【子どものくらしとお金に関する調査】おこづかいが不足、小中高生はどうする?

6415.jpg

 小学生の7割強、中学生の8割強、高校生の約8割が、おこづかいを「もらっている」ことが、金融広報中央委員会の調査により明らかになった。また、おこづかいが不足した経験は、学年段階が上がるにつれて増える傾向にあった。

 金融広報中央委員会が実施した第3回「子どものくらしとお金に関する調査」は、学校での金融教育の支援活動の参考とするため、「おこづかい」「お年玉」「インターネット利用」など、子どものお金にまつわる日常生活、お金に関する意識・行動、金融経済に関する基本的な知識などを調査したもの。小学校111校16,329名、中学校83校13,131名、高校96校20,689名から回答を得た。調査期間は2015年12月~2016年3月。

 小学生のおこづかいについて、低学年で72.9%、中学年で73.0%、高学年で73.2%の児童が「もらっている」と回答した。もらう相手は「親」がもっとも多かったが、「祖父母」からもらっているという回答も4割を超えた。低学年と中学年では「ときどき」もらう児童が多かったが、高学年になると「月に1回」という回答がもっとも多かった。おこづかい額は、「月に1回」もらっている児童では500円、「ときどき」と回答した児童は低学年・中学年で「100円」、高学年では「1,000円」がもっとも多かった。おこづかいの使い道は、「おかしやジュース」がもっとも多く、低学年では「おもちゃなど」、中学年・高学年では「ゲームソフトやおもちゃ類」が続いた。

 中学生と高校生では、おこづかいを「もらっている」という生徒は中学生で83.2%、高校生で80.9%だった。中学生の1か月のおこづかいの額は「1,000円」がもっとも多く、平均で2,536円。高校生では「5,000円」がもっとも多く、平均で5,114円だった。また、おこづかいをもらうにあたり、「何の前提条件もない」と中学生の74.2%、高校生の82.7%が回答した。おこづかいの使い道は、中学生・高校生とも「友達との外食・軽食代」がもっとも多く、ついで「おやつなどの飲食物」だった。

 お年玉は、小学生・中学生・高校生のほとんどが「もらった」と回答。もらう相手は「祖父母」が最多だった。お年玉の総額は、小学生の低学年で「10,000円くらい」、中学年・高学年で「10,000円~19,999円」、中学生・高校生では「10,000円~50,000円未満」がもっとも多かった。取扱いは、小学生では「銀行や郵便局などに貯蓄(預金や貯金)する」、中学生・高校生では「おこづかいとして管理し、不足する部分にあてる」がもっとも多かった。

 おこづかいが不足した経験を聞くと、小学生低学年・中学年で4割強、高学年で約5割、中学生・高校生で5~6割が「よくある」「ときどきある」と回答。その時の対応では、小学生は「買いたいものをがまんする」、中学生・高校生では「次のおこづかいまで我慢し、節約する」がもっとも多かった。

 「携帯電話(ガラケー)」「スマートフォン」は小学生の約3割、中学生の約5割、高校生の約9割が保有しており、パソコン・タブレット端末は中学生・高校生の約3割が保有していた。インターネットは、小学生の中学年で7割弱、高学年で8割強、中学生で約9割、高校生で9割強が利用している。インターネットを「パソコン」から利用している児童・生徒は7割前後、「スマートフォン」から利用しているのは中学生で約6割、高校生で約9割だった。利用目的は、「調べものをする」がもっとも多く、「友達と情報交換をする」「映画・動画を見る」「ゲームをする」が続いた。

 トラブルなどの経験を聞いた質問では、「迷惑メールが送られてきた」がもっとも多く、中学生で3割弱、高校生で約5割が経験していた。中学生では「買ったものが不良品だったが、交換してもらえなかった」「通信販売で買ったものが、考えていたものと違っていた」「ゲームやアプリなどでお金を使いすぎた」、高校生では「通信販売で買ったものが、考えていたものと違っていた」「掲示板やSNSで個人的なことを書いてみたり、書き込まれた」「インターネットを通じて知り合った人と会ってみた」が続いた。

 第3回「子どものくらしとお金に関する調査」では、ほかにも貯蓄やアルバイト、お金についての意識、金融経済の知識などについて調査している。調査結果の詳細は、金融広報中央委員会のWebサイト「知るぽると」で見ることができる。

