【未来のiPhoneはこれ!?】 Appleが特許取得で見えてくる、未来のカタチ

6351.jpg

 Appleが、またも気になる特許を取得した。2014年に「iPhone 6 / 6 Plus」を発売したが、大型化して画面が見やすくなったという評価もある一方で、一部ユーザーからは、片手で操作がしにくいといった声もある。

 Appleもこれを認識したのか、今年3月には4インチ回帰となる「iPhone SE」を発売したが、昨今のスマートフォンのメインストリームが大型化に向かっていることからも、旗艦モデルをこうした小型のモデルに戻すことは考えづらい。今回取得した特許は、先述のような、大型化による弊害を解決する可能性のあるものだ。

■デバイスがユーザーの利き腕やどちらの手で持っているかを認識

 アメリカ合衆国特許商標庁が6月23日に公表したデータによると、奇しくも「iPhone 6 / 6 Plus」が発売された2014年12月に申請されたというこの特許には、iPhoneと思われるデバイスが、ユーザーの利き腕や、(ユーザーが)デバイスを持っている腕が右か左かを認識する技術が複数含まれている。

 まずは、ディスプレイ側面にセンサーを搭載したタイプ。ユーザーが右手/左手のどちらを使用しているかを触れる指の位置を用いて検出している。

 次に、モーションセンサーを搭載したタイプ。画像では、ユーザーがどちらの腕でデバイスを使っているのかを、検出している様子が確認できる。

 さらには、ユーザーがどちらの手でデバイスを使っているのかをデバイスに登録するために、画面上に弧を描くタイプ。こうした方法によって、デバイスが利き腕などを認識することにより、アプリアイコンが触りやすい位置に移動する様子が確認できる。

■消えた「スライドでロック解除」復活なるか

 iPhoneでは、これまでスライドでロックを解除してきたが、先般発表された次期基本ソフト「iOS 10」では、ロックはホームボタンを押して解除するよう変更された。

 このロック解除方法の変更には賛否両論がありそうだが、もしかすると将来的に復活もあるかもしれない。取得した特許には、ユーザーの利き腕を認識することで、「スライドでロック解除」のスライド方向を変更する内容が含まれている。

 もちろん、今回の件はAppleがあくまで特許を取得したに過ぎず、同社がこうした技術を使用するのか否かについては明らかでないが、いろいろと期待したい内容である。

<関連記事>

画像一覧

  • アメリカ合衆国特許商標庁が公表したデータより
  • アメリカ合衆国特許商標庁が公表したデータより
  • アメリカ合衆国特許商標庁が公表したデータより
  • アメリカ合衆国特許商標庁が公表したデータより
  • アメリカ合衆国特許商標庁が公表したデータより
  • アメリカ合衆国特許商標庁が公表したデータより

提供元

関連記事

特集

関連記事

金メダル報奨金500万円は妥当?五輪アンケート【マネーゴーランド意識調査】

ブラジルのリオデジャネイロを舞台に8月5日、4年に一度のスポーツの祭典、五輪がスタート。
それと同時に、2020年の東京オリンピックにも期待が高まります。そこで、マネーゴーランド編集部ではオリンピックに関するアンケートを独自に実施しました。

■リオデジャネイロ五輪に関して

「日本はいくつ金メダルをとると思いますか?」の質問で最も多かった回答は「4〜6個」で全体の38.9%でした。次いで「1個~3個」が29.9%、「7個~10個」が21.5%という結果になりました。

ちなみに過去の金メダルの獲得数は、2012年ロンドン大会では7個、2008年北京大会では9個、2004年アテネ大会では16個もの金メダルを獲得しています。

またリオ五輪で最も期待されている種目は「体操」で629票。次いでバレーボール(女子)588票、水泳(573票)でした。

さらに、日本オリンピック委員会(以下JOC)から出る報酬金について。金メダルを獲得した選手への報奨金はこれまで300万円でしたが、リオ五輪から500万円に増額されることが発表されています。この金額に対して「妥当だと思う」が56.4%、「妥当だと思わない」が43.6%と、意見を二分する結果になりました。

Q1:リオデジャネイロ五輪で日本はいくつ金メダルをとると思いますか?
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

Q2:リオデジャネイロ五輪に出場する日本選手の種目で、期待しているものはどれですか?
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

Q3:金メダルを獲得するとJOC(日本オリンピック委員会)から授与される報奨金額500万円は妥当だと思いますか?(競技団体からの報奨金は別)
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

■2020年開催 東京五輪に関して

では次に2020年に開催される東京オリンピックについて。「東京オリンピックに期待することはなんですか?」という質問に対して、圧倒的に多かったのが「景気がよくなること」で1,418人の支持を集めました。そのほかは「国際関係が良好になること」や「日本の文化が注目されること」でした。

