猛暑で夏の電気代もウナギ上り!「夜間のエアコン代」を抑えるテク

6446.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・エアコン

・扇風機

<How to>

1電力会社の契約プランを見直す

2生活スタイルをチェックしてみる

夏のクーラーの使い方は難しいですよね。最近では一日中設定温度を高めにしてつけていた方が安くなるなどいろいろなことが言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。

最もコストをかけずにクーラーを使って、寝苦しい夜を快適に過ごすいくつかのテクニックをご紹介しましょう。

■電力会社の契約プランを見直す

電力会社によっては、時間帯によって電気料金が変わるプランがあります。深夜の電気代が半額、もしくはそれ以下になる代わりに、昼間の電気代が高くなるというものです。例えば、昼間は働いていて、主にクーラーを使うのが夜間だという方は、このプラン変更を実施した方が節約になります。これだったら、寝苦しい夜でもゆったりと眠られますね。

■扇風機を併用する

扇風機との併用は、実行している方も多いのではないでしょうか。使い方は冷房の設定温度を27度など比較的高めにし、冷風を体に優しく当てるように扇風機の位置を調節しましょう。

ただ、夜間、扇風機を当て続けると体温が低下する恐れがありますし、直接風を受けるのが嫌だという方は、壁や天井にあてるなどして部屋の空気の循環を意識した箇所への設置もアリです。いろいろと試してみて、最も心地いい夏の眠りを模索しましょう。

■まとめ

そもそもクーラーはどのぐらいのコストが掛かっているかというと、もちろんメーカーや機種によって異なりますが、標準的な6~8畳サイズのエアコンを使用した場合、夏の冷房は一時間当たり8~9円ほどかかるといわれています。一日計算ではもちろんそこまで高くはありませんが、毎日のことであり、かつ諸条件によっても電気代は高くなってしまいがちです。

エアコンの電気代が高くなる設定の環境については
「夏本番前にチェック!エアコン代が沸騰しないためのチェック項目5つ」「簡単!いますぐできる電気代の節約術で冷蔵庫を20%節電!」を見てみることをおすすめします。

ぜひ早急な検討をしましょう。
ちなみに、除湿の方が冷房よりも電気代がかからないということは機種や条件によってさまざまなためご注意ください。特に「再燃除湿」は、一度下がった温度を再び暖め直すので、かなり電気代がかかります。

<関連記事>

画像一覧

  • 猛暑で夏の電気代もウナギ上り!「夜間のエアコン代」を抑えるテク

執筆者

吾郎

大学卒業後、新聞社、雑誌社勤務。 現在、フリーランスで執筆活動中。 得意分野はグルメ、金融、経済など。

吾郎

関連記事

特集

関連記事

寝苦しい熱帯夜を乗り切る、クーラーの快適利用法!

寝苦しい熱帯夜。熱帯夜とは、最低気温が25度以上の夜のことで、この数十年で熱帯夜の日数は年々増加しています。

ふだんは節約のためにクーラーをつけないという方でも、あまりの暑さや不快感に耐え切れず、クーラーをつけないと眠れないという人も多いかもしれません。昔ならクーラーなしでも乗り切れましたが、現代は環境が変わってきているのです。

今回は、熱帯夜を乗り切るクーラーの節約ワザを紹介します。

1. 熱帯夜のクーラーあるある
クーラーを一晩中つけて眠ると、翌朝なんだか身体がダルいという方はいませんか。これは、自律神経の働きによるもの。持続的に身体が冷やされていると、体温が下がりすぎないように自律神経が働きます。その結果、体温を上げようと身体のいろいろな部分が機能するので、寝ているはずなのにつかれてしまうのです。
また、タイマーをセットして眠ると、タイマーが切れた瞬間に暑くて目が覚めてしまうという経験もあるかもしれません。クーラーの効果で室温は涼しく保てるものの、コンクリート造りのマンションなどでは、柱や壁のなかまでは、なかなか冷やされません。そのため、クーラーが切れた瞬間に、すぐに室温が上がってしまうのです。5度以上の温度変化に繰り返し晒されていると、自律神経が参ってしまい、睡眠の質が低下。身体にさまざまな不調を引き起こします。

