家族4人で25,000円も節約!子どもが喜ぶ「夏休みのお出かけスポット」

このレシピを実行して

25,940貯まる!
<材料>

・ 格安で家族の夏の思い出をつくるアイディア

<How to>

1子どもは家族旅行を楽しみにしている

2季節を感じられる旅行に行こう

3格安で家族旅行に行けるスポットを紹介

※ 大人2人子ども2人で東京ディズニーランドに行ったとき(ワンデーパスポート 大人7,400円×2、中人6,400円×2)と、日本科学未来館(入館料 大人620円×2、子ども210円×2)に行ったときの入園料の差額

6281.jpg

夏休みの子どもの楽しみの一つとして、家族旅行が挙げられます。子どもが学校の宿題として提出している日記にも、家族旅行について書かれてあるものも多いでしょう。

しかし、少しでも貯金をしたい主婦にとっては、大きな出費になりやすい旅行費用をできるだけ安く抑えたいと考えます。今回はそんな主婦のために、家族全員が満足する旅行先についてお話します。

■プラネタリウム

夏と言えば天体観測というイメージがありますが、子どもにとってはなかなかその魅力が伝わらないかもしれません。しかし、子どもにもわかるような自然科学館のプラネタリウムなら子どもも星に興味を持つこと間違いなしです。

その上、自然科学館は他にも楽しめる施設で充実しています。入場料も格安でまさに家族で出かけるイベントにはぴったりの行き先といえます。ぜひお近くの自然科学館を一度調べてみて下さい。

■キャンプ

夏といえば海、山を想像する人も多いでしょう。家族旅行で行くのであれば、海よりも断然山に行く方が楽しめるでしょう。例えば、山であればフィールドアスレチックといった子どもでも安全に体を動かせる施設もあります。

また、キャンプとなるとBBQの準備やテントを張るといった力仕事も必要になります。普段、家事は全部お母さんがやっている家庭なら、男性は“ここぞというときに頼りになるパパ”というイメージも与えられて一石二鳥かもしれませんね。

■フルーツ狩り

最後に紹介するのがフルーツ狩りです。夏休みの時期といえば大人も子どもも大好きな桃狩りに出かけてみてはいかがでしょうか。フルーツ狩りをしている果樹園の周りは公園などの自然に囲まれている場所も少なくないため、フルーツ狩りの後は子どもと一緒に公園でフリスビーやバドミントンなどを行っても悪くないかもしれません。

今回は家族全員が満喫できる夏旅行についてお話ししました。夏の暑さを感じながらも子どもと一緒に楽しい思い出を作ってもらえたらと思います。

画像一覧

  • 夏に行きたい格安家族旅行!家族全員を満足させる賢い主婦の旅行先とは?

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

キャンプも食べ放題も!ふるさと納税「夏の家族旅行」おすすめプラン

夏といえば家族全員揃って旅行に行こうと計画を練っている人も少なくないでしょう。しかし年に何回も行けるわけではないので、節約しながらも楽しく旅行に行きたいですよね。

そしてそれを実現する方法の一つとしてふるさと納税を利用するという方法があります。ふるさと納税によって、普段あまり行かないような地域に足を運んでみるのもいいでしょう。

今回はお得な家族旅行を提供している、ふるさと納税を紹介していきます。

■イルカ触れ合い体験:高知県室戸市

子どもも大人も動物好き!という人は多いと思います。高知県の室戸市ではそんな家族のためにイルカと触れ合い体験が室戸ドルフィンセンターでできるお礼の品を用意しています。

普段なかなか水槽の中やイルカショーでしか見られないイルカと触れ合える機会なんてないですよね。寄付金額も5,000円と割安なので、ぜひ興味がある人は室戸市に寄付をしてみてください。

