ふるさと納税額が4倍に!?【あなたのマネーNo.3 】

6396.jpg

2015年度の「ふるさと納税」利用額が前年に比べ、約4.3倍へ急増しています。金額としては1650億円を超えています。

■なぜ4倍以上になったのか?

1つは、単純に利用できる金額の上限が前年に比べて2倍になったからです。
2つめの理由としては、「ワンストップ特例制度」という制度が始まったことにより、多くの人は確定申告をする必要がなくなりました。
3つめの理由は、各自治体が特典を充実させていることもあり、ふるさと納税のメリットが知られるようになったからです。

■本来の趣旨とのズレ?

本来、ふるさと納税制度の目的は「地方創生」です。地方の特産品を知り、消費に貢献することや、税金の使い道を自ら決めることで地方を応援しようということです。しかし、現状では金券や商品券を配るなど単純にお金を集めるためだけの自治体も散見されます。

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

【おトク+節税+地域貢献】観光&旅行が堪能ができる!体験型のふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回お届けするのは、夏休みをおトクに楽しく満喫できる観光&旅行プラン。ただの旅行プランじゃないちょっとユニークなプランにスポットを当ててみました。

【オススメふるさと納税:観光&旅行プラン編】

おすすめ●28 『鴨川シーワールド水族館でのペア宿泊体験』
千葉県鴨川市 10万円以上でもらえる
海と世界との出会いをコンセプトに1970年にオープンした鴨川シーワールド。イルカやシャチ、アザラシなど海獣たちのパフォーマンスをはじめ、大パノラマで見られる巨大水槽の展示などが有名です。そんな館内にあるトロピカルアイランド内大水槽前もしくはロッキーワールド地下にて、一夜を過ごすスペシャルイベントが今回の返礼品。普段は見ることのできない夜の水族館を体験しながら、夏の夜を涼しく過ごせるプログラムです。参加当日と翌日は入園料が無料になるというのも嬉しいポイントです。※2016年は7月31日、10月29日の開催。数量限定、申込期限あり。

●どんな町なの?『活気あふれる健やか交流のまち』
東京都心部から100km圏内という距離にある鴨川市。太平洋に面しているためマリンスポーツが盛んなことで知られていますが、日本の棚田百選にも選ばれた大山千枚田など、内陸部には豊かな田園風景が広がっています。日蓮聖人ゆかりの清澄寺や小湊にある誕生寺などの名刹があるほか、鴨川市-ワールドや太海フラワーセンターなどの観光施設を有する観光都市としても知られています。

●アクセスガイド
東京から車で約100分
千葉市内から車で約80分
横須賀から車&フェリーで約45分
東京駅から電車で約120分

【オススメふるさと納税:観光&旅行プラン編】

おすすめ●29 『愛犬と一緒に泊まれるペア宿泊プラン』
岐阜県八百津町 10万円以上でもらえる
いざ旅行に出かけたくてもペットを預けるのが大変で……という方におすすめしたいのがこちら。1泊朝食付きのペア宿泊にプラスして愛犬との宿泊が可能というペット好きにはたまらないプランです。宿泊先は標高500mに近い八百津町久田見にあるくつろぎの宿ゆがふ「あかねの宿」。周囲には観光施設や名所がなく、愛犬と時間を忘れてのんびりと過ごしたい方にはおすすめ。日本の原風景でもある里山の風景に溶け込む、重厚な日本家屋でゆったりと休暇を満喫できます。※平日の宿泊が対象。休日前などの特定日は別途差額が必要になります。

●どんな町なの?『水と緑と人道のまち』
岐阜県の中南部に位置する八百津町。面積の約8割が山林の覆われる豊かな自然が自慢で、古くは林業が盛んでした。第二次大戦下で多くのユダヤ人を救済し、日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝氏の出身地としても知られており、その功績を称え人道の丘公園が作られています。公園内には杉原千畝記念館もあり、檜材を使用した伝統工法で作られた上屋は岐阜県21世紀ふるさとづくり芸術賞を受賞しています。

