【将来就きたい職業は?】小6が就きたい・親が就かせたい、それぞれの職業に変化が!

6385.jpg

 クラレが6月28日、小学6年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」ランキングを発表した。小学6年生男子の1位は「スポーツ選手」、女子は「保育士」。ランキングでは、小学校入学時の就きたい職業と比較し、入学時から6年間での変化も追っている。

 ランキングは、2016年3月に小学校を卒業した子どもとその保護者を対象に実施したインターネットアンケート結果をまとめたもの。男子364名、女子398名、男子の親293名、女子の親300名の有効回答を得ている。また、比較した入学時の結果は、2010年4月に小学校に入学した子どもとその親を対象にクラレが実施したアンケート結果を用いた。

 小6男子の就きたい職業は、1位「スポーツ選手」17.6%、2位「研究者」9.1%、3位「エンジニア」6.3%、4位「ゲームクリエイター」、「医師」5.8%。1位「スポーツ選手」は入学時と変わらないものの、入学時の30.1%に比べ割合は大きく減少した。全体的には、「スポーツ選手」「研究者」「医師」以外は入学時に圏外だった職業がランクインしており、「研究者」や「エンジニア」「ゲームクリエイター」「建築家」など、6年間の学びを通して理工系分野への関心が高まったことがうかがえる。

 小6女子の就きたい職業は、1位「保育士」6.8%、2位「教員」6.5%、3位「看護師」5.8%、4位「薬剤師」5.0%、5位「動物園・遊園地」、「デザイナー」4.8%。入学時1位の「ケーキ屋・パン屋」29.6%は7位(4.5%)にランクダウン。6年間の学びを通じて興味の幅が広がり、人気が分散しているようすが見られた。教育・医療など「献身的」なイメージの職業が上位を占めたほか、「動物園・遊園地」の内訳でも動物関係が6割となるなど、人や動物とのふれあいをイメージする職業への関心が高まっている傾向があるようだ。

 また、男子の親が就かせたい職業は、1位「公務員」、「研究者」13.0%、3位「エンジニア」9.2%という結果に。1位「公務員」は入学時と変わらず、子どもの将来に安定を求める親心に変化はないようだ。入学時2位の「スポーツ選手」は7位にランクダウン。「研究者」や「エンジニア」は大幅にランクアップし、より現実的な職業についてほしいという親の思いがわかる結果となった。

 一方、女子の親が就かせたい職業は、1位「看護師」13.3%、2位「教員」9.7%、3位「公務員」8.7%。入学時3位の「ケーキ屋・パン屋」、8位の「芸能人・歌手・モデル」は圏外に外れたもののそのほかに大きな変化は見られず、小6女子と同じく教育・医療分野の職業がランクインした。

【小6男子が将来就きたい職業】
1位 スポーツ選手
2位 研究者
3位 エンジニア
4位 ゲームクリエイター
4位 医師
6位 教員
6位 建築家
8位 会社員
9位 宇宙飛行士
9位 鉄道・運輸関係

【男子の親が就かせたい職業(卒業時)】
1位 公務員
1位 研究者
3位 エンジニア
4位 医師
5位 会社員
6位 教員
7位 スポーツ選手
8位 建築家
9位 医療関係
10位 消防・レスキュー隊

【小6女子が将来就きたい職業】
1位 保育士
2位 教員
3位 看護師
4位 薬剤師
5位 動物園・遊園地
5位 デザイナー
7位 医師
7位 ケーキ屋・パン屋
9位 漫画家・イラストレーター
10位 マスコミ関係

【女子の親が就かせたい職業(卒業時)】
1位 看護師
2位 教員
3位 公務員
4位 薬剤師
5位 保育士
5位 医師
7位 研究者
8位 医療関係
9位 栄養士・調理師
10位 アナウンサー・キャスター

画像一覧

  • 小学6年生の「将来就きたい職業」ランキング
  • 男子の「将来就きたい職業」卒業時・入学時比較
  • 女子の「将来就きたい職業」卒業時・入学時比較
  • 男子の親の「将来就いてほしい職業」卒業時・入学時比較
  • 女子の親の「将来就いてほしい職業」卒業時・入学時比較

提供元

関連記事

関連記事

【新小1の就きたい職業ランキング】1位は男女18年連続不動のあの職業に!

