ネットショップは避ける主婦が「ふるさと納税だけはハマる」理由

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・ふるさと納税の商品のクオリティ

<Point>

1ふるさと納税は地方と納税者の意志がマッチングしたもの

2ふるさと納税のお得さは誰でも感じられる

3商品品質が高い

6121.jpg

ふるさと納税と聞くと、今や知らない人はいないほどお得な節税制度として認知されるようになりました。実質2,000円の負担でさまざまな地方の特産品を手に入れられると聞くと、それだけで「一度は試したい」と思うものです。

■ハイクオリティな品々

このようなふるさと納税が人気なのは、価格面とクオリティが第一の理由にあるでしょう。

納税者には実質2,000円の負担となるわけですが、ふるさと納税でもらえるお礼の品が非常にクオリティの高いものだと考えることができます。「なぜこれほど良いものが、実質2,000円で手に入るのか?」と驚きがあるため、ふるさと納税を実践する人が多いのです。

■地方側の思いと納税者側の思いがマッチ

地方からすれば、たくさん納税者を集めたいからという理由が一つにはあるわけですが、それ以上の理由として地方創生の制度であるため、本当に質の良いものしかプレゼントしない傾向にあります。もしかしたらプレゼントすることによって、その地方に来てくれるかもしれないわけですからね。

こうした地方側の思いと納税者との思いがマッチすることで、ふるさと納税が成立しているというわけなのです。ネット販売であれば中には粗悪品とも捉えられるものもあるかもしれませんが、ふるさと納税の品であれば品質がほぼ確実に保障されているのは大きなメリットと言えます。

たくさんのメリットを知ると、もはやふるさと納税をやらない理由がなくなってきたようにも感じます。ランキングで上位に入るような地域はなかなかプレゼントが受け取ることができないかもしれませんが、すぐにプレゼントを受けられるような地域でも十分に豪華で品質の高いものが望めます。

まだふるさと納税を試していないという人はぜひ一度ふるさと納税で豪華な特産品をもらい、そのメリットを感じてもらえたらと思います。

画像一覧

  • ネットショップが怖い主婦がふるさと納税だけはやる理由

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

【おトク+節税+地域貢献】やっぱり一番人気は肉でした!美味しいお肉のふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

今回ご紹介するのは、マネーゴーランド編集部において『ふるさと納税に関するアンケート』を集計してみたところ、一番気になる返礼品の回答が「お肉」でした。日本各地にあるブランド肉も、ふるさと納税を賢く利用することでおトクに美味しく入手することが可能。そこで今回は星の数ほどあるお肉の返礼品から厳選したプランをお届けします。

【オススメふるさと納税:日常では味わえない贅沢な肉を楽しもう編】
おすすめ●20 『常陸牛食べ尽しセット※数量限定』
茨城県水戸市 14万5千円以上でもらえる
茨城県の誇る黒毛和牛のブランド牛が常陸牛。その歴史は非常に古く19世紀に徳川斉昭が飼育をし始めた黒牛が元祖とも言われています。30か月に渡って厳選された飼育業者に飼育され、食肉取引規格のA、Bの4と5等級に格付けされたものだけが、「常陸牛」というブランド牛になることができるのです。そんな常陸牛を贅沢に食べ尽すことができるのがこちらのプラン。サーロインステーキ200g×2枚、シャトーブリアンステーキ200g×2枚、肩ロースすき焼き用600g、焼肉用もも200g、カルビ200g、ミスジ200g、ヒレ200g、ハンバーグ100g×3個が丸ごとセットになったプランです。

●どんな町なの?『食も歴史も豊富な水戸徳川家ゆかりの地』
茨城県の中部に位置する水戸市は、茨城県の県庁所在地。水戸徳川家ゆかりの地としておなじみの場所であり、観光スポットも徳川家にまつわるものが数多く点在しています。日本三大名園のひとつ「偕楽園」や徳川斉昭が建てた「旧弘道館」をはじめ、「水戸八幡宮」、「吉田神社」など多くの神社仏閣を有しています。名産といえば納豆があまりにも有名ですが、冬シーズンにはあんこうの美味しいまちとしても知られています。

●アクセスガイド
東京駅から電車で約90分、東京から車で約100分

【オススメふるさと納税:日常では味わえない贅沢な肉を楽しもう編】
おすすめ●21 『霧島高原純粋黒豚1頭分』
鹿児島県霧島市 30万円以上でもらえる
鹿児島県を代表する名産といえば、何といっても黒豚。サツマイモを主食にして大事に育てられた豚は、ほかの豚とはまったく違った旨みを感じることができると言われています。そんな黒豚の中でも、パークシャー種の純粋黒豚を1頭分いただけるのがこちらのプラン。衛生管理の行き届いた豚舎で大切に育てられた豚は、ひと味違った美味しさを感じられるはず。

●どんな町なの?『神話と伝説が伝わる国内屈指の景勝地』
桜島の北に位置する霧島市。鹿児島県の中では中央部に位置するまちで、県内では2番目の人口を有する大都市です。日本百名山に数えられる霧島をはじめ、霧島温泉郷や日当山温泉、妙見温泉などの温泉地としても知られています。いちご、トマト、ゴボウ、そばといった特産品が多く、中でも葉タバコの生産量は日本有数の規模を誇っています。

●アクセスガイド
鹿児島空港から車で約20分、鹿児島空港から電車で約30分
鹿児島中央駅から車で約50分、鹿児島中央駅から電車で約50分

普段スーパーマーケットではなかなか手が出せないブランド肉。黒毛和牛もブランド豚も、日常の食卓に上る機会はありません。だからこそ、ふるさと納税を賢く利用して、食卓を豪華に彩るのもおすすめです。ちょっと気になっていたあのブランド肉が、おトクに食べられるのもふるさと納税の魅力。ずっと気になっていた夢のごちそうを、ふるさと納税を利用して実現してみるのはいかがですか。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

『おすすめ12~13』 アイデア満載!貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税

『おすすめ14~15』 地域発信の美酒に酔いしれる、お酒好きにはたまらないふるさと納税

『おすすめ16~17』 】夏の夜空を華麗に彩る、花火を間近で楽しむふるさと納税

『おすすめ18~19』 】ゴルフを楽しむだけでも節税ができるふるさと納税

「ふるさと優待」って何?お得に地方の特産品を手に入れる方法とは!

