あなたの「働きかけ力」を事例でテスト!~社会人、誰からも必要とされるためのスキル~

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・社会人として求められるスキル

<Point>

1あなたの働きかけ力チェック「事例クイズ」

2働きかけ力とは何か

3なぜ働きかけ力が必要なのか

6139.jpg

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

本シリーズでは、社会人1年生の柴田さんを通して、この「社会人基礎力」の「12の能力」を「12のスキル」としてクイズ形式で学んでいきます。

柴田さんは、マジメでしっかり者ですが少し抜けたところもあるヨガが大好きな女性です。この春大学を卒業し、○○食品会社に入社、営業企画部に配属となりました。

今回のテーマは、スキル2:【働きかけ力】です。
まずは、あなたの働きかけ力を事例クイズでチェックしてみましょう。

【事例クイズ】

新人の柴田さんは、上司の伊藤課長から「今週末までに、キャンペーンのチラシを発送するように」と指示されました。
「どうしよう。間に合うかしら?」困った柴田さん。実は、他にも急ぎの仕事を抱えています。このままでは今週中にキャンペーンチラシの作業を完了させることは不可能な見通しとなってしまいました。柴田さんはどうするべきでしょうか?

選択肢A:今週末までには作業が終わらないことを正直に報告し、締切を延ばしてくれるように上司の伊藤課長にお願いする。
選択肢B:残業をしてでも終わらせようと努力しながら、周囲の人間に作業が思うように進んでいないことを伝えていく。
選択肢C:どのくらい時間がかかりそうか見通しを立て、進捗状況を伊藤課長に報告し、一年先輩の石橋さんにサポートを依頼したいと申し出る。

【働きかけ力とは何か】

仕事は一人でできるものではありません。働きかけ力とは、力を合わせ協力してもらうために、周囲の人間を上手に巻き込む能力のことです。

【なぜ働きかけ力が必要なのか】

職場では、一人ひとりが責任を持って仕事に取り組むべきですが、個人では解決できないこともたくさんあります。そのようなときに周囲に働きかけたり、巻き込んだりすることができれば、一人では困難に思えたことでも様々なサポートにより乗り越えることができるようになります。

【クイズの解答】

選択肢A:× 選択肢B:△ 選択肢C:○

選択肢Aについては、締切を延ばすことが可能かどうかわかりません。勝手に判断せずに、まずは締切を厳守するために何か方法がないか考えましょう。

選択肢Bは、残業をしてでも期限までに仕事を終わらせようとする姿勢は評価できますが、他の人のサポートが必要であれば、きちんと支援を要請しましょう。

選択肢Cのように、進捗状況を確認した上で、見通しも含めて報告することは大変良いことです。先輩に具体的に支援を要請することは、働きかけ力のある行動といえます。

柴田さんは、上司の伊藤課長に、現時点での進捗状況と見通しを報告し、また先輩の石橋さんにサポートをお願いしたい、と申し出ました。

まとめ:働きかけ力を鍛える5つのポイント

(1)意識的に周囲の状況や自分の置かれている立場を確認しよう!
(2)わからないことを教えてもらうときは、必ず相手の状況に配慮して質問しよう!
(3)様々な立場の人に積極的に声を掛け、幅広い人脈作りを心掛けよう!
(4)相手のために何が出来るか考え、常に協力意識を持って行動しよう!
(5)些細なことでも頻繁に感謝の気持ちを伝えて、より良い人間関係を築こう!

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

画像一覧

  • あなたの「働きかけ力」を事例テストでチェック!~社会人として誰からも必要とされる人になるためのスキル~

執筆者

高橋忠寛 (たかはし ただひろ) ファイナンシャル・プランナー (CFP®)

株式会社リンクマネーコンサルティング代表取締役  http://link-money.co.jp/ ファイナンシャル・プランナー(CFP®)・日本証券アナリスト協会検定会員(CMA) 上智大学経済学部経済学科卒業。東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行での10年超の銀行勤務を経て、2014年9月に独立。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。 著書『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)

高橋忠寛

関連記事

関連記事

あなたは「主体性」を備えていますか?~社会人として誰からも必要とされる人になるためのスキル~

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

本シリーズでは、社会人1年生の柴田さんを通して、この「社会人基礎力」の「12の能力」を「12のスキル」としてクイズ形式で学んでいきます。

柴田さんは、マジメでしっかり者ですが少し抜けたところもあるヨガが大好きな女性です。この春大学を卒業し、○○食品会社に入社、営業企画部に配属となりました。

今回のテーマは、スキル1:【主体性】です。
まずは、あなたの主体性を事例クイズでチェックしてみましょう。

【事例クイズ】
新人の柴田さん、上司から指示された業務も定時で終わり、ヨガに行こうと帰り支度を始めました。ところが「あー、終わらない!どうしよう……」と後ろから悲痛な声がします。声の持ち主は、同じ部署で働く1年先輩の石橋さん。急な仕事が殺到し、残業をしないと終わらない様子で頭を抱えています。新人の柴田さんはどう対応すべきでしょうか。

