中学生でもわかる「やさしいFX解説」【上村和弘のFX基本講座】

6329.jpg

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

先日「FXって何?」と中学生の息子に聞かれて、少し悩みました。とりあえず、子供にも理解出来るように簡単に説明したところ、何とか分かってくれたようでホッとしました。結構本質をついてきますし、分からないことは素直に「分からない」と言われてしまうので、説明するのって難しいですね。

今回は、そのような経験を踏まえて、ビギナーの方がFXをイメージ、理解できるようにQ&A方式で説明します。「FXって何?」 でFXの特徴等を記載していますが、合わせて読んで頂けると良いかと思います。

■FXって何?

息子:お父さんの仕事、FXって何?

筆者:外国為替の取引の事で、パソコンやスマートフォンを使って売買するんだよ。
テレビでアメリカのお金(米ドル)とか見た事ない? ああいったお金の交換をする取引だよ。FXは「Foreign Exchange」、英語の略語。

息子:ニュースで見た事あるけど…外国為替ってどういうこと?

筆者:お金にはたくさんの種類が有るのは分かるかな? 日本は日本円、米国は米ドルと、ヨーロッパの方はユーロというお金があって、それぞれが違うお金を使っているんだよ。外国に行けば、その国のお金しか使えないという事が分かるかな? ここにある一万円は、アメリカに行くと、そこのお店では使えなくて、だから米国のお金である米ドルに交換しなければならない。それを外国為替と言うんだよ。

息子:両替ってことだね、すると得したり、損したりしないの? 儲かりそうだけど?

筆者:日本のお金と外国のお金を交換する時には、交換するための価格=レートがあって、常に動いている。このスマートフォンを見てごらん。
これが、米ドル/円の現在の値段だよ。

FXについて親子の会話! お父さんの仕事は? 【上村和弘のFX基本講座】、マネーゴーランド
※引用:DMMFX

売値(Bid)は104.538円、買値(Ask)は104.541円。これが買ったり、売ったりするときの価格、差が有るのは手数料だね。(*)

この為替レートは常に変化しているので、そこに損とか得とかの動きが出てくるね。
パパは上がるか・下がるかを予想して、その動きを書く事(為替の情報執筆)を仕事としているんだよ。それに上がると思えば買い、下がると思えば売る事で利益を上げようとしているんだよ。予想が当ったら儲かり、外れたら損という仕組みだね…こういう取引がFX。

FXについて親子の会話! お父さんの仕事は? 【上村和弘のFX基本講座】、マネーゴーランド

■FX=為替レートが上がるか下がるかを予想する取引

息子:ふーん、どうやって予想するの?

筆者:難しい事はさておき、買い方と売り方のどちらが強いかを考えるのが基本だね。過去の動きなどを見て、買いたい人と売りたい人のバランス、どちらに勢いがあるかを予想するんだよ。運動会の綱引きゲームだと思えばいいよ。綱引きチームのメンバーの体格や経験、テクニック、グランドの状態、天候、今までの戦績等を見て判断出来るよね。

息子:FXって誰でもできるの?

筆者:FXを扱う会社に口座開設してお金を振り込めばできるよ。お金を損することもあるから、20歳以上で働いている人、貯金のある人に限定している会社が多いけどね。ただ、貯金のある大学生で、FXで儲けようとする人もいるよ。

息子:どれ位のお金があればできるの

筆者:SBIFXトレードというFXの会社だと、1ドル通貨=約100円単位で取引できるよ。
それこそ数百円でFXに参加出来るね。

息子:大体分かった、何か面白そうだね。儲けられそうだし。
イメージがわくから夏に海外に旅行しよう!

