究極の時短・節約レシピ?ダイエットにも非常食にも良い「トレイル・ミックス」が今熱い

6346.jpg

登山をする人だけでなく、ダイエットへの意識が高い女性たちにも注目されている「トレイル・ミックス」をご存じでしょうか?

ナッツやドライフルーツ、シリアルなどの乾燥食材をミックスしたもので、携帯するのに非常に便利な「トレイル・ミックス」は、その言葉どおり登山やハイキング、ポタリング等をする人たちの間では、移動中の“行動食”として親しまれています。

トレイル・ミックスで主に使用されている「ナッツ」は、高タンパク質で食物繊維や不飽和脂肪酸なども多く含まれ、抗酸化作用や美肌効果もあるとされ、ダイエット食材としても人気です。
また「ドライフルーツ」にもビタミンCや鉄分、ポリフェノールが含まれ、ナッツと同様に噛みごたえがあるので、少量でも満腹感を得られるのが特徴です。

携帯性にも保存性にもすぐれ、手軽に必要な栄養素が取れるので、料理する手間暇が惜しい男性にとってもトレイル・ミックスはうってつけかもしれません。

そんな「究極の時短・節約レシピ」ともいえるトレイル・ミックスを「トレイル用」「ダイエットおやつ用」「非常食用」という用途に分け、それぞれに合った作成ポイントをお伝えしたいと思います。

■トレイル用のトレイル・ミックス

・アーモンド、カシューナッツ、マカデミアナッツ、くるみなどの「ミックスナッツ」
・レーズン、マンゴー、キウィ、ジンジャー、バナナなどの「ドライフルーツ」
・フルーツグラノーラなどの「シリアル」
・コーティング加工してある「チョコレート」
・小魚・細切れの乾燥わかめ・プリッツェルなどの「スナック」

このあたりの食材がトレイルにはおすすめです。
トレイル用の特徴としては、塩分・糖分は気にせずに入れるという点。
トレイル中は大量に汗をかいて塩分を失うので、ミックスナッツは塩味がついているものの方がよく、糖質不足で体が動かなくなる「シャリバテ状態」を防ぐ意味でもチョコレートは最適です。
コーティングチョコレートにするのは、炎天下でチョコが溶けることを防ぐため。
とくにナッツとチョコとバナナチップスの組み合わせは最高に美味なのでおすすめです。

■ダイエットおやつ用

上記のトレイルミックスに入っている「チョコ」「塩分多めのスナック」は入れず、ミックスナッツも無塩のものを使用しましょう。
またドライフルーツも糖分が多いマンゴーやキウィはたくさん入れず、甘さ控えめなバナナチップスなどでかさを増やすとよいかもしれません。
トレイル用の行動食の場合は、ナルゲンボトルなどの容器に入れて持ち運ぶことがメインとなりますが、ダイエットフードの場合は、乾燥剤を入れた密閉容器で冷暗所に保管しておくと持ちがよくなります。
一食ごとにジップロックに小分けしておけば、食べ過ぎも防止できますね。
どうしても甘みを入れたい人は「麦チョコ」などの軽めのものがよいでしょう。

■非常食用

非常時は体をあまり動かさないので、ダイエット用と同様に塩分・糖分はなるべく控えた方が無難です。
またいざというときに賞味期限切れとならないよう、ミックスせずに購入時の密閉された状態のまま保管しておくことをおすすめします。
とくにナッツは油分も多く賞味期限が短いので、普段からコンスタントにダイエット食やおやつとして消費し、買い替えを忘れないようにすることがポイントです。

お好みのトレイルミックスを作成してボトルに入れてみると、そのボトルを手に、ちょっと遠くまでお出かけしたくなってきませんか?
さあ、トレイルミックスを食べに、週末は山へ行ってみよう!

<関連記事>

画像一覧

執筆者

立見 香

出身地・群馬と居住地・埼玉の粉食文化をこよなく愛するライター。 水沢うどんと舞茸天ぷらの組み合わせを最強と信じて疑わないが、最近は武蔵野名物の肉汁うどんにハマり中。 休日は上信越の山域にいることが多い登山・温泉愛好家ゆえ、少々電波が届きにくくなっております。最近「温泉ソムリエ」になりました。

立見 香

関連記事

特集

関連記事

電気もガスもお湯もいらない!非常食&ズボラレシピ

先日Twitter上で話題になっていたハッシュタグの一つに「#被災飯テロ」というものがあったのはご存知でしょうか。

熊本の地震被害による停電で、冷凍・冷蔵保存されていた食品を早急に処理しないといけなくなった被災地の方が、その状況を嘆くのではなく、「被災したけど豪華な食事でごめんね!」と「#被災飯テロ」を付けておいしそうなごはんの写真を次々とツイートしていました。
そのハッシュタグのポジティブさに、逆に勇気づけられた被災地以外の方も多かったのではないでしょうか。