●アクセスガイド
名古屋から車で約80分
岐阜市から車で約70分

今回は、夏休みなどに利用できる宿泊プランを厳選してお届けしてみました。ただ宿泊するだけではなく、ちょっと変わったユニークな体験ができる宿泊プランやペットと一緒に旅に出かけられるプランをセレクト。家族が楽しみにしている旅行も、ふるさと納税を賢く利用することでおトクに出かけることができます。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル
『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ
『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税
『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税
『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税
『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税
『おすすめ14~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税
『おすすめ16~17』 夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税
『おすすめ18~19』ゴルフを楽しむだけでも節税ができるふるさと納税
『おすすめ20~21』 やっぱり一番人気は肉でした!美味しいお肉のふるさと納税
『おすすめ22~23』やっぱり日本人なら魚が一番!美味しい海産物のふるさと納税
『おすすめ24~25』 日本の夏を快適に過ごせる、ひんやりお菓子のふるさと納税
『おすすめ26~27』 こんなものまでもらえるの?生活を豊かにしてくれるふるさと納税

【おトク+節税+地域貢献】こんなものまでもらえるの?生活を豊かにしてくれるふるさと納税

日本全国の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回お届けするのは、普段の生活をちょっと豊かにしてくれるふるさと納税にスポットを当ててみました。食べ物や飲み物以外にも、まだまだ日本には隠れた名産品が眠っています。そんな各地域の特産品で日常の生活にハリをもたらしてみるのはいかがですか。

【オススメふるさと納税:手の届く日常品から手の届かない銘品まで編】

おすすめ●26 泉州タオルでできた『美顔バスローブ』(1枚)
大阪府泉佐野市 2万円以上でもらえる
明治時代から続くタオル生産のまちとして有名な泉州佐野市。明治時代には新井末吉氏が発案した打出機によって泉州タオルの原型が誕生。吸水性に優れ、清潔で肌触りの良い後晒タオルの製法は今もなお墨守されています。

そんな泉州タオルを贅沢に使ったバスローブがこちら。美顔バスローブとは、スキンケア成分を配合した繊維を使用することで素肌に触れるだけでスキンケア効果が期待できるというもの。タオルに精通する泉佐野市らしい返礼品です。

●どんな町なの?『賑わいと歴史のある迎都』
大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置する泉佐野市。沖合に浮かぶ関西国際空港を有する、国際都市としても知られています。その一方で背後に和泉山脈を擁する自然の豊かな側面もあり、市の特産品である水なすは、「泉州水なす」として全国的にも有名。さらに繊維産業が発達しており、中でもタオル生産においては日本国内のシェア47%を占めているほど。

●アクセスガイド
大阪市内から車で約40分、大阪駅から電車で約60分
関西空港から電車で約10分

【オススメふるさと納税:手の届く日常品から手の届かない銘品まで編】

おすすめ●27 『江戸小紋「鮫小紋」1着尺』
東京都墨田区 100万円以上でもらえる
江戸のものづくりを継承する墨田区では、すみだモダンという名前でブランド認証を行なっています。そのなかの1ブランドである大松染工場が手がけた反物がこちら。遠目には無地のように見える江戸小紋の中でも、紀州徳川家の裃柄を基調にした鮫小紋は、手染ひと筋にこだわった名工・中條隆一氏の手によるもの。絹100%。※返礼品は生地のみ。仕立ては別途となります。

●どんな町なの?『歴史と文教のまち』
東京都の特別区のひとつで、23区の東部に位置する墨田区。東京スカイツリーのお膝元としても有名で、世界一の観光都市を目指しています。江戸時代からものを作る職人たちが集まる街として発展し、江戸文化が発展する一翼を担ってきました。かの葛飾北斎もここ墨田区で生まれたと言われています。相撲の街としても知られており、かつての蔵前国技館と現在の両国国技館はいずれもこの地に作られています。