2. クーラーは冷えすぎないぎりぎりで設定
熱帯夜で快適に睡眠するクーラーの使い方は、身体が冷えすぎないぎりぎりの温度(28~29度)に設定し、一晩中つけておくというのが最適です。
「28~29度なんて暑すぎて眠れない!」という方がいるかもしれませんが、その場合は扇風機やサーキュレーターを併用してみましょう。室内の空気を循環させることで、温度を下げなくても涼しく快適に感じられるはずです。ただし、扇風機を直接身体に当てると体温が奪われてしまうので、身体には当てないように置く位置に工夫が必要です。熱い空気は上のほうにたまるので、扇風機やサーキュレーターはできるだけ上のほうに向けて使いましょう。

常識がひっくり返る⁉︎ 今から「エアコン代を正しく節約する」方法

最近ずいぶんと暑くなってきたように感じます。北海道ですら既に気温が30度をこえる真夏日を観測しました。

これだけ暑いとエアコンをつける人も多いですが、やはり夏の電気代は気になるという人も多いでしょう。今回は電気代を気にするあなたのために涼しく快適に、でも安くエアコンを使う方法についてお話します。

■扇風機と併用する

扇風機と併用する方法は一般的によく言われる電気代節約法ですね。エアコンの設定温度を極端に下げる人がいますが、それは大きな間違いです。エアコンは部屋全体をまんべんなく冷やすというのは不得意ということが知られています。だから温度を下げても部屋の一部しか冷えないのです。

そこで扇風機によってエアコンの冷たい空気を回してあげることにより部屋全体が涼しくなるのです。エアコンの冷気をそのまま人がいる方向に運ぶように扇風機をおくと良いです。

ただ扇風機を「強」などの強い風に設定して、首振り機能も使ってしまうと、天井付近のあたたかい空気が混ざってしまい、部屋全体の温度が上昇する可能性があります。

■室外機を直接日光に当てない

続いて大切なことは部屋の中ではなく、部屋の外にある室外機を直接日光に当てないということです。そもそもエアコンの仕組みを簡単に説明すると、部屋の暑い空気を外の室外機から放出するという仕組みです。ですから室外機は非常に熱を持ちやすく、そのまま日光にさらしておくとさらに温度が上がることは想像できるでしょう。

そのような状態で放置しておくと熱を放出するための消費電力が大きくなり、結果的に電気代がかさむことに繋がります。そのような状況を避けるためにも室外機に日除けをつけてあげましょう。それだけで室外機の温度が下がり、電気代の節約が期待できます。また室外機の吹き出し口の前に物を置いていると、熱が逃げられず電気代アップにつながります。

これから誰もがエアコンを使う季節だけに正しく節約しながら使いましょう。

環境に配慮しながら夏のエアコン代を抑える!

昨今はすっかり「エコ」が浸透しました。街ではジャケットを羽織っていないクールビズのサラリーマンを見かける機会が増えましたし、「一斉に打ち水をする」「電気を消してロウソクで夜を過ごす」といった、エコ意識を高めるためのプロジェクトも多く行なわれています。

とはいえ、エコを気にしすぎてエアコンもつけず、熱中症になるのは考えもの。そこで、エアコンを上手に活用しながら、その料金を抑える方法を紹介します。
夏の電気代のうち、エアコンが占める割合は4割ほどと言われています。1カ月の電気代が仮に1万円だとすると、エアコン代は4,000円程度。これから紹介するような使い方を工夫すれば、そのうちの20%程度、つまり800円ほど節約できるはずです。わずかな節約かもしれませんが、多くの人が実施すれば地球環境にとっては大きな一歩。すでに暑い日が続いていることですし、今からでも始めてみませんか?

