ふるさと納税のポータルサイトって何が違うの?7つのサイトを比較してみました

このレシピを実行して

 円貯まる!
<材料>

・ふるさと納税のポータルサイト

<Point>

1ポータルサイトの種類が多い

2ポータルサイトによって様々な違いがある

3楽天ふるさと納税はポイント利用も可

6043.jpg

節約上手な賢い主婦はふるさと納税を利用してお得に地域の特産品を手に入れているという人も多いでしょう。

ふるさと納税とは地域の寄付をすることで、寄付をした地域からお礼に特産品が送られてくるという制度です。税金控除も存在するため、実質2000円の負担で特産品が手に入れられると非常に大きな話題を呼びました。

■ポータルサイトのココが違う!徹底比較
そんなふるさと納税ですが、実はポータルサイトというのが存在します。有名なものであれば「ふるさとチョイス」や「ふるぽ」といったような、便利なポータルサイトが数多くあるのです。

そこで気になるのが、それだけ数多くのポータルサイトがある中でポータルサイトによって何か違いがあるのか?ということです。というのもふるさと納税は寄付ができれば、お礼の品がもらえるため、それほど多くのポータルサイトは必要ないように感じます。

しかし、これらのポータルサイトの違いを知っておくと、少しメリットを受けられるかもしれません。今からポータルサイト毎の特徴を少しずつ紹介していくので、ぜひチェックしてみて下さい。

画像一覧

  • ふるさと納税のポータルサイトって何が違うの?7つのサイトを比較してみましたイメージ

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

【おトク+節税+地域貢献】ゴルフを楽しむだけでも節税ができるふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回ご紹介するのは、ゴルフ好きのお父さんにはたまらない納税プラン。節税効果が期待できる上にゴルフが楽しめ、さらに宿泊もできるという魅力的な内容です。気になる場所に出かけて思う存分ゴルフを楽しみ、そのあとは電車の時間を気にせずに1泊。翌日は近くを観光することもできる大満足なプランです。

【オススメふるさと納税:ゴルフ好きなら見逃せない編】
おすすめ●18 『名門フェニックスカントリークラブでプレー&宿泊ペア』
宮崎県宮崎市 20万円以上でもらえる
国内最高峰のゴルフトーナメント「ダンロップフェニックストーナメント」が開催されている名門コースでのゴルフプレーとともに、コースに隣接するシェラトン・グランデオーシャンリゾートの朝食付き1泊宿泊券が2名ペアになったセットプラン。ゴルフコースの利用は平日、グリーンフィやキャディフィ、利用税などもすべて含まれています。世界のトッププロが挑戦してきた黒松林がそびえるコース、歴代チャンピオンの写真が並ぶ重厚なクラブハウス、シーサイド特有の海風を浴びながら、憧れのプロの気分になってのプレーが楽しめます。

●どんな町なの?『宮崎県の県庁所在地』
宮崎県のやや南に位置する宮崎市。宮崎県の県庁所在地としても知られています。平均気温は18度、降水量や日照時間も多く、南国らしい気候が楽しめます。市内には初代天皇である神武天皇を奉った宮崎神宮をはじめ、多くの寺社仏閣があるほか、鬼の洗濯岩と呼ばれる青島神社がある青島などがあります。国道沿いにはシュロの木が整然と並び、南国らしい気分に浸ることができます。

●アクセスガイド
宮崎空港から車で約15分、宮崎空港から電車で約10分(宮崎駅)
宮崎駅から徒歩で約30分

【オススメふるさと納税:ゴルフ好きなら見逃せない編】
おすすめ●19 『瀬戸内ゴルフリゾート 土日祝ゴルフ宿泊パック』
広島県竹原市 5万円以上でもらえる
瀬戸内海に面した丘陵地にある絶景で有名なゴルフコースでの土日祝プレーが楽しめるとともに、近接のホテル(グリーンスカイホテル)での朝食付き1泊プランがセットになったプラン。オレンジ色の屋根とクリーム色の壁で作られたクラブハウスがリゾート気分を華麗に演出。クラブハウスから瀬戸内海に浮かぶ島々を見ることができるだけでなく、各コースからも海を眺めることができます。

●どんな町なの?『安芸の小京都』
広島県の真ん中にあり瀬戸内海に面する竹原市は、古くから瀬戸内の交通の要衝として栄えてきた歴史のあるまち。平安時代に京都下鴨神社の荘園として栄えてきた歴史から、安芸の小京都とも呼ばれ、江戸後期に製塩や酒造業で栄えたお屋敷などの街並みが今でも残っており観光名所にもなっています。名前の通り竹林が多く、竹の子は市の名産品として有名です。

●アクセスガイド
広島空港から車で約30分、JR山陽新幹線三原駅から電車で約40分
広島市から車で約60分、広島市から電車で約110分

毎回近くのゴルフ場でプレーしている方も、たまには違った景色の中でゴルフを楽しみたいはず。今回はそんなゴルフ好きのお父さんにおすすめの納税プランをご紹介しました。きっかけがないとなかなか立ち寄れない全国屈指の有名コースや、シーサイドの絶景コースなどでプレーすれば、気分転換も一緒にできるのではないでしょうか。さらに宿泊もセットになっているので、一緒に観光も楽しめば一石二鳥以上のおトク感を味わえます。
次回もお楽しみに!