今回は被災地の方のポジティブな飯テロの精神を見習って、非常食用レシピを考案しました。
停電で電気が使えない上に、ガスコンロもない、お湯もない、そんな危機的な状況でも「この備蓄食材があればなんとかなる!」というレシピです。
全て私自身が実験、実食済みとなっています。
災害時以外でも、ズボラをかましたいときなどに、ぜひ役立ててください。

●レトルトおかゆ+無印良品ごはんにかけるシリーズ

本来レトルト食品は封を切らずに熱湯で温めるか、お皿に移してレンジでチンするかだと思いますが、レトルトおかゆならば常温のままでも大丈夫です。
パッケージにも「温めずにそのままでもお召し上がりいただけます」と記載されているので、衛生的にも問題ありません。

ただし一つだけ注意したいのは「賞味期限」。
梅がゆ、玉子がゆなど、ほかの食品も使用しているものは、お米オンリーのノーマルなおかゆよりも賞味期限が早めになっている場合が多いので、食べる前に必ずチェックしましょう。

今回私が試したのは、味の素KKのプレーンなおかゆのパッケージの中に、無印良品の「ごはんにかける 冷やし胡麻味噌担々スープ」をそのままインしたもの。
おかゆの水気が多いので、ちょっと薄味になってしまいましたが、ヘルシーテイストでかなりいける味でした。
物足りない方は塩や味噌などを少々足すといいかもしれません。
坦々スープは辛味が強いので、胃が弱っているときは同シリーズの「柚子胡椒と鶏肉の冷やし味噌茶漬け」や「梅と白身魚の冷やしだし茶漬け」をおすすめします。

1品100円以下!お弁当に入れたい「人気おかずの節約レシピ」

運動会の日の朝は、とにかく時間が勝負。しかも子どもが頑張る日には、ぜひ子どもが喜ぶ人気メニューをおかずに入れてあげたいものです。

そこで、子どもたちに人気のメニューから、1品100円以下で作れるおかずレシピをご紹介します。

■ほうれん草入り卵焼き

1. ほうれん草を下ゆでしておく
2. 卵をといて、塩胡椒をふってまぜる
3. 2をフライパンに流し入れて菜箸でまぜ、少しかたまってきたらその上に下ゆでしたほうれん草を敷く
4. だし巻き卵を作る要領でくるくる巻いていく
5. 焼けたらしばらくアルミホイルで包んでおく(こうすると形がきれいに整う)
6. 冷めたら適当な大きさに切る
卵2個にほうれん草1/5束で、100円以下で作れます。

■【肉巻きポテト】

1. じゃがいもを太めの短冊切りにする
2. 豚こま切れを数枚広げて1をのせて巻く
3. 塩胡椒をふっておく
4. フライパンで焼き色がつくまで焼いたら、2分ほど蒸し焼きにする
5. 砂糖・お酒・しょうゆなどで甘辛く味付けする
豚こま切れもじゃがいもも安いときにまとめ買いしておけば、格安で作れるおかずです。

■【ミニトマトのチーズ焼き】

1. ミニトマトを半分もしくは4分の1に切る
2. 1をお弁当用アルミカップに入れ、塩胡椒・オリーブオイルなどをふりかける
3. とろけるチーズをちぎってのせる(シュレッドチーズでもよい)
4. オーブントースターで、チーズに軽く焼き色がつくまで焼く

運動会の日の朝は特に、いつも以上にバタバタしてしまうかもしれませんが、時間は節約しても、愛情たっぷりのおいしいお弁当を作ってくださいね。子供たちもお弁当を楽しみに張り切ってがんばってくれるはずです!

お金がザクザク貯まるテク満載!【2016年上半期】マネーゴーランドお金レシピ番付

あっという間に2016年も半年が過ぎてしまいましたね。

この半年は芸能人の不倫スキャンダルなどのワイドショーネタ以上に、お金に関するニュースが多かったのではなかったでしょうか。「マイナス金利」「電力自由化」「消費税増税の先送り」「英国のEU離脱」などなど…。

“実行すればお金が貯まるお金レシピ”をお届けしている『マネーゴーランド』もこの半年にたくさんの記事という「お金レシピ」をご紹介してきました。

そこで今回は『発表!2016年上半期マネーゴーランドお金レシピ番付』ということで、皆さんから注目を集めたお金レシピを編集部がご紹介いたします!

■第10位:ボーナス支給無しは62%!給料事情を発表【マネーゴーランド意識調査】

マネーゴーランド編集部が独自の視点で行っているアンケート調査。その結果を元に紹介した2016年度のボーナス事情の記事がランクイン。周りの人はどうなの?同世代は?など、なかなか聞けないことでもアンケート調査の結果を見ることで推察できますよね。これからもユニークな意識調査をお届けしていきますので、お楽しみに!

■第9位:【マネーギャグアニメ動画】火遊び厳禁!取られる現金!不倫の慰謝料の相場

上半期にワイドショーの注目を集めた話題といえば、“あの”タレントさんの不倫騒動。その影響もあってなのか、オリジナルアニメの『わんわんわんコイン』が急上昇!アニメのストーリーとともに、お金にまつわる難問クイズは密かな人気なんですよ!