選択肢A:上司から指示されたその日の業務が終了したので、そのまま退社する。
選択肢B:新人ができる作業かわからないし、石橋さんの作業の妨げになってはいけないので、「お先に失礼します」と一声掛けて、そのまま退社する。
選択肢C:何か自分に手伝えることはないか、石橋さんに積極的に声を掛ける。

【主体性とは何か】
主体性とは、自らの意思や判断で動くことのできる能力をいいます。指示を待つのではなく、自ら「するべきこと」を見つけて、積極的に取り組む力のことです。

【なぜ主体性が必要なのか】
職場では上司や先輩からの指示を待って行動するのではなく、自ら「するべきこと」を見つけて、積極的に仕事に取り組む姿勢が重要です。
主体性を身につけると、仕事に対する責任感が生まれ、周囲からの信頼も得ることができます。「自ら進んで行動せず、他人から言われたことしかしない」ということでは、責任感がなく、受身で、他人任せであると受け止められてしまいます。

【クイズの解答】
選択肢A:×   選択肢B:△    選択肢C:〇

選択肢Aは、指示されたことだけすればよいという主体性のない行動です。選択肢Bは、自分にはできるかどうかわからないと考えて、新しいことにチャレンジするという前向きな姿勢がみられない消極的な行動です。
選択肢Cのように、上司から指示をされなくても、自分にできることはないかと考え自ら積極的に行動するべきです。

柴田さんはカバンを置き、石橋さんに「何か私にお手伝いできることはありませんか?」と声をかけました。

まとめ:主体性を鍛える5つのポイント
(1)指示された業務が終了したら、退社する前に周囲の状況を確認し、自分にでけいることがことが何かあるか、声をかけよう!
(2)与えられている自分の役割を意識して、それを達成するためにできることを考え、言われる前に行動しよう!
(3)経験したことがない困難な仕事であってrも、これまでの経験の中で活かせることがないか考えよう!
(4)あらゆることに関心を持ち、常にプラス思考で取り組もう!
(5)困難なことにも粘り強く取り組み、それでも自分んだけでは解決できない場合には周囲の人間に相談しよう!

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

社会人として誰からも必要とされる人になるための『12のスキル』

【社会人基礎力講座】誰からも必要とされる人になるための12のスキル-1話-「社会人基礎力」とは?(総論)

「社会人として仕事をしていく上で、どんな能力が必要だろうか?」

新社会人の皆さんは、今、人生の新しい扉を目の前に、大きな期待と不安が入り混じった複雑な気持ちでしょう。社会に出て働くと、苦労することもたくさんあります。しかし、扉の向こうには、それ以上に充実した刺激的な生活が待っています。働くということは他人や社会の役に立つことでもあります。1日でも早く社会人に必要な能力=「社会人基礎力」を学び、身につけ、デキる社会人を目指しましょう。

【社会人基礎力とは】
では、社会が求める「社会人基礎力」とは具体的にはどのようなものでしょうか。経済産業省では、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を「社会人基礎力」と名付けています。さらに「前に踏み出す力(アクション)」、「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成するものとして12の能力要素を定義しています。

【3つの能力】
「前に踏み出す力」とは、主体性・働きかけ力・実行力という3つの能力要素から成ります。目標に向かって試行錯誤しながら、自ら踏み出そうと行動する力です。失敗しても他者と協力しながら、粘り強く取り組むことが求められます。

「考え抜く力」とは、課題発見力・計画力・創造力という3つの能力要素から成ります。常に問題意識を持ち、既存の方法に拘らず課題の解決に向けてのプロセスを納得いくまで考え抜くことが求められます。

「チームで働く力」は、発信力・傾聴力・柔軟性・情況把握力・規律性・ストレスコントロール力の6つの能力要素から成ります。組織としての付加価値の創出や目標達成に向けて多様な人と協働する力のことです。社会人になると、自分と考えの合わない人や苦手な人と一緒に仕事をすることも多くあります。
そういった人々とも上手く付き合いながら、円滑なコミュニケーションを取り、目標に向け協力することが必要です。

(出典:経済産業省HPより)

12の能力要素の中には、既に身についていると感じる能力もあるかもしれません。
しかし、企業側が求めているものは本人が認識しているレベルよりももう一段高いレベルにあります。

「社会人基礎力」の12の能力要素を身につけ、その能力を伸ばしていくことによって、仕事が円滑に進み、結果にも繋がっていきます。それに伴って、周囲からの評価も高まり、社会人としての人生は豊かなものになるでしょう。

このシリーズでは、「社会人基礎力」の12の要素を「12のスキル」として、具体的な事例に基づいて、一つずつ学んでいきます。この中には、当たり前だと感じることがあるかもしれません。しかし、この当たり前のことをきちんと身につけることができれば、あなたは周囲の誰からも必要とされる人間になれます。

