10円OFFになるのはどこ?「コンビニコーヒー」価格&味比較

このレシピを実行して

300貯まる!
<材料>

・コンビニコーヒー

・マイカップ

<How to>

1コンビニでコーヒーを飲み比べる

※1日1杯ローソンにタンブラーを持っていき、コーヒーを飲んだ場合(10円×30日)

6448.jpg

ここ数年コンビニのコーヒーの売上が伸びています。オフィスにつく前に一杯、お昼ご飯のあとに一杯と癖になっている方も多いのではないでしょうか。今回は主要コンビニエンスストアのコーヒーを比較してみました。

■ローソン

『MACHI café』というブランドで展開されており、イタリアのエスプレッソマシンを使って複数の農園の豆をブレンドしています。また、ミルクは生乳100%を使用しているためまろやかな味を楽しめます。なお、タンブラーを持っていくとドリンクメニューが10円引きになるので、「ローソン」を頻繁に利用する方はぜひとも試してみましょう。

また、以下の通常メニュー以外にも、抹茶ラテやフローズンラテ、アイスミルクティーなど、メニューが豊富なことがローソンの魅力ですね。
・カフェラテ
M:150円
L:180円
・アイスコーヒー
M:100円
L:150円 

■ファミリーマート

『FAMIMA CAFÉ』というブランド名で展開されています。基本的にコーヒーとフラッペの二種類がありますが、ポイントは上品な香りが特徴のコーヒー豆を使用していることでしょう。また、フラッペは季節ごとにメニューが変わることから、連日の利用でも、飽きてきたら新しい味を楽しめる工夫がなされてますね。

・ブレンド
S:100円
M:150円
L:180円

・アイスコーヒー
S:100円
M:180円

■セブンイレブン

『セブンカフェ』というブランドで展開されており、ドリップコーヒー式です。コーヒー豆を浅めに煎るものと深煎りにするものを使った、ダブル焙煎を用いています。「華やかな香り」「深いコク」「すっきりとした後味」の三つを具現化していることが特徴です。

・ホットコーヒー 
R:100円
L:150円

・アイスコーヒー 
R:100円
L:180円

■ミニストップ

上品でさっぱりした味わいが特徴。「一日に何杯でも飲みたくなる味」というコンセプトに沿った味といえます。私もそうですが、確かにコーヒー好きは一日に何度もコーヒーを飲みます。さっぱりした味わいはそれを実現させてくれます。また、ブレンドとアメリカンの両方が置いてあることも魅力の一つです。

・ホットコーヒー(アメリカンコーヒー)
S:100円
R:150円

・アイスコーヒー 
S:100円
R:150円
・ソフトアイスコーヒー
230円

まず、自分の行動範囲にあるコンビニエンスストアのコーヒーを試してみましょう。好みは自分次第です。また、気分によって買うコンビニコーヒーを変えてみてもいいでしょう。価格はどこもほぼ同じですが、マイカップ持参で10円オフになるという点ではローソンがお得かもしれませんね。

※ここで掲載した価格はすべて税込価格です。

画像一覧

  • 10円OFFになるのはどこ?「コンビニコーヒー」価格&味比較

執筆者

吾郎

大学卒業後、新聞社、雑誌社勤務。 現在、フリーランスで執筆活動中。 得意分野はグルメ、金融、経済など。

吾郎

関連記事

関連記事

「コンビニ傘vs一般の傘vs折りたたみ傘」一番節約できるのはどれ?

毎日がどんより雲の梅雨の季節、雨が降りそうで降らなかったり、家まであと少しというタイミングで降ってきたり…なかなか厄介なものです。

そして、今の時期にやりがちなのが、ビニール傘を各所で買ってしまうこと。気づいたら玄関に何本も…とあなたはなっていませんか?

■考えてみたら、とってももったいない!

今、玄関には何本の傘がありますか? 本来であれば1人につき1本で十分なのですが、多めに見てもビニール傘1本ときちんとした雨傘1本の合計2本が一人あたりあれば良いでしょう。もしもそれ以上、しかもビニール傘が何本も…という方は、ちょっと意識を変えていったほうがよさそうです。

コンビニでビニール傘を購入すると、大体1本500円くらい。それが2~3本家にあるということは、傘代だけで1,000円以上使ってしまっていることになります。それでは、日々ランチ代などを節約していても、無意識にドンと使っていたということですね。1,000円あれば、居酒屋でビール2杯飲めちゃいます。