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税

『おすすめ14~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税

『おすすめ16~17』 】夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税

【おトク+節税+地域貢献】夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回ご紹介するふるさと納税プランは、夏を楽しく過ごしたい方には必見です。全国各地で開催される花火大会を間近でたっぷりと楽しめる魅力的なプランを厳選してお届けします。

【オススメふるさと納税:ひと夏の思い出を作ることができるプラン編】
おすすめ●16 『大石田まつり花火大会ふるさと花火打ち上げ権、観覧席ペア招待券』
山形県大石田町 10万円以上でもらえる
毎年8月中旬に開催される大石田まつり。そのメインイベントとなっているのが伝統の大花火大会です。20号玉の連発をはじめとする大型花火と灯籠流しが最上川の川面を美しく彩ります。そんな花火大会でメッセージ付きの10号玉打ち上げとペア鑑賞席がセットになったプランがこちら。自分だけのマイ花火を打ち上げできるということで、平成28年度分は早くも受付終了。来年を狙って今から申し込んでみるのはいかがですか。

●どんな町なの?『そばの里作りに力を入れるまち』
山形県のほぼ中央に位置する大石田町。最上川の三難所の下流に位置しており、かつては最上川最大の船着き場として栄えました。水と緑の豊かな景観に恵まれ、松尾芭蕉などの文人や画家が多く訪れています。水稲やスイカの栽培が盛んな他に玄そばの産地として知られており、その生産量は県内でもトップクラス。近年ではそばの里づくりにも力を注いでいます。

●アクセスガイド
山形市内から車で約60分、山形駅から電車で約40分
仙台市内から車で約100分、仙台駅から電車で約150分

【オススメふるさと納税:ひと夏の思い出を作ることができるプラン編】
おすすめ●17 『沼津夏まつり狩野川花火大会会場アナウンス付き「大スターマイン」花火打ち上げ&観覧席券』
静岡県沼津市 50万円以上でもらえる
毎年7月下旬の週末に開催されている沼津夏まつり狩野川花火大会。その会場にて大スターマインの打ち上げ権利をもらえるのがこちら。寄付された方が命名できる花火タイトルを記したプログラムや、寄付したご本人の名前入りパンフレットなどがもらえるほか、4マス分/席指定の観覧席チケットもセットになっています。打ち上げの際には会場内にアナウンスがされるという魅力的なプランです。

●どんな町なの?『回遊性を持ったまち』
首都圏から100km県内に位置する静岡県東部のまち。古くから交通の要衝として栄え、東静岡の中心的な役割を果たしてきました。置く駿河湾越しに見える富士山、千本松原、香貫山など風光明媚な景観を持ち、豊かな気候がもたらす多くの名産物でも知られています。商業、観光、農業など多様な産業がバランスよく発展しているのが特徴です。

●アクセスガイド
東京駅から電車で約120分、東京から車で約100分
静岡駅から電車で約80分、静岡市内から車で約70分

夏の夜空を美しく彩る花火大会。誰しもいちどは出かけたことがあるのではないでしょうか。そんな夏の風物詩を、忘れられない一生ものの思い出に変えてくれるふるさと納税プランを厳選してご紹介してみました。活気あふれる会場でゆったりと花火が見られる鑑賞席を確保するだけでなく。自分だけの花火を打ち上げる権利もこのプランなら手に入れることができます。人生の重要な岐路に立っている方は、ぜひふるさと納税でおトクに活用してみるのはいかがでしょうか。

次回もお楽しみに!

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税

『おすすめ114~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税

【おトク+節税+地域貢献】地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回ご紹介するふるさと納税プランは、お酒好きにとってはたまらない内容です。節税効果に加えてその地域でしか入手できない“美味しい”お酒が楽しめてしまうという魅力的なプランがこちら。日本のお酒と訊くと日本酒が思い浮かびがちですが、日本酒以外にもさまざまなお酒が取り揃えられていますので、じっくりと検証してみてください。