■扇風機やサーキュレーターを併用して、涼しい空気をまんべんなく

エアコンを使うときに「設定温度を28度に」することは、よく知られています。その上で確認したいのは、エアコンの冷気が部屋の中に十分行き渡っているかどうか。冷たい空気は下に溜まると言われていますので、扇風機やサーキュレーターを併用して空気を撹拌すれば、高めの設定温度でも部屋がまんべんなく涼しくなります。扇風機などは風向きを上にしておくとよいでしょう。室内の心地よい温度は、「汗をかかない程度の温度」が目安です。また、基本的なことですが、エアコンのフィルターをきれいにしておくこともお忘れなく。

■日中はカーテンやすだれを利用して、部屋の温度を上げすぎない

日中、窓から入る直接日光は室内の温度を上げる原因になります。仕事などで留守にするときは、「日中もカーテンを閉めたまま」出かけて、温度の上昇を抑えましょう。防犯上、昼間にカーテンを閉めるのが気になる場合は、窓やベランダに「よしず」や「すだれ」を置いてみましょう
また、建物の造りによりますが、窓だけでなく、天井や壁も日中の熱をたっぷりと吸い込んでいます。その熱がなかなか冷めず、日が暮れても室内がなかなか涼しくならないことも。ただ、5〜10分ほど風を通すことでいくらか温度は下がります。帰宅後は、エアコンをつける前に窓を開け放ってみましょう。

■熱帯夜は25〜27度に設定して、1〜2時間のタイマーに

夏真っ盛りの8月や、残暑が残る9月は、眠れないほどの熱帯夜がつづきます。そんなときは、夏に眠るときの適温と言われる25〜27度にエアコンを設定し、1〜2時間のタイマーにして布団に入ると、心地よく眠れるはずです。
また、暑いからといって掛け布団をかけないのは夏風邪のもと。室内の温度とは別に、布団のなかの温度は33度が適温と言われているのです。タオルケットや夏布団など、薄手のものに切り替えるとよいでしょう。寝苦しい夜を回避して、翌日スッキリと目覚められるといいですね。

2015.5.13更新

消費電力が最も多いのはあの家電!電気代を節約するワザ

電気は現代生活に欠かせない生活インフラのひとつ。とはいえ、お得に賢く活用して節約に努めたいものです。電気代は工夫することで、50%OFF以上の節約も可能といいますので、がんばりましょう。

1.時間帯割り引きを活用しよう

共働きや一人暮らしで、昼間はあまり自宅にいないという家庭であれば、時間帯割り引きの活用がおすすめです。
これは、夜10時(11時)~朝8時(7時)までの電気代を70%~80%OFFにする代わりに、その他の時間帯は約30%ほど高くなるというもの。洗濯や掃除、炊飯などの家事を夜にする家庭なら、さらに節約につながります。

2.契約アンペアを下げよう

電気代の基本料金は、契約アンペアに応じて高くなる仕組みなので、節約したい場合はこれを引き下げましょう。電気を使用中にブレーカーが落ちる可能性もありますが、あらかじめ「ブレーカーが落ちる」と分かっていれば、電気の使い方の見直しにもつながります。
10A基本料金を下げると、月に250円・年間で5,000円以上の電気代節約につながると言います。手続きも簡単なので、実行しない手はありません。

3.待機電力を削減しよう

使用電力量の約10%は、待機電力として使われています。月に5,000円の電気代がかかっている家庭であれば、500円の節約につながります。テレビを消す時は本体の電源を消すなど習慣づけましょう。
待機電力の削減には、スイッチ付きのタコ足配線タップがおすすめです。冷蔵庫やパソコンなど、待機電力を落としたくない家電と、落としてもいい家電の見分けがすぐにつくようになります。

4.冷蔵庫の冷却温度を「強」から「中」に
家庭内でもっとも消費電力が多い家電は冷蔵庫で、次いで照明器具、テレビ、エアコンの順になります。
冷蔵庫にかかる電気代を節約するためには、冷却温度を「強」から「中」に変えましょう。これだけで年間約1,360円の節約になるという試算もあります。
さらに、冷蔵庫は無駄に開け閉めしないこと。開きっぱなしになっているとそれだけ電力を消費します。庫内はぎゅうぎゅう詰めにせず、きちんと整理整頓しておけば、モノを探す時間も短くできます。

2015.6.15更新

ランキング