●アクセスガイド
東京都心から車で約20分
東京駅から電車で約15分

今回は、食べ物以外の返礼品の中から各地域を代表する名産品を厳選してお届けしてみました。日本のタオルシェアの半数近くを持つ泉佐野市産のバスローブや、黄綬褒章を授与した匠の手がける江戸小紋まで、モノづくり日本のポテンシャルを強く感じさせるセレクトです。普段はなかなか見つからない日本の隠れた銘品を手に入れる機会があるのもふるさと納税の見逃せないメリットですね。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル
『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ
『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税
『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税
『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税
『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税
『おすすめ14~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税
『おすすめ16~17』 】夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税
『おすすめ18~19』 】ゴルフを楽しむだけでも節税ができるふるさと納税
『おすすめ20~21』 】やっぱり一番人気は肉でした!美味しいお肉のふるさと納税
『おすすめ22~23』 】やっぱり日本人なら魚が一番!美味しい海産物のふるさと納税
『おすすめ24~25』 】日本の夏を快適に過ごせる、ひんやりお菓子のふるさと納税

キャンプも食べ放題も!ふるさと納税「夏の家族旅行」おすすめプラン

夏といえば家族全員揃って旅行に行こうと計画を練っている人も少なくないでしょう。しかし年に何回も行けるわけではないので、節約しながらも楽しく旅行に行きたいですよね。

そしてそれを実現する方法の一つとしてふるさと納税を利用するという方法があります。ふるさと納税によって、普段あまり行かないような地域に足を運んでみるのもいいでしょう。

今回はお得な家族旅行を提供している、ふるさと納税を紹介していきます。

■イルカ触れ合い体験:高知県室戸市

子どもも大人も動物好き!という人は多いと思います。高知県の室戸市ではそんな家族のためにイルカと触れ合い体験が室戸ドルフィンセンターでできるお礼の品を用意しています。

普段なかなか水槽の中やイルカショーでしか見られないイルカと触れ合える機会なんてないですよね。寄付金額も5,000円と割安なので、ぜひ興味がある人は室戸市に寄付をしてみてください。

■キャンプ体験:新潟県三条市

夏と言えば海!という方も多いかもしれませんが、山派という人も少なくないでしょう。新潟県三条市のふるさと納税では、自然に囲まれた山の中でキャンプ体験ができます。

このふるさと納税で最大の特徴とも言えるのが、『手ぶらキャンプ体験コース』という名前がついているとおり、持ち物が食材と飲み物だけで済んでしまうという点。重くて大きなキャンプ用品がすべてセットになっているため、家族旅行に最適ともいえるのではないでしょうか。こちらは6万円以上の寄付で受け取れます。

■食べ放題&水族館等入場券セット:愛知県碧南市

最後に紹介するのが愛知県碧南市のふるさと納税です。『81.へきなん満喫スペシャルプランmini』では、碧南市を一望できるレストランのランチバイキング、そして碧南市の公共施設利用券が4人分贈呈されます。

公共施設利用券の中には水族館入場券や美術館入場券、明石公園500円乗り物券やあおいパークもぎとり体験300円券などが入っており、至れり尽くせりとも言えるでしょう。こちらは2万円以上の寄付で受け取ることができます。

いかがだったでしょうか。このようにふるさと納税を利用することで普段行かないような地域に足を運ぶきっかけにもなりますし、なにより格安で行けることは大きなメリットですよね。上手にふるさと納税を利用することで家族旅行を満喫してはいかがでしょうか。

ふるさと納税について基本から知りたい方は、基本をおさらい!ふるさと納税の仕組み【マネーゴーランド意識調査】を参考に見てみてください。

【おトク+節税+地域貢献】日本の夏を快適に過ごせる、ひんやりお菓子のふるさと納税

日本全国の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回お届けするのは、夏シーズンにぴったりな冷菓にこだわったふるさと納税プラン。各地域の名産物を、冷たくて美味しいお菓子でいただけるというもの。日本の夏を快適に過ごすためにも、ふるさと納税は立派に役立ってくれます。

