金融教育、6割以上が「行うべき」と回答!・・・「金融リテラシー調査」

6300.jpg

 家計管理や生活設計などの金融教育について、6割以上の人が「行うべき」と考えていることが6月17日、金融広報中央委員会「知るぽると」が実施した「金融リテラシー調査」の結果から明らかになった。「行うべき」とした人のうち、実際に金融教育を受けたという人はわずか8.3%だった。

 調査は、金融リテラシー(お金の知識・判断力)の現状把握を目的に、金融広報中央委員会が2月29日から3月17日まで、全国の18~79歳の男女25,000人を対象にインターネットで実施した。金融広報中央委員会としては、2011年の「金融力調査」に続き2回目の実施となるが、2014年に策定した「金融リテラシー・マップ」の体系を踏まえた大規模調査としては国内初だという。

 金融教育について聞くと、62.4%が「行うべきと思う」と回答。「思わない」12.9%、「わからない」24.7%を上回った。「金融教育を行うべき」と回答した人のうち、実際に金融教育を受けたことがある人は8.3%。金融教育を受けた人の割合は米国の3分の1で、金融教育を求める声と実績にはギャップがみられた。金融教育を受けた人の割合は、「学校など」6.6%、「家庭」19.8%。金融知識について自信があるという人は1割にとどまった。

 金融知識・判断力について、正誤問題を点数化して調査した結果、全体の正答率は55.6%。金融リテラシーマップの分野別では、「金融取引の基本」が72.9%ともっとも高く、「金融・経済の基礎」が48.8%でもっとも低かった。正答率は、18~29歳の年齢層が42.9%ともっとも低く、年齢が上がるとともに上昇する傾向にあった。

 ただ、「金融教育を受けた」と回答した学生の正答率は56.4%と、金融教育を受けていない学生の正答率38.2%よりも高く、全年齢層の平均55.6%も上回る結果となった。金融教育を受けた人は、金融商品購入時にほかの商品と比較するなど、望ましい金融行動をとる割合が高かったほか、「学校での金融教育の必要性を認識している」という人は88.3%にのぼった。

 都道府県別の分析では、正答率は「奈良県」の60.5%がもっとも高く、「香川県」59.4%、「京都府」58.2%、「岡山県」58.0%、「鹿児島県」57.9%の順に高かった。もっとも低かったのは「山梨県」の48.7%で、「沖縄県」51.3%、「山形県」51.6%、「青森県」51.7%、「鳥取県」「長崎県」52.5%の順に低かった。

 正答率は、金融トラブル経験者や緊急時に備えた資金確保者の割合と相関があり、正答率の低い県は金融トラブル経験者の割合が相対的に高く、正答率の高い県は緊急時に備えた資金を確保している人の割合が相対的に高くなっている。

 金融広報中央委員会では、今後の課題について「金融教育を求める声にこたえるべく、より広範に各年齢層の重点課題を念頭に置きつつ、金融教育などを実施していくことが必要」としている。

<関連記事>

画像一覧

  • 金融教育を求める声と実績とのギャップ
  • 金融教育の経験
  • 金融知識に関する自己評価
  • 金融リテラシー・マップの分野別正答率
  • 誤問題の正答率(年齢層別)
  • 金融教育を受けた人の割合
  • 金融教育の効果
  • 正答率が高い人の特徴
  • 地方・都道府県の正答率
  • 最低限身に付けるべき金融リテラシー(金融経済教育研究会報告書より)
  • 金融リテラシー・マップ(抜粋)

提供元

関連記事

特集

関連記事

旅行先&予算も丸わかり!夏休みの計画ランキング【マネーゴーランド意識調査】

6月も後半に差しかかり、そろそろ本気で計画を立て始めたいのが夏休みのこと。そこでマネーゴーランド編集部では『夏休みの予定に関するアンケート』を全国の2,076名を対象に実施。

夏休みの旅行先からレジャー費用、夏休みの時期まで、世間の人々がどんな計画を立てているかご紹介しましょう。夏休みの予定をたてるなら、もう今すぐ始めたほうがいいかもしれませんよ!

■「8月に10日間休み」が多数

まず、今年夏休みをとる予定があるかどうか聞いたところ、「とる」と回答した人は52.2%で、「とらない」は47.8%で約半数は夏休みをとらないことが判明しました。

また夏休みをとると答えた方に、いつ休みをとるか聞いてみると、最も多かったのがお盆休みがある「8月中旬(543名)」で、「8月前半(321名)」「8月後半(256名)」と続きました。

さらに夏休みをとる期間については、「10日以上」が18.7%で多く、次いで「7日(12.3%)」「5日(11.9%)」「3日(10.8%)」でした。

Q1:夏休みはいつとる予定ですか?(夏休みを「とる」と答えた方が対象)
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

Q2:夏休みは何日とりたいですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

■「8月に10日間休み」が多数

次に夏休みにやりたいことを質問。その結果「国内旅行」が1,052名もの支持を受けて、圧倒的に人気に。それ以外には、ショッピングや祭り、テーマパークなどが選ばれましたが、「自宅周辺で過ごす」も486名が選択しています。