■金額&手軽さで折りたたみ傘に軍配⁉︎

外出時に雨が降っていなければ傘は持たない主義、という人もいるでしょう。傘1本で片手が塞がってしまいますし、電車など混んでいるところでは邪魔になってしまうのも事実。しかし、突然の雨で傘が必要になってしまったら大変です。

そこで、やっぱり基本に帰るべきなのは、折りたたみ傘を常に携帯しておくこと。いつもの鞄に入れておくだけでOKなので、手が塞がらず邪魔になることもありません。雨が降ってコンビニに駆け込むこともなくなって、心に余裕も生まれます!しかも、折りたたみ傘は1,000円以下で購入できるものもあるためお財布の痛手にもなりません。

ビニール傘しかもっていないという方は、少しお金をかけてより良い折りたたみ傘を選ぶのも一つの手です。骨組み数が多い強度なつくりのものや、テフロン加工の超撥水仕様のもの、ボタンにタッチするだけで自動で開閉するものもあります。

それぞれ2,500円くらいで購入可能なので、普通の雨傘を購入するなら、少し高級路線の折りたたみ傘を選んでそれ1本にするほうが安くつく場合もあるでしょう。

いつ雨が降ってもおかしくない梅雨の時期。ビニール傘の購入をやめて、相棒として折りたたみ傘をゲットしましょう。何年も使えるものですから、一度購入すればもう傘を買う必要もありません。今こそ折りたたみ傘の利便性を見直す時期ですよ。

コンビニで使える「電子マネー」節約術

忙しい現代人にとって電子マネーは使える機能でしょう。

例えば使用頻度の高いコンビニで考えてみましょう。コンビニ各社の提携によって使用可能の電子マネーは異なりますが、事前にカードに現金をチャージしておき、カードリーダーにくっつけるだけで清算することが出来るカードである「コンビニ専用電子マネー」が主流です。

こういった電子マネーの多くは、利用した金額に応じてポイントが付与されるという機能であり、溜まったポイントをお金として使用することが出来ます。コンビニで毎日、細かいお買い物を続けるという人も多いでしょう。金額は安くても、毎日支払いを続けていれば、ポイントだけで商品を購入するという形で節約することができます。

■セブンイレブンの場合:「ビュー・スイカ」
セブンイレブンには専用電子マネーカード「nanaco」がありますが、所持者限定の割引商品があるという点ではメリットがありますが、ポイントを貯めるという点ではオススメできません。では何が良いか?実はセブンイレブンでは北海道から九州までの全店舗でSuicaが使えるんです。そこで、クレジット機能と電子マネーがひとつになった「ビュー・スイカ」を使うのです。VIEWプラス対象商品であるSuicaへのオートチャージをおこなうと、ポイントが3倍までアップするため、nanacoだと1%であった還元率がビュー・スイカを使うことで1.5%までアップします。また、利用可能な店舗数でもSuicaの方が上のため、ビュー・スイカでポイントを貯め、Suicaにそのポイントをチャージするとお得です。

■ファミリーマートの場合:「ファミマTカード」
このカードは、TSUTAYAのTポイントを導入しています。使用可能なコンビニはファミリーマートのみですが、Tポイント加盟店でお得さを発揮します。なお、裏技ですが、「ファミマTカードを提示しつつ、清算はビュー・スイカで行う」ということをすれば、通常1%の還元率のところを1.5%までアップさせることができるのです。ちなみに、全店舗がスイカカードに対応しているわけではないので注意しましょう。

■ミニストップの場合:「WAON」
最初にレジでカード代の300円を払わなければなりませんが、ミニストップだけでなく、ジャスト、サティなどイオン系、全国2万店舗以上で利用することができます。ただし、ポイント還元率は上野のファミマTカードの1%と比べて、0.5%とあまり良い数字ではありません。ただ他店と同様に、スイカを同時に利用する事で、還元率を1.5%まで向上させることができます。

■ローソンの場合:「ローソンポンタ」
ローソンの場合はローソンポンタカードです。Tカードと同様、1%還元ですが、クレジット機能付きの「ローソンPontaカードVisa」であれば、Visa加盟店での買い物は、クレジット払いで1,000円(税込)につき5ポイント貯まる仕組みがあります。このように、それぞれの電子マネーには、それぞれの還元率やお得ポイント、裏技的使い方もありますので、ぜひ活用してみましょう。

旅行先&予算も丸わかり!夏休みの計画ランキング【マネーゴーランド意識調査】

6月も後半に差しかかり、そろそろ本気で計画を立て始めたいのが夏休みのこと。そこでマネーゴーランド編集部では『夏休みの予定に関するアンケート』を全国の2,076名を対象に実施。

夏休みの旅行先からレジャー費用、夏休みの時期まで、世間の人々がどんな計画を立てているかご紹介しましょう。夏休みの予定をたてるなら、もう今すぐ始めたほうがいいかもしれませんよ!