【オススメふるさと納税:夏を快適に過ごせる甘い贈り物編】

おすすめ●24 『あまおうジェラート24Pセット』
福岡県大川市 4万円以上でもらえる
大川市といえば家具が有名ですが、実は「あまおう」の収穫高が筑後一としても知られています。福岡県で誕生した苺ブランドである「あまおう」は、“あかい・丸い・大きい・うまい”という4フレーズの頭文字を取ってネーミングされたもの。そんな「あまおう」をひんやりジェラートにしたのがこちら。果肉含有率56%という驚異的な数値を誇り、一般的なジェラートはまったく違った食感が楽しめます。1カップ(110cc)×12カップ入り1箱×2箱、計24Pなのでひと夏を大満足して過ごせます。

●どんな町なの?『日本有数の家具生産地』
福岡県の南西部に位置する大川市は、全国的にも有名な家具の生産地として知られています。家具の生産高は全国一位を誇り、大川市だけでなく近接する都市にも多くの家具関連の企業が密集しているほど。そのため同じくイタリアの誇る家具の街、ポルデノーネ市と姉妹都市提携をしています。ちなみに日本の作曲家である古賀政男の出身地として音楽ファンにも有名なまちです。

●アクセスガイド
福岡空港から電車とバスで約60分
佐賀空港から車で約20分
博多駅から電車とバスで約70分

【オススメふるさと納税:夏を快適に過ごせる甘い贈り物編】

おすすめ●23 『宮崎マンゴーゼリー1年分(365個)』
宮崎県高鍋町 10万円以上でもらえる
宮崎県を代表する名産品といえば、何といってもマンゴーが一番有名。その価値の高さは日本全国でも広く知られているほど。そんな宮崎マンゴーが返礼品としてもらえるのがこちらのプラン。驚くのはその数で、なんと1年=365個分という贅沢すぎる量。家族全員でもひと夏だけではとても食べきれない量なので、お盆に集まった親戚に配ることも可能です。ちなみに製造日から6か月が賞味期限なので、年2回に分けてのお届けとなります。

●どんな町なの?『歴史と文教のまち』
奈良時代には城が築かれ、江戸時代には秋月家3万石の城下町として栄えた高鍋町。7代目藩主だった秋月種茂公によって創設された藩校「明倫堂」からは多くの人材を輩出し、教育、文教の地といった側面も持っています。宮崎県の中で最も小さな自治体ながら、宮崎県西部・児湯地方の中心として行政や教育機関の施設が集中。コンパクトシティとしても注目されています。全国的に有名な焼酎メーカーの拠点をはじめ、多くの酒造メーカーの工場が立ち並び、天然牡蠣の産地、アカウミガメの産卵地にもなっています。

●アクセスガイド
宮崎空港から車で約90分、宮崎空港から電車で約30分
鹿児島市内から車で約150分
熊本市内から車で約170分

今回は、とにかく暑い日本の夏を少しでも快適に過ごせるような返礼品にスポットを当ててみました。夏の代名詞ともいえるアイスクリーム(ジェラート)やゼリーなど、冷菓としてはおなじみですが、使われる果物はいずれも県を代表する一流ブランドのものばかり。都心部では高くて買えない高級フルーツを贅沢に使った、ふるさと納税ならではのひんやりスイーツが揃いました。夏の夜に地域特産の冷菓を楽しみながら、ふるさと納税を楽しんでみるのはいかがですか。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル
『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ
『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税
『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税
『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税
『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税
『おすすめ14~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税
『おすすめ16~17』 】夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税
『おすすめ18~19』 】ゴルフを楽しむだけでも節税ができるふるさと納税
『おすすめ20~21』 】やっぱり一番人気は肉でした!美味しいお肉のふるさと納税
『おすすめ22~23』 】やっぱり日本人なら魚が一番!美味しい海産物のふるさと納税

【おトク+節税+地域貢献】やっぱり日本人なら魚が一番!美味しい海産物のふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

前回はお肉にこだわったふるさと納税プランをご紹介しましたが、やっぱり日本人ならお魚が好き!! という方も多いはず。海に囲まれた島国の日本では、各地域によって魅力的なお魚や、まだまだ食べたことのない海産物なども豊富に揃っています。そこで今回は日本人ならやっぱり気になる海産物の返礼品にターゲットを絞り込んでお届けします

