独立希望者がハマりがち!? 「フリーランスで上手くいかない」理由とは

6176.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・独立して働くために必要なこと

<Point>

1フリーランスと会社員は求められるものが異なる

2クライアントのニーズを正しく解決する

毎朝1時間以上も満員電車に揺られ、眠い目をこすりながら会社に向かうことに嫌気が指して「思い切って独立したい!」と考える人もいるかもしれません。自分で会社を立ち上げることやフリーランスとして企業から直接仕事をもらうことも今や難しいことではなくなりました。

最近であればクラウドソーシングなどを利用して仕事をもらうこともできますし、様々なインターネットを利用したビジネスも存在します。以前であれば会社に行くしか方法がありませんでしたが、インターネットを利用することによって自宅で生活費を稼いでいる人もいるのです。

■フリーランスに求められることとは?

そのような人に憧れて思い切って会社を辞める、もしくは辞めたという人もいるかもしれません。しかし、今まで上司から言われていることをやり続けていた会社員にとって、自分の力でクライアントからの依頼を上手にこなすことは簡単なことではありません。

今回はそのようなあなたが、独立しても仕事が上手く進む最も重要なポイントについてお話します。

この事実を知っているとあなたの仕事に対する態度が変わるでしょう。必死に仕事をこなすだけでは独立してからは不十分といえます。会社にいたときよりも仕事の成果を求められるのがフリーランスや経営者という働き方なのです。

逆に言えば、このポイントさえクリアーできていれば会社員時代のように上から怒られることはありません。あなたは自分のやるべきことを淡々とこなし、結果を出していれば例えコーヒーブレイクがあってもゲームをしていても誰からも咎められることはないのです。

ですから、このポイントをしっかりと知っておいてください。

■フリーランスで成功するために必要なことは?

そのポイントとはクライアントのニーズを正しく理解するということです。

フリーで働くとなるとクライアントから様々な要望があります。あなたは、その要望に合わせた仕事を正しく理解し、仕事をこなさなければなりません。例えば、店でコーヒーを注文したのにケーキが出てきたら、それはお客さんの要望を正しく汲み取れていません。しかし、現状そのような仕事をしている人は少なくないのです。

今、クライアントから何を求められていて自分はどのように解決するべきなのか? 当たり前のようにも聞こえますが、このポイントをしっかり意識して仕事をしてもらえたらと思います。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

意識を変えて毎月5万円?副業で安定収入を得るための心構えとは

普通のサラリーマンでも副業で月に5万円稼ぐことができます。

このような話を聞くと、自分にはそんな副業をする時間はない、また、今の収入でも生活するのに困らない程度には稼いでいるという人もいるかもしれません。しかし、今の30代はもらえる年金が月に13万円前後と言われており、老後への貯蓄は必須条件です。

仮に、現在順調に貯蓄していたとしても、子どもが大きくなってくるにつれ、学費の負担も大きくなります。このように将来には予想以上に出費が増えるため、今ほど十分な貯蓄ができないことも十分考えられるのです。現状生活することに十分な収入があったとしても、老後にはお金がないから外にも出かけず、1日1食しか食事ができない、人付き合いもなくなり孤独に暮らすような生活が待っているかもしれません。

ですから、そのような生活を送らないためには副業で収入を増やす必要があるのです。今回はクラウドソーシングで月に5万円稼ぐための心構えについてお話しします。

この心構えを知っていると心の余裕につながります。生活に無理がない程度の仕事をこなしながら、貯蓄による将来の安定、毎月のお小遣い増加など少しリッチな生活を送ることができます。逆にこの心構えを知っておかないと、あなたは膨大な仕事量を雀の涙程度の金額で受けなければなりません。毎日睡眠時間を削って仕事をしているのに、もらえる報酬では飲み会代にもならないということすら考えられます。

ですから、この心構えをしっかり知っていてください。

それは、企業と自分の関係は対等関係であるということです。

どういうことだ?と思われるかもしれないので説明します。一般的にクラウドソーシングという枠組みにおいて、企業の中には、お金を払っている自分たちが偉いという認識を持っている企業も数多く見受けられます。そのような企業は膨大な仕事を少ない賃金で要求し、さらには仕事を終えても追加賃金なしで仕事を増やしてくることもあります。このような無理を言う企業は、仕事を断る必要も出てきます。副業で無理なく安定して稼ぐためにも、企業と自分との関係性を意識してもらえればと思います。

クラウドソーシングはフリーランスへの架け橋となれるのか?

