よけいな出費をセーブ!子連れでも安心して花火を見るためには?

このレシピを実行して

THANK YOU 円貯まる!
<材料>

・ 花火大会

<Point>

1子連れで花火大会に行く時は要注意

2観覧席は公式の場所に行こう

3花火後に近くのレストランを予約しておく

6226.jpg

夏の風物詩である花火大会に足を運ぼうと考える人は多いでしょう。屋台でにぎわい、人が集まる中真っ暗な空に打ち上げられた美しい花火は見る人の心を奪い、毎年恒例の夏のイベントにしている人もいると思います。

しかし、花火大会に混雑はつきもので「グズる子どものためにおもちゃやお菓子を買う羽目になった」「夕立で傘やタオルを購入せざるをえなかった」など、予定外の出費が必要になったということもあり得る話です。

せっかくのイベントが苦い思い出にならないように、花火大会で家族全員が楽しむコツについてお話しします。

■事前の持ち物チェック

花火大会では人が多いために、なかなか思うように行動が取れません。トイレには長蛇の列が並び、どこもかしこも渋滞で飲み物も買えない。また意外に思うかもしれませんが、人が集中している場所では携帯が繋がりにくいという問題もあります。このような事態をあらかじめ想定しておき、準備をする必要があるのです。

最低でも持ち物として、お金、携帯電話、地図、飲み物、タオル、レジャーシート、ティッシュ、雨具、うちわといった道具を持っていくといいでしょう。

■混雑を避けて観覧するために

花火大会の人混みは気持ちを高めてくれるものと考えることもできますが、子連れではできるだけ人混みを避けたほうが無難です。少しお金を払ってでも有料観覧席を取ることをおすすめします。適度な収容人数できちんと係員が管理しているので安心できます。

間違ってもネットであるような穴場スポットは避けるようにしましょう。大体の穴場スポットは同じ考えを持った人が集まりますし、主催側の管理も行き届いていないため、トラブルが発生する可能性も高くなってしまいます。

■帰りの混雑を避ける裏技

行きは元気だった子どもも帰りとなるとぐったりしているかもしれません。その中で再び混雑をかき分けて帰るのは、あまり賢い選択肢とは言えません。ですから、花火大会の後に近くのレストランを予約しているといいでしょう。

1時間ほど花火大会のあとにご飯を食べるだけでも、ずいぶんと帰りやすくなるでしょう。混雑を避けて楽しい花火大会を満喫してください。

画像一覧

  • 夏は家族全員で花火に行こう!子連れでも安心して花火を見るためには?

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

【おトク+節税+地域貢献】夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回ご紹介するふるさと納税プランは、夏を楽しく過ごしたい方には必見です。全国各地で開催される花火大会を間近でたっぷりと楽しめる魅力的なプランを厳選してお届けします。

【オススメふるさと納税:ひと夏の思い出を作ることができるプラン編】
おすすめ●16 『大石田まつり花火大会ふるさと花火打ち上げ権、観覧席ペア招待券』
山形県大石田町 10万円以上でもらえる
毎年8月中旬に開催される大石田まつり。そのメインイベントとなっているのが伝統の大花火大会です。20号玉の連発をはじめとする大型花火と灯籠流しが最上川の川面を美しく彩ります。そんな花火大会でメッセージ付きの10号玉打ち上げとペア鑑賞席がセットになったプランがこちら。自分だけのマイ花火を打ち上げできるということで、平成28年度分は早くも受付終了。来年を狙って今から申し込んでみるのはいかがですか。

●どんな町なの?『そばの里作りに力を入れるまち』
山形県のほぼ中央に位置する大石田町。最上川の三難所の下流に位置しており、かつては最上川最大の船着き場として栄えました。水と緑の豊かな景観に恵まれ、松尾芭蕉などの文人や画家が多く訪れています。水稲やスイカの栽培が盛んな他に玄そばの産地として知られており、その生産量は県内でもトップクラス。近年ではそばの里づくりにも力を注いでいます。

