掛け捨てじゃない!三大疾病に備える貯蓄性保険

6270.jpg

日本人の死亡原因の約5割を占める三大疾病(がん(悪性新生物)、心疾患、脳血管疾患)(※)ですが、20代・30代の死因順位をみても5位までにその3つが入っています(表1)。(※脳血管疾患のうち脳卒中だけ、心疾患のうち急性心筋梗塞だけを指す場合もあります)

日本人の死因順位

死因順位1位のがん治療による経済的負担を心配して「がん保険」の加入を検討している人は多いでしょう。がん保険は基本的に掛け捨てのため、がんにならなければ保険料は1円も戻ってきません。そのことをもったいないと感じ加入を迷っている人も多いでしょう。

がんの保障は得たいけれど保険料を掛け捨てにしたくない、がん以外の三大疾病にも一時金を備えたい、そう考える人には、貯蓄型の特定疾病保障終身保険(保険会社によっては三大疾病保障終身保険)の加入が検討に値します。

特定疾病保障終身保険(三大疾病保障終身保険)とは、がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中のいずれかになった場合に、「特定疾病保険金(三大疾病保険金)」が受け取れる貯蓄型保険です。また、三大疾病にならなくても、死亡・高度障害状態になった場合に「死亡保険金」または「高度障害保険金」を受け取ることができます。

加入後の早い段階で解約をすると返り率が低いので注意が必要ですが、保険料の払込が終了した後は、解約せずに据え置くことで、返り率は上がっていきます(グラフ1、表2)。

掛け捨てじゃない!三大疾病に備える貯蓄性保険_グラフ1

掛け捨てじゃない!三大疾病に備える貯蓄性保険_表2

では、特定疾病保障終身保険は、がん保険や終身保険(死亡すると死亡保険金が受け取れる貯蓄型保険)と比較すると、保険料や解約返戻金はお得なのでしょうか。
特定疾病保障終身保険は、他の2つの保険に比べ最も保険料が高く、終身保険よりも解約返戻金が低く設定されているのが一般的です(表3)。その理由は、特定疾病になってもならなくても保険金が受け取れる貯蓄型保険だからです。

掛け捨てじゃない!三大疾病に備える貯蓄性保険_表3

また、特定疾病保障終身保険は、三大疾病のいずれかになると特定疾病保険金が支払われると前述しましたが、支払要件が厳しいことに気を付けなければいけません。支払要件は一般的には以下の通りになります。保険会社によって異なることもあります。最近では、支払要件を緩和する商品を発売する保険会社も出てきましたが、その分、保険料も高くなっています。

・がん
被保険者が責任開始期以後の保険期間中に初めて悪性新生物に罹患し、医師による病理組織学的所見により診断確定されたとき。 ただし、責任開始期の属する日から90日以内に乳房の悪性新生物に罹患し医師により診断確定されたときは対象外(上皮内がん、皮膚がんは対象外。ただし、皮膚の悪性黒色腫は対象)。

・急性心筋梗塞
責任開始期以後の保険期間中に急性心筋梗塞を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。

・脳卒中
責任開始期以後の保険期間中に脳卒中を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき。

※生命保険文化センターのホームページより

三大疾病は日本人の死亡原因の約5割を占める病気です。治療費が掛かり、仕事に支障が出る可能性もあります。そこでまとまった一時金が受取れると安心して治療に専念できます。

がん以外の急性心筋梗塞・脳卒中の保障が受けたい場合や掛け捨てのがん保険ではもったいないと思う場合には、特定疾病保障終身保険の加入を選択肢に加えると良いでしょう。ただし、特定疾病保障終身保険は保険金の支払要件が厳しいので、加入を検討するときは、この保険の特徴をしっかりと確認してください。

画像一覧

  • 掛け捨てじゃない!三大疾病に備える貯蓄性保険

執筆者

中山弘恵

ファイナンシャル・プランナー/住宅ローンアドバイザー/介護相続コンサルタント 関西学院大学卒業後、損害保険会社勤務中にCFP®(ファイナンシャルプランナー上級資格)を取得、その後、都市銀行での資産運用アドバイス・住宅ローン審査業務を経て、現職へ。現在は、相談業務を中心に講師、執筆業務に従事。「安心しながら気軽に話せる相談相手」「わかりやすいセミナー」として定評がある。エフピースマイル代表 http://www.fpsmile.com/

中山弘恵

関連記事

関連記事

マイナス金利対策!保険の貯蓄率を上げるには!?

