英国国民投票は市場の分水嶺~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

6285.jpg

■6月第4週の見通し(2016/06/20)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「英国国民投票は市場の分水嶺」

先週はドル円が強いサポート(下値を支える)レベルとみられていた105円を割り込み103円55銭まで下落しました。円高になった原因はやはり英国のEU離脱を問う国民投票を控え市場に不安感が広がっていたことです。不安定な市場の中で先週は日米金融政策会合が開かれました。

米国FOMC会合では予想通り利上げを見送りましたが、先行きの米経済に対し慎重な見方が示されました。また、イエレンFRB議長は英国国民投票や米労働市場への懸念を示しました。また、特定の利上げ時期に言及しなかったことから米国利上げペースが、これまでより緩やかになるとの見方が市場に広がりました。金利の引き上げ回数が少なくなるという事は、ドルの上昇幅も狭まるという事を表すものです。

一方、日銀は予想通り追加緩和を見送りましたが、この発表を機にドル円は一気に下落に転じました。これまでのドル円は日米金融政策の違いで上昇していましたが、その政策も節目に近づいたとの見方からドル円が売られたと考えられます。特に、英国のEU離脱という不安感が漂う中で安全通貨のドル円は買われやすい地合いにあったこともドル円の下落を促したと言えるでしょう。

今週は23日(木)にいよいよ英国の国民投票が実施されます。この国民投票は英国だけの問題ではなく、欧州や米国、そして日本にとっても大きな影響を与えます。英国がEUから離脱することになればEU内でも離脱をしようとする国が増えると考えられます。そうなればユーロの結束にひびが入り、ユーロ崩壊にもつながりかねません

そうなれば、世界の経済や金融市場にも影響を及ぼし米国の利上げ観測も後退。世界的なリスクの高まりから安全通貨の円が買われるという動きが予想されます。

そういった懸念からドル円は100円を割り込む可能性があります。一方、円高が一気に進むようなら日銀がドル買い円売り介入に入ると思われます。そうなればドル円は上下に大きく振れることになるでしょう。反対に、もしEU残留となればポンドやユーロが上昇し同時に安全通貨の円売りが進みドル円は一気110円方向に上昇するでしょう。

そういう観点からみると、今回の英国国民投票は市場の分水嶺になると考えられます。

先週は英国で残留キャンペーン中に労働党議員が射殺されるという痛ましい事件が起きました。英国内では同情票による残留支持者が増えるとの見方もあります。しかし、こればかりは蓋を開けてみないとわかりません。

皆さんの生活にも影響するこの国民投票を是非注目してください。【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!6月第4週の今週の為替市場の見通し

<関連記事>

画像一覧

  • 英国国民投票は市場の分水嶺~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

執筆者

岡安 盛男 (おかやすもりお)

レグザム・フォレックスLLC (http://fx-okayasu.com/)代表、為替アナリスト                                                 外資系銀行に20年間在籍、1999年より為替デイトレーダーとして独立後は、 自身のトレードスタイルを確立、実践的な為替投資の啓蒙活動の他、FXスクール講師やFX会社向けの情報提供サービス、投資家向け情報レポートを展開(http://www.gladv.co.jp/members/fx_bible/)。ラジオ日経「岡安盛男のFXトレンド」、日経CNBCの「朝エクスプレス」など出演中。執筆多数。

岡安 盛男

関連記事

特集

関連記事

日米金融政策会合~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

■6月第3週の見通し(2016/06/13)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「日米金融政策会合」

今週は日米の中央銀行が政策金利を発表する重要な週になります。

為替レートに最も影響を及ぼすのがその国の金融政策です。金融政策とはその国の金利を上げるか下げるか、或はそのまま据え置くかの三つの決断しかありません。市場はその金融政策を前もって予想しながら為替のポジションを作ったり、解消したりすることで相場が大きく動きます。

今週は市場が最も注目する米国FOMC会合日銀政策会合が一日違いで開かれます。

今回のFOMC会合では現行の金利が据え置かれると予想されます。市場はそれをほぼ織り込んでいますので、この結果が発表されても為替への影響はないでしょう。市場の注目は、その後のイエレンFRB議長の記者会見に集まりそうです。議長は先週の講演で雇用に関しては懸念を示していましたが、米国経済に対しては強気の見方を示していました。それは、いずれ利上げに動きたいというメッセージと受け止めることが出来ます。