筆者:たしかにイメージがわくけど、まずは覚える事をやってからだね、英語の勉強とか、数学の勉強とか、旅行先で何も分からないじゃ意味無いよね。それにお金も貯めないとね。
多くのFX会社は、最低取引単位を1,000通貨単位(=約10万円)に設定しているので、FXは10万円全額を預けなくてもいい取引なんだけど、最低5万円位はあった方が良いね。
まずは勉強、コツコツ貯金もしようね。

<*ワンポイントレッスン>

本日のワード:BID(売値)とASK(買値)
為替レートは、売値と買値の二つを同時に表示するのが通例。左側の安い方が売値で、右側の高い方が買値。この売値をBIDと呼び、買値をASKと呼びます。
買いたい場合は買値で買い、売りたい場合は売値で売ることになります。

■FX とは?初心者の方はまずはここから

  1. FXの基本【上村和弘のFX基本講座】
  2. FXって何?【上村和弘のFX基本講座】
  3. FXって何…初心者の疑問に答えます【1万円で始める初心者FX】
  4. リスクが怖い…初心者の疑問に答えます【1万円で始める初心者FX】
  5. 中学生でもわかる「やさしいFX解説」【上村和弘のFX基本講座】
  6. 株・投資信託…他の投資とFXはどう違う?【1万円で始める初心者FX】
  7. サラリーマンこそFXをやるべし! 【上村和弘のFX基本講座】
  8. FX投資家の実状【上村和弘のFX基本講座】

全てのバックナンバーはこちらからご覧いただけます。
上村和弘の FX 投資講座

<関連記事>

画像一覧

  • 中学生でもわかる「やさしいFX解説」【上村和弘のFX基本講座】

執筆者

上村 和弘 (かみむらかずひろ)

アセットクラス&WEBコンサルティングLLC 代表CEO・ファウンダー 日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP会員、1級FP技能士 1990年 現三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社を皮切りに、証券リテール業務や企画調査、ファンド事業等に従事。1999年より、FX事業の新規立ち上げ後、複数社での金融ネット事業の立ち上げ、事業再構築・運営等の統括マネージメントを経て2011年独立。現在、金融情報サービス事業をコアに、投資教育系、システムツールのサポート業務を行う他、シンクタンク系企業、金融システムベンダー等の顧問等を兼務する。1968年生、宮崎県出身。

上村 和弘

関連記事

特集

関連記事

32歳貯金ゼロ…家も子どもも欲しい「30代から挽回するお金プラン」

結婚という人生の新しい門出を迎えると、一人から二人での家計のやりくりが始まります。幸せ真っ只中ではありますが、お互いの貯金があまりないと将来が不安になってくると思います。今回は、新婚の男性からのご相談と、それに対するアドバイスをご紹介します。

■相談者プロフィール

相談者:Bさん32歳男性、会社員
家族:妻30歳(専業主婦)
昨年結婚したばかりで結婚式、新婚旅行、引越しに予想以上にお金がかかり貯金ゼロになってしまった。これから住宅を購入したいし子どもも欲しい。さらに老後のことも心配。何からどう準備してよいか相談したい。

■アドバイス1:まず家計の流れを把握する

結婚して家族ができると、今までのように好きなときに好きなだけお金を使うことはできません。新しい家庭を持つうえで「家計」の流れを把握することが大切です。まず、以下の項目を把握してきましょう。
・手取り収入
・固定費(通信費・保険・光熱費など毎月決まって出て行くお金)
・流動費(食費や雑費などやりくりできるお金)

毎月いくらの収入があり、何にいくら使うのかが見えてくると、無駄遣いがないかをチェックできるとともに、預金できる余力はどれくらいなのかが見えてきます。

■アドバイス2:具体的な目標を設定しましょう

なんとなく将来が不安なままだといくら貯金しても不安なままです。どんな目的のためにいくらを何年後までに準備したいのか具体的にイメージしてみましょう。すでに負の財産がある場合は、その返済も検討することが大切です。

・借入残高の有無(車のローン、奨学金など)
・預金目標(いつまでに、なんのために、いくら貯めたいか)
・退職金の額
・もらえる年金額

貯金がなくなってしまうと、漠然とした不安で具体的に何をしたらよいか見えにくいものです。自分の家計の収支を把握し、いついくら必要なのかが見えてくると具体的にいくらずつどんな商品で準備したらよいかが探しやすくなります。