1日でも早く「社会人基礎力」を身につけて、デキる社会人を目指しましょう。

※ このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

「世の中を変える」 大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第48回(最終回)

ぶっちぎり社員になる。

それがこのコラムの目的です。

その為に、いろいろな考え方があります。
いろいろなスキル・テクニックがあります。

ただ、大きくぶっちぎるには、大きなエネルギーが必要です。
大きなエネルギーがないと、そこまでたどり着ないからです。

エネルギーは、自分自身から出ます。
勿論、「誰かのために」という気持ちからもエネルギーが出ますが、そう考えるのも自分の捉え方です。

そういう意味で、自分自身からエネルギーが出るということになるんですね。
「60点で良いや」と思うとします。
そうすると、実際は55点で終ったり、50点で終ったりします。
70点になることはそうはありません。

それと同じで、「主任になりたい」「課長になりたい」という設定だと、そこまで行く確率は高くないかも知れません。

そもそもぶっちぎりじゃないですからね。

ステップとしては、主任になって、課長になって・・・・となるかも知れません。
でも、それは結果としてのこと。
自分の中の設定としては、そうじゃない方が良いです。

大きければ大きい程、力が出ます。
というか、簡単には達成しないので、力を抜くことが出来ないんですね。

小さい設定だと、それが達成したら止まる可能性があります。
でも、大きい設定だと止まりません。

ぶっちぎり社員になるのであれば、ぶっちぎり社員を目指すのではなく、それ以上を目指すということです。

僕は、「世の中を変える」ぐらいの設定が良いかと思います。
なんでも良いです。

自分の業界の常識を覆すとか、自分のいる地域の常識を覆すとか・・・・。
『世の中』の部分は自分で設定すれば良いので、難しいことはないと思います。

それだけ大きな設定で日々過ごしていれば、その過程においてぶっちぎり社員になれるし、ぶっちぎり人間になれます。

一気にそれが達成することはありません。
途中途中で小さな目標設定をした方が良いですが、最終の設定は難しい方が良いです。
その方が楽しめるんで。

今日でも明日でも良いので、『〇〇の世の中を変える』という設定をしてみてくださいね。

今回で、大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』の連載は終わりです。
長い間、ご愛読いただきありがとうございました。
これまで学んだことを生かして、ぶっちぎり社員になってください!

ぶっちぎり社員になるために心がける5つのポイント 〜バイトからの成り上がり列伝〜

起業、独立ということが色々なところで持て囃されてますが、一方厳しい現実があるのも事実です。よく言われる「30年以上継続する会社は 1%、1年以内に潰れてしまう会社が半分」それでも冒険したいという気持ち、衝動を邪魔するつもりはありません。

ただそんな起業、独立ということですが、周りの知人を見ていると会社員時代に築いた人脈、仕事が糧になっているというのは必須な気がします。

すなわち、それは社員時代にどう生きるか、同じ時間をどのような意識で過ごし、振る舞うか、それがとても大事になってきます。

学生時代はバイト先でガムを噛んでいるようなタイプでも100名・10億円以上の規模の会社を束ねるまでになれたという育成コンサルタント/ マーケティングコンサルタントである染谷充紀さんによる『ぶっちぎり社員養成塾』。これまでマネーゴランド内で記事展開してきました。

そんな記事の中から、今社員である人もこれから社員になるような人、そして独立している人でも気をつけたい、今日からやれる5つのポイントを抜粋しました!

1)能力を貯金すること
————————————————-
お金ではなく能力の貯金です。お金は使うと減りますが能力は減らない。それどころか強化されるんです。能力は打ち出の小槌みたいなモノです。持ってると、あとでお金を生み出す可能性が高い。もしも、何も能力がなかったとする。能力がない状態で、所属してる会社が倒産したり、自分の立場がなくなったりする・・・・・。「それは100%ないよ!」って言いきれますか?言い切れる人は良いです。大丈夫なんで。

だからつけるんです、能力を!不透明と言われてる時代、未来を予想するのは難しい。難しいからこそ、いつどうなっても対応できるように、能力貯金をした方が良いということです。
————————————————-

2)報連相は上司の知りたいことを予測すること
————————————————-
上司は、報告すると決まってることを報告して欲しいけど、本質的に言うと、自分が求めてることを報告して欲しい訳です。だから、決まりだからって報連相する意識じゃなくて、上司が求めてるであろうことを報告する。

それが出来ると、上司はやりやすいです。評価が全てじゃないけど、上司からの評価が上がります。そうすると、他の報告しない人達とは評価は変わって来るんですね。他の人は、あまり上司と接したがらない。そうやってるうちは評価が上がらないんですね。

もし、上司がそういうことを評価しない人だったとしても、あなたが上司の立場になって、上司の思考を予想することを身に付けることは決してマイナスになりません。何かで役に立つ。小売店でも、営業でも、お客さんは人間です。その中の多くの人は、自分のことを理解して先読みした行動をしてくれる人を好みます。好まない相手には、やらなければ良い。
————————————————-

ランキング