億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点

このレシピを実行して

5億 貯まる!
<材料>

・ 宝くじで当選する方法

<How to>

1宝くじで高額当選する人には多くの共通点がある

2購入から結果まで妥協をしない

※ 2016年7月6日から発売開始となる『サマージャンボ宝くじ』で1等に当選したときの金額

6224.jpg

7月6日から『サマージャンボ宝くじ』の販売がスタートします。サマージャンボでは1等の5億円が23本も設定されており、まさに夢を買いたい人に絶好のチャンスともいえるでしょう。

『全国自治宝くじ事務協議会』のウェブサイトによると、宝くじを一度でも購入したことがある人は全国18歳以上の人口のうち78.5%になり、一攫千金を狙って数百枚購入するような人もいるそうです。

今回は『宝くじ公式サイト』の情報をもとに、宝くじで1,000万円以上の当選金を受け取った人に行われたアンケート結果から見えてくる、高額当選者の共通点にフィーチャー。5億円を獲得するための方法についてお話しします。

■高額当選を狙う方法1:購入枚数

宝くじによって一発でお金を稼ぎだした人たちは一体どれほど多くの宝くじを購入しているのでしょうか。結論からいうと、高額当選者の最も多い購入枚数は、男性は30枚、女性では10枚と少し分かれる形になりました。

しかし、宝くじが一口300円ということを考えると、男性であれば1万円近くの金額を宝くじに使っているのです。やはり宝くじを当てようと考える人はそれなりの金額を宝くじにかけていることがわかりますね。

■高額当選を狙う方法2:購入へのこだわり

宝くじの高額当選者には購入にこだわっている人も少なくありません。最も多かったこだわりポイントは「連番・バラの割合」という解答でした。連番であれば前後賞で一攫千金も狙えますが、外れた時は一瞬でわかるのでむなしくなりますね。

逆にバラで買う場合でも、縦バラや特バラといった購入方法もあり、いろいろな工夫をしている人が多いことが読み取れますね。

■高額当選を狙う方法3:ゲン担ぎ

やはり当選者の多くはゲン担ぎをしている人が多く、なんと高額当選者の76%もの人が何らかのゲン担ぎを行っているということでした。やはり風水の影響もあるのか、気分がいいときには運気を呼び寄せるのかもしれません。

なんとなくでも「今日は気分がいい!」「いいことがあった!」という日に購入すると当選確率も上がるかもしれませんね。

■高額当選を狙う方法4:保管場所

宝くじで高額当選した人は宝くじの結果が出るまで一切妥協しないようですね。ここまでくれば感心する部分もありますが、高額当選した人の4人に1人が神棚や仏壇に供えているそうです。

宝くじを当てるためには数を買うだけでなく、購入した後にどのような行為をするのかということまで非常に重視していることがわかりますね。この記事を読んでくださった方は、ぜひ購入から結果が出るまでこだわってみてください。

参考:もし共通点がなくても諦めないで!!

億万長者とは言わなくても!?マネーゴーランドでこれまでに扱った高額記事。
■5,000万~1億円
ほとんどの大人が投資しているファンドがあるんです!
あなたの自転車ライフ大丈夫?安心して乗る自転車のための保険

■3,000万~5,000万円
自転車事故で多額の損害賠償を求められたら、どうする?
老後の生活、公的年金だけでは大きく不足!退職金・企業年金の考え方

■目指せ年収1,000万!
年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは
3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断
年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

画像一覧

  • 億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」共通点

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

【おトク+節税+地域貢献】こんなものまでもらえるの?生活を豊かにしてくれるふるさと納税

日本全国の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回お届けするのは、普段の生活をちょっと豊かにしてくれるふるさと納税にスポットを当ててみました。食べ物や飲み物以外にも、まだまだ日本には隠れた名産品が眠っています。そんな各地域の特産品で日常の生活にハリをもたらしてみるのはいかがですか。

【オススメふるさと納税:手の届く日常品から手の届かない銘品まで編】

おすすめ●26 泉州タオルでできた『美顔バスローブ』(1枚)
大阪府泉佐野市 2万円以上でもらえる
明治時代から続くタオル生産のまちとして有名な泉州佐野市。明治時代には新井末吉氏が発案した打出機によって泉州タオルの原型が誕生。吸水性に優れ、清潔で肌触りの良い後晒タオルの製法は今もなお墨守されています。