 クラレが毎年恒例となっている新小学1年生を対象とした「将来就きたい職業」および、親を対象とした「就かせたい職業」調査の結果を公表した。新1年生の就きたい職業1位は、調査開始以来18年連続で男の子「スポーツ選手」、女の子「ケーキ屋・パン屋」であった。

 ランドセル素材「クラリーノ」を製造・販売するクラレは1999年の調査開始以降、毎年入学式のこの時期に新小学1年生を対象とした「就きたい職業」調査を実施している。18回目となる今回も、クラリーノ製ランドセルを購入した2016年に小学校に入学する子どもとその親を対象に、アンケートを実施。子ども4,000人(男女各2,000人)とその親4,000人の有効回答を得た。なお、保護者を対象とした調査は1992年の調査開始から今回で25回目となる。

 男の子の「将来就きたい職業」は、1位「スポーツ選手」24.2%、2位「警察官」12.5%、3位「運転士・運転手」8.6%、4位「TV・アニメキャラクター」6.5%、5位「消防・レスキュー隊」6.1%。「スポーツ選手」は調査開始以来18年連続トップとなり、内訳は「サッカー」58.8%、「野球」21.3%と2大競技に人気が集中。その差は前年に比べわずかに縮まった。ランクインした上位5職種は前年と変わらないものの、「警察官」「消防・レスキュー」の割合が上昇。守る・助ける系の職業への人気が高まっている傾向が見られた。

 女の子の「将来就きたい職業」は、1位「ケーキ屋・パン屋」32.6%、2位「芸能人・歌手・モデル」12.7%、3位「花屋」5.5%、4位「教員」4.9%、5位「看護師」4.2%。男の子と同じく、1位の「ケーキ屋・パン屋」は調査開始以来18年連続でトップとなった。内訳としては「パン屋」が6.0%で残りは「パティシエ・ケーキ屋」「スイーツ系」。2位の内訳では「アイドル」が65.7%と人気を集めたが、具体的なグループ名をあげた子どもはおらず、近年女の子の間でブームとなっているアイドルを育てるゲームなどの影響かバーチャルな憧れも垣間見える結果となった。

 男の子の親が「将来就かせたい職業」は、1位「公務員」18.1%、2位「スポーツ選手」11.8%、3位「医師」7.2%。トップ3は、過去25年間変わらぬ職業のラインアップとなった。親の結果を見ても、「警察官」5位、「運転士・運転手」8位が過去最高順位に。運転士の86.1%は「電車の運転士」となっており、子どもに夢を託す鉄道ファンの親が少なくないと思われる。

 女の子の親が「将来就かせたい職業」は、1位「看護師」15.0%、2位「ケーキ屋・パン屋」10.9%、3位「公務員」8.6%。「看護師」は調査開始以降根強い人気で1位をキープしているが、今回は「ケーキ屋・パン屋」がランクアップした。そのほか、医療系、教師・保育系がトップ10にランクインしており、女の子の親は「医療関係」「資格系」に就かせたいという気持ちが見られる結果となった。

ローン返済と教育費

住宅ローンの返済は、20年~35年と長期にわたるものです。だから、勢いで乗り切るなんて、そんなことはできません。

安心な返済計画を立てるためには、家計の「ローン返済能力」がどのように変化するかに着目します。そのために欠かせないのは、住宅以外の資金使途についても、考慮に入れることです。

今回は、教育費をとりあげます。なぜかというと、ローン返済がスタートして5年から10年経つころに、「教育費の負担が増えて、毎月の返済が苦しくなった」と訴える家計が少なくないと聞くからです。