さらに夏のレジャーの費用については「5万円以内」と答えた人が46.8%と最も多く、「1万円(27.2%)」「10万円以内(15.9%)」となり、5万円以内で抑えたい人が全体の7割以上となりました。

Q3:夏休みがとれたら、何をしたいですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

Q4:夏休みのレジャー費用はいくらですか?
夏休みの予定に関するアンケート、マネーゴーランド

■国内旅行先 人気スポットTOP5

では、夏休みにやりたいこと一番人気の国内旅行先について、行きたい旅行先ランキングをご紹介しましょう。

トップの1位、2位は定番人気である沖縄と北海道が独占。そのほか東京や京都、大阪の都市が選ばれました。またディズニーリゾートや軽井沢、箱根などの名前も挙がりました。

1位:沖縄
2位:北海道
3位:東京
4位:京都
5位:大阪

■海外旅行先 人気スポットTOP5

海外旅行先についてはハワイやグアム、台湾など比較的日本から近い場所がやはり人気。少数派の中にはボリビア、ウクライナ、バハマという声もありました。

1位:ハワイ
2位:アメリカ
3位:グアム
4位:台湾
5位:オーストラリア

ここで紹介したアンケート結果をもとにすれば、逆に観光客で混んでいない穴場スポットや空いている時期を考えるのにも役立つはず。夏休みのプランを考える際にぜひ参考にしてみてくださいね。

※上記集計は2016年6月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数2,076名)

父の日のプレゼント人気TOP5発表!【マネーゴーランド意識調査】

父の日のプレゼント選びに困っている…。毎年やってくる父の日のたび、贈り物をどうしようか悩んでいる方も少なくないでしょう。そんな方のために、マネーゴーランド編集部では独自調査を実施。父の日の人気の品ランキングをここで発表します。

■存在感薄い⁉︎ 父の日の実態

まず最初に、そもそも父の日がいつだったか覚えているでしょうか? 実は「今年の父の日がいつか知っていますか?」という質問に対し、自信を持って「知っている」と答えた人はたったの26%しかいませんでした。

おまけに、父の日のプレゼントを忘れてしまった経験がある人は37%、そもそも贈らない人も33%もました。

存在感が決してあるとは言えない父の日。普段はプレゼントをあげない人や贈ることを忘れてしまっている人は、今年こそ父の日に何か渡してみてはどうでしょうか? では贈り物の人気ランキングを発表します。

■5位 シューズ

父の日のプレゼントランキング、マネーゴーランド
「オシャレは足元から」なんて言葉もあり、どうせならオシャレでかっこいいお父さんでいてほしいですよね。仕事用のビジネスシューズを贈る人は、見た目だけでなく歩きやすさや通気性などを考慮してあげると喜ばれるかもしれません。また休日用のスニーカーや夏のサンダルをプレゼントするのもいいですね。

■4位 革小物

父の日のプレゼントランキング、マネーゴーランド
革製の商品は男なら嬉しいですよね。定番の財布やパスケース、定期入れなどの他にも手帳用のシンプルでオシャレなブックカバーなども人気でしょう。革製のスマホケースなども良いかもしれません。

■3位 ハンカチ

父の日のプレゼントランキング、マネーゴーランド
何枚あっても困ることがないものの一つに、ハンカチがあるでしょう。しかもブランドものやちょっと高価なハンカチであれば、「自分では買わないけれど、人からもらえると嬉しい」と喜ばれるのではないでしょうか。

■2位 洋服

父の日のプレゼントランキング、マネーゴーランド
洋服をプレゼントとして贈るためには、デザインの好みや体型がはっきりわかっていないと難しいかもしれませんが、無難にいくならポロシャツやシンプルなシャツが定番でしょう。あえて普段のお父さんは着ないような服を選んで、父の日をきっかけにイメージチェンジさせちゃうのもありかもしれませんね。

■1位 お酒

父の日のプレゼントランキング、マネーゴーランド
お酒を飲むお父さんなら、素直に嬉しいプレゼントがお酒でしょう。自分の子供と飲むお酒は格別だと聞きます。プレゼントしたお酒を一緒に飲み、普段話せないことなど、じっくり語らうとお父さんにとっては最高の一日になるのではないのでしょうか。是非普段より少しだけ高価なお酒を贈ってあげてはどうでしょう。

■父の日の贈り物は遅れても大丈夫!?

最後に、ちょっと面白い調査結果をご紹介します。父の日のプレゼントを「遅れて贈った経験はありますか?」という質問に対し、34%もの人が「ある」と回答しているのです。また「お父さんの好きなところはどこですか?」と聞いたところ「優しいところ」と答えた人が最も多く、次いで「頼れるところ」「頭がいいところ」となりました。

Q:父の日のプレゼントを遅れて渡したことがありますか?
父の日の意識調査、マネーゴーランド

Q:お父さんの好きなところはどこですか?
父の日の意識調査、マネーゴーランド

つまり、世の中のお父さんの多くがとても優しくて、遅れたとしてもプレゼントをあげれば喜んでくれるということです。父の日は毎年6月の第三日曜日、今年は6月19日です。さて、今年の父の日はあなたはどうしますか?