●アクセスガイド
山形市内から車で約60分、山形駅から電車で約40分
仙台市内から車で約100分、仙台駅から電車で約150分

【オススメふるさと納税:ひと夏の思い出を作ることができるプラン編】
おすすめ●17 『沼津夏まつり狩野川花火大会会場アナウンス付き「大スターマイン」花火打ち上げ&観覧席券』
静岡県沼津市 50万円以上でもらえる
毎年7月下旬の週末に開催されている沼津夏まつり狩野川花火大会。その会場にて大スターマインの打ち上げ権利をもらえるのがこちら。寄付された方が命名できる花火タイトルを記したプログラムや、寄付したご本人の名前入りパンフレットなどがもらえるほか、4マス分/席指定の観覧席チケットもセットになっています。打ち上げの際には会場内にアナウンスがされるという魅力的なプランです。

●どんな町なの?『回遊性を持ったまち』
首都圏から100km県内に位置する静岡県東部のまち。古くから交通の要衝として栄え、東静岡の中心的な役割を果たしてきました。置く駿河湾越しに見える富士山、千本松原、香貫山など風光明媚な景観を持ち、豊かな気候がもたらす多くの名産物でも知られています。商業、観光、農業など多様な産業がバランスよく発展しているのが特徴です。

●アクセスガイド
東京駅から電車で約120分、東京から車で約100分
静岡駅から電車で約80分、静岡市内から車で約70分

夏の夜空を美しく彩る花火大会。誰しもいちどは出かけたことがあるのではないでしょうか。そんな夏の風物詩を、忘れられない一生ものの思い出に変えてくれるふるさと納税プランを厳選してご紹介してみました。活気あふれる会場でゆったりと花火が見られる鑑賞席を確保するだけでなく。自分だけの花火を打ち上げる権利もこのプランなら手に入れることができます。人生の重要な岐路に立っている方は、ぜひふるさと納税でおトクに活用してみるのはいかがでしょうか。

次回もお楽しみに!

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税

『おすすめ114~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税

キャンプも食べ放題も!ふるさと納税「夏の家族旅行」おすすめプラン

夏といえば家族全員揃って旅行に行こうと計画を練っている人も少なくないでしょう。しかし年に何回も行けるわけではないので、節約しながらも楽しく旅行に行きたいですよね。

そしてそれを実現する方法の一つとしてふるさと納税を利用するという方法があります。ふるさと納税によって、普段あまり行かないような地域に足を運んでみるのもいいでしょう。

今回はお得な家族旅行を提供している、ふるさと納税を紹介していきます。

■イルカ触れ合い体験:高知県室戸市

子どもも大人も動物好き!という人は多いと思います。高知県の室戸市ではそんな家族のためにイルカと触れ合い体験が室戸ドルフィンセンターでできるお礼の品を用意しています。

普段なかなか水槽の中やイルカショーでしか見られないイルカと触れ合える機会なんてないですよね。寄付金額も5,000円と割安なので、ぜひ興味がある人は室戸市に寄付をしてみてください。

■キャンプ体験:新潟県三条市

夏と言えば海!という方も多いかもしれませんが、山派という人も少なくないでしょう。新潟県三条市のふるさと納税では、自然に囲まれた山の中でキャンプ体験ができます。

このふるさと納税で最大の特徴とも言えるのが、『手ぶらキャンプ体験コース』という名前がついているとおり、持ち物が食材と飲み物だけで済んでしまうという点。重くて大きなキャンプ用品がすべてセットになっているため、家族旅行に最適ともいえるのではないでしょうか。こちらは6万円以上の寄付で受け取れます。

■食べ放題&水族館等入場券セット:愛知県碧南市

最後に紹介するのが愛知県碧南市のふるさと納税です。『81.へきなん満喫スペシャルプランmini』では、碧南市を一望できるレストランのランチバイキング、そして碧南市の公共施設利用券が4人分贈呈されます。