【オススメふるさと納税:日本酒だけじゃない 日本にある地域ブランド酒編】
おすすめ●14 『韮崎ワイン赤白12本セット』
山梨県韮崎市 5万円以上でもらえる
日照時間が日本で一番長い、茅ケ岳山麓にある韮崎市保坂地区で収穫された甲州種(白ワイン)とベリーA種(赤ワイン)を使用した韮崎ワイン。甲州は山梨県固有の白ぶどう種で、一説ではその起源は12世紀にまで遡るとも言われ、日本料理に合う白ワインとして評価も高い品種。対するベリーAは日本固有種の黒ぶどう品種で、赤ワイン用ぶどう品種として日本国内第1位の生産量を占めています。そんな日本と山梨県の誇るぶどうを100%使った韮崎ワインが12本ものセットになったのがこちらのプラン。ワインの生産は韮崎市内に工場を構える「株式会社サン.フーズ」が手がけています。

●どんな町なの?『甲斐武田氏発祥のまち』
山梨県の北部に位置する韮崎市。甲斐武田氏発祥の地として歴史家には有名な市で、市内には武田勝頼によって築城された新府城跡のほか、武田八幡宮や願成寺などの多くの史跡を有しています。ほかにも加温、加水を一切していない純天然かけ流し温泉である韮崎旭温泉があり、日本最大級の泡付き温泉を楽しむことができます。最近ではノーベル医学・生理学賞を受賞した大村 智氏の出身地としても知られています。

●アクセスガイド
東京から電車で約140分、東京から車で約120分
甲府から電車で約30分、甲府から車で約30分

【オススメふるさと納税:日本酒だけじゃない 日本にある地域ブランド酒編】
おすすめ●15 『犬山ローレライ麦酒12本セット』
愛知県犬山市 2万円以上でもらえる
実は犬山市は、知る人ぞ知る地ビールの激戦区。市内には多くのブルワリー(醸造所)があり、各ブランドが切磋琢磨しながら地ビールの味を競うと、それが全国規模で知られるようになりました。その中のひとつである犬山ローレライ麦酒は、ドイツ人の女性マイスターであるナディアペッカー氏から受け継いだという本格ドイツ仕込みのブルワリーとして1998年に誕生。麦芽やホップはドイツ産、仕込水には木曽川天然醸造水とこだわりの材料を使っています。日本で愛飲されるピルスナータイプで、のど越しの良さとアロマホップの香りが特徴。そんな犬山ローレライ麦酒を12本セットした地ビールが楽しめる、ふるさと納税プランです。

●どんな町なの?『観光スポットが点在する愛知最北の市』
愛知県の最北端に位置する犬山市。市内を流れる木曽川の一帯は名勝にも指定されており、川下りや伝統的な鵜飼なども行なわれています。戦国時代には織田氏の所領となり、江戸自体には成瀬氏の城下町として発展。現在の市章も、犬山藩主の成瀬氏が「丸に一」の印を用いていたことから襲用しているのだとか。市内には国宝犬山城や日本庭園の有楽苑、旧織部家住宅などの旧跡名所が残されています。木曽川のほとりから湧出する犬山温泉は、湯に浸かりながら国宝建造物が眺められることでも知られています。

●アクセスガイド
東京から電車で約180分、東京から車で約260分
名古屋から電車で約25分、名古屋から車で約50分

今回はあえて日本酒や焼酎といった、日本ならではのお酒以外がチョイスできる納税プランをご紹介してみました。まだまだ知らない地域ブランドの美味しいお酒を楽しめるのもふるさと納税の大きな魅力。まずは気になる地域のお酒を楽しんで、気に入ったら今度は観光がてら出かけてみる。そんな地域貢献をしてみるのはいかがでしょうか。

次回は、夏休みに有効活用できるふるさと納税プランをお届けします。交通、宿泊、観光、体験イベントなど、その場所でしか味わえないお得プランを厳選してお届けしますので、ぜひお楽しみに。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税

話題のふるさと納税によって地方は今後どうなっていくのか?

最近ふるさと納税が非常に人気ですね。実質わずか2000円で1万円を超えるような高額の返戻品がもらえるので、やらないと損!と感じている人も多いのではないでしょうか。

大人気のふるさと納税の返戻品には高級和牛から新鮮な魚介、地酒や家電まで非常にバリエーションが豊富です。人気のふるさと納税には応募からわずか1日で応募を閉め切るということもあるほどの人気ぶりなのです。

一方でこのようなふるさと納税について問題が発生していることをご存知でしょうか。というのも宮崎県都城市のふるさと納税が非常に人気であり、昨年は35億円もの寄付金を集めました。対して宮崎県宮崎市はふるさと納税の人気が集まらないために、約2000万円の赤字となりました。

このようにふるさと納税によって、大きく黒字を出している地域と赤字を出している地域が存在するのです。このような状態が続くと今後それぞれの地域がどのようになるのか少し考えてみました。