■キャンプ体験:新潟県三条市

夏と言えば海!という方も多いかもしれませんが、山派という人も少なくないでしょう。新潟県三条市のふるさと納税では、自然に囲まれた山の中でキャンプ体験ができます。

このふるさと納税で最大の特徴とも言えるのが、『手ぶらキャンプ体験コース』という名前がついているとおり、持ち物が食材と飲み物だけで済んでしまうという点。重くて大きなキャンプ用品がすべてセットになっているため、家族旅行に最適ともいえるのではないでしょうか。こちらは6万円以上の寄付で受け取れます。

■食べ放題&水族館等入場券セット:愛知県碧南市

最後に紹介するのが愛知県碧南市のふるさと納税です。『81.へきなん満喫スペシャルプランmini』では、碧南市を一望できるレストランのランチバイキング、そして碧南市の公共施設利用券が4人分贈呈されます。

公共施設利用券の中には水族館入場券や美術館入場券、明石公園500円乗り物券やあおいパークもぎとり体験300円券などが入っており、至れり尽くせりとも言えるでしょう。こちらは2万円以上の寄付で受け取ることができます。

いかがだったでしょうか。このようにふるさと納税を利用することで普段行かないような地域に足を運ぶきっかけにもなりますし、なにより格安で行けることは大きなメリットですよね。上手にふるさと納税を利用することで家族旅行を満喫してはいかがでしょうか。

ふるさと納税について基本から知りたい方は、基本をおさらい!ふるさと納税の仕組み【マネーゴーランド意識調査】を参考に見てみてください。

夏は家族で楽しく旅行! お得に旅行資金を貯める方法

そろそろ計画を立て始めたいのが夏休みのこと。せっかくの夏休みですから、やっぱり家族で旅行に出かけ、楽しい思い出を作ったり日頃のストレスから解放されたり、息抜きの時間を作りたいものです。

とは言え、家族揃って旅行となると、心配なのはその費用。宿泊費に交通費、食費、現地で遊ぶお金とトータルで考えるとかなりの金額になるものです。

気軽にお財布から出せる金額ではないからこそ、あらかじめしっかりと準備しておきたいですね。また、限られた予算の中でもできるだけ工夫し、旅行の内容を充実させることも大切です。

今回は、家族旅行のお金についてのポイントをご紹介しましょう。

■レジャー費用の貯め方:旅行積立&500円玉貯金

意識しないと貯まらない、レジャーや旅行の費用。少しでもお得に、そして負担なく用意するためにはどうすればいいのでしょうか。

まず、定期的に旅行をするという人におすすめなのが、大手旅行会社や航空会社が提供している「旅行積立」というサービス。これは、毎月お金を積み立てていき、満期になるとサービス額(金融商品で言う利息)が上乗せされる商品のことです。

積み立てたお金は旅行券や航空券にしか利用できませんが、強制的に費用を用意できますし、サービス額の利率は銀行の利息を大きく上回るものが多くあるのです。たとえば、年利換算で2.0%の商品の場合、毎月1万円ずつ貯めれば1年後に2,400円がプラスされる計算になります。もしくは、毎月の給料から天引きさせて、強制的に生活費と分けるという方法もあります。

一方、楽しみながらお金を用意したいなら、おすすめは500円玉貯金です。買い物のおつりで500円ができたら貯金箱に入れるという単純なものですが、「家族旅行」という目的ができると、意識して500円玉を作りたくなるので、意外と早く目標額をクリアできますよ。

■お得に旅行を楽しむ方法:早期予約&訳あり商品

旅行費用の貯め方がわかったら、次は予約です。なるべく安い費用でいい宿やいい条件のツアーを取っている人は、やはりできるだけ早い時期に予約をしているものです。航空券も早い時期ほど安く購入することができます。旅行積立と早い時期の予約を組み合わせれば、かなりお得に旅行を楽しむことができますね。

また最近では、多くの旅行会社で「訳あり」の格安宿泊プランが用意されています。低層階の部屋、チェックイン時間が遅いなど、自分が許容できる範囲であれば、かなりお得に宿泊ができますので、ぜひ利用してみましょう。その分、旅先でのレジャーにお金を使うようにすれば、充実した内容の旅行が楽しめますね。

その他、列車の旅をするなら、列車と宿泊を自由に組み合わせできる「JR東日本ダイナミックレールパック」などもおすすめ。自分で好みのツアーが作れる上、価格もお得なのが嬉しいです。

費用が高くなりがちな家族旅行も、情報を集めればお得に楽しむ方法は色々あります。この夏は、工夫をして満足度の高い家族旅行をしてみましょう。

【マネーギャグアニメ動画】実は交番でお金が借りられる!?