<関連記事>

画像一覧

  • おこづかいの有無
  • おこづかいをもらっている相手(複数回答)
  • 小学生のおこづかいのもらい方
  • 小学生のおこづかい額
  • 中学生・高校生の1か月のおこづかい額
  • 中学生・高校生のおこづかいをもらうにあたっての前提条件
  • お年玉をもらった相手(複数回答)
  • お年玉の総額
  • おこづかいの使い方(複数回答)
  • お年玉の取扱い(複数回答)
  • おこづかいが不足した経験
  • おこづかいが不足した時の対応(小学生)
  • おこづかいが不足した時の対応(中学生・高校生)
  • 自分専用の持ち物(複数回答)
  • インターネットの利用状況
  • インターネットの利用媒体(複数回答)
  • インターネットの利用目的(複数回答)
  • トラブルなどの経験(複数回答)

提供元

関連記事

特集

関連記事

初めての資産運用、商品選びの3つのステップ~子どもの将来を広げるために~第4話

第3話では、「取引口座選びの大事なポイント」として「すぐにネット証券で口座を開設してみましょう」とお話しました。

これで泳ぐプールは決まりました。次はいよいよ実際に泳いでみる番です。第4話では、初めての資産運用ではどのように商品を選べばいいのか、3つのステップに分けてお伝えします。

(1)保障と資産運用は分けて考えよう!

子供が生まれたら学資保険に入るものだと思われている方が多くいます。他にも保険商品を使って貯蓄をしようと考えている人もいます。しかし第1話でもお伝えしたように、保険商品を利用した貯蓄にはデメリットもあるし効率的ではありません。万が一に備える死亡保障と資産形成は分けて考えましょう。

(2)預金と投資による資産形成のバランスを考えよう!

教育費として実際に資金が必要となる時期まで15年以上ある場合には、投資による資産運用を中心に資金準備を考えても問題ありません。ただし、教育費という資金の性質上、リスクコントロールが極めて重要になります。

リスクコントロールは資産配分を調整することにより行いますが、まずは預金と投資にまわす資金のバランスで調整するのが良いでしょう。毎月の収入の中から一定額を預金と投資信託に分けて積み立てをしていきます。

(3)実際に投資商品を選んでみよう!

それでは、実際に投資商品を選んでいきましょう。

リスクを抑えながら10年以上先に使うための資産形成に取り組むのであれば、投資信託を利用します。日本の代表的な株式指数である日経平均株価やTOPIXに連動する「国内株式インデックスファンド」と世界の主要国の株式に投資する「グローバル株式インデックスファンド」の組み合わせをお勧めします。

世界経済に広く分散投資するということです。短期的な価格変動はあるものの、世界規模では経済成長が続いています。世界全体の経済が少しずつでも成長していくことにより、世界全体の株式価値も上昇していきます。

投資経験があまりなく不安を感じる方は、無理をせず、「預金:投資信託=9:1」で預金の割合を増やしましょう。しかし、子供がまだ小さく運用期間が10年以上ある場合には、少なくとも「預金:投資信託=5:5」の割合で積立をしていくことをお勧めしています。

注意点としては、実際に教育費として使うまでの期間が10年を切ったら、他の資産とのバランスも考えながら投資信託の割合を減らしていく必要があります。また、子どもの教育費の準備と併せて、万が一に備え十分な保障金額の生命保険に入ることは絶対に必要です。掛け捨ての定期保険を使って、しっかり備えておきましょう。

ここまでを参考に、口座を開設したネット証券で国内株式と海外株式のインデックスファンドを選んでみましょう。実際に商品を決めると、あとはゴールを目指して泳ぐだけです。資産運用もやってみることで自分に合った「お金の貯め方」が身につきます。思い切って飛び込んでみましょう。

■これまでの話
・第1話 子どもにかかるお金の準備、学資保険だけで大丈夫?
<内容>教育費の準備は学資保険以外にも選択肢はあります。
資産運用も検討しましょう。

・第2話 教育費を資産運用しながら準備してみる
<内容>初めての資産運用で大事なポイント「少額ですぐに始めましょう!」

・第3話 教育費を運用する金融機関選びの3つのポイント
<内容>取引口座選びの大事なポイント「すぐにネット証券で口座を開設してみよう!」

はじめてのおつかい【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみ:くん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】第12話「はじめてのおつかい」

【はじめてのおつかい!?かのんちゃんがんばる】

前回、前々回ではつづみくんが、おこづかいをもらい始めました。いいな、いいな、かのんだって欲しい!と妹のかのんちゃんもママに問いかけます。

つづみ:昨日見た「はじめてのおつかい」おもしろかったー!

ママ:本当ねー。ママ感動して泣いちゃったわ。

つづみ:僕のはじめてのおつかいはいつだったの?

ママ:そうね、たしか4歳くらいだったかな?

かのん:えー?わたし5歳だけどまだ一人で行ったことない!ずるい!