まずは、表をご覧ください。これは、学齢ごとのおおよその教育費を載せたものです。

表の数字を見ると、教育費の負担は、幼稚園から小学校、中学校、高等学校、大学と、多少のデコボコはあるものの、あまり減ることはありません。また、高等学校までは、自らがすすんで行う、例えばパソコンや参考書購入といった補助学習費をはじめ、お稽古ごとなどの学校外活動費なども含んだ数字であるのに対して、大学に関してはそういったものは含まない数字。どうやら、子どもの成長とともに、家計の「ローン返済能力」は低下するとも言えそうです。

教育費は、その進路が公立か私立かによっても、大きく変わることがわかります。公立に通っている子が、中学や高校から、あるいは大学から、私立に進むケースも少なくないでしょう。
参考までに、幼稚園から大学まですべて公立であれば、その負担はおよそ800万円。19年間の合計額とはいえ、大変な金額です。しかし、これがすべて私立(大学は文系とする)になると、その負担は2,000万円を超えるまでに跳ね上がります。この差を考慮せずに、ローンのプランニングを行うことができるでしょうか。

家計の「ローン返済能力」は、刻々と変化します。お金の使いみちは、住宅だけではありません。「その他にどういった資金を必要とするか」「長期にわたって返済を継続することができるかどうか」といったことを、ひとつひとつ確認しながら、プランニングを行うようにしましょう。

教育費を運用する金融機関選びの3つのポイント~子どもの将来を広げるために~第3話

前回のお話で高橋先生より「ネット証券に口座を開設して、まずは少額から始めてみましょう」ということでアドバイスをいただきました。

しかしです。何からまず始めたらよいのでしょう。株式、投資信託、外貨、FX……、数多ある商品の中で初心者としてどれから選んでいけばよいのでしょう。
一つに気になって利用してみたいのが「NISA」、税金が一定額まではかからないということを学びましたが、まずはそのメリットを生かして学びながら体験していくのがよいかと思いました(水泳スタイルですね(参考: 前記事)。

ただその場合、NISAと言っても商品の選択肢がたくさんあり、どこの金融機関で開設するのがよいのか?それぞれ個人によってもちろん差異はあるかと思いますが、一般的にどういう点をポイントに口座を開設し、商品を選んでいけばよいのかお聞きしました。

【高橋先生からのメッセージ】
前回第2話では、「初めての資産運用で大事な3つのポイント」として、「まずは少額からすぐに始めてみましょう」、とお話しました。第3話では、NISAの取引口座を開設する際の疑問点や不安点について、質問に答える形式でお伝えしていきます。

Q.口座を開設する金融機関を選ぶ際に、何を一番気にしたら良いのでしょうか?
A.取り扱い商品の種類(ラインナップ)と手数料です。

例えば、銀行の口座では株式投資が出来ませんので、株式投資も検討している場合には証券会社に口座を開設する必要があります。取り扱っている投資信託の種類や本数も金融機関によって大きく異なります。

そして、同じ投資信託でも利用する金融機関によって支払う手数料が変わってくるため、手数料水準が安い金融機関を選ぶことも重要です。金融機関によっては手数料が2倍以上違ってきます。金融機関を比較する際には、購入手数料がゼロの投資信託(ノーロードファンド)の取扱本数を比べてみるのも良いでしょう。

Q.証券会社のタイプとして、ネット証券と対面証券があるみたいですが、どちらがいいのでしょうか。それぞれの特徴も教えてください。
A.結論からいうと、ネット証券での口座開設をお勧めします。

ネット証券とは、インターネット上で口座開設の手続きを行い、取引もネットで行います。対面証券とは、街中に支店を開設していて証券会社の社員が支店の店頭で手続きをしてくれます。

ネット証券は、商品の品揃えも豊富で、取引手数料など様々なコストも安く設定されています。取引も少額から出来ます。一方、対面証券は、営業マンに相談できますが、取引にかかる手数料は高くなってしまいます。また営業マンは金融商品を販売するプロであって、資産運用のアドバイスをするプロではありませんので、的確なアドバイスが得られるとは限りません。

ネット証券は大手の証券会社であればどこでも良いでしょう。初心者にとってはそれほどの違いはありません。例えば、SBI証券、楽天証券、マネックス証券などは人気があります。