また、退職金やもらえる年金を把握すると、老後の準備済み資金はいくらなのか確認することができます。その資金を差し引いても不足する金額が、老後までに貯めたい金額です。

■アドバイス3:どのような方法で目標達成するか検討しましょう

目標を設定できたら、それにあった方法は何か考えていきましょう。例えば、子どもをすぐ授かると仮定すると18年後に大学進学資金300万必要となります。つまり300万円÷18年÷12ヶ月=13,888円を今から毎月貯金すれば目標は達成できますね。あとは、積立投資信託、定期積立預金など商品を何にするかを選んでいくという流れです。

■アドバイス4:できることからコツコツと

結婚は人生の大きなターニングポイント。支出が一気に重なり、貯金がなくなってしまうのはやむを得ません。しっかりと家計の収支を把握し、具体的に立てた目標に向けてできることからコツコツと続けることが大切です。

しかし、張り切りすぎて無理な貯金をすると続きません。結婚という人生の新しいスタートに、できる金額から貯金をスタートしてはいかがでしょうか?

<貯金に関するおすすめ記事>
全国貯金額調査で丸わかり!「貧乏&裕福」都道府県ランキング
1年後に66,795円GET!本当にお金が貯まる「貯金箱活用法」3つ
43歳貯金ゼロ…老後貧乏を回避「人生を挽回する最強お金プラン」

【29年度税制大綱】配偶者控除「150万円に拡大」パートの手取額はどうなる?

「2017年税制改正大綱」を自民、公明両党が12月8日、正式決定

「税制改正大綱」ってなに?

と思われたかもしれませんね。
なんだか難しそうな言葉ですが、簡単に言えば私達の生活に関わる税金についてまとめられた「案」です。まだ正式な法律ではないですが、税金が将来どうなっていくかを知ることができる大事な情報なのです。

今回は、この税制改正大綱に焦点を当てて見ていきましょう。

■「103万円の壁」がなくなる?

「103万円の壁」とは?

妻が働くときの壁と言われるもの。
妻の年収が103万円までなら夫の扶養になるので、夫は配偶者控除(一律38万円)を受けることができます。
でも、夫の扶養で収まるには何時間働けばよいのか…と、労働時間を気にしながら働いている方も多いのではないでしょうか。
そこで、この壁を解消しようというのが今回の税制改正大綱。

では、実際にこの配偶者控除がどう変わるのかを見ていきましょう。

■配偶者控除はこう変わる:妻(年収103万円)&夫(年収500万円)のパターン

妻:パート(年収103万円)、夫:会社員(年収500万円)の場合で見ていきます。

<現在の配偶者控除で考えた場合>

まず現在の配偶者控除で考えてみましょう。
配偶者控除は、妻の所得が38万円以下なら、夫の所得から一律38万円を控除することができます。

妻の年収は103万円の場合、妻の所得は38万円(給与収入103万円-給与所得控除65万円=所得38万円)となるので、夫は配偶者控除を受けることができます。

夫の年収は500万円、所得は346万円(給与収入500万円-給与所得控除154万円=所得346万円)となるので、この所得から配偶者控除38万円を控除することができます。
仮に夫の所得税の税率を10%とすると、配偶者控除を受けることで3万8000円税金が安くなります。

<新しい配偶者控除で考えた場合>

改正されれば、年収103万円という基準が150万円(所得で85万円)にアップされます。
つまり、今より働いて収入を得ても配偶者控除は受けられることになります。

仮に妻の年収が103万円から150万円に増えたとすると、年収は今より47万円アップしますが、配偶者控除は変わらず受けることができることになるわけです。

しかし注意したいのが、世帯の手取りが47万円アップとはならないということ。年収130万円を超えると社会保険に加入しなければならないからです。年収150万円まで働いた場合は、社会保険料は約21万円の負担になるので、つまり額面の年収は47万円ですが、実質手取りとして増える年収は47万円-21万円=26万円のアップにとどまるということです。

また、今までは妻の収入だけ考えればよかったのですが、夫の収入が約1120万円(所得なら900万円)を超えると控除額が減ってしまいます。

■これからの妻の働き方

妻の働き方を考えると上述の通り、配偶者控除以外の問題もあります。妻の働く時間が増えれば年収は増えますが、雇用保険や社会保険に加入する必要も出てきます。
家計全体で考えると、妻の働き方によっては逆に世帯の手取りが減ってしまったということもあるかもしれません。

ただし、雇用保険や社会保険に入ることで、失業給付をもらえる、将来の年金が増えるというメリットもあります。

■今後も税制改正大綱の進捗に注目

今回の税制改正大綱

配偶者控除の他にも、
  • 積立NISA
  • エコカー減税
  • ビール類の税率一本化

などの案が盛り込まれています。
このように身近な税金はたくさんあります。
新年度に向けて、動きは一層活発になるでしょう。ますます目が離せませんね。

もしも銀行が破綻したら…「財産を守るために」知っておきたいこと

日本ではバブル崩壊後、多くの銀行の破綻が相次ぎましたが、ここ10年ほどは、そのような破綻リスクは忘れられている存在と感じていました。しかし最近はマイナス金利の影響により銀行が経営に苦労しているというニュースを頻繁に見聞きします。

皆さんの大切な資産を守るためにも、改めて万が一の時を想定し、対策を講じておく必要性が出てきています。

■ほとんどの金融機関が加入している「預金保険制度」とは

まずは皆さんが銀行に預けている大切なお金を銀行破綻時に守ってくれる預金保険制度について復習しておきましょう。

預金保険制度とは、万が一金融機関が破綻した場合に一定額の預貯金等を保護するための保険制度です。
保護の範囲は、普通預金、定期預金等の利息のある預貯金等については「1金融機関1人につき元本1000万円までと破綻日までの利息等」が保護の対象となります。当座預金、利息がつかない普通預金等の決済用預金は全額保護の対象となります。

ほとんどの銀行は預金保険制度の加入対象となっていますが、対象となっていない金融機関もあります。第一弾の備えとして皆さんが預けている銀行が預金保険制度に加入していることを確認しておくと良いでしょう。なおネット銀行は加入対象となっていますので安心ください。

■「預金保険制度」の加入対象外

預金保険対象となっている日本に本店のある銀行でも、海外支店の預金は対象外です。また外国銀行の在日支店は対象外です。そして農業協同組合等は預金保険の対象外ですが、ほぼ預金保険制度と同じ内容で農水産業協同組合貯金保険制度によって保護されています。

第二弾の備えとしては、万が一に備えて各金融機関に預ける金額を1000万円までとして、預け先金融機関を分散させておくと良いでしょう。

■外貨預金は預金保険制度の対象外

外貨預金は預金保険の保護対象外となるので、破綻時の銀行の残余財産の状況によっては預入額の内の一部がカットされる可能性もありますので注意が必要です。ただし、外貨預金は保護範囲を越える預貯金等同様、預金等債権の買取り(概算払い)の対象となります。

概算払いについて説明します。保護範囲に入らない預貯金等については裁判所によりカット率が決定されるのですが、決定と支払までにかなりの時間を要します。そこでその裁判所の決定を待たずに預金保険機構がカット率を予想して、一部カットされる可能性のある保護対象外の預貯金等を早期に預金者が受け取る事ができる制度になります。こういった知識も持っておく事も、銀行破綻時の備えになるでしょう。

■確定拠出年金の定期預金は後回し

最近、何かと話題の確定拠出年金ですが、確定拠出年金も運用商品に定期預金が含まれています。確定拠出年金の定期預金の積立金についても預金保険制度の保護対象となります。ただし注意しなければならないのが、保護の範囲はまず個人的に預けている預貯金から割り振られ、確定拠出年金の定期預金の積立金は後で合算します。

仮にA銀行に、確定拠出年金とは別にすでに1000万円預けているという場合には、確定拠出年金の元本確保型商品についてはA銀行の定期預金以外から選択をするという考え方が、銀行破綻時に資産を守る備えになるでしょう。

備えあれば銀行破綻時のダメージも押さえられると思いますので参考にしていただけましたら幸いです。

ランキング