【かのんちゃんもおつかいに行ってみたい!】

ママ:あれ?そうだっけ?そっかー、まだなのね。かのん、行ってみる?

かのん:行く!!

つづみ:出た。かのんの「ずるいずるい」攻撃。

ママ:そうしたらねぇ・・・ちょうど夕食の材料が足りないから買ってきてもらおうかな? 今から言うから、この紙に書いてくれる?

かのん:わかった!!

【必要な物を紙に書きだしてみよう】

ママ: じゃがいも、なす、牛乳、レタス

かのん:じゃがいも・・・・(と大きなひらがなで書く)

ママ: お金はこのお財布を使ってね。お店の人がおつりをくれるから、すぐにお財布に入れるのよ。

かのん:うん

ママ:頼んだものを全部かごに入れたら、何か一つ好きなお菓子を買っていいわよ。

かのん:わーい!やったー!

【おつかいを終えて】

==かのん、おつかいから帰って来ました==

かのん:ただいまー!買ってきたよー!

ママ:わー!すごい!がんばったね!!

かのん:見てみてー。じゃがいもでしょー。キャベツでしょー。

ママ:あれ?キャベツだったかな?レタス頼まなかったかな? (とメモを見させる)

かのん:あ!間違えちゃった!

ママ:大丈夫よ!似ているものね。キャベツで美味しい夕食作るわよ!任せて!

【お兄ちゃんにも新たに挑戦したいことが・・・】

つづみ:今度は僕がおつかいに行こうかな。ママがいつも使っているカードでかっこよくピッと払ってみたいなー。

ママ:あー、電子マネーね。つづみ、電子マネーってなんだか知っている?

つづみ:うーん。わからない

ママ:あらかじめカードにお金を入れておいて使うものだから、カードだけどお金と同じなの。このカードを使えるのは、お金の使い方や価値がよくわかっている人だけよ。もう少し本物のお金で買い物することに慣れたら、ピッと払うのも始めていこうね。

<おつかいを活用するポイント>

・ 買うモノを自分で書かせる(買い物に責任を持てる)
・ わからなかったらお店の人に訊かせる(折衝力がつく)
・ 間違っても叱らない(おつかいが嫌いにならない)
・ とにかく感謝の気持ちを伝えよう(お手伝いすると喜ばれることを実感)
・ 電子マネーは使わせない。必ず現金を持たせ、お金の流れを体感させよう

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第11話 お小遣いの渡し方
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

園児から始めるお小遣い【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】第11話「園児から始めるお小遣い」

【かのんだっておこづかい欲しい!〜園児から始める場合は?〜】

前回、前々回ではつづみくんが、おこづかいをもらい始めました。いいな、いいな、かのんだって欲しい!と妹のかのんちゃんもママに問いかけます。

かのん:お兄ちゃんばっかりおこづかいがもらえるなんてずるい!

ママ:かのんも欲しくなっちゃったのね。どうして欲しいのかな?

かのん:私だって、可愛い髪ゴムとか買いたいし。

ママ:そっかー。髪ゴムを買いたいのね。

つづみ:まだかのんには早いぞ!僕だって幼稚園の時はなかったんだ!

かのん:えーん。でもずるいずるい!

【ママから質問】

ママ: そうだ!じゃあ、かのんに質問ね。もし髪ゴムを自分で買いたいって思うなら、もうママやパパはかのんに髪ゴムを買ってあげなくなるよ。それでもいいのかな?

かのん:うーん。それはちょっと困るかも。

ママ:まだかのんは小さいから、髪ゴムを買えるような大きなお金を持つのは早いと思うな。だから、今はお金をかせぐ練習をしない?

【お金をかせぐ練習?】

かのん:かせぐ練習?

ママ:そう。お金は何もしないでもらえるものじゃないのよ。お兄ちゃんだって、いっぱいおうちのお手伝いをして、かのんの面倒も見て、ママのことを助けてくれるから、おこづかいをもらえるの。 だから、かのんもママのことをいっぱい助けてくれたら、おこづかいをもらえるよ。今はおこづかいをもらってお金をかせぐ練習をして、少したまってきたら、好きなモノを買う練習をしない?

かのん:うわー!!やるやる!!ママのこと助ける!

【お金のことを知ろう!】

ママ:ありがとう!心強いわ!じゃあまず、お金のことを知ろうね。(1円玉を見せて)これは何?

かのん: 1円?

ママ:正解!じゃあ、うまい棒(10円とします)を買うには何枚必要かな?

かのん:うーん。10枚!