■第8位:年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

給与取得者のうち、わずか 4.1%が年収1,000万円以上。この年収1,000万円以上を稼いでいる皆さんは“なぜ”この給与を実現できたでしょうか。そこにはある共通の思考が存在した!という内容が注目を集めました。

■第7位:今年からできる新たな壁・・・年収106万円

あと3ヵ月後に迫ったパートタイマーの厚生年金と健康保険の加入条件の変更になりる、いわゆる「106万の壁」。直前に慌てることのないよう、今からしっかりと内容を把握して、今のうちからどのような働き方をするのかしっかりと考えておきましょう!

■第6位:今すぐ把握しておきたいたった3種類しかないお金の増やし方とは

お金を増やしたくない!という方はいないと思いますが、増やし方を知っているという方はまだまだ少ない。ということで、お金はどうやったら増やせるのかを考えた記事がランクイン。辿り着いたのはたった「3つ」の増やし方でした。

気になる上位ランキングの発表は次のページへ。

300円で作れる!厚揚げのそぼろ炒め弁当

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

6月に入りましたね。梅雨入り~暑い夏に向けのこれからの季節は、特に“食材の取り扱い”に気をつけていきましょう。

お料理を作る前の手洗いをしっかりと!
また、肉類は、すぐ使わないものは小分けにして、冷凍保存しておきましょう。
小分け冷凍する際、素手で触らず、ビニール袋などを上手に使いましょう。

6月のテーマはこちら!
「1週間1,000円以内でお弁当を作る」です。
今週から毎週1日分ずつお弁当をご紹介していきますよ♪

まず最初に、1週間(5日間)のお弁当で使う予定の食材リストです。


1週間(5日間)のお弁当で使う予定の食材リスト

  • 厚揚げ1パック(小2個入り)78円
  • 豚挽き肉200g 146円
  • 玉ねぎ1個 20円
  • 鶏むね肉1枚 174円
  • 人参1本 20円
  • ピーマン2個 40円
  • ブロッコリー1株 100円
  • ミニトマト1パック 128円
  • クラウドレタス1パック 158円

合計 864円


食材を使いまわして、使い切っていきたいと思います。
肉は、小分けに冷凍保存
今回使う食材も、

さぁ、今週は1日目の「厚揚げのそぼろ炒め弁当」です。

厚揚げのそぼろ炒め弁当

メインおかず:厚揚げのそぼろ炒め
サブおかず:人参とピーマンのあえもの
添え野菜:クラウドレタス・ブロッコリー・ミニトマト

厚揚げは、水切りせずにすぐ調理できるので、豆腐より扱いやすい食材です。厚揚げだけでは少し物足りない…と感じるときには、挽き肉と合わせるのがオススメですよ。

メインおかず「厚揚げのそぼろ炒め」の作り方です。


材料(1人分)

  • 厚揚げ 小1枚
  • 豚挽き肉 50g
    • A
    • しょうゆ・みりん 各小さじ1
    • 七味唐辛子 お好みで少々
    • サラダ油 小さじ1


作り方

  1. 厚揚げは一口大に切る。
  2. フライパンに油を熱し、合いびき肉を炒め、火が通ってき始めたら厚揚げを入れて炒める。
    合いびき肉を炒め、火が通ってき始めたら厚揚げを入れて炒める
  3. 合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める。
     →お弁当箱に水分が出ないように、汁気をしっかり飛ばすことを心がけましょう。
    お弁当箱に水分が出ないように、汁気をしっかり飛ばすことを心がけましょう

今回は、豚挽き肉を使いました。合いびき肉でも、鶏ひき肉でも代用できます。

サブおかず「人参とピーマンのあえもの」は、人参とピーマンを細く切り、電子レンジで加熱し、しょうゆ・酢・ごま油を少しかけて和えるだけです。
次のお弁当にも使えるように、少し多めに作っておきます。殺菌効果が期待できる“酢”を少し入れておくのも、日持ちする工夫の一つです。

添えに使ったブロッコリーは、固めにゆでておくとよいでしょう。
2日分程度は冷蔵保存、それ以降で使う分はすぐに冷凍保存して、電子レンジで加熱しなおして使うとよいでしょう。

厚揚げのそぼろ炒め弁当完成写真

お弁当を詰めるときは、最初にごはんを詰めておきます。
お弁当を傷ませないためには、しっかり熱をとっておくことがポイントです。
そのためにも、ごはんは早く一番に詰めて、冷ましておくとよいでしょう。

お弁当箱の半分にごはんを詰め、残り半分のスペースの1/2にメインのおかずを詰め、残りのスペースにサブおかずや野菜を詰めます。

お弁当のふたの内側に汗をかかせないために、しっかり熱をとってから、ふたを閉めることを心がけましょう。

今週のお弁当いかがでしたか?
来週はどんなお弁当でしょうか、お楽しみに♪

ぜひ毎日のお弁当作りのご参考にしていただけると嬉しいです。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキング