今更だけどおさらい。自賠責保険

6245.jpg

このレシピを実行して

50万貯まる!
<材料>

・自動車損害賠償責任保険

<Point>

1自賠責は強制保険

2補償範囲は人身事故のみ

3保険料は車種と保険期間で決まる

※無加入で運転した場合の罰金

自動車・バイクを購入したら必ず自賠責に入るのはご存知だと思いますが、強制的に入らされる保険であるがゆえに、入らなかったらどうなるのか、補償内容はどうなっているのかきちんと確認していない方もいるのではないでしょうか。

いざという時のために、ここできちんとおさらいしておきましょう。

1.自賠責に入らなかったどうなる

自賠責は法律で加入が義務付けられているため、加入しないと50万円以下の罰金または1年以下の懲役、さらに免許停止処分になります。新規で購入の時は忘れなくても、更新時に忘れがちです。更新されていないと同じ処分になります。

自賠責に入っていないと車検も通すことができなくなりますので、注意が必要です。自分が何年契約にしているのか、チェックしておきましょう。

2.補償内容

自賠責は他人をケガさせたり、死亡させたりという人身事故のみ補償し、補償内容は大きく3つに分かれます。
・傷害:最高120万円まで補償(治療関係費・文書料・休業損害・慰謝料)
・後遺障害:最高4,000万円まで補償(逸失利益・慰謝料)
・死亡:最高3,000万円まで補償(葬儀費・逸失利益・慰謝料)

保険金額は、例えば、慰謝料は1日当たり4,200円と決められているので、それに実日数をかける形で計算します。

3.保険料

保険料は車種と保険期間によって決まります。保険期間は12か月~37か月まであります。車検は最初は3年後、以後2年ごとですが、これに併せれば36か月、24か月でよさそうですが、車検は満了日の夜24時まで有効、自賠責は満了日の正午12時まで有効というルールのため、12時間の空白ができないように36か月+1か月、24か月+1か月というようになっています。

4.手続きが必要なとき

保険期間が満了になった時、住所・名前が変更になった時、車両の持ち主が変わった・廃車になった時、車両を替えた・車両ナンバーを替えた時、手続きが必要です。手続きの内容によって、電話受付で可能なものもありますので、各保険会社に問い合わせてください。

廃車などで解約した場合、返戻金があります。保険期間の残り月数に併せて計算されますので、早めにお手続きをしないと損をしてしまいます。

以上、自賠責保険の基本的な内容をお伝えしましたが、万が一の時慌てないように、ご自身の保険内容をチェックしておいてください。

<関連記事>

画像一覧

  • 今更だけどおさらい。自賠責保険

執筆者

阿部理恵

約20年間商社勤務。貿易部門、印刷部門などで営業職として従事。保険部時代に個人向け医療保険・法人損保などを担当し、 FPの資格取得。 自ら大病、転職、起業を経験し、お金の知識が必須であると実感。 心理カウンセラー、LABプロファイルインストラクターなどの知識と併せ、メンタル面からお金の話を解説。 俳人としての顔も持ち、経済的豊かさと心の豊かさをテーマに活動中。 ★ブログ:http://ameblo.jp/kittywhite2000/

阿部理恵

関連記事

特集

関連記事

税金が一番安く済む保険契約の仕方とは?

4月は新年度から進学や新社会人となり新生活を迎える人が多い時期です。

その準備に何かと費用がかさんでしまうこともあるかと思います。特に受験料や入学金など教育費は瞬間的に負担が重いものや、退職後、収入がなくなってからの継続的な生活資金であったりとすぐには準備が難しい出費があります。
 こうした出費に備えて『生命保険』利用するという方法があります。商品を選ぶ際にはもらえる保険金や支払う保険料に目が行きがちです。しかし、契約の仕方によっては税金の種類や負担金額が変わってきますので、この部分の理解も含めての検討が必要です。

1.保険契約に関する登場人物をおさえましょう
 保険契約には、下記の三者が登場します。
・「契約者」=保険契約をした人、保険料を負担する人
・「被保険者」=保険の対象となっている人
・「保険金受取人」=保険金を受取る人

2.契約のパターンをおさえましょう
上記の三者がそれぞれ誰になるか?で税金の種類や負担が変わります。以下死亡保険金について具体的に表で見ていきましょう。

1は「契約者=被保険者」つまり、夫が自分に死亡保険を掛け亡くなった場合です。この場合受取人に対して相続税が課税されます。しかし実際は、非課税枠が相続人1人につき500万円あります(*1)ので、このパターンの税負担が一番軽くなることが多いです。
2は夫が保険料を支払って、保険金も自分が受取る「契約者=受取人」のパターンです。この場合は一時所得(*2)として所得税の課税対象になります。
3は「契約者≠被保険者≠受取人」と3者すべてが異なるパターンです。この場合は、保険金が110万円を超えると(*3)受取人に対し贈与税が課税されます。

では、死亡保険金ではなく、老後資金のための個人年金保険や教育費のための学資保険の場合はどうでしょう。基本的に両者とも「契約者=受取人」ですから所得税(一時所得)の課税対象のパターンになります。ただ、年金保険は、公的年金のように分割してもらうと一時所得ではなく雑所得となりますし、学資保険も受取人を子供にしてしまうと贈与税対象となり税額が変わってきます。

以上のように、必要保障額で契約したつもりが税負担を考慮しないと、必要な金額が手元に残らないという事態になってしまいますので気を付けましょう。

*1;相続人が保険金を受取った場合。そうでない場合、非課税枠はありません。
*2;(保険金-保険料)が50万円までは非課税。超えた部分の1/2が課税対象。
*3;他にも贈与がある場合は、同年中に受けたすべての贈与と合算して判定になります。

学資保険は出産前がお得?

学資保険は、お子さんが“産まれてから”考える人が多いですが、実は、“産まれる前”の加入がおススメです。

一般に学資保険は、出産予定日の140日前(妊娠6か月目)から加入できます。
もちろん“産まれてから“でもいいのですが、早めに入ることで3つのお得があるのです。

ひとつ目が保障。
あまり考えたくありませんが、もし出産前にパパが死亡または一定の障害状態になった時。その場合は以後の払込みが免除され、積立をしなくても、先々予定通りに学資金を受け取れるので安心です。

家族が増える時の保障の見直しは、保険全般で後回しになるケースが多いようですが、本来、生命保険は、残された遺族が困らないよう備えるものなので、学資保険もお子さんを授かったら早めに検討した方がいいということです。

2つ目は、早く払込みが終わること。
早い時期に契約がスタートするので、その分、前倒しで払込みが終わります。その後は、これまで保険料に充てていたお金を塾代や受験料、受験時の旅費、宿泊費などに回すことができ出費がかさむ時期には助かります。

最後に、保険料。
これは全ての人に当てはまる訳ではありませんが、パパ(契約者)の誕生日が出産予定日付近のとき。歳を重ねると死亡などのリスクが高まるので保険料は少し高くなります。当てはまりそうなパパは、早めに手続きすると割安な保険料で入れます。

以上が3つのお得。

そのほか出産前に加入するときの取り扱いとして知っておきたいのは、特約でお子さんの医療保障を付けたい場合、誕生後に付加できること。また、もし死産となった時は、契約が無効となり保険料が戻るようにもなっています。

特に、初めての出産を控えるママは、子育てのことや今後の働き方、時間のやりくりや家計など、多くのことに不安を感じる時期でもあります。案ずるより産むがやすし。保険に限らず、できることから前倒しで準備して、可愛いわが子に会える日に備えましょう。

マイナス金利対策!保険の貯蓄率を上げるには!?

「どうせ増えないんでしょ?」

マイナス金利の影響で世の中の金利が史上最低水準の今、このようにお金を貯めることに関心を持てない人もいるでしょう。

でも、何もせず給与振込の通帳に入れたままにしておくと、いつの間にか使ってしまい“貯まらない体質”になってしまいます。金利は低くても、全く何もしないのはNG。
毎月、強制的に別のポケットに分ける「コツコツ積立」は、自然と貯蓄力をあげ“貯まる体質”へと導いてくれる強力なサポーターです。

その「コツコツ積立」は、定期預金や保険、そして株や投資信託などがあります。
今回のテーマである保険の積立ては、リスクに備えながら貯めていくものですが、
リスクへの不安を和らぐものの、やっぱり今の金利は心さみしい・・ですよね。
少しでも効率的にお金が貯められれば。

そこで保険の場合は、保険料の支払いを半年払いや年払いのようにまとめて払うのもひとつ。まとめ払いをすると保険料が割引かれるため、月払いより安く積み立てることができ、その結果、貯蓄率アップに繋がります。

例えば、30歳男性が個人年金保険に加入したとします。

保険料を60歳まで掛けて、10年間50万円の年金を受け取る場合、月払い保険料は11,710円(年間140,520円)です。これを年払いにすると、138,060円となり2,460円お得に。払込が終わる60歳までの30年間では73,800円分、賢く積み立てたことになります。僅かではありますが、超低金利下で検討しない手はありません。

また、保険会社や契約内容によってはクレジット払いができるケースもあります。
まとめ払いで割引を受けつつ、更にポイントが貯まるなら一石二鳥。
既に保険に加入している人も、一般に支払い方法を見直せるので、担当者に確認してみましょう。

注意したいのは、支払い時に纏まったお金を準備しなければならないこと。
心配な人は、保険専用の通帳を作って、毎月、払ったつもりで積み立てる「つもり預金」をして計画的に準備をすると安心です。

預金や保険、資産運用など世の中には沢山の金融商品があります。それぞれの特徴を生かして、マイナス金利を乗り越えましょう!

アカウント保険なら、1つの保険で保障が得られて積立もできる!?

死亡保障が得られて積立もできる生命保険として、アカウント型保険(正式名称:利率変動型積立終身保険)が2000年頃から登場しました。

この商品は、アカウントと呼ばれる積み立て部分を主契約にして、定期保険や医療保険などの保険を特約につけられる保険です。

支払った保険料は、いったんアカウントと呼ばれる口座に入り、そこから死亡保障や医療保障などの特約保険料が支払われ、アカウントに残ったお金が積立金として運用されます。

積立金は、特約の更新時に保障を見直す資金となり、保険料の払込期間が終了した時点で、終身保険や年金受取に切り替えられます(図1)

支払う保険料は、家計に余裕がある時は多めに支払い積立を多くしたり、家計が厳しい時は少なめにしたりすることができます。また、結婚、出産、子どもの独立、退職など、ライフスタイルが変わるたびに必要な保障は変わりますが、アカウント型保険は、新たな特約を追加したり、特約の種類を変更したり、特約の保障額を変更したりすることも保険会社の所定の範囲内で可能です。ライフステージに合わせて、まとまったお金を払い出したり、一時金を投入することもでき、保険設計の自由度が高いのが特徴です(図2)

このように保障と積立がセットになった自由度の高い保険ですが、アカウント部分に入った保険料のうち、保障部分に充てる保険料が多いと、積立金は期待するほど貯まっていなかった、という状況になりかねません。
保険料の払込期間が満了となった時点での積立金の残高によって、終身保険の保険金額や年金の受取額が決まるため、それまで積み立てた保険料が少ないと、十分な保障が受けられない可能性があります。
アカウント型保険の加入を検討している人やすでに加入している人は、「保障内容」「毎回の保険料から積立に回っている金額」「払込期間満了後に受け取れる終身保険の保険金額や年金の受取額の目安」の3点を必ず確認しておきましょう。

ランキング