「どうせ増えないんでしょ?」

マイナス金利の影響で世の中の金利が史上最低水準の今、このようにお金を貯めることに関心を持てない人もいるでしょう。

でも、何もせず給与振込の通帳に入れたままにしておくと、いつの間にか使ってしまい“貯まらない体質”になってしまいます。金利は低くても、全く何もしないのはNG。
毎月、強制的に別のポケットに分ける「コツコツ積立」は、自然と貯蓄力をあげ“貯まる体質”へと導いてくれる強力なサポーターです。

その「コツコツ積立」は、定期預金や保険、そして株や投資信託などがあります。
今回のテーマである保険の積立ては、リスクに備えながら貯めていくものですが、
リスクへの不安を和らぐものの、やっぱり今の金利は心さみしい・・ですよね。
少しでも効率的にお金が貯められれば。

そこで保険の場合は、保険料の支払いを半年払いや年払いのようにまとめて払うのもひとつ。まとめ払いをすると保険料が割引かれるため、月払いより安く積み立てることができ、その結果、貯蓄率アップに繋がります。

例えば、30歳男性が個人年金保険に加入したとします。

保険料を60歳まで掛けて、10年間50万円の年金を受け取る場合、月払い保険料は11,710円(年間140,520円)です。これを年払いにすると、138,060円となり2,460円お得に。払込が終わる60歳までの30年間では73,800円分、賢く積み立てたことになります。僅かではありますが、超低金利下で検討しない手はありません。

また、保険会社や契約内容によってはクレジット払いができるケースもあります。
まとめ払いで割引を受けつつ、更にポイントが貯まるなら一石二鳥。
既に保険に加入している人も、一般に支払い方法を見直せるので、担当者に確認してみましょう。

注意したいのは、支払い時に纏まったお金を準備しなければならないこと。
心配な人は、保険専用の通帳を作って、毎月、払ったつもりで積み立てる「つもり預金」をして計画的に準備をすると安心です。

預金や保険、資産運用など世の中には沢山の金融商品があります。それぞれの特徴を生かして、マイナス金利を乗り越えましょう!

新年度、傷病手当金は労働者の強い味方!健康保険の給付内容を把握しよう!

新年度を迎えた4月。フレッシュマンが街に溢れ出しました。

新社会人たちは社会人としての基礎知識やマナーなども含まれる研修の真っ只中。中途採用などでは、経験などにより入社当日から即実業務を任されることもありますが、多くの人が慣れない会社生活で体調を崩して病気になったり、出勤途中でケガをしたりという人は新年度には多いものです。

非課税の傷病手当は強い味方
病気やケガで会社を休まざるを得なくなった時、それが長期になってしまうとお給料はもらえずに、生活費をどうしようかと悩むことになりかねません。

貯金もなく、民間の保険にも加入してない。こんな時に心強い味方が、健康保険から支払われる「傷病手当金」なのです。ただし、国民健康保険には、この手当金はありませんので注意が必要です。

病気やケガで会社を4日以上休んでお給料がもらえない時は、健康保険に申請をすることにより4日目から休んだ期間、欠勤1日につき1日分のお給料(お給料を30日で割る)の3分の2が支給されます。ただし、有給休暇を使って休んだ場合は、お給料が支払われていますので、傷病手当金はもらえません。いわゆる欠勤扱いになってお給料がもらえない日が対象となります。
たとえば、お給料が20万円の場合、お給料の日額は約6,667円になり、傷病手当はその2/3の、約4,445円になります。確かにお給料と同じ金額ではありませんが、実はこの傷病手当金、税金がかからないのです。お給料には税金(所得税と住民税で最低15%)がかかりますので、それと比べると実際の手取り額はあまり変わらない金額になると思われます。

会社経由で申請、最長1年半支給
この傷病手当金の健康保険への申請ですが、会社が手続きを行ってくれるのが一般的です。しかし、中には面倒なため申請を行わなかったり、本人に傷病手当金があることを教えない会社もあります。さらに、担当者自身が知識不足で申請しないというケースも。その場合は、自分から会社に申請をお願いしましょう。
給付期間は、支給開始から最大で1年半。しかし、休職している人を会社はいつもでも雇ってくれません。働けない期間が長引けば、会社の休職規程に従って、会社を退職することになります。しかし、この場合は、退職後も会社で加入していた健康保険を任意で加入することにより、退職後も引き続き傷病手当金をもらうことができます。

退職後は保険料が上がるので注意
ただし、注意をしていただきたいことが2つあります。1つ目は、保険料について今まで半分負担していた会社の負担分がなくなり全額自己負担になりますので、保険料が高くなります。2つ目は、在職中は会社が毎月申請の手続きを行ってくれましたが、退職後は自分で行うことになります。