今回も同様に早期利上げの可能性が示されるようならドル買いに反応するとみてよいでしょう。一方、日銀政策会合では追加緩和の可能性が残ります。通常追加緩和をするとその国の通貨は売られやすくなります。それは金利などが低下し、投資としての魅力がなくなり他より投資妙味のある通貨に乗り換えようとするためです。

しかし、前回の日銀会合でマイナス金利を導入したことで円はその後円高に動いてしまったという経緯があります。また、マイナス金利を導入したことで銀行の国債離れが進んでしまいました。そのため、日銀が今回マイナス金利幅を拡大するのは難しいと市場は見ています。その他には国債やETFの買い入れ額を拡大するという手もありますが、その効果は限定的とみられます。

要するに、今回追加緩和を実施しても円高を止めるには不十分という事です。これらを考えると、米利上げ期待のドル高の可能性と同時に円高に向かう両方の可能性があるという事になります。

このイベントが終われば少し円高リスクは後退するとみますが、来週末にはいよいよ英国のEU離脱を問う国民投票が実施されます。これはポンドだけではなくユーロや円にとっても非常に大きな影響を与えることになります。その懸念が払しょくされるまではドル円の下落リスクを常に抱えることになります。

先週のドル円は106円~108円のレンジでのもみ合いが続きました。英国国民投票が終わるまで、市場は慎重にならざるを得ません。今週も特に予想外のことが起きなければ、このレンジ内で収まるとみています。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!6月第3週の今週の為替市場の見通し

サプライズの雇用統計でドル円の下落リスク再開~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

■6月第2週の見通し(2016/06/06)

サプライズの雇用統計でドル円の下落リスク再開

先週末に発表された米5月雇用統計は予想を大きく下回りドルは全面安となりました。

先週は週初こそドル円は底堅い動きで始まったものの、その後アベノミクスへの期待後退で円高が進みやすい地合いとなりました。そんな状況の中で米5月雇用統計が週末に発表され、その結果を受けドル円は一気に2円余り下落しました。

雇用統計には二つの注目ポイントがあります。一つは非農業部門雇用者数の増減です。市場は前月から16万人増加すると予想されていたものが、結果は3万8千人となりました。実はこの数字にはヘライゾンという米国大手通信会社がストライキで3万5千人の雇用が一時的にマイナスとなり、それが含まれるものでした。それだけではなく、今回の数字には悪天候による就業不能となった人も含まれましたが余りに少ないもので市場のサプライズとなりました。

一方、もう一つの注目ポイントである失業率4.7%と前月の5.0%から0.3%改善しました。この結果はドルにとってはプラス材料であるものの、市場は雇用者数の予想外の減少に圧倒され、反応しませんでした。

この雇用統計の結果により、FRBの6月利上げの可能性は殆どなくなったと言ってよいでしょう。ドル円にとって米国利上げが唯一底を押し上げる要因となっていたことから、今回の結果は他の通貨以上に失望売りが強まりました。

今週月曜日はイエレンFRB議長の講演があり、今回の雇用統計の結果をどう受け止めているのか注目が集まります。今回の結果が一時的なもので、次回の雇用統計を見極める必要があるといった見方を示す可能性もあります。そうなれば、次回の雇用統計の結果をみるまでは利上げ期待が残り、ドル円の下押し圧力も和らぐことになるでしょう。

ただ、これだけ雇用統計の予想を下回ったことで市場には利上げに懐疑的な見方が広がってしまいました。また、先週は日銀審議委員が追加緩和に否定的な発言をしたこともドル円の下落を加速する要因となりました。これらを考えると今週のドル円は上値の重い展開が予想されます

4月末のゴールデンウイーク前に付けた安値105円50銭付近を再度試す展開が予想さますが、その前に当局からの口先介入などが予想されます。それでもドル円の下落が止まらない時には実際に介入が入るしかありません。

今週は実際に介入が入るかどうか、当局の本気度を試す展開になるかもしれませんね。

来週も【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、宜しくお願い致します。

初心者に向いている分析方法は?【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

■初心者に向いている分析方法は?