■「8月に10日間休み」が多数

まず、今年夏休みをとる予定があるかどうか聞いたところ、「とる」と回答した人は52.2%で、「とらない」は47.8%で約半数は夏休みをとらないことが判明しました。

また夏休みをとると答えた方に、いつ休みをとるか聞いてみると、最も多かったのがお盆休みがある「8月中旬(543名)」で、「8月前半(321名)」「8月後半(256名)」と続きました。

さらに夏休みをとる期間については、「10日以上」が18.7%で多く、次いで「7日(12.3%)」「5日(11.9%)」「3日(10.8%)」でした。

Q1:夏休みはいつとる予定ですか?(夏休みを「とる」と答えた方が対象)
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

Q2:夏休みは何日とりたいですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

■「8月に10日間休み」が多数

次に夏休みにやりたいことを質問。その結果「国内旅行」が1,052名もの支持を受けて、圧倒的に人気に。それ以外には、ショッピングや祭り、テーマパークなどが選ばれましたが、「自宅周辺で過ごす」も486名が選択しています。

さらに夏のレジャーの費用については「5万円以内」と答えた人が46.8%と最も多く、「1万円(27.2%)」「10万円以内(15.9%)」となり、5万円以内で抑えたい人が全体の7割以上となりました。

Q3:夏休みがとれたら、何をしたいですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

Q4:夏休みのレジャー費用はいくらですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

■国内旅行先 人気スポットTOP5

では、夏休みにやりたいこと一番人気の国内旅行先について、行きたい旅行先ランキングをご紹介しましょう。

トップの1位、2位は定番人気である沖縄と北海道が独占。そのほか東京や京都、大阪の都市が選ばれました。またディズニーリゾートや軽井沢、箱根などの名前も挙がりました。

1位:沖縄
2位:北海道
3位:東京
4位:京都
5位:大阪

■海外旅行先 人気スポットTOP5

海外旅行先についてはハワイやグアム、台湾など比較的日本から近い場所がやはり人気。少数派の中にはボリビア、ウクライナ、バハマという声もありました。

1位:ハワイ
2位:アメリカ
3位:グアム
4位:台湾
5位:オーストラリア

ここで紹介したアンケート結果をもとにすれば、逆に観光客で混んでいない穴場スポットや空いている時期を考えるのにも役立つはず。夏休みのプランを考える際にぜひ参考にしてみてくださいね。

※上記集計は2016年6月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数2,076名)

コンビニATMの手数料無料!?今すぐ活用したい○○とは?

節約したい!と考えていても、ちょっとしたことに無駄遣いをしてしまうという人は少なくありません。例えばATMからのお金を引き出す手数料や振込手数料はその代表ともいえるでしょう。

■節約にはATM手数料は大敵!
社会人の財布に入れている金額は平均1万3000円とのデータがあります。おおよそ急な飲み会に対応するためという理由が多いですが、いつもこの金額を財布に入れておくのは意外と難しいのです。

やはり飲み会の後や急な出費の次の日や、またその次の日にはお金をうっかり入れ忘れていたということも十分考えられます。そのようなときに、また出費が重なるとなると多くの人はATMに手数料を支払って、お金を引き出すということも多いのではないでしょうか。

手数料を支払いたくなくて平日のお昼休みに行くという人も、ATMに行列ができていて結局時間外に引き出したということもよくあることなのです。

このような、払わなくてもいい出費を支払うことが当たり前になると、あなたの貯蓄はなかなか増えることはないでしょう。塵も積もれば山となるとの言葉にもあるように、小さな無駄遣いが習慣になってしまうといずれ大きな無駄遣いをすることにもつながります。

では、平日の昼休みに行列を待ってまでお金を引き出すことが賢いのか?と聞かれると、その答えはノーといえるでしょう。やはり時間を有効活用することも大事ですし、そのような行列に待つ時間はストレスにもなりかねません。

■手数料無料のネットバンキングを利用
では、どうすればいいのか?と聞かれるとネットバンキングを利用するという方法があります。

ネットバンキングとはその名の通り、銀行との取引をネットで行うのですが、このようなネットバンキングには時間外手数料が月の上限までなら無料というものがあります。また、振込をする機会が多いという人も振込手数料が無料というネット銀行もあるので、無理なく手数料を支払わなくて済みます。

様々なネットバンキングがあるので、用途に合わせて作ってもらえたらと思います。

ランキング