そんな泉州タオルを贅沢に使ったバスローブがこちら。美顔バスローブとは、スキンケア成分を配合した繊維を使用することで素肌に触れるだけでスキンケア効果が期待できるというもの。タオルに精通する泉佐野市らしい返礼品です。

●どんな町なの?『賑わいと歴史のある迎都』
大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置する泉佐野市。沖合に浮かぶ関西国際空港を有する、国際都市としても知られています。その一方で背後に和泉山脈を擁する自然の豊かな側面もあり、市の特産品である水なすは、「泉州水なす」として全国的にも有名。さらに繊維産業が発達しており、中でもタオル生産においては日本国内のシェア47%を占めているほど。

●アクセスガイド
大阪市内から車で約40分、大阪駅から電車で約60分
関西空港から電車で約10分

【オススメふるさと納税:手の届く日常品から手の届かない銘品まで編】

おすすめ●27 『江戸小紋「鮫小紋」1着尺』
東京都墨田区 100万円以上でもらえる
江戸のものづくりを継承する墨田区では、すみだモダンという名前でブランド認証を行なっています。そのなかの1ブランドである大松染工場が手がけた反物がこちら。遠目には無地のように見える江戸小紋の中でも、紀州徳川家の裃柄を基調にした鮫小紋は、手染ひと筋にこだわった名工・中條隆一氏の手によるもの。絹100%。※返礼品は生地のみ。仕立ては別途となります。

●どんな町なの?『歴史と文教のまち』
東京都の特別区のひとつで、23区の東部に位置する墨田区。東京スカイツリーのお膝元としても有名で、世界一の観光都市を目指しています。江戸時代からものを作る職人たちが集まる街として発展し、江戸文化が発展する一翼を担ってきました。かの葛飾北斎もここ墨田区で生まれたと言われています。相撲の街としても知られており、かつての蔵前国技館と現在の両国国技館はいずれもこの地に作られています。

●アクセスガイド
東京都心から車で約20分
東京駅から電車で約15分

今回は、食べ物以外の返礼品の中から各地域を代表する名産品を厳選してお届けしてみました。日本のタオルシェアの半数近くを持つ泉佐野市産のバスローブや、黄綬褒章を授与した匠の手がける江戸小紋まで、モノづくり日本のポテンシャルを強く感じさせるセレクトです。普段はなかなか見つからない日本の隠れた銘品を手に入れる機会があるのもふるさと納税の見逃せないメリットですね。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル
『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ
『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税
『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税
『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税
『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税
『おすすめ14~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税
『おすすめ16~17』 】夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税
『おすすめ18~19』 】ゴルフを楽しむだけでも節税ができるふるさと納税
『おすすめ20~21』 】やっぱり一番人気は肉でした!美味しいお肉のふるさと納税
『おすすめ22~23』 】やっぱり日本人なら魚が一番!美味しい海産物のふるさと納税
『おすすめ24~25』 】日本の夏を快適に過ごせる、ひんやりお菓子のふるさと納税

【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

肥満や薄毛のみならず、身長が低いことだったり、大きい方がいいとされている部分が小さいことだったり…人々が抱くコンプレックスを解消すると謳う広告は、昔から数多くありました。もう半世紀も生きているワタクシなんかは、その手の広告の商品にはマユツバものが多いということもわかりきっております。「はい、はい」ぐらいの感じで、鼻で笑ってスルーすることがほとんどですが、ネットの時代が到来してから、広告のキャッチコピーが昔よりえげつなくなってきているなぁと感じています。

クリックという行動をさせなければ詳細情報を読ませることができないという構造上、ある程度は仕方ないとは思うのですが、生体学上ありえない奇蹟が起こるかのような言葉が平然と踊っているwebサイトを見たりすると、開いた口がふさがらなくなります。

さらに不快なのは、社会の中にコンプレックスを産みだして商品を売りつけようという戦略が見え隠れするところ。「加齢臭防止グッズ」などは、そのいい例だと思います。「あなたはもう中年なんだから常に加齢臭に細心の注意を払わねば孤立しますよ」的な恐怖心を植え付けて、普段から清潔に暮らしている人にまで加齢臭グッズを売りつけて稼ごうとする…そんな広告がちらほら見受けられるのです。

コンプレックスなんて捨ててしまえば、そんな広告に釣られて大枚をはたいたりぜずにすむもの。しかし、人間は孤独に適応できない生き物。孤立することの恐怖と戦い続けています。だからこそ、マユツバなのではないかと半信半疑でも、そんな商品に関心を持ってしまうのでしょう。

誰もが持つ、見た目や加齢へのコンプレックス。そんなものに大金を投じなくてもすむように、身近な人同士、ひとりひとりの違いを尊重しあえばいいものを、傷つけあってしまう場合が多いのは悲しいですね。いまもどこかで、傷ついた人や不安にかられた人がマユツバものにお金を使っているところを想像すると、もっと社会が洗練されればいいのになぁとタメ息まじりに思ったりするのです。

【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9
【コンプレックス】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.9

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】
Vol.5【ふるさと納税】
Vol.6【ネットショッピング】
Vol.7【無料サービス】
Vol.8【ムダな出費】

手数料80%カット!夏休みに活用したい外貨両替【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

梅雨が終われば、待ちに待った夏到来ですね! 夏休みにはドル高・円安に振れる事も多くなりますが、両替のタイミングで考えさせられる時期でもあります。

そこで今回は、ハワイ・地中海にポリネシアと海外旅行に行く方に、両替手数料が80%近くも安くなるサービスをご紹介します。

■FX会社の外貨両替サービスがおすすめ

日本円を外貨に両替、または外貨を日本円に両替する。これってかなり手数料を取られますよね。10万円~100万円程度を両替すると数千円~数万円の手数料が取られてもったいない。でも、支払の全てをクレジットカードで行うというのも難しく、一定の現金を持っておかないと、ちょっとした買い物やサービスの時に不便。そんな時に利用できるのがFX会社の外貨両替サービスです。

海外旅行や出張の多い方は、FX会社の外貨両替サービスを利用してみるのもいいと思います。なんといっても低廉なコストが魅力、外貨両替時の取引手数料が格段に安いので、利用している方はどんどん増えています。いくつか条件もありますので、その辺りを考慮しつつ利用されると良いでしょう。

■日本円からドルに両替する場合の手数料比較

たとえば日本円からドルに両替する場合を考えてみましょう。日本円を外貨に両替する場合コスト高で、銀行の両替は 1ドル当り約2.5円、1ユーロ当り約6円の手数料が相場です。

これを計算してみると、1,000ドル(約10.6万円)分を両替するとなると、1,000×2.5=2,500円も手数料がかかってしまいます。

それに対して、FX会社の多くが提供している外貨両替は銀行に比べて格安の1ドル当り20銭、1ユーロ当り20銭が相場

これは先ほどと同じく1,000ドル(約10.6万円)に両替する場合、1,000×0.2=200円の手数料で済むことになります。大きな違いですね。

※FX会社・銀行共に、外貨を引き出す場合に、別途、出金手数料・リフティングチャージ(*)などが発生することがあります。

■マネーパートナーズの外貨受取サービス

FXの外貨両替サービスで、便利な方法がマネーパートナーズの外貨両替。他に外貨両替を行っているFX会社は、受取先が銀行の外貨口座なので、そこから引き出す手間が掛かります。

その点、マネーパートナーズFXは、成田空港や羽田空港などの主要空港で受け取れるのがお得で便利なところ。いくつかの条件(外貨両替は月に1回限り・米ドルで2,000ドルまで・出金手数料は1回あたり500円)を考慮しても十分メリットがありますね。

外貨受取サービス
※引用:マネーパートナーズ

ところで、爆買い・観光立国として外国客に期待している日本では、両替に関する様々なサービスがスタートしています。余った外貨の両替も安心です。

■外為どっとコムの外貨自動両替機

大阪のなんばに、外貨の自動両替機が設置されています。FX会社の大手、外為どっとコムが、ホテルサンルート大阪なんばに外貨自動両替機を設置しました。これは外貨を24時間自動で日本円に両替できるサービスで、大阪にお住まいの方や海外から来日される友人等がいらっしゃる場合は、利用してみても良いですね。