今回は分析方法について取り上げて見たいと思います。FXや株式投資、商品投資家の間で激しい議論が行われているテーマ、題してテクニカル分析VSファンダメンタルズ分析。その中でも初心者向きなのはどちらか?ということにフォーカスいたします。

大きく分けると為替相場の先行きを予想する方法は、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の二つ。どちらも大事な予想法なのですが、初めてFXをスタートする方は、どちらから勉強すれば良いのでしょうか?テクニカルとファンダメンタルズのどちらが優れているかの比較だと結論は出ませんが、初心者がどちらから学べば良いかをFXの個人投資家に質問すれば、答えは偏ります。私の答えも同様に、テクニカル分析から始めよう!です。

なぜなら、銀行や証券会社に入って、はじめから相場の勉強を始めるなら、相場の勉強をする時間や情熱がたっぷりありますから、ファンダメンタルズ・テクニカル双方を勉強出来るでしょう。私が証券会社に入った時には、最初にファンダメンタルズ・テクニカルに掛かる内容を研修センターで約1ヶ月間、缶詰状態で朝から夜遅くまで学ぶ事となりました。

しかし、個人投資家にとって、何よりも貴重なのは時間です。仕事や子育て、趣味や習い事、、、時間には限りが有りますね。ファンダメンタルズ分析は、理解するのに時間がかかります。しかも初心者トレーダーにとって幾つかの欠点を持っているために、ファンダメンタルズ分析から始めると、失敗してFXや資産運用自体が嫌になって諦めるケースが多いと思います。

ファンダメンタルズ分析が初心者向きでない理由

それではなぜファンダメンタルズ分析が初心者向きではないのか理由を挙げてみます。

1.為替相場の変動要因が多い上、情報の鮮度の問題が出る!
⇒勉強・分析しなければいけない事が多岐にわたります。加えて、世界中で起こりえる事象に対しての情報収集に地理的な限界が生じ得ます。実際、「海外情報が入ってくるのが多少遅れる」、「なぜ動いているのか分からない」、「情報を把握する前にチャートが動いている」、という事は頻繁に起こります。
2.セオリー通りに為替相場が動かない!
⇒株価が上昇すれば通貨高というセオリーがあっても必ず、その通りに動くとは限らず、セオリーが間違っているのか他に原因があるのか分からなくなり混乱します。同じ情報でも解釈が変わってくる事がありますので、そのポイントを理解するのに時間を要します。
3.経済指標等の統計数字は多くの項目がある!
⇒前月比や前年比・季節調整など項目が多くて初心者は戸惑う事が多くなります。また、把握するのに時間が掛かります。その点、テクニカル分析はスッキリ、しかも株や225先物等にも利用出来ますので、知識を幅広に生かせます。
4.短期トレードに使い難く、リスク管理や経験が積めない!
⇒ファンダメンタルズ分析が役立つのは中長期トレードが基本。つまり、売買する回数が少なくなるため、初心者にとって大事なトレード経験が積み難くなります。またリスク管理に掛かる対応はテクニカル分析がメインとなります。
5.利益も大きいが損失も大きくなりがち!
⇒ファンダメンタルズ分析は中・長期トレード向きですから、狙う利益幅が大きくなりますので、逆に動いた時の損失も大きく発生し易くなります。天気予報と同じ、期間の長い予測は精度が落ち込みますので、リスクが相応に高まります。
6.毎日変化する市況の確認、状況判断が大変!
⇒ファンダメンタルズ分析の勉強が中途半端な状態だと、毎日のように変化する値動きと市況に対して動いた理由が分からなくなります。また現状が、どのような位置関係にあるかの判断が付きません。テクニカル分析は統計的、時系列的に、また心理学的に現状、将来を予測分析するため大変効果的です。

以上、6つの理由を上げましたが、ファンダメンタルズ分析も必要ですし、もちろんテクニカル分析にも欠点があります。初心者が短時間で学べる事&簡単に学べる、パフォーマンス向上(効果が出易い)という点でテクニカル分析に軍配を上げています。参考になりましたか?

本連載では、テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析についてバランス良く紹介していきますので、楽しみにしていてください。

次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本
●第2回 FXって何?
●第3回 FX投資家の実状
●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?
●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい
●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!
●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編
●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!
●第9回 FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大
●第10回 数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!
●第11回 ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!
●第12回 情報の氾濫・無料セミナーでFXを学ぶ!
●第13回 キャンペーン商品で生活?!
●第14回 米国の雇用統計はFXのフィーバーデー! 月に一度のビッグイベント!
●第15回 FXは上下の動きにチャンスあり!
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第17回 レバレッジの上限規制、利益率向上ならハイレバレッジ!
●第18回 米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?
●第19回 直前、6月FOMC利上げの内容と対策!

米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?【上村和弘のFX基本講座】

この連載を読んでいけば、FXの経験が無い方もFXビギナーの方も一定のFXトレーダーになれる!知っておくと便利な事やFX知識として重要な事、そしてお得な情報までを解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

米ドル/円相場の割安度は?これから円高・円安?

