それでもアナタは「ブログ飯」を志しますか?プロブロガーになる3つの方法

6218.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・自分自身

<Point>

1プロブロガーは3種類いる

2一番困難な「広告収入型」プロブロガー

3炎上上等!「サロン型」プロブロガー

4一番遠回りだけど堅実な「営業窓口型」プロブロガー

「プロブロガー」などと呼ばれている人たちをご存じでしょうか。ブログでご飯を食べていることから、その行為を指して「ブログ飯」などと称されることもあります。

●YouTuberより簡単になれる?「プロブロガー」とは

割のいい副業を探す社会人、簡単な内職を見つけたい主婦、就職難に苦しむ学生……などなど、雇用不安が渦巻く現代社会において、多くの人々を魅了してやまない「注目の職種」といってもいいでしょう。

プロブロガーと似た職種に、大人だけでなく子どもたちにも大人気な「YouTuber(ユーチューバー)」があります。

しかしYouTuberの場合は動画撮影技術や編集技術、何より「顔出し」の勇気が必要とされます。また「身元バレ」「住所バレ」等で被るデメリットもありますし、ある程度のトーク力が試されるので、身元バレや住所バレがしにくく、最低限の国語力と文字打ちができればよい(とされている)ブロガーよりも参入の敷居が高いといえます。

●プロブロガーは3種類いる

そんな「YouTuberよりお手軽そう」なプロブロガーの収入の実態について、ざっと分類してみましょう。

1.広告収入型
2.オンラインサロン型
3.営業窓口型

かなり大雑把な分け方ですが、1.の「広告収入型」は、純粋にアフィリエイトなどの広告収入だけで生活できている人を指します。
2.の「オンラインサロン型」は、ある程度顔や名前が知られるようになってからファンを囲い込み、「成功のノウハウ」などを有料ブログやメルマガ、情報商材等で販売して糊口をしのいでいる人です。
そして3.の場合は、ブログは営業窓口に過ぎず、他の形で生計を立てている人です。

●一番困難な「広告収入型」プロブロガー

おそらく個人で生計を立てるのに最も難しい方法は1.の「広告収入型」(通称アフィリエイター)でしょう。

プロブロガーの受け売りになりますが、個人単位で大企業や歴史ある老舗サイトと互角に戦うためには、ビッグな需要を狙うのではなく、ニッチな分野で専門性が高く、役に立つような(もしくは爆笑必至な)1,000文字以上の記事を、コンスタントに1日5本ぐらいは更新しないといけないそうです。
一に根気、二に根性、三四が無くて五に執念。そんな世界です。

「個人で1日5本更新が無理なら、外注ライターを雇えばいい」と思ったアナタ。
編集者として訓練されていない素人が、外注ライターを最初から上手にコントロールできるでしょうか。しかもライター料はタダではありません。他人に書かせるのはリスクが高い行為といえます。

●炎上上等!「サロン型」プロブロガー

2.のオンラインサロン型で有名なのは、は○ちゅうさんや、イケ○ヤさん、プロブロガーというには有名すぎるホ○エモンさんや岡○斗司夫さん、ちょっと前だと情報商材の申し子ともいえる「秒速で億稼ぐ」と言われた与○翼さんなど、そうそうたるメンバーが揃います。

著名人の方がたまにネット炎上している様子を何度か見かけ、そのたびに「プロブロガーって大変だなあ」などと勝手に心配したりもしましたが、サロンというクローズドな環境に移ってからは、以前ほど名前を耳にすることも無くなりました。

それでもサロンはサロンで、なんだか大変そうです。彼らの顔ぶれを見て怖気づかない勇気ある者だけが、「サロン型プロブロガー」への門をくぐればいいのではないでしょうか。

●一番遠回りだけど堅実な「営業窓口型」プロブロガー

そして第三のプロブロガーへの道は「営業窓口型」。前記二つと比べると遠回りではありますが、もっとも堅実です。

ライター志望の人は、個人ブログでひたすら記事を書き続けて文章力を磨き、その中でも自信を持って人に見せられる記事を持って、まずは敷居の低そうなキュレーションサービスなどに売り込みましょう。そこでライターとしての実績を作り、徐々に売り込む媒体の敷居を上げていく、という方法です。

「広告収入型」と違うのは、PV数やキーワードなどのSEO対策、広告や更新頻度等は気にしなくてよい点。また「サロン型」の初期段階でよく見られる「炎上商法」で名を売ろうと試みる人もいるかもしれませんが、炎上はドーピングのようなもので、癖になると辞められなくなり、大やけどして再起不能になることもあるのでお勧めはできません。

著名なブロガーになると、イベントや学校、メディア等に呼ばれたり、ジャーナリストに転向したり、さまざまな活躍をされている方が大勢います。

彼らはもはや「プロブロガー」ではなく、ブログを元に飛躍された「雲上人」といえましょう。
夢はでっかく根はふかく。そうありたいところですが、雲上への道は長く険しいものです……