ママ:正解ー!そう、10枚あれば、かのんの好きなうまい棒チーズ味が食べられるのよ♪お金の大切な役割はこうやって貯められることなの。

【お金の大切な役割?】

かのん:1円じゃ何も買えないの?

ママ:残念ながら1円で買えるものはあまりないけれど、でも、どんなモノだって1円足りなければ買えなくなっちゃうのよ。だから1円もとっても大事。

まずはかのんも、おこづかい1円からスタートしてみましょう。お手伝いをしたら1円。ママが「かのん、ありがとう!」って思ったら1円渡すね。かのんが1円を大切にしていたら、いつか金額アップも夢じゃないわよ。
でもね、3つ約束して。お金を投げたり、ごっこに使ったりしないこと。それから、お金の管理をママと一緒にすること。それから、おこづかいのことでお兄ちゃんと喧嘩しないこと。

かのん:がんばる!ママ、ありがとう!

<園児からスタートするおこづかいのポイント>
・買い物で日頃から親のお金のやり取りをみていることが必要
・1円の大切さを教えることが重要
・まずは「使う」ことよりも「働く対価としてのお金」の意味を知ること
・お金を投げたり、遊びに使ったら、即中止(あらかじめ約束する)

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

お小遣いの渡し方【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】第10話「お小遣いの渡し方」

【おこづかい、どうやってもらう?】

前回、ママと話し合って、大好きなキャラクターのメダルを自分のおこづかいで買うことに決めたつづみくん。どうやら、1ヶ月のおこづかいは300円に決めたようです。

つづみ:わーい!これからは300円おこづかいがもらえるぞー!

ママ:ところで、どうして300円に決めたんだっけ?

つづみ:メダルを2枚買いたいの。それから、100円はママが話していた「誰かに有難うって思われるようなこと」に使おうって思ってるんだ。

ママ:えらいえらい!たくさんの人が喜ぶ使い方ができるといいね。ところで、おこづかい300円を、いつどうやってあげればいいか悩んじゃうわ。パパ、どうしたらいいと思う?

【おこづかい、どうやってあげる?】

パパ:お、つづみにおこづかいかー。つづみはどうだ?300円もらったらどう使う?

つづみ:メダル3枚も買えちゃう!!ワクワクするなあ!

ママ:あれ?おかしいなあ。メダルは2枚じゃなかったかしら・・・?

つづみ:あ、そうだった・・・。

ママ: つづみの性格だと、大きい金額もらったら、一気に使っちゃいそうだから、小分けにした方がいいかもしれないわね。

【おこづかい、小分けにする?】

パパ:そうだな、最初は少しずつもらって練習するのがいいと思うよ。たとえば300円を4週で割った75円を、毎週日曜日にもらうとかだね。75円を1ヶ月に4回もらうっていうことだよ。

つづみ:うわー!75円っていうとどれくらい?

ママ:(お財布から10円玉を2枚、50円玉を1枚、1円玉を5枚出して)これで75円よ。

つづみ:お金がいっぱい!なんだかお金持ちになったみたいだ!

ママ:2回あげると(再びお財布から75円を出して)、合計で150円になるのよ。これでメダルが1枚買えるわね。

【貯まっていく楽しさ?】

つづみ:2回もらうと1枚買えるの?じゃあ2枚買いたかったらもっと我慢しないといけないの?

ママ:そうよ。でもね、なんともう1回もらうと(お財布から75円をまた出して)どうかな?いくらになっているか数えてみて!

つづみ:1、2、3、・・・全部で225円ある!2枚買えるね!もう1回もらうとどうなるのかな。(ママからまた75円もらって数えてみる)ぴったり300円になった!

【貯金箱を分けてみる??】

ママ:じゃあ、まずは毎週日曜日に75円を渡すことに決まりね!それからこのジャムの空き瓶2つをつづみにプレゼントするわ。 1つはメダルを買うための貯金箱、そしてもう1つはありがとう貯金箱として使ってね。毎週おこづかいをもらったら、つづみが自分で決めて、どちらかに入れるの。メダル貯金箱に100円貯まったら、1枚買えるのよ。

つづみ:へー、面白いなあ。がんばってみようっと。パパもおこづかいは、ちゃんと透明の瓶に入れて一緒に管理しないとダメだよ!

パパ:ひゃー・・・。

<おこづかい活用のためのお役立ちグッズ>>
・お金を入れると増え、使うと減ることがわかるように透明の貯金箱を準備
・自分で使うだけでなく、誰かのために使う大切さも伝わるように、2つの貯金箱を準備
・お気に入りのお財布も用意してあげると、お金を大切に扱う気持ちもアップ

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

ランキング