米国の利上げ時期が近付いている事もあり、今回は米ドル/円相場の大きな流れについて触れておきたいと思います。

現在の米ドル/円相場が割安なのか割高なのかを判断するには経済の基礎的条件(ファンダメンタルズ)を分析する事が必要ですが、分かり易い判断材料としては、長期間に掛かるチャートを見ると参考になります。

以下、2003年8月からの月足のチャート(平均足)を表示してあります。

2003年8月からの月足のチャートの画像
※引用:DMMFXの月足チャート

米ドル/円は、2011年の10月31日に75.57円の安値を付けた後に上昇を開始して、2015年6月5日に125円85銭まで円安が進みました。この間、約50円も円安に動きました。FX投資家が資産を大幅に増やした時期ですね。この頃はキャピタルゲインとインカムゲイン、ダブルで成果が出た時期です(第9回参照)。

現在、米ドル/円相場は大体111円前後。2011年末からはじまった自民党安倍政権のアベノミクスによる円安トレンドは一段落して、揺り返しの円高トレンドの様相です。そこから少し切り返しているのが現状、せめぎ合いのタイミングです。ここから切り返しが確認、平均足の反転などが見られると、大チャンス到来です。 逆に反転出来ないまま夏場に突入すると、円高のトレンドが長引く恐れがありますね。もっとも、月足の平均足では変化の兆候は出ていませんので、円高地合いが怖いところですが…。

■現在の米ドル/円相場を取り巻く情勢

為替相場の変動要因は金利・景気・株価など。その中でも、大切なポイントを簡単に押さえておきましょう。

<日米の金利差>
金利の高い通貨は利息をたくさん貰えるために高くなりやすく、日本の金利が低いままで、米国の金利が上がれば、基本米ドル高要因となります。米国の政策金利は0.5%と日本・欧州より高い。

●政策金利推移グラフ
政策金利推移グラフの画像
※引用:外為どっとコム

米国は日本より経済が好調。サブプライムローンやリーマンショックの原因を作りながら、日本や欧州よりも早く経済回復しています。そのため、先進国の中でいち早く、2015年12月に利上げを行いました。そして、今夏に2回目の利上げタイミングを計っています。

2016年6月~9月のどこかで利上げする可能性が高く、世界中の投資家が米国FRBの動向に注目しています。

■日銀の追加金融緩和

一方、日本は一向に景気が上向かないまま、いまだにデフレに苦しんでいます。期待を背負って登場した日銀黒田総裁もインフレ目標の2%をいまだに達成できません。ついにマイナス金利を実施しましたが効果は弱く、更なる追加緩和を求められています。

<世界的な経済混乱>
世界同時株安・原油価格下落・難民問題など世界は大きな問題を抱えており、経済的にも不安定さが露呈していますね。ブラジル・中国・インドなど新興国は先進国以上に株価下落や通貨安・資金流出に苦しんでいる状況。

<通貨安競争>
米国経済は好調、しかし、世界のほとんどの国は、不景気やデフレで苦しんでいますね。その不景気やデフレ解決策の一つが自国通貨を安くすること。日本のアベノミクスも金融政策で通貨安=円安を起こして経済を良くすることが一つの柱でした。しかし、全ての国を通貨安にすることは不可能!

なぜなら、通貨を安くするということは他国の通貨が高くなること。日本円が安くなるということは米ドルやユーロ・韓国ウォンなどが日本円に対して高くなるということですね。円安の場合、米ドル高に動いていることがほとんど。つまり円安にしたければ、米ドル高が必要となるので、日本だけの都合で為替相場は決められませんね。以上、簡単に記載しておきました。

相場見通しや変動要因の分析については専門家に委ねるとして、重要なタイミングに差し掛かっているだけに、夏場にかけてのドル円相場を少し見ていくと良いかと思います。

次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本
●第2回 FXって何?
●第3回 FX投資家の実状
●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?
●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい
●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!
●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編
●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!
●第9回 FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大
●第10回 数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!
●第11回 ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!
●第12回 情報の氾濫・無料セミナーでFXを学ぶ!
●第13回 キャンペーン商品で生活?!
●第14回 米国の雇用統計はFXのフィーバーデー! 月に一度のビッグイベント!
●第15回 FXは上下の動きにチャンスあり!
●第16回 円高リスクを防ぐ。FXでヘッジしましょう!
●第17回 レバレッジの上限規制、利益率向上ならハイレバレッジ!

ランキング