投資家が注目する「毎月第一金曜」って何? 【森川あきこの気長にゆったりFX】

6502.jpg

今日は七夕ですね! 七夕だからといって特に何かするわけではないですが、毎年この時期になると近所のスーパーに飾られる笹の葉にかけられた短冊を見ています。かわいらしいものやまじめなものやほほえましいお願いまで…短冊も色とりどりできれいですよね♪

■毎月第1金曜日はアメリカ雇用統計発表の日!

カレンダーを見ると、今月は七夕だとか海の日があるという風にイベントを確認することができますよね。そのような感じで投資家のための重要なイベントが載っている経済カレンダーと呼ばれるものがあります。経済カレンダーにはたくさんのイベントが載っていますが、中でも最も注目される指標が、毎月第1金曜日に発表されるアメリカの雇用統計(非農業部門雇用者数)です。

世界経済に大きな影響を与えるニュースが起きると市場もそれにともなって反応して動きます。最近何かと話題になっているイギリスEU離脱問題などはテレビでもよく取り上げられていますが、あまり派手に報道されるわけでなくても毎週第1金曜日のアメリカ雇用統計の発表の前後は相場が活発に動きます。

経済カレンダー、マネーゴーランド

■なぜ、アメリカの雇用統計が重要なのか?

なんといっても世界最大のGDPを誇る経済大国アメリカ。そのGDPの内訳のなかで7割を占めるのが個人消費によるものです。そのため、雇用者数や失業者の変化が直接、アメリカ経済の景気につながっていきます。

また、アメリカは世界各国とさまざまな貿易を行っているのでアメリカの経済が他国に与える影響もとても大きく、FXではこの指標の発表前後にはドルに直接かかわらない通貨ペアも反応します。例えば、USD/JPYだけでなく、EUR/JPY、AUD/JPYも反応したりします。

■ポイントは予想を上回るか下回るか

では、数値が発表されるとどのように動くのでしょうか。前月よりも今月の方が雇用統計の数値が良くなっていた → 景気も良くなっている → ドルが上昇 → ドル高・円安 →ドル円なら買い! という予想を立てたとします。実は、これは決して間違った予想ではないのですが必ずしもドル高円安の流れにはなりません。

なぜかというと、注目される部分が前月よりも良くなったかではなくて、経済カレンダーに載っている事前の予想よりも高いか、低いかによってどちらの方向に動くのか決まる傾向があります。つまり、前月よりも雇用が良くなっても予想より数値が下回れば円高になる可能性があるのです。

明日の雇用統計の予想は17.5万人。結果はどうなるのでしょう?

現在は、基本的には円高の流れだと考えておりますが雇用統計の結果次第では別の動きがあるかもしれないので、雇用統計前までドル円の売りのポジションを入れて様子を見てみます。黄色のラインを越えて下がれば引き続き円高になると予想してみます!

結果は次回にお伝えしますね。結構自信のある局面、大きく儲けられるかなぁ…。

経済カレンダー、マネーゴーランド

では次回もお楽しみに~。

画像一覧

執筆者

森川 あきこ

森川あきこ(ペンネーム) 旅行と食べ歩きが好きな25歳・OL、横浜出身。 最近勉強中のFXに興味深々、知人とのFX談議が楽しみに。普通の生活から、新しい世界に飛び込む実感に酔いしれています。

森川 あきこ

関連記事

関連記事

ボーナスは外貨預金よりFXを勧めるワケ【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

今年のボーナス、何に使うか決められましたか? 東京都がまとめた今夏のボーナス平均額は、78万6,623円と前年より1万7,424円アップしています(6/9時点の中間集計)。

サラリーマンには、まとまった金額を受け取れる夏冬二回のボーナスは働く上で大きな楽しみ。普段の疲れも「ボーナス&頑張ったね」の言葉で報われそうです。

さて、そんなボーナスの一部を資産運用に回そうと思った場合に困るのが、史上最低レベルの金利。いくら預けてもほとんど利息はつかず、ATMの引き出し手数料の方が高くつく程ですね。

■定期預金の金利は雀の涙

定期預金の金利は、年0.2%位が最高レベルで、大手都市銀行だと年0.01%程が基準。100万円を0.2%の利率で1年預けても2,000円。10万だと200円となり、ATM手数料でなくなってしまう程の低金利。物価上昇を加味すると、さらに厳しい状況が窺い知れます。

そこで、もっと高い利子の資産運用はないのかと賢く海外の高金利通貨(*)を狙う方も多い筈。もし、海外投資をお考えなら、外貨預金の前にFXの再考をおススメします。
FXの外貨預金活用は、銀行の定期預金と違い、元本保証の金融商品ではありません。しかし、リスクがある分リターンを狙える金融商品です。2013年11月以来の100円割れ、昨年6月の高値から26.88円も下がっている現況、検討の金融商品に上がってきているかと思います。少しずつ始められる好機ですね。

■FXは自由度の高い金融商品

FXは、ハイリスク・ハイリターンなので私とは関係ない、と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。それではもったいない。確かにレバレッジを最大に利用してハイリスク・ハイリターンな取引をする方もいらっしゃいます。しかし、レバレッジを利用せずに外貨預金と同じように利用することも出来ます(第9回「FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大!」10回「数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!」)。また少額から参加出来ますので、幅広に検討される金融商品です。

FXは、レバレッジを使わずに利用すれば外貨預金を超える低コストで米ドル・豪ドルなどに投資できる金融商品。

■FXで高金利の外貨を買うとスワップポイントが毎日増える

FXで外貨預金といっても難しくありません。FXで外貨を買って、そのまま保有し続ければ、外貨預金の金利と同じようにスワップポイントが毎日付与され、口座残高が増えていきます。

例えば、日本より金利の高い(政策金利1.75%)の豪ドルを1万豪ドル保有していると、1日あたり37円)のスワップポイントを貰えます。これは毎日貰えますから、1年間保有し続けると【37円×365日分】で、13,505円のスワップポイントになりますから、日本で定期預金に預けるより、金利ではるかに有利。
(2016年6月27日時点:1万豪ドル円の取引の証拠金は31,000円程)
3年・5年と長期保有すれば、その分、スワップポイントは溜まりますから、リスクを減らすことにも繋がります(第9回「FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大!」)。

「FXで外貨預金を行うために決めることは3つ」
1、どの通貨を買うか ⇒ 豪ドルやNZドルなど高金利の通貨を狙うと良いでしょう。
2、取引金額をいくらにするか ⇒ 1万豪ドルだと約75万円分の取引になります。外貨預金的にFXを利用する場合、レバレッジをできるだけ低くして取引すること。
25倍のレバレッジなら証拠金は3万円程ですが、安全性を考慮して、余裕資金を多く入れると良いでしょう。
3、いつ買うか(タイミング) ⇒ できれば、安く買いたいですよね。FX会社の用意している情報やチャートを見ながら判断できます。

■FXと外貨預金の取引手数料

FXと外貨預金は、取引に必要な費用が大きく違います。FXの場合、取引に必要な豪ドルの為替手数料は、売買差のスプレッドで1万通貨辺り片道70円程(GMOクリック証券)。大手都市銀行の豪ドル外貨預金は、同じ1万通貨あたりで2~2.5万円程と、大きく違います。

外貨預金は買った瞬間に多額の為替手数料を取られる金融商品。そのため、FXで高金利を貰える外貨を買って外貨預金と同等の使い方をしている方が年々、増えています(第1回「FXの基本」)。夏のボーナスを長期的に増やしたい方、これだけの円高のタイミングですので、少しずつ検討して見るのも良いでしょう。

次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:高金利通貨
豪ドルやNZドル・南アフリカランド・トルコリラなど高い金利の通貨のこと。保有していると金利がたくさん貰えるために、金融市場が安定している時に人気が高い。逆に低金利通貨の代表は日本円。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから

●第11回 ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!
●第13回 キャンペーン商品で生活?!
●第21回 手数料80%カット!夏休みに活用したい外貨両替
●第25回 中学生でもわかる「やさしいFX解説」
●第27回 LINE株ブックビルディング開始!今は買い⁉︎

FXとイギリスEU離脱問題はどう関わる?【森川あきこの気長にゆったりFX】

もしも、チャートを見て上がるか、下がるかを確実に当てられればスマホでピッと注文して利益! そんな風になったら最高なんですけど、そう単純に上手くはいかないんですよねー。でも、確実に当てることはできなくても、方向性を当てる確率は上げられます。

■世界各国の政治や国際情勢にも目を向けてみる

以前にも説明したようにFXでは予測するための分析方法が大きく分けて、2つあります。ひとつは、前回「絶対に大損しないFXの注文方法!」の取引でもご紹介したチャートを使ったテクニカル分析

そして、もうひとつはファンダメンタルズ分析です。これは、世界の政治、経済、天候などをもとに分析する方法です。一般的に、短期的なトレードの分析にはテクニカル分析、長期的なものにはそれに加えてファンダメンタルズ分析もする必要があると言われています。予想を当てる確率を上げるために、どちらの分析もできるようになるのが理想ですね!

イギリスのEUの残留か離脱かをめぐる国民投票で離脱派が勝利しました。このニュースもFXの相場を動かす要因となります。似たような状況だと、2014年にスコットランドがイギリスからの独立の是非を問う住民投票がありましたが…

今回の場合は多くの予想に反して離脱派が勝利したこともあり、ドル円ではなんと106円→98円台まで下がるということで、かなりバタバタな状況になりました。このように、アナリストの予想に反した結果になると相場に大きな要因を与えます。

FXとイギリスEU離脱問題

■不測の事態には安全資産の円に注目

選挙後の今、離脱に投票した人々も本当にEUから抜けたらどうなるかよくわからないまま投票をしてしまい、もう一度やり直したいと思っている人が大勢いる、なんてことになって落ち着かない状態が続きそうです。ユーロ危機やリーマンショックの時もそうですが、世界経済が安定しないときは円にお金が集まりやすく円高になる傾向があります。ということで、しばらく円高が続くのかなぁ?!

そもそも今回の国民投票が行われた原因のひとつは移民問題だそうですね。移民の受け入れによって、仕事が見つからなくなったり、税金が増えたり、言葉が通じなくて困ったりなどさまざまな問題があるようです。

今後、本当にイギリスがEUから抜けるか抜けないのかまだはっきりしないですが、移民受け入れの負担の大きさや難しさについて少し考えさせられます。これから人口がどんどん減っていって日本も外国人が増えていくのかなぁなんて思うと、移民問題とは少し異なりますが他人事ではないような気がしました。

FXをやっているとこういったニュースにも自然と注目するようになりますね!

では、次回もよろしくお願い致します。

絶対に大損しないFXの注文方法!【森川あきこの気長にゆったりFX】

さて、今回は世界中で最も取引の多いEUR/USD通貨ペアで取引をしてみます。

■世界一取引の多いEUR/USD

なんといっても世界一取引の多い通貨は米ドルですが、その次に多いのがユーロ、そして日本円は3番目です。なんと、EUR/USDはFX全体の取引の中で約3割をしめています。実は、こうした取引の多いペアを使うと、そうでない通貨ぺアと比べて値動きが少ない事で上がったり下がったりと振り回されにくいので初心者にとっては使いやすいと思います。

■前回の学びを踏まえて取引スタート

前回「スマホアプリでFX体験してみよう!」で、「USD/JPYの取引をする中で110円→111円になるところで大きく値動きがありました。人間の心理的にやっぱり、きりのいい数字のところが一つの目安になるのでこういったことが起こるんでしょうか?

EUR/USDのチャートを見ると、1.2900~1.3000のところをいったりきたりしています。今日は特にニュースもないこともあり、本当に値動きがないようです。
さらに前の部分を確認するとドル高、ユーロ安の方向にずっと下がっていました。

絶対に大損しないFXの注文方法! 【森川あきこの気長にゆったりFX】、マネーゴーランド
※引用:YJFX

ただ、チャートの大きな方向性が定まらないまま続いている時は、何かきっかけがあった時に急に上がったり、下がったりすることがあるので注意してくてはいけません。

■○○円で買いたい!売りたい!の時に使う指値・逆指値注文

今回の私の予想は、長期的な流れはドル高、ユーロ安の方向なので売り注文をしてみたいと思います。でも、もし予想とは逆にドル安、ユーロ高の方向に上がってしまったら恐いのです。そんな時に使いたい注文方法が、指値・逆指値注文。

詳しいことはまた説明をしますが、今回の場合は成り行き注文で1.2952の時に売り注文をしますが、それと同時に逆指値注文を設定して値段を1.3000に設定してみます。

こうすることで、もし1.3000に値が到達した時には自動的に決済されるので、いつのまにか損益がこんなになっちゃってる!なんてことを防ぐことができてしまうのです。

絶対に大損しないFXの注文方法! 【森川あきこの気長にゆったりFX】、マネーゴーランド
※引用:YJFX

今のところあまり値動きに変化がないのでこのまま少し放置してみます。

さて、2時間後…
あらら。残念…。予想に反して少し上がってきました。
そして、逆指値を入れていたので(1.3000を超えたので)終了、成立値段は1.3004で自動決済されています。
(※逆指値注文は、大体その値段を超えた所で成立します。)

と、いうことで今回のトレードの結果は-557円です。
森川あきこのFXデモトレード初めての負けとなってしまいました!

絶対に大損しないFXの注文方法! 【森川あきこの気長にゆったりFX】、マネーゴーランド
※引用:YJFX

<今回の学び>
注文するときには、もし予測した方向にいかなかったことも考えて、損切り(あきらめる水準)のラインのイメージを持っておく。また、指値・逆指値は資金管理に有効な注文方法です。

今回は負けてしまいましたが、良かったことをあげるならば、前回よりしっかり考えてから注文できたので、あまり慌てずに取引をすることが出来ました。

さて、次回もお楽しみに~

外国為替市場の1日、FXで儲けたいなら流れを知ろう! 【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

FXは、朝・昼・夜と24時間いつでも取引できます。これは日中、取引しにくいサラリーマンにとって大きなメリットです。朝起きて仕事に行く前、帰宅して寝る前に取引している投資家もたくさんいます。そのような中、効率よく取引するには、様々な時間帯を理解した上で向き合う事が奨められます。以下、時間帯毎のポイントや流れなどを記載しましたので、覚えておかれると良いでしょう。

■メリハリをつけて取引しましょう!