<関連記事>

画像一覧

  • それでもアナタは「ブログ飯」を志しますか?プロブロガーになる3つの方法

執筆者

立見 香

出身地・群馬と居住地・埼玉の粉食文化をこよなく愛するライター。 水沢うどんと舞茸天ぷらの組み合わせを最強と信じて疑わないが、最近は武蔵野名物の肉汁うどんにハマり中。 休日は上信越の山域にいることが多い登山・温泉愛好家ゆえ、少々電波が届きにくくなっております。最近「温泉ソムリエ」になりました。

立見 香

関連記事

特集

関連記事

これであなたも稼げるブロガーに!文章に説得力を出すための極秘テンプレートとは

話し下手だから記事が上手く書けない!

今の時代、仕事やブログで記事の執筆を行っている人は少なくありません。毎日の自分の活動報告や、誰かの役に立つ記事を執筆する機会も増加しているように感じます。
しかし、いざ記事を書いてみると思うようにペンが進まないという経験をすることも多いのではないでしょうか。
自分は今から何を書こうとしているのだろう?自分は一体何を書きたいのだろう?
溢れてくる思いは様々ですが、いざ記事を書こうと思うと、なかなか書く内容が決まらないという人も少なくないようです。

そこで、今回はそのような人のために、説得力があり、流れが綺麗で、読み手に伝わる記事を執筆するための極秘テンプレートについてお話しします。
このテンプレートに沿って記事を書いていくだけで、あなたの記事の流れはスムーズになります。今まで話の方向が定まらず、あっちこっちに行っていたあなたの話が、このテンプレートを使うだけで、一つのゴールに向かって説得力のある文章になるのです。
ですから、この極秘テンプレートを必ず守ってください。

そのテンプレートとは、問題提起、その行動をとるべき理由、その解決策、解決策の理由の順番に記事を書くことです。
ここまでの記事を使って、このテンプレートを見ていくことにしましょう。

まず、問題提起には「記事が上手く書けない」ということを強調して書いています。このように問題をはっきりすることで、読者は、今何の話をしているのか?を明確に理解することができます。この問題提起を曖昧にしてしまうと、何のための、誰のための記事を書いているのかわからなくなり、説得力がありません。

次に、行動を取るべき理由です。問題提起の直後に解決策を言われても人は行動しないものです。必ず、その解決策を実行したときの未来の読者を具体的に想像させてあげましょう。

そして、解決策です。上記の極秘テンプレートの中身ですね。ここがないと、せっかく期待を持った読者を裏切ることになります。この部分はできるだけ短く話しましょう。

最後に解決策の理由で、この記事では今読んでいる部分にあたります。というのも解決策を明記しても、読者はもやもやします。どうしてそう行動しなければならないのだろう?と思うわけです。
そのような読者をきちんと納得させるために、最後の理由まできっちりつけましょう。

以上のテンプレートを使って流れのある文章執筆をしてみてください!

月収20万円も夢じゃない⁉ 「生計を立てられるライター」になる方法

「会社を辞めて在宅で仕事ができたらどれほどいいだろうか」

そのように考えるサラリーマンは少なくないでしょう。毎日満員電車でストレスを抱えながら通勤し、会社では上司や取引先にぺこぺこする毎日。自分の人生を有意義に過ごしたいだけなのに、なぜこれほどまでに様々な圧力を受けなければならないのか。

このような生活を送っていると、何がしたいのかわからないと悩む人がいても不思議ではありません。

■クラウドソーシングで高額収入を得られるのは少数⁉

そこで副業で在宅ワークをしようと考え、いざクラウドソーシングのサイトを見ても驚くほど報酬が安い案件しか見つかりません。

それを裏付けるようにクラウドワークスが発表した資料では月の収入が20万円以上の人は111人しかいないというデータがあるのです。さらに専門的知識をあまり問われないライターであれば、それほどの収入を得られる人の数はさらに少なくなるでしょう。

もちろん全ての人がクラウドソーシングのみで生活しているわけではありませんし、むしろ副業メインで使っている人の方が多いかもしれません。しかし、専門的知識を持たない人がクラウドソーシングのみで生活するのは非常に難しいと言えるでしょう。

■コンテンツライターに注目

その中でも専門知識を必要としないライターで、月収20万円をこえる方法があるとすれば知りたいと思うでしょうか。

もったいぶらずに言うと、コンテンツライターになるという方法があります。コンテンツライターとは物を売るための文章を書く人のことを指します。

商品がどのようなものであっても、その商品の魅力を存分に伝えることができる。そのようなライターがこれからの時代、需要が確実に高まってくると言えるでしょう。

「コンテンツライターにはどうすればなれるか?」と疑問に思う人もいるでしょう。その答えとしてはコピーライティングを学ぶということです。

コピーライティングのことについて話し始めると、新しく1記事分書かなければならないので説明は省きますが、興味のある人はインターネットで検索してみてはいかがでしょう。