そもそもふるさと納税にはどのような目的があって、制度が定められたのでしょうか。総務省によると地方創世のためということで、都市部に集中した税金を地方に分配するという制度なのです。ですから、都市部が赤字になるというのはある程度読めていたことだと言えます。

では、今後ふるさと納税が続くとそれぞれの地域はどのようになっていくのでしょうか。まず考えられるのが地方には資金は集まりますが、人は集まらないという状況になりえます。そうなると税金があふれ出し、集めた税金が無駄に使われることも十分に考えられます。

一方で税収が少なくなった都市部は今までのように資金を使うことができません。資金が使えなければ、道路の舗装や教育といった市民に直接的な影響を与えることも考えられるでしょう。

確かに地方創世というふるさと納税の当初の目標には大きく貢献しているようにも感じます。しかし、あまりにも制度が利用されて都市部の税金が地方に流れ続けることによって悪影響がないのか考える必要もあるかもしれません。

【おトク+節税+地域貢献】アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

名産品や特産物が一般的ですが、中には工夫を凝らしたユニークな“プラン”を取り扱っている自治体も多く見受けられます。そこで今回は、アイディアの勝利!!と言える面白ふるさと納税プランを厳選してお届けします。

【オススメふるさと納税:貴重な体験&権利編】
おすすめ●12 『宮城県川崎町の1日町長・体験(宿泊付き)』
宮城県川崎町 30万円以上でもらえる
普通の暮らしをしている中では味わえない貴重な体験がふるさと納税で味わうことができます。川崎町の町長としてお出迎えから始まり、公務に従事、職員への訓示(挨拶)、町内視察、記念撮影などの公務を実際に体験することができます。宿泊は町内にあるお好きな旅館を選ぶことができ、旅館までのお迎え付き。30万円以上の寄付でもらえることができ、詳細については相談することが可能です。

●どんな町なの?『自然と共生したホッとなまち』
宮城県の南西部、蔵王連峰のふもとにある川崎町。江戸時代に整備された笹谷街道が東西に走り、現在も笹谷街道の松並木をはじめ、砂金氏11代砂金右衛門実常公が築城した川崎城址(城山公園)など、多くの名所旧跡が残っています。ほかにも湯治場として知られる青根温泉郷、峩々温泉(ががおんせん)、釜房湖温泉、笹谷温泉などがあり、通好みの温泉町としても有名。昼夜の寒暖差が激しいことからそばの産地としても知られ、川崎そばは全国的にも知られています。

●アクセスガイド
東京から仙台まで電車で約120分、仙台駅からタクシーで約45分
仙台から車で約30分、山形から車で約30分

【オススメふるさと納税:貴重な体験&権利編】
おすすめ●13 『さくらんぼの木のオーナーになれる』
山形県南陽市 10万円以上でもらえる
ぶどうと共に山形県産で有名な果物がさくらんぼ。佐藤錦は最高峰ブランドとして、全国的にも高い地位を誇るブランド果実になっています。そんな佐藤錦や紅秀峰といったさくらんぼの収穫権(今季のみ)を譲っていただけるプランがこちら。いちばん美味しい時期に連絡がいただけるので、旬を逃さずに自分の木になったさくらんぼが収穫できます。多忙で収穫に現地へ訪れることができない方は、さくらんぼの箱詰めを直送することも可能。10万円以上の寄付でもらうことができます。

●どんな町なの?『赤湯温泉とぶどうの町』
全国的に有名な赤湯温泉や宮内熊野大社といった、歴史と伝統を有する南陽市。置賜盆地の北部に位置し、南に開ける沃野と恵まれた天候によって、米や野菜、果実などの農産物が採れることでも有名。中でもぶどうの栽培は山形県の発祥地とされており、現在も県内2位の出荷量を誇っています。このぶどうを使ったワインづくりも積極的に行なわれ、優れた醸造技術により全国的にも知られています。ちなみに民話『鶴の恩返し』の舞台となったのが、この町とも言われています。

●アクセスガイド
東京から飛行機で約60分(山形空港)
東京から電車で約150分
東京から車で約300分

自治体のトップである町長の仕事や、農家でなければ味わえない収穫体験がふるさと納税をすることで味わえる。そんなユニークな体験にこだわったプランをご紹介しました。ふるさと納税と訊くとついモノにばかり注目しがちですが、こういったプランも探せば意外と多いもの。行政のトップとして知らない町を視察することで自分の人生にプラスになるかもしれないし、旬の果物を収穫する充実感は普段の生活では味わえないもの。モノよりも思い出を大切にしたいという方は、こんなふるさと納税プランを選んでみるのもおすすめです。

これまでは一風変わったふるさと納税プランをご紹介しましたが、次回は王道の「食品」編をご紹介します。旬の名産物を見逃したくない方のために今からチェックしておきたいプランをお届けしますので、ぜひお楽しみに。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

ランキング