公共施設利用券の中には水族館入場券や美術館入場券、明石公園500円乗り物券やあおいパークもぎとり体験300円券などが入っており、至れり尽くせりとも言えるでしょう。こちらは2万円以上の寄付で受け取ることができます。

いかがだったでしょうか。このようにふるさと納税を利用することで普段行かないような地域に足を運ぶきっかけにもなりますし、なにより格安で行けることは大きなメリットですよね。上手にふるさと納税を利用することで家族旅行を満喫してはいかがでしょうか。

ふるさと納税について基本から知りたい方は、基本をおさらい!ふるさと納税の仕組み【マネーゴーランド意識調査】を参考に見てみてください。

【ムダな出費】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.8

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

雑誌を見ても、Webサイトを見ても、「コスパ(コストパフォーマンス)」という言葉を頻繁に見るようになりました。お店のチラシや店頭に貼られるPOPなどにも「コスパ最高!」という文字が踊っています。商品を得るために要する費用と得られる価値の度合いという概念が、短く言いやすい言葉で共有されるようになりました。
商品を売る側でも「やみくもに安価なものを開発するよりも、費用対効果の高いものであると訴求できるものを開発しよう」という動きが活発になったような気がします。それは、基本的にはいいことだと思うのです。

でも、売る側から「コスパがいいですよ!」と売り込まれることに対して、なんだかモヤッとした気持ちが湧き起こるのを禁じ得ない、ワタクシ。コスパというのは消費される段階で評価されるべきものであって、売る側から押しつけられるものではないのではないかと思ってしまうのです。
「高コスパ商品ベスト10」だとか、そういう特集を雑誌で見たりすると、「コスパはこっちが決めるもんでしょ」と口をとがらせてしまうのでした。

「この圧力鍋はコスパがいいですよ」と言われても、「そりゃあ、一般的にはそうかもしれないけど、ワタクシは大量にアンコを煮たりするので、これじゃあ小さすぎ」という極めて個人的な事情が頭をもたげます。そして、その個人的な事情こそがコスパを決定づけるものなのではないかと思うのです。
ヘタすると、コスパが高いと評判の商品にあわせて自分のライフスタイルの方を変えようとしてしまう自分がいたりする…。それでは、甘さ控えめのおいしいアンコが食べられなくなります。結果的に、コスパ最悪じゃん的な結果を招きかねないと思っています。コスパについて検討するときに、「自分」という軸をけっしてブレさせないように気をつけねばなと考えています。








※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】
Vol.5【ふるさと納税】
Vol.6【ネットショッピング】
Vol.7【無料サービス】

【小さな倹約】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.4

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

うちには猫が3匹おります。もともとは1匹だけ飼っていたのですが、その猫が老いてきまして、「この猫が死んだら、猫バカな相方が深刻なペットロスになるに違いない」と思ったワタクシ。なんでも、ペットロスになると次の猫が飼えないまま、ずっと傷心のままでいるのだとか。
「この猫が生きているうちに新しい猫を飼ってしまおう、ほかの猫がいるからといって飼い猫が死んだ時の悲しみは減らないだろうけど、とりあえず次の猫が飼えないなどとは言っていられなくなる」と、ワタクシは一念発起して子猫を2匹、愛護団体からもらいうけたのでした。

「猫が3匹もいたら、お金がかかって仕方がないでしょう」と、心配してくださる方が大勢いらっしゃいました。たしかに、エサ代、トイレ砂代などなど、コストはだいぶ嵩みます。ただでさえワーキングプアなこの身に、大きな負荷となりました。

ところが、我が家の猫の画像を表紙カバーにした「僕は猫好きじゃない」という本を出版したところ、都内の猫本専門店で好調に売れまして、昨年、一昨年は、この本の売上げで糊口をしのぐことができました。「表紙カバーの猫ちゃんが可愛くて、ジャケ買いが多いんです。この猫ちゃん、優秀なセールスマンですね」と、猫本専門店の店長さんはおっしゃったのでした。人間万事塞翁が馬ですね。

ランキング