※上記集計は2016年5月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数1,910名)

「理想は5%」が4割!消費税増税についてどう思う?【マネーゴーランド意識調査】

2017年4月に予定されていた消費税率10%への引き上げについて、安倍晋三首相が6月1日、2019年10月まで2年半延期することを正式に表明しました。

これを受けて、全国の男女1,468名を対象に『消費税増税に関する意識調査』をマネーゴーランド編集部が緊急実施。この増税先送りのニュースについて、人々がどのように捉えているかを調べました。

■増税延期に57%が賛成

まず消費税10%引き上げ延期に関するニュースについて、「知っている」と回答した人は88%もおり、消費税引き上げに関する世間の関心度の高さが明らかとなりました。

増税の延期について「賛成」は57%で「どちらでもない」が33%、「反対」はわずか10%にとどまりました。

Q1:消費税増税の時期延期の発表があったことを知っていますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

Q2:今回の消費税増税の延期についてどう思いますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

■理想は「8%以下」が約7割

「消費税は何%にするべきか」という質問に対して、最も多かった回答が、40%の人が選んだ「5%」。「3%」と回答した人は18%で、「8%」を選んだ人は11%であり、現在の8%を維持するかまたはそれより低くするべきと考える人を合わせると、全体の約7割になりました。

一方、現在の税率よりも高い「10%」や「11〜15%」「15%以上」を選んだ人は合計約2割という結果になりました。

Q3:消費税は何%にするべきだと思いますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

■増税によって社会保障充実を求める声が多数

「消費税を増税するなら国に何を求めますか?」の問いには、「社会保障制度の充実」が38%で最も多く、「国会議員の定数削減(29%)」「国の借金返済など財政再建(15%)」と続きました。

Q4:消費税を増税するなら国に何を求めますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

■消費税増税延期は参議院議員選挙に影響大か

最後に、今回の増税延期と7月に行われる参議院議員選挙について。「今回の増税延期は参議院議員選挙に影響があると思うか?」との質問に、「大いに影響がある」「やや影響がある」を合わせると59%となり、「あまり影響はない」「影響はない」の合計26%を大きく上回りました。

また「参議院議員選挙の投票に行きますか」と聞いたところ、「必ず投票する」「たぶん投票する」で51%となり、「投票しない」は15%、「今はわからない」は25%でした。

Q5:今回の消費税増税延期は、次回の参議院議員選挙に影響すると思いますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

Q6:次回の参議院議員選挙に投票に行きますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

さまざまな税金の中でも、私たちに最も身近なものが消費税です。増税延期のニュースをきっかけに、家族と一緒に税金について考えてみても良いかもしれませんね。

※上記集計は2016年5月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数1,468名)

ボーナス支給無しは62%!給料事情を発表【マネーゴーランド意識調査】

お金に関する、6月の大きな話題といえばボーナス。自分は一体いくらもらえるのかソワソワするものですが、それ以上に気になるのが、周囲の人のお財布事情ではないでしょうか。

面と向かっては聞きづらい、そんな周囲の給料やボーナスの実態について、マネーゴーランド編集部が意識調査を独自に実施。ここでその結果をご紹介します。

■「給料日は25日」が27%

まず給料日が毎月いつなのか聞いたところ、最も多かったのが「毎月25日」で27%、次いで「毎月15日」が12%、「毎月月末」が11%となり、「毎月10日」は9%、「毎月20日」が8%となりました。

Q1:あなたの給料日はいつですか?

■ボーナスの支給がない人は6割越え

ではボーナスについて見てみましょう。ボーナスの支給がある人は38%で、支給がない人は62%となり、ボーナスをもらっている人は、およそ3人に1人という計算になります。

さらにボーナスの年間支給回数を聞いたところ、78%が「年2回(春夏)」と回答。「1回(5%)」「3回(5%)」「4回(2%)」を大きく引き離しました。ボーナス支給月については「12月(528人)」が圧倒的に多く、「6月(289人)」「7月(219人)」がその後に次いでいます。

Q2:あなたはボーナスを支給されていますか?

Q3:ボーナスの支給は1年に何回ありますか?

Q4:ボーナスが支給されるのは何月ですか?

■自由に使える金額はいくらある?

最後の質問は、給料のうちどのくらいのお金が、自分で自由に使えるのかということ。それに対して、「1割(19%)」「2割(10%)」「3割(8.6%)」という結果になりました。しかし最も多かったのは、20.9%が選んだ「自由なお金はない」でした。

「すべてが自由なお金」と回答する人が13%もいる一方、自由に使えるお金がまったくない方や限られている方も多く、人によって大きく異なることが明らかとなりました。

Q5:あなたが自由に使えるお金は、給料のおよそ何割ですか?

いかがでしたか? 今まで知らなかった、まわりの人のお給料事情がわかると、「いつもお金がないと不満を感じていたけれど、そうでもないのかも…」と思ったり、その逆の発見もあるかもしれませんね。

※上記集計は2016年5月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケート『給料・ボーナスに関する意識調査』の集計結果です。(対象:全国の20代~50代の男女、回答数1,689名)

ランキング