病気やケガで長期に会社を休まなければいけなくなった時は、傷病手当金がもらえますので、お金の心配なくまずは治療に専念しましょう。

新年度。新入社員だけでなく、自分の会社の健康保険制度や給付内容をよく確認しおくことも大事です。健康保険による保養施設や各種割引制度などを最大限に利用することで、かなりオトクで快適な会社ライフが保障されているのです。

はり・きゅうは、健康保険が使えるケースもある

腰痛や肩こり、関節痛等に悩む人は、年齢が高い人だけでなく、最近では若い人でも多くなっています。骨や関節の痛みは、すぐに命に直結するものではありませんが、徐々に悪化して日常生活を送るのが大変になります。

そこで、はり・きゅうやマッサージに通っている人もいるでしょう。その場合は、健康保険が使えず全額自己負担となっているかと思います。ただし、健康保険が使える場合もあるので、どのような場合に健康保険が使えるのかみていきましょう。

はり・きゅう治療院の中には、「各種健康保険使えます」という看板を掲げているところもありますが、すべてが健康保険の対象になるわけではありません。厚生労働省は「はり・きゅう治療院」を保険医療機関とは認めていなくて、やむを得ない場合だけ健康保険を使えることにしています。そのために健康保険が使える治療は、厳格に決められていて、医療費の支払いも一般の医療機関とは違う方法がとられています。

どんな場合に健康保険の対象となるの?

はり・きゅうの施術で、健康保険の対象となるケースは、下記の2つの要件を満たした場合のみで、ハードルはかなり高いと言えます。

1.対象となる傷病であること
 ・神経痛
 ・リウマチ
 ・五十肩
 ・頚腕症候群
 ・腰痛症
 ・脊椎捻挫後遺症

2.医師が、はり・きゅうの施術に同意していること
医療機関において、治療を行いその結果治療の効果が表れなかった場合等、はり・きゅうの施術を認める医師の同意書が必要

注意点は?

また、注意してほしいのが「鍼灸院」という名前がついていればどこでも健康保険が使えるわけではありません。健康保険が使えるのは、「はり師」「きゅう師」と呼ばれる国家資格を持った人が施術を行う場合です。

また、医療費の支払いに関しても、窓口で3割負担分だけお金を支払う一般の医療機関とは異なり、はり・きゅうで健康保険を使った場合は、患者がいったん医療費の全額を支払って、後から自分で健康保険に申請して7割分を払い戻してもらうという手続が必要となります。ちょっと面倒ですね。

はり・きゅうで健康保険を使うことはできますが、医師の同意書が必要だったり、利用できる病気やケガの種類が限定されているなど、実は細かい決まりがあります。

誰でも簡単に保険で治療を受けられるわけではなく、「最近なんとなくだるい」「肩こりがひどくなった」という理由では、健康保険の対象にはなりません。ただし、対象の傷病で、医療機関にかかっているがなかなか治らない場合は、医師に相談をして、はり・きゅうの施術を健康保険を使って行うことはとても重要です。

学資保険は出産前がお得?

学資保険は、お子さんが“産まれてから”考える人が多いですが、実は、“産まれる前”の加入がおススメです。

一般に学資保険は、出産予定日の140日前(妊娠6か月目)から加入できます。
もちろん“産まれてから“でもいいのですが、早めに入ることで3つのお得があるのです。

ひとつ目が保障。
あまり考えたくありませんが、もし出産前にパパが死亡または一定の障害状態になった時。その場合は以後の払込みが免除され、積立をしなくても、先々予定通りに学資金を受け取れるので安心です。

家族が増える時の保障の見直しは、保険全般で後回しになるケースが多いようですが、本来、生命保険は、残された遺族が困らないよう備えるものなので、学資保険もお子さんを授かったら早めに検討した方がいいということです。

2つ目は、早く払込みが終わること。
早い時期に契約がスタートするので、その分、前倒しで払込みが終わります。その後は、これまで保険料に充てていたお金を塾代や受験料、受験時の旅費、宿泊費などに回すことができ出費がかさむ時期には助かります。

最後に、保険料。
これは全ての人に当てはまる訳ではありませんが、パパ(契約者)の誕生日が出産予定日付近のとき。歳を重ねると死亡などのリスクが高まるので保険料は少し高くなります。当てはまりそうなパパは、早めに手続きすると割安な保険料で入れます。

以上が3つのお得。

そのほか出産前に加入するときの取り扱いとして知っておきたいのは、特約でお子さんの医療保障を付けたい場合、誕生後に付加できること。また、もし死産となった時は、契約が無効となり保険料が戻るようにもなっています。

特に、初めての出産を控えるママは、子育てのことや今後の働き方、時間のやりくりや家計など、多くのことに不安を感じる時期でもあります。案ずるより産むがやすし。保険に限らず、できることから前倒しで準備して、可愛いわが子に会える日に備えましょう。

ランキング