また新規追加種目にしてほしい競技については「野球・ソフトボール(1,110人)」が圧倒的で、このほか「武術」「空手」が挙がりました。

最後に「生で観戦するなら、入場券はいくらまで出せますか?」という質問では、「3,000円」が42.7%、「5,000円」が24.9%と、5,000円以下で抑えたいと思う方で7割近くを占めました。ただ「10万円以上」と答えた人もおり、中には「30万円以上」が1.2%もいたという面白い結果となりました。

Q4:東京五輪に期待することはなんですか?(複数回答可)
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

Q5:東京五輪の追加種目になって欲しい競技はどれですか?
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

Q6:東京五輪を生で観戦するなら、入場券はいくらまで出せますか?
リオオリンピック、東京オリンピックに関するアンケート、マネーゴーランド意識調査

この夏世界が熱くなる、スポーツの一大イベント。東京オリンピックを見据えながら、さまざまな視点でリオデジャネイロオリンピックを観戦すると、楽しみももっと増えていきそうですね。

※上記集計は2016年6月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数1,994名)

10代のパソコン利用が急減!2年で1割近くも減少

 インテージホールディングスが発表した調査結果によると、「マルチデバイス」として、パソコン・スマホ・テレビのうち、2つ以上を使う人は全体の80%以上、3つすべての利用者は50%近くを占めていることが明らかになった。

 このように「3種全て利用」が主流となりつつも、スマートフォン、さらにはタブレットの普及で圧迫され、年々減少しているのがパソコンの利用率だ。同調査では、日本全国15歳~69歳の男女8,000名を対象に調査を行っているが、2013年から2015年にかけてパソコンの利用率は、60代の46%で変化無しを除き、すべて減少傾向を見せている。

 とくに、30・40・50代については、パソコン利用率は1~3%の減少に留まっているが、20代では89%から83%と6ポイント減、さらに10代では89%から81%へと、8ポイントの大幅減少を見せていることが明らかとなった。

 スマートフォンはもちろん上昇しているが、すでに普及している10~30代よりも、未利用者が多く残っていた40~60代で利用率の伸びが大きく上昇。40代が49%→68%ともっとも大きな伸びを見せている。

 タブレットは逆で、10~30代のほうが、40~60代よりも利用率がこの2年で大きく伸びた。とくに30代の大幅増について「学生時代にインターネットが身近になかった年代が、 読みやすく操作しやすい大画面を持つタブレットを好む傾向の現れ」と、同調査では分析している。

 利用率の伸びではなく、利用率そのもので見ると、デバイスの毎日利用率において10代~40代ではスマートフォン、50代~60代ではテレビが相変わらずの1位。年代が若いほど利用デバイス数が多いことも明らかとなっている。

FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編【上村和弘のFX基本講座】

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ。

今回は、前回の「FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!」に続いて、スマートフォンでチャートを表示させてみましょう。前回同様、DMMFXで行いますが、後半、簡単テクニックもお伝えします。

スマホ(今回はアンドロイド版)のPlayストアからDMMFXのスマフォアプリをダウンロードする手順をご紹介します。※iPhone版もございます。

■スマフォでチャートを表示する:1
PLAYストアで、DMMFXと検索すると、DMMFXのアプリが出てきますのでインストールしましょう。タレントのローラさんとFXトレードの画面が出てくるのですぐに分かります。

DMMFXアンドロイドアプリインストール画像

インストールを完了して、DMMFXアプリを開くと為替レート画面が表示されます。

DMMFXアンドロイドアプリ為替レート画面

早速、チャートを開いて為替相場の動きを確認して、今後の予想をしてみましょう。
画面の一番下にあるチャートをクリックしてください。

すると、米ドル/円のチャートが開きました。何も設定変更していなければ、基本チャートは1分足・ローソク足の表記です(下図チャート1)。※ローソク足とは、日本独自のチャートで、4本の値段(始値・高値・安値・終値)を表現したもの。一定期間の節目が把握できるチャートです。

1分足は一本の棒(足)が1分間の値動きを示しており、1分ごとにチャートの足が一つ増えていくので、短い時間の値動きを見るために利用されます。スマートフォンでも高機能なDMMFX、分かり易いですね。。。

■平均足を使った簡単テクニック
さて、ここから簡単テクニックをご紹介!チャート画面の一番下にある【設定】をクリックして、平均足に変えてみましょう。平均足は初心者の方が、ビジュアル的に方向性を確認出来るチャートタイプです。これなら投資経験の無い方でも流れが分かります(下図チャート2)。

