に左折してに冨田川を超えるといよいよ南紀白浜に到着。関西方面では有名なリゾート地にもなっている南紀白浜には、多くの見どころがあるので、時間にあまり余裕のない方は最初から南紀白浜を目指すのもいいのでは。

ルート沿いには和歌山県の誇る観光施設「アドベンチャーワールド」があるのですが、ここにはなんとジャイアントパンダが7頭も暮らしています。ガラス越しではなく自然の状態でパンダを目の前で見られるため、パンダ好きにはたまらない場所。ほかにもイルカやクジラ、さらにはライオンやチーターまでと動物好きなら1日居ても飽きないところになっています。

一生にいちどは見たい美しすぎる夕陽

さらに県道34号を進み南紀白浜空港をまたぐようにして通過すると再び太平洋沿いに到着。こから海沿いを北上すると有名な三段壁とその中にある洞窟が現われます。この一帯は観光地として有名なので、まわりにはレストランやカフェ、お土産物屋が数多くあるので、車を停めて散策するのもおすすめです。

さらに進むとこちらも有名な千畳敷という景勝地が登場。ここからでも美しい夕陽が見られるのですが、もう少し頑張って北上を続けましょう。白浜温泉、白良浜海水浴場を通り過ぎ、海方面に目を移すと不思議なカタチをした円月島が見えてきます。このあたりでちょうど夕暮れを迎えると円月島の真ん中に夕陽が沈む大絶景を楽しむことができます。

■節約絶景スポット1 三段壁と地下洞窟

高さおよそ50mという目も眩むほどの断崖絶壁が太平洋に向かって突き出しており、その長さはおよそ2kmにも渡っているという景勝地。

▼景勝地として知られる三段壁。地下にある洞窟に下りることもできます。
和歌山県の円月島、景勝地として知られる三段壁と地下洞窟、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

その岸壁の下には地下洞窟が広がっており、展望台からエレベーターを使って洞窟の中に入ることができるようになっています。洞窟の中に波が入り込むさまは圧巻のひと言。ちなみにここは、かつて源平合戦のときにその名を知られた熊野水軍の隠し洞窟として使われていたのだとか。

■節約絶景スポット2 千畳敷

幾層にもなった岩盤が敷き詰められ、まるで広い岩畳のような絶景が広がる千畳敷。その広さはおよそ4ヘクタールにもなるほど。

瀬戸崎の先端から太平洋に向かって突き出したスロープ状の岩盤は、第三紀層と呼ばれる6,430~230万年前の時代に出来上がったもの。南紀白浜の荒波にさらわれるうちに浸食され、この壮大で力強い景色に仕上がったと言われています。

▼もうひとつの景勝地がこちらの千畳敷。3ヘクタールもの岩壁が折り重なるようにして作られた自然の造形美は見事のひと言。
千畳敷、節約絶景ドライブ、マネーゴーランド

■節約絶景スポット3 円月島

南紀白浜のシンボルといえるのがこの円月島。臨海浦という湾の会場に浮かぶ小島で、その大きさは南北130m×東西35m×高さ25mというもの。

ヒョウタンのように真ん中が楔状にくびれたカタチをしており、そのくびれた部分に円月形の穴(海蝕洞)が開いていることから円月島と呼ばれています。このくびれ部分に夕陽が沈み、円月形の穴に夕陽がすっぽりとおさまることから、和歌山県の夕日100選にも選ばれているほど。正式には高嶋という名前となっています。

■節約テクニック

紀伊半島の南端から、南紀白浜に向かって進む今回のルート。白浜をぐるりと周るだけでは物足りないという方にもおすすめできるドライブコースです。距離自体も短く、ルートも分かりやすいので運転に自信のない方にもおすすめです。

途中には甲殻類の水族館や穴場的海水浴場、ダイバーにはおなじみの海底スポットなどがあり、お金をかけずにドライブを満喫することができます。さらに白浜にはまさかのパンダたち(!?)が間近で見られる観光施設もあるので、ここは動物好きならぜひ立ち寄りたいところ。目的地の円月島で夕陽をたっぷり楽しんだら、近くの南紀白浜ICですぐに移動できるというアクセスの良さも魅力です。

●【節約絶景ドライブ】 シリーズ
おすすめスポット●1 伊豆半島編
おすすめスポット●2 房総フラワーライン編
おすすめスポット●3 富士パノラマライン編
おすすめスポット●4 日立シーサイドロード編
おすすめスポット●5 日本ロマンチック街道で行く軽井沢編
おすすめスポット●6 箱根・芦ノ湖スカイライン編
おすすめスポット●7 伊勢志摩国立公園を満喫ドライブ編
おすすめスポット●8 石川県・能登半島を満喫ドライブ編
おすすめスポット●9 青森県・奥入瀬渓流を満喫ドライブ編
おすすめスポット●10 ビーナスライン満喫ドライブ編
おすすめスポット●11 世界遺産・白川郷ドライブ編~
おすすめスポット●12 四万十川・足摺岬ドライブ編~

【絶景ムリョー】No.5 川崎マリエン

首都圏でも美しい夜景を見ることができる!しかも無料です!

第5回目の絶景ムリョーポイントは
川崎マリエン

川崎工業地帯を一望することができる川崎マリエン展望台。
こちらは360°見渡すことが出来るので、工業地帯だけではなく海まで見渡すことが可能です!

<撮影データ>

■施設名

川崎マリエン

■住所

神奈川県川崎市川崎区東扇島38−1

■TEL

044-287-6000

■営業時間

9:00~21:00

■アクセス

JR川崎駅東口 11・12番乗り場から
市営バス「川05系統東扇島循環」にて約30分「川崎マリエン前」下車

■駐車場


利用時間 24時間オープン
(ただし、22:30~06:00の間の入出場については、一部制限があります)

利用料金
1時間以上 3時間未満 3時間以上 5時間未満 5時間以上 当日24時迄
普通自動車 200円 400円 当日1日最大料金600円
(24時迄)
大型自動車 400円 800円 当日1日最大料金1,200円
(24時迄)

【絶景ムリョー】No.4 北とぴあ

都内でも美しい夜景を見ることができる!しかも無料です!

第四回目の絶景ムリョーポイントは
北とぴあ
東京都王子に位置する北とぴあ地上17階からのトワイライトタイムです。
全3面を有する展望室にはベンチも備わっているのでゆったりと時間を忘れることが出来ます。飛鳥山公園や、王子駅を見下ろしながら一息ついてみませんか?

<撮影データ>

■施設名

北とぴあ

■住所

東京都北区王子1丁目11−1

■TEL

03-5390-1100

■営業時間

8:30~22:00

■アクセス

東京メトロ南北線 王子 5番出口 直結
京浜東北線 王子 北口 徒歩 2分
都電荒川線 王子駅前 徒歩 5分

■駐車場


利用時間 8:15~22:00
利用料金 大型車両 600円/30分 その他 150円/30分

ランキング