アフィリエイト初心者でもアクセスが集まる良質な記事の書き方とは

突然ですが、アフィリエイトという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
アフィリエイトとは自分のブログ記事に広告を貼り、訪問者がこのアフィリエイトサイトをクリックすることで報酬が出るというネットビジネスです。

アフィリエイトで稼ぐためには良質な記事を書く必要があります。良質な記事が書ければ人が多く集まりますし、逆にどれだけSEO対策やブログデザインを凝っていたとしても、記事の内容が薄ければ長期的に稼ぐことはできません。
今の時代ネットビジネスへの参入の壁が低くなり、誰でもアフィリエイトをしようと思えばできるようになりました。しかし、誰でも参加できるがゆえに、記事の書き方までこだわっていない人が非常に多いです。

そこで今回はそのような人のために、良質な記事を書く最も重要なポイントについてお話しします。
このポイントは非常に重要で、良質な記事を配信し続けている人は必ず意識しています。このポイントを実践していれば、数ヶ月後にはまるでプロ作家が書いたような、読者にとってわかりやすく良質な記事を書くことができます。
あなたの記事は人を引き込み、フェイスブックのシェアやツイッターのリツイートは止まることはありません。あなたが記事を一度書けば、電車内で隣の人がその記事を読んでいるということすらありえます。それだけ影響力のある記事を書くためにも、このポイントを必ず意識してください。

それは、読者の像を明確に1人決めるということです。
もっとわかりやすく言うと、あなたの1人の知り合いに話しかけるように記事を書くのです。
どうしてそのような書き方をするのか疑問に思われるかもしれません。しかし、このポイントを意識することは非常に重要で、文章をストレスなく読むためには必ず気をつけるべきポイントだと言えるでしょう。
例えばスマホ初心者向けの記事にROMだとかRAMという言葉が入っていたとすると、あなたならばどうするでしょうか。おそらく意味のわからない言葉が入っている時点で、その記事ページの×ボタンを押し、別サイトのわかりやすいページを探すのではないでしょうか。
情報はいくらでもネットに転がっているので、あなたの記事から読者を離さないためには、いかにストレスを与えずに文章を読ませるかということが、非常に重要になるのです。
ですから、記事を書く時にはしっかりと読者のイメージを作ってから書いていただけたらと思います。

今、自己投資するならプログラミング!勉強する価値はどれほど大きい?

将来のために自己投資という言葉は聞くけれど、実際のところ自己投資ってなにをすればいいの?と考える人もいるでしょう。

勉強する重要性はわかるけれど何を勉強すればいいのかわからない。また、勉強するものは決まったとしても、それを勉強する価値がわからないと感じることも多々あるのではないでしょうか。

仮に将来のための副業や投資の重要性を理解していたとしても、ネットのうさんくさい情報を見るとあまり気が進みません。さらに、リスクもあるとなると正しい情報を手に入れてから行動したいのに、どれが正しい情報かもわからなくなります。

そのような100%信用のおけない勉強をするくらいであれば、プログラミングを勉強してみてはいかがでしょうか。プログラミングと聞くとなんだか難しいと一重に拒否反応を起こしてしまう人もいるかもしれません。しかし、プログラミングにも様々な種類のものがあり、初心者でも触れていれば身に付くというレベルのものもあります。

今回は、今、あなたがプログラミングの勉強をするべき理由についてお話します。

これからますます需要が大きくなる
SEと聞くと年収は多くても拘束時間が非常に長くブラック企業というイメージを持つかもしれません。確かにそのような側面もあるかもしれませんが、全ての企業がそのようなわけではありません。

むしろ、これからは優秀なプログラマーはどこでも引っ張りだこになるため、ブラック企業に就職し、辞めたとしても仕事がなくなることはないと言われています。かの有名なFacebookの元役員ですらプログラミングの重要性を語っており、手に職つけるという意味でも非常に有効な手段になるでしょう。

自分のアイデアを形にできる
もう一つプログラミングをする理由として、自分がこんなサービスがあったらいいなと感じたものをそのままサービスとして世に送り出すこともできます。現状の代わり映えしない社会人生活を送るのもいいかもしれませんが、将来独立したい!と考えている人はこのような一歩を踏み出すのも一つの手段でしょう。

そのためにも今プログラミングを学んでおくことで、自分が想像したものをぱっと作り出す力が必要になります。最初の一歩がなかなか踏み出せないかもしれませんが、初心者であればhtmlやcssといったところから始めてみればいかがでしょうか。

ランキング