【オススメふるさと納税:日本が世界に誇る海産物を再発見編】

おすすめ●22 『クロカジキを丸ごと一本そのままお届け』
沖縄県与那国町 30万円以上でもらえる
今回ご紹介するふるさと納税の返礼品は、実に凄まじい豪快なプラン。与那国町で水揚げされた新鮮なクロカジキ(約100kg相当)を丸ごと一本そのままお届けしてもらえるというもの。頭のてっぺんから尻尾の先まで、丸ごとカジキを堪能できます。なお発送方法は応相談可能なので、丸ごと一本はとても無理という方でも対応してくれるのだとか。※東北、北海道は解体した状態での発送となります。

●どんな町なの?『日本最西端に位置するまち』
沖縄本島から南西へ約509km、石垣島から約127km、東京からは約1900km。周囲27.49km、面積は28.95kmという与那国島は、日本の最西端に位置する場所。お隣の台湾までは約111kmという近さの距離で、台湾の山並みが見えることさえあるほど。荒々しい波が打ち寄せる断崖絶壁に囲まれ、勇壮な島の景観を楽しむことができます。ドラマ『Drコトー診療所』の舞台にもなった場所なので、知っている方も多いのでは。島全体が与那国町であり、カジキ釣りの名所としても知られています。

●アクセスガイド
那覇空港から飛行機で約90分
石垣空港から飛行機で約30分
石垣港からフェリーで約270分

【オススメふるさと納税:日常では味わえない贅沢な肉を楽しもう編】

おすすめ●23 『国産の生キャビア15g・25g各2個』
香川県東かがわ市 9万2千円以上でもらえる
世界三大珍味として有名なキャビア。チョウザメの卵を塩漬けにした高級食材として有名です。世界的に有名なのはロシアのカスピ海やアムール川沿いで採れたものですが、何とこちらはメイド・イン・ジャパンの国産キャビア。東かがわ市で地下100mから汲み上げる清水でチョウザメを養殖管理したものを使うため、長期保存に必要な「低温殺菌」や「高塩分処理」の必要がなく、キャビア本来の味わいを楽しめます。さらに通常は塩分濃度が7~15%なのに対し、こちらは塩分量を3%まで抑えているので、甘みが強くクリーミーな味わいになっています。製品になるまで約7年の歳月を必要とする手間暇のかかった極上の国産生キャビアです。

●どんな町なの?『伝統・文化・自然環境が豊かな市』
香川県の東端に位置し、徳島県鳴門市に隣接している東かがわ市。引田町、白鳥町、大内町が平成15年に合併して新しく誕生した市です。地場産業には伝統産業である手袋生産をはじめ、はまち養殖の発祥地、高級和菓子に使われる和三盆糖の産地としても知られています。関西方面から四国に向かうときの玄関口となる引田港があり、現在もお遍路さんたちが集まるまちとして活気を呈しています。

●アクセスガイド
東京から飛行機&車で約120分
大阪方面から車で約150分
高松市内から車で約60分、高松から電車で約65分

日本の誇る海産物というと、マグロや伊勢海老、カニなどが有名ですが、今回はあえてメジャーどころを外した返礼品にスポットを当ててみました。豪快すぎるクロカジキ丸ごと一本や、日本で採れる貴重な国産キャビアなど、まだまだ知らないグルメが日本各地には眠っています。そんな隠れた美味グルメを掘り起こして楽しめるのもふるさと納税の楽しみ方。自分の知らない日本の秘めたるポテンシャルを知るいい機会として、ふるさと納税を積極的に活用するのはいかがですか。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税

『おすすめ14~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税

『おすすめ16~17』 】夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税

『おすすめ18~19』 】ゴルフを楽しむだけでも節税ができるふるさと納税

『おすすめ20~21』 】やっぱり一番人気は肉でした!美味しいお肉のふるさと納税

ランキング