■フランチャイズの外貨両替専門店

ハワイやタイなど外国人観光客の多い国や地域には街中に、外貨両替所がたくさんありますね。日本でも秋葉原など観光の街には出始めています。
近年、新しいフランチャイズビジネスの一つとして、外貨両替専門店のSAKURA EXCHANGEが始まりました。インバウンド向けに外貨から日本円の両替に特化したお店で、外国人観光客の多い店や施設・街などで増えていくことが期待されています。

ボーナス期で夏休み目前、マネーゴーランド読者の方は賢い活用を検討さえてみてはいかがでしょうか。次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

<*ワンポイントレッスン>
本日のワード:「リフティングチャージ」とは?
外貨を送金する際に発生する外貨の受取手数料のこと。両替等を行わない場合でも、着金した時点で発生するという事になります。 

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本
●第2回 FXって何?
●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!
●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編
●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!
●第11回 ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!
●第13回 キャンペーン商品で生活?!
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第18回 米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?

東証一部上場企業代表が実践!成功者に共通する「時間の使い方」

時間は誰にとっても24時間です。しかし、決して高いとは言えない給料で毎日忙しく働くサラリーマンと、大企業を束ねる経営陣では、時間の捉え方が大きく違っているのです。

■経営者ほど時間への意識が高い

まず最初に、ソニー生命保険株式会社が行った調査結果をご紹介します。経営者・会社役員500名に仕事において大切にしていることを聞いたところ、「時間を守る」が57.0%で最も高く、次いで「正確・丁寧に仕上げる」「利益をあげる」「常に情報を収集する」「何事もリスクを見込んでおく」となりました。

一方、同様の質問を会社員500名に聞いてみると、「時間を守る」が最も多い回答ではあったものの48.6%と、経営者とはどの回答においても10ポイント以上の開きが生じました。

このアンケート結果を元に、東証一部上場会社代表との3年に及ぶビジネスでのやりとりを通して、筆者が実体験として学んだ、成功者が実践している“時間”の概念3つについてお話ししましょう。

■(1)「時間=人の命」と認識する

筆者がその企業代表とお付き合いをする中で、時間に対する概念で印象的だったのは「時間=人の命」というものでした。代表は人生の残り時間を把握しており、自分が死ぬまでの残り時間と家族の時間も管理して、有限な人生の中で「時間」を大事な資産として常にストイックに管理しているのです。

■(2)すべての人の時間を平等に大切にする

年間1,000億円以上の売上を上げる企業グループの代表であれば、時間の価値は社員のそれとは若干違います。しかしながら代表は、社員の時間に対しても同じように「時間=人の命」として大事にしていました。

打ち合わせの最後に、参加者に対して打ち合わせのお礼をする姿勢を見て、私の意識も「限られた時間で価値を出そう」と変わっていきました。今も私の時間の概念は、その時の影響を受けています。

■(3)必要ない会議はなくす

大抵の企業では、参加者が無駄だと思っていても、定例会議があります。私は打ち合わせを30分単位と決めていますが、無駄な会議だと思えば週1度から2週に1度などと頻度を減らし、本当に無駄であればその会議をなくしていきます。

■経営者は限られ時間でいかに「価値」を出すかを考えている

一般的に社員は限られた給料の中でどう“時間”を過ごすかを考えていますが、経営者は限られた時間で「価値=売上」を上げ続ける仕組みを作ることを考えていて、自分がいなくても動く「組織」「ビジネスモデル」「仕組み」を作り、投資をしていきます。

一流の経営者は、時間を有限だということを常に意識して、時間を自分の有限な資産として“投資”していると考えられるでしょう。それとは対照的に、社員は時間が無限にあるかのように勘違いして“浪費”する傾向があります。

その差が1週間、1ヶ月、1年と積み重なることで、収入にも関わってくるのも当然だと考えられます。最初から差があるのではなく、有限な人生の限られた時間の中で、どういう価値を出せるかに意識をおくことが重要だと考えます。無駄な仕事や会議をやめて、自分の時間を価値のある時間にするための“投資”を始めてみませんか。未来の自分の在り方が変わってくるはずです。

参考 ※1 ソニー生命保険株式会社「経営者と社員の意 識比較調査」

ランキング