■チャート1:ローソク足
DMMFXアンドロイドアプリチャート画面

■チャート2:平均足
DMMFXアンドロイドアプリチャート画面2

チャート1のローソク足とは少し雰囲気が変わりましたね。この平均足は、FX初心者が相場予想を楽しんでもらうのに一番有効だと思います。FXや投資の細かな事を知らなくても大丈夫、視覚的に分かり易いのでFXを行う際には活用をおススメします。成功確率が大幅に増す事でしょう。

チャート1(ローソク足)では、上昇の赤線(陽線)と下落の青線(陰線)が混在していますので、今一つ流れが確認出来ないですね…。一方、チャート2(平均足)では、かなりスッキリしていますので、大まかな方向性等が掴めるようになります。取引の際には、平均足を見て上昇傾向の確認をした後に取引(買ってみる)、といった使い方になります。

平均足を見ていれば、9:59や10:12頃には変化のタイミングという事で、買えた可能性が高いですね。10~20分位の短時間で、1口44,000円程の資金に対して2,000円~2,500円程の利益が出た事になります。

私はFXに際しては様々な分析を行っていますが、この平均足の重要性を認識し、必ずチェックします。上昇傾向や下落傾向、横ばい、また変化の確認などの判断に役立てます。平均足の見方やルール等は次回に譲る事にしますが、重要な武器として活用しています。

皆さん、見比べてイメージが湧きましたか?おそらく予想が出来るようになった事でしょう!平均足はFXだけではなく、株式でも225先物等でも活用出来ますので、覚えておくと大変便利です。

次回、平均足について触れて行きます。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい

●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!

スマホアプリでFX体験してみよう!【森川あきこの気長にゆったりFX】

前回は、「FXのデモトレード!【森川あきこの気長にゆったりFX】」で、実際に仮想通貨を使ったFXデモトレードの様子をPC画面の画像をお見せしてレポートさせていただきました。

今回は電波さえあれば、いつでもどこでも取引可能なスマホでのデモトレードをご紹介します!

株であってもFXであっても、残念ながら基本的には土日は休場のため取引はできません。そのため、普段平日にお勤めしていたり、学校に行っていたりという場合は忙しくてできない…と思いますよね。

しかし、FXは24時間取引可能という特徴があります。さらに最近では、ほとんどのFX会社でスマホアプリを取り扱っているので通勤途中やランチタイムを活用して取引することも十分できてしまうんです。実は、私もちょこちょこ空き時間にトレードしています。

■FXデモトレードでもアプリを使って取引できる!

なんと今はデモトレードもアプリでできるFX会社もあるようです。ちょっと前まではなかったような?

今回はYahooグループのYJFX! を使ってみました。FX cymo バーチャルトレードというアプリをダウンロードしましょう。

アプリで簡単!FXデモトレード【森川あきこの気長にゆったりFX】
※引用:YJFX

ダウンロードができたらデモ口座を開設します。
必要事項はメールアドレス、パスワード、資産の設定の3つのみです。

■アプリでFXデモトレード初挑戦!

さて、先程登録したメールアドレスに届いたIDとパスワードでログインをして取引スタート。こちらはドル円の5分足チャートの様子ですが、なにやら円安の気配? ということで、110.908円と110.927円の2回に分けて1万通貨ごとに買い注文。+730円の利益がでました。今日は調子がよさそう!

アプリで簡単!FXデモトレード【森川あきこの気長にゆったりFX】
※引用:YJFX

と、調子に乗って短い間に売買を繰り替えしていたら、結局+244円に。マイナスになる前に今日の取引は終了。

この勢いで円安になっているのは、反動で少し下がる気がするので110.966円のところで売り注文をいれて次の日まで待ってみます。

翌朝の通勤時間中に(電車内ですが)確認してみると…おお下がってきている! もっと持ち越しても良さそうですが、ここはおさえて利益を確定(=利確と言うらしい)。

今回の取引の結果は…⁉︎ 昨日の+244円に今日の+990円を足して+1,234円です。バタバタしましたが今のところいい感じです♪

アプリで簡単!FXデモトレード【森川あきこの気長にゆったりFX】
※引用:YJFX

■今回の学び

前回に引き続いて実際に取引してみたところ、焦ってしまって調子に乗って売買していると、いつの間にか資産が減ってしまうかもしれないので落ち着いて取引しないといけないですね。今日は調子が悪い、と思ったら1回お休みしてまたリベンジしてみることも大事です。

あとは、テクニカル的なところだと110円台→111円台など1円単位で節目となるところでは値動きが大きいことがありますね。また、急激に上がるとその反動で下がるっていうことを再確認することができました。

さて、夏休みの計画も出始める頃ですね…
次回も宜しくお願い致します。

ランキング