わんわんわんコイン第15話『実は交番でお金が借りられる!?』

犬でコインな「わんわんわんコイン」と小学生社長の金男くんが繰り広げるマネーギャグアニメ、『わんわんわんコイン』。

第15話は…宿命のライバルデイビッドとの対決に勝利した金男くん。これで平和な毎日が…と思うのも束の間、突然訪れるわんわんわんコインと金男くんとの別れ。いったい何が起こったのか!そして最後に残るのは金か友情か?詳しくはこちら!

好評連載!鷹の爪を生んだDLEによるオリジナルアニメ『わんわんわんコイン』 バックナンバー!
「忘年会で得するフェイクって!?」
「クリスマスのラブホの相場!?」
「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
「バレンタイン、実は損してる!?」
「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」
「紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命」
「火遊び厳禁!取られる現金!不倫の慰謝料の相場」
「意外と安物!?今飲んでるそのお酒、原価っていくらなの?」
「キスをするのに掛かる平均金額って、いくらなの?」
「女の本音!合コンで何円までなら出しても良い?」
「転職者を蝕むマネートラップ!」
「世に潜むボーナスに固執する銭ゲバ女!」

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

最新作の第15話はこちら!

家族が多くて食費が大変!そんなあなたにふるさと納税

家族が多いとなにをするにしても出費が大きくなりますよね。ちょっとした旅行に出かけようものなら例え日帰りでも1万円札が紙切れのように飛んでいきますし、子どもが成長するにつれて教育費もバカになりません。

そして、数多い出費の中でも最も大きな出費の一つとして食費が挙げられるのではないでしょうか。特に育ち盛りの男の子となると、ご飯おかわりは当たり前。主婦の1.5倍以上ものおかずを食べ、なおかつ間食まで欲しがるので家計が悲鳴をあげる寸前という家庭も多いのではないでしょうか。

今回はそのような食費を抑えたいと考えるあなたのために、とにかくボリュームのあるふるさと納税を紹介します。

そもそもふるさと納税とは本来は地方創世ということで、地方に寄付をするための制度でした。寄付と聞くと庶民の私たちにはなじみがあまりないかもしれません。しかし、今は地方からの豪華なお礼がもらえることもあって、非常に人気を集めているのです。しかも寄付金額の大半は税金から控除されるため、実質2,000円でそのような豪華なお礼の品がもらえるのです。

ふるさと納税はメディアから非常に注目を集めたこともあって、人気も急上昇しています。それだけお得な制度であれば、もしかしたら食費の負担を少し軽くすることもできるかもしれません。

それでは紹介していきます。

A3綾ぶどう豚食べ尽くしセット
まずは大人気宮城県綾町のふるさと納税です。1万円の寄付でトンカツ用の豚肉や、焼き肉用の豚肉、ハンバーグなどを含めた合計2.25kgもの豚肉のセットがもらえます。節約したいと考えると高級肉を買うことにも抵抗があるかもしれませんが、ふるさと納税ではそんなことを気にしなくても大量のお肉がもらえるので嬉しいですね。

特別栽培米あきたこまち25kg
もう一つ紹介するのが茨城県稲敷市のふるさと納税です。こちらも人気のため、品切れ必至ですが、随時追加されているのでチェックしておけば問題ないでしょう。

1万円の寄付で25kgものお米がもらえるのは稲敷市だけです。ぜひとも日頃からチェックして大量のお米をゲットしてもらえたらと思います。

ランキング