【2016夏休み】大学の模擬薬局でする「一日薬剤師体験」

6376.jpg

 埼玉県は、県内の高校生を対象とする「一日薬剤師体験教室」を、7月28日に日本薬科大学で開催する。模擬調剤の体験や実験などを通して、医薬品についての知識を深めるプログラム。定員は60名。申込受付期間は7月1日から8日。参加費は500円。

 医薬品販売制度の見直しにより、個人がインターネットなどでも医薬品を入手できるようになっている今、自分の健康は自分で守るという「セルフメディケーション」の知識を身に着けることが、ますます重要となってきている。

 「一日薬剤師体験教室」は、調剤体験や実験などを通して、薬の正しい使い方や、薬の製造から販売までについての知識を深めてもらうために、埼玉県が日本薬科大学と共催して実施するプログラム。

 体験教室では、日本薬科大学内にある模擬調剤薬局での調剤体験をはじめ、大学の先生から薬剤師の仕事内容や「お薬手帳」の必要性について学習するほか、薬が溶ける実験などを通して、薬の正しい使用方法や保管方法を学ぶ。また、薬用植物園や漢方資料館を見学し、薬の原料となる植物についても学習する。

 対象は、埼玉県内在住、もしくは県内に通学する高校生。定員は60名。7月1日から8日までの期間、メールにて参加申込みを受け付ける。応募多数の場合は抽選。参加費は500円。当日は昼食も支給される。

◆一日薬剤師体験教室
日時:7月28日(木)9:30~16:30
会場:日本薬科大学(埼玉県伊奈町小室10281)
対象:高校生(県内在住または県内に通学)
定員:60名※応募多数の場合は抽選.
参加費:500円(保険代・白衣代・昼食代含む)
申込方法:メールで申し込む
申込受付期間:7月1日(金)~7月8日(金)

画像一覧

  • 一日薬剤師体験教室
  • 日本薬科大学
  • 埼玉県

提供元

関連記事

関連記事

【2016夏休み】模擬裁判や判決言渡も体験できる!最高裁判所の子ども見学会

 最高裁判所は、小・中学生とその保護者を対象に、大法廷の見学や模擬裁判、記念撮影などを行う「夏休み子ども見学会」を開催する。応募締切は6月13日、当日消印有効。開催日は7月と8月のうち、指定された4日間。

 最高裁判所は通常、学校団体向けに大法廷を見学する庁舎見学ツアーを実施しているが、夏休み期間は小・中学生とその保護者を対象にした特別な子ども見学会を実施する。

 子ども見学会では、通常の見学とは異なり、模擬裁判や判決言渡体験のほか、法服を着用しての記念撮影も行われる。さらに、各国の法服展示も企画される予定。普段は体験できない、貴重なひとときを過ごせそうだ。

 実施日時は7月28日・29日、8月1日・2日の4日間。各日とも、午前と午後1回ずつ、合計8回の実施を予定している。定員は、保護者を含み各回200人まで。必要事項を記入のうえ、6月13日までに往復はがきに申し込む。参加申込み方法詳細は、最高裁判所Webサイトで確認できる。

◆最高裁判所「平成28年度 夏休み子ども見学会のご案内」
日程:7月28日(木)・29日(金)、8月1日(月)・2日(火)
時間:各日とも午前・午後の各1回
【午前の部】10:00~11:45
【午後の部】14:00~15:45
対象者:小学生・中学生とその保護者
※1グループにつき1名以上の保護者の同伴が必要
定員:各回200人まで(保護者を含む)
申込締切:6月13日(月)当日消印有効
申込方法:必要事項を記入のうえ、往復はがき(104円)で申し込む
※詳細は最高裁判所Webサイトで確認できる

【2016夏休み】東大・京大・早慶のオープンキャンパス情報が公開

 ほとんどの大学で行われているオープンキャンパスは、大学内を見学したり、先生や在学生から話を聞いたり、講義を受けたりするなど、大学の雰囲気を味わうことができる。東京大学は8月3日と4日、京都大学は8月9日と10日に実施する。

 東京大学は、8月3日と4日に模擬授業や研究室などの見学、教員・学生とのディスカッション、質疑応答のほか、大学・学部説明会・キャンパスツアーなどの企画を実施する。事前申込みが必要で、定員は各日6,000名。企画ごとにも定員があり、一部企画については、参加登録とは別に申込みが必要なものもある。詳細は7月上旬にガイドブックに掲載される。

 京都大学は、8月9日と10日に百周年時計台記念館でオープニングセレモニーや在学生企画、在学生交流・相談・資料コーナー、学部紹介などのイベントを予定している。学部企画・キャンパスツアーは、学部・コースを2日間にわけて実施する。詳細は、5月下旬に開設予定の特設Webサイト「オープンキャンパス2016」に掲載される見込み。

 早稲田大学は、8月6日と7日に早稲田キャンパスと西早稲田キャンパス先端生命医科学センターで実施するほか、7月18日に広島、7月23日に大阪(梅田)、7月24日に福岡(天神)、7月27日に宮城(仙台)、8月27日に所沢キャンパスで実施する。

 慶應義塾大学は、8月4日と5日に全学部のオープンキャンパスを三田キャンパスで行う。また、総合政策学部と環境情報学部、看護医療学部が6月25日に湘南藤沢キャンパス、薬学部が7月23日に芝共立キャンパス、理工学部が8月6日に矢上キャンパスで実施する。看護医療学部以外は事前申込みが必要。

 このほか、北海道大学は8月7日・8日、東北大学は7月27日・28日、大阪大学は8月4日と9~11日、16日、18・19日、九州大学は8月6日~8日に開催する。

国家公務員にさせたい、なりたい!中央省庁の見学会が夏休みに開催

 文部科学省をはじめとした中央省庁が毎年行っている、夏休みの子ども向けイベント「子ども霞が関見学デー」が、7月27日と28日の2日間開催される。期間中は府省庁内の見学をはじめ、多数の体験プログラムに参加できる。対象は小・中学生や幼児。

 「子ども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじめとした府省庁などが連携して毎年夏休みに開催しているイベントで、平成28年度は26の府省庁が参加予定。参加により親子のふれあいを深め、子どもたちが広く社会を知る体験活動の機会にするととともに、各府省庁などの施策に対する理解を深めることを目的に実施されている。

 期間中は各府省庁の職場見学をはじめ、仕事の内容がわかる展示や、親子で参加できるさまざまなプログラムが実施される。参加者には、各府省庁などのプログラムと地図が入った「日本国霞が関子ども旅券」(パスポート)を配付。子どもたちが興味にあわせて自由に霞が関を歩くことができる。

 平成27年度の見学デーでは、直接大臣に話やインタビューができる「大臣室へようこそ」やさかなくんによるトークショー、実験教室、工作教室など、各府省庁の特色を生かした多数のプログラムが実施された。平成28年度のプログラムの詳細については、6月下旬頃に文部科学省や参加府省庁のWebサイトで公表される予定。プログラムによっては事前に予約が必要なものや、抽選のものもある。参加対象は小・中学生、幼児などで、原則として保護者の同伴が必要。

 申込み開始日や実施詳細は6月下旬頃に公表される予定。なお、平成27年度は6月23日に詳細が公開された。

◆平成28年度子ども霞が関見学デー
日時:7月27日(水)・28日(木)
対象:小・中学生、幼児
※原則として保護者同伴
参加府省庁(予定):内閣官房、人事院、内閣府、宮内庁、公正取引委員会、警察庁、個人情報保護委員会、金融庁、消費者庁、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、国税庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、特許庁、国土交通省、気象庁、環境省、防衛省、会計検査院、国立国会図書館
※実施プログラムなどの詳細は6月下旬頃公表予定

ランキング