Q.投資信託の手数料には、購入手数料と信託報酬があると聞きましたが、どちらの手数料が重要なのでしょうか?
A.購入手数料とは、その名前の通り購入時にのみかかる手数料です。購入時に手数料がかからない投資信託(ノーロードファンド)も最近はかなり多くなっていますので、購入手数料がかかる投資信託は選択肢から外してしまって良いと思います。

信託報酬とは、運用期間中に継続的にかかる手数料です。投資金額と別に手数料を支払う必要はありませんが、投資している資産から日々少しずつ差し引かれています。
時間をかけて長期で取り組む資産運用では、継続的にかかるこの信託報酬が安い商品を選んでおくことが重要になります。同じような運用タイプの投資信託でも、1%以上違いがあります。商品を選択する1つの基準としては、信託報酬が1%程度までの中から選ぶと良いでしょう。

少しでも高いリターンを実現する唯一確実な方法はコストを抑えることです。これら両方のコストを意識して投資信託を選択することが大切です。

ここまでに説明した口座開設のポイントを参考に、さっそくネット証券で口座を開いてみましょう。実際に手続きを進めると、疑問点や不安なども出てくるかもしれません。一つ一つ解決しながら、自分にあった「お金の貯め方」を身につけましょう。
次回は商品の選び方をお伝えします。

教育費を資産運用しながら準備してみる~子どもの将来を広げるために 第2話~

第1話では「教育資金の準備=学資保険」ではなく、自分に合った「お金の貯め方」を見つけるために、資産運用を検討してみましょう、という話をしました。

資産運用もハイリスク・ハイリターンの投資方法からリスクを抑えた方法まで様々です。リスクを抑えた方法があるとは言っても、「大切な教育資金で投資なんて大丈夫なの?」「投資って怖い」「ギャンブルじゃないの?」と不安でいっぱいになりますよね。
そこで、第2話では初めての資産運用で失敗しないための3つのポイントをお伝えします。

(1)すぐに始めよう!
資産運用を始めようと思うと「まずは色々勉強しないと!」と気負ってしまう人もいるかもしれませんが、コツは「やりながら覚えていく」です。水泳の教本を読み込んでも、泳げるようにはならないのと同じです。やってみようかなと思ったら、失敗しても困らない金額ですぐにでも始めることです。

投資信託への積立投資であれば、毎月500円から投資できる商品もあります。ワンコインで多くの世界的大企業の株式に投資できるのです。取引口座はネット証券での開設をお勧めします。少額からの取引が可能で、手数料などコストも低く抑えられます。

(2)いきなり大金を動かさない
資産運用では、一度に大金を動かさないことがポイントです。泳げない人が溺れないように足のつくプールで練習するのと同じです。確実に泳ぎ方をマスターするまで、潮の流れの速い海で泳いではいけません。いきなり大金を動かすと、激しい値動きに怖くなったりガッカリしたりして、途中でやめてしまう可能性があります。まずは失敗しても生活に影響が出ないような少額から始めてみましょう。金額を増やすことはいつでもできます。

(3)営業マンの言いなりにならない
資産運用を始めるにあたり、運用商品を取扱っている銀行や証券会社に相談しようという方は多いかもしれません。しかし、銀行、証券、保険の営業担当者が、効率的な資産運用の方法を知っているとは限りません。彼らは金融商品を販売するプロであって、資産運用のアドバイスをするプロではありません。書籍やインターネットを活用して客観的な情報を収集して判断することをお勧めします。

資産運用を始めようと思ったら、これら3つのポイントを押さえて、今すぐに動き出しましょう。ネット証券に口座を開設して、まずは少額から始めてみましょう。始めてみることで気がつくこともたくさんあります。そして、その経験はご自身の財産となります。泳げるようになると、クロール、平泳ぎ、バタフライ、と自分にあった泳ぎ方を試したくなるもの。資産運用も、やりながら自分に合った「お金の貯め方」を身につけていきましょう。次回以降、口座開設の方法や商品の選び方もお伝えしていきたいと思います。

ランキング