最近ではインターネットを通して仕事をもらうクラウドソーシングで働く人が増えています。

クラウドソーシングはまさしく自由な時間と場所で働くにはもってこいであり、フリーランスになるにも一つの架け橋になる。そんな理想を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
では、実際のところフリーランスで働くことを考えたときに、クラウドソーシングは有効であるのか?と疑問に思う人は少なくないでしょう。
そこで今回はそのような疑問を解決するために、データを見ながらクラウドソーシングとフリーランスの関係についてお話ししていきます。

クラウドソーシングで最も有名なサイトの一つとしてクラウドワークスというサイトがあります。クラウドソーシングを利用している人にはかなり有名なサイトで、アンケートやライターといった案件からアプリ開発などのプログラミング業務まで幅広い案件が存在します。
果たしてクラウドワークスのみで、どれほどの人が生活できるくらい稼いでいるのでしょうか。
クラウドワークスが2月に公開した資料によると月収20万円に到達している人は111人とのことです。
これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは意見が分かれるところでしょう。わずかな賃金で1日8時間を超える勤務をしている人から見れば羨ましいと感じますし、世間でホワイトと言われている企業の社員から見ればひどいと感じるかもしれません。
しかし、クラウドワークスの登録者は80万人ということを考えると、クラウドワークスだけで生活できる人がごくごくわずかであることは否定できません。
もちろん登録者の中にはクラウドワークスだけで生活しようと考える人が少数派であることは間違いないでしょう。学生や主婦といった、少しの小遣いが稼げればいいと考える人も少なくありません。
しかし、それらを踏まえた上でもクラウドソーシングだけで生活することはまだまだ難しいと考えるのが一般的な考えではないでしょうか。
フリーランスで働くのであれば、自分で仕事を獲得することも必要なスキルと言えそうです。

月収20万円も夢じゃない⁉ 「生計を立てられるライター」になる方法

「会社を辞めて在宅で仕事ができたらどれほどいいだろうか」

そのように考えるサラリーマンは少なくないでしょう。毎日満員電車でストレスを抱えながら通勤し、会社では上司や取引先にぺこぺこする毎日。自分の人生を有意義に過ごしたいだけなのに、なぜこれほどまでに様々な圧力を受けなければならないのか。

このような生活を送っていると、何がしたいのかわからないと悩む人がいても不思議ではありません。

■クラウドソーシングで高額収入を得られるのは少数⁉

そこで副業で在宅ワークをしようと考え、いざクラウドソーシングのサイトを見ても驚くほど報酬が安い案件しか見つかりません。

それを裏付けるようにクラウドワークスが発表した資料では月の収入が20万円以上の人は111人しかいないというデータがあるのです。さらに専門的知識をあまり問われないライターであれば、それほどの収入を得られる人の数はさらに少なくなるでしょう。

もちろん全ての人がクラウドソーシングのみで生活しているわけではありませんし、むしろ副業メインで使っている人の方が多いかもしれません。しかし、専門的知識を持たない人がクラウドソーシングのみで生活するのは非常に難しいと言えるでしょう。

■コンテンツライターに注目

その中でも専門知識を必要としないライターで、月収20万円をこえる方法があるとすれば知りたいと思うでしょうか。

もったいぶらずに言うと、コンテンツライターになるという方法があります。コンテンツライターとは物を売るための文章を書く人のことを指します。

商品がどのようなものであっても、その商品の魅力を存分に伝えることができる。そのようなライターがこれからの時代、需要が確実に高まってくると言えるでしょう。

「コンテンツライターにはどうすればなれるか?」と疑問に思う人もいるでしょう。その答えとしてはコピーライティングを学ぶということです。

コピーライティングのことについて話し始めると、新しく1記事分書かなければならないので説明は省きますが、興味のある人はインターネットで検索してみてはいかがでしょう。

クラウドソーシングで稼げないあなたが十分な報酬を手に入れるために今やるべきこと

サラリーマンでも学生でも主婦でも、今や家にいながらお金を稼ぐことはそれほど難しいことではありません。様々なネットビジネスと呼ばれるものがありますし、企業から直接仕事をもらうクラウドソーシングという働き方もあります。

しかし、クラウドソーシングでもらった仕事には報酬が十分でないものが多い!と嘆きの声をあげている人も少なくありません。それもそのはず、クラウドソーシングでは報酬が買い叩かれている現状があるのです。

これではいくら副業とは言えど、自分が求めているだけの金額を稼ぎ出すことは難しいでしょう。現状では月に数万円という報酬ですら手に入れることは簡単ではありません。

しかし、現状にいくら悩んでいたとしても今後クラウドソーシングのサービスが改善されることはあまり期待できません。というのも企業側としてもクラウドソーシングは仕事を安く買い叩く場所というイメージがすっかり定着しています。その上クラウドソーシングを利用するとマッチング手数料も取られるので、さらにあなたの報酬は減っていきます。

つまり、あなたが高収入を手に入れるためにはクラウドソーシングに頼ってばかりではいけないのです。そんなことを言われてもじゃあどうすればいいのか?と悩まれるかもしれません。

その方法とはブログで自分を発信するという方法です。

例えば記事執筆の仕事が欲しいのであれば、それについてのブログを発信するのです。確かに最初はブログだけなので報酬は0かもしれません。

しかし、3ヶ月も経てばアフィリエイト報酬や記事執筆の依頼が来ることも十分に考えられます。そして、そのような仕事は報酬もクラウドソーシングのものと比較すると十分に大きい場合が多いです。

今やこのような自分のブログを作ることは難しいことではありません。その上、ブログというコンテンツを作ることは、実績を作ることにもなるのです。

目先のわずかな報酬を追うか将来の大きな報酬に向けて、しばらく目をつぶるか、どちらが大きなメリットを受けられるか?ということを考えてもらえたらと思います。

ランキング