一日中、取引できるFX。だからといって24時間取引していたら集中力が持ちません。メリハリをつけて取引する事が重要です。そのために、外国為替市場がどのように動いているか一日の流れを理解しておくこと。

外国為替市場は、日本や米国、欧州などで様々な金融機関・法人・投資家が電話やコンピュータを使って売買しています。そして世界各地には時差がありますよね。この時差を利用して24時間休むことなく、売買できる仕組みが出来上がっています。

「世界で取引される外国為替と取引開始時間」
世界で取引される外国為替と取引時間、マネーゴーランド

■基本となる4つの時間帯に分類してそれぞれの特徴を見ていきましょう。

「外国為替の取引時間」
世界で取引される外国為替と取引時間、マネーゴーランド

1、オセアニア時間(ウェリントン・シドニー市場):6:00頃~
外国為替市場は、東にある国の方が早い時間に始まります。聖徳太子が、「日出処の天子」と送った相手国は、日本から見て西にある中国(隋)でした。そして、日本よりも朝が早い国は、さらに東にある国、オーストラリアとニュージーランド。外国為替市場の一日は、オセアニアから始まります。

月曜日は、週末の休日に起きた経済イベントの結果を反映して始まります。そのため、週末の為替レートから大きく離れた価格で始まることもあります。

平日のオセアニア時間は、豪ドルやNZドル以外の通貨に関して、動きの少ない時間帯です。オーストラリア・ニュージーランドともに国の規模が小さいので、世界経済に与える影響は軽微で、また時差の点からも参加者が少なく落ち着いた動きとなります。米ドルや日本円中心で取引する方は、その後のアジア時間に向けてウォーミングアップの時間です。朝起きて前日のニューヨーク時間をチェックしてから取引を始めます。

2、アジア時間(東京・香港・シンガポール):9:00頃~
東京を含むアジア時間は、日本円の取引が多い時間帯。日本・中国の経済指標が発表されるため、日本・中国の株式市場の動きは為替相場に大きな影響を与えます。

日本の株式市場は9時からスタート、さらに、銀行取引の際の基準レートとなる仲値決めが10時(9時55分頃のレートを元に決定)にあり、午前中は、米ドル/円を中心に変動幅が大きくなる時間帯。
そして、東京時間の午後は、ちょっと一休み。特別な材料が出てこない限り、欧州が始まるまで動きが小さめとなりやすい時間帯です。

3、欧州・ロンドン時間:15:00頃~
ここからが大きく変動を始める外国為替のメインの時間。欧州時間は、欧州各国の実需・投機が集まる活発な時間帯です。夏時間は日本の15時頃(冬時間は16時頃)から、夜中に掛けて為替相場が動き始めます。サラリーマンのFX投資、メインの時間です。

大きな変動での利益を狙う場合は、ロンドン時間が狙い目です。ロンドン時間が始まると、アジア時間のトレードで作られたポジションを損切りさせる方向で仕掛けてくる取引参加者が出てきたり、(材料が多い事で、)それまでの動きから急激に反転したり、わずかな時間でも上下に価格が変動することがありますのでチャンスも膨らみます。

4、ニューヨーク時間:21:00頃~
欧州時間の後半と重なるニューヨーク時間は、米国系のファンドや機関投資家も参入し、米国の経済指標・米株式市場もスタートするクライマックス。

特に、米国の経済指標は、世界中の投資家が注目している重要指標。指標の結果次第で大きく動くので、いつ何の指標が発表されるか掴んでおかないと危なくて取引できません。

真夜中を過ぎて午前2時頃になると、一日の流れの中で終りを迎えはじめますが、遅い時間にあるイベントや経済指標の発表次第では荒れ模様のまま続くこともあります。

以上、外国為替市場の1日について触れてみました。時間帯によって、取引の癖なども出てきますので、大まかでも流れを把握すると良いでしょう。

次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:経済指標とは?
各国の省庁や政府機関が発表する景気や雇用などの状況を数値化した統計。株式・為替といった金融市場の価格に影響を与えるため、統計数字や予想に注目が集まります。
雇用統計や新築住宅販売件数、消費者物価指数、GDPなどが重要指標とされています。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから
●FXの基本
●FXって何?
●FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!
●FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編
●平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!
●ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!
●キャンペーン商品で生活?!
●米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?

ランキング