株主優待という制度をご存知でしょうか。株主優待とは、ある企業の株を一定数保有することによって、様々な優待品を受け取ることができる制度です。優待品の多くは、自社製品の詰め合わせや割引券といった商品が多いですが、ここ数年の間に株主優待に変化が起きています。

■ 株主優待で地方の特産品を配布 
株主優待が変化してきている背景に、最近ふるさと納税が急速に普及していることがあります。ふるさと納税は地方へ寄付を行うことで税金控除もあり、実質負担2,000円で、豪華なお礼の品がもらえるので注目を集めているのです。

その影響を受けてか、最近では株主優待として地方の特産品を配布する企業が存在します。自社の株をよりたくさん買ってもらおうと、多くの企業が地方の特産品を優待品とし提供しているのです。それが「ふるさと優待」です。

ふるさと納税の税金控除を上限まで使い切ってしまったけれど、「地方の特産品が受け取れるのであれば、株式投資をしてみたい!」と感じる人は、ぜひこの記事をチェックしてもらえたらと思います。今回は地方の特産品を株主優待として配布している「ふるさと優待」を実施している例を紹介しましょう。

■オリックス:日本の名産品 
オリックスはパソコンやコピー機のリース、レンタカー、野球チームの運営などと多岐に渡った事業展開をしています。株主優待ではオリックスグループが運営する施設の優待割引に加え、3月末にはオリックスが選ぶ「日本の名産品」を集めたカタログギフトから1品を選んで受け取ることができます。

3年以上保有の株主には豊後牛もも肉スライス600g、天草スペシャルオリーブオイル&ソルトセットなどと豪華な優待品もあるので、長期保有も一つの選択肢かもしれません。

■ラックランド:石巻等の特産品 
ラックランドは飲食店や商業施設、物流工場の規格、設計施行、メンテナンスなどを行っています。株主優待では石巻、女川等の特産品3,000円相当を受け取ることができます。こちらも複数のコースから好きなものを1つ選択できるとあって人気の株主優待になっています。

最近流行のふるさと優待はまだまだあるので、興味を持った方はふるさと優待を行っている企業に株主投資することを考えてみるのも面白いかもしれません。

これはやりすぎ!ふるさと納税でもらえる変わった特典

最近ふるさと納税という制度を知らない人はいないほど、誰もが知っている有名な制度です。消費者が実質2,000円の負担で地方の様々な特産品をもらえるとあって非常に注目を集めています。

まだ実行していない人はするべきという声が非常に大きいがゆえに注目を集めたふるさと納税ですが、一方でやりすぎではないか?という声もあります。というのも各地域が寄付金を集めようと必死になるため、特産品をどんどんと豪華にしようとしているのです。

そこで今回はすこしやりすぎともいえる、ちょっと変わったふるさと納税の特産品を紹介します。

世界最速のサイコロ
最初に紹介するのが埼玉県入間市のふるさと納税です。世界最速のサイコロってなんだ?と疑問に思われるかもしれませんが、重心が限りなく中心に近いためにすぐに目が出るとのことです。

普通のサイコロとは違い、目の深さによる空気抵抗まで計算し作られた完璧なサイコロだそうです。そこまでの精度がいるのかどうかは不思議なところですが、これをふるさと納税で手に入れるためには10万円の寄付が必要です。

りんご1年分
説明しなくてもどこの地域のふるさと納税か大体想像がつくかもしれませんが、青森県藤崎町のふるさと納税はなんとりんご1年分365個ものりんごがもらえます。

りんご365個ももらうとなるとおじいちゃん、おばあちゃん、お母さん、お父さん、それから親戚に配って隣人の人に配ってそれから・・・。まだまだあるかもしれませんが、書ききれないのでこの辺りにしておきます。

テレビニュースキャスターになれる券
ニュースキャスターになりたい人は朗報です。なんと兵庫県多可町のふるさと納税では1年間を通じてニュースキャスターになれる特典があるのです。ふるさと納税とは可能性が無限大だと感じさせてくれる特典ですね。

兵庫県多可町では他にもご当地レンジャーになるといった普通では考えられない特典が充実しているのですこしチェックしてみるとおもしろいかもしれません。

サマリー

ふるさと納税で利用できる控除額を確実に忘れないための方法とは

ふるさと納税を利用して得をしたと感じている人は少なくないでしょう。わずか実質2,000円の負担で、地方の特産品がもらえるとあって利用者もどんどんと増えています。

しかし、ふるさと納税で利用者がどんどんと増えるのもあり、人気の自治体ではますます品切れが加速しているようにも感じられます。

「このふるさと納税の特産品が欲しいけれど、今寄付しても手に入れられないからまた今度にしよう」

そのように考えて寄付を見送ったにも関わらず、月日は流れ、いつの間にか今年の控除額が残った状態で年を越してしまったということにもなりかねません。ふるさと納税のお礼の品が品切れ状態であるからという理由で、控除の期限が伸びるわけではないのです。

そんなこと言われても実際に品切れ状態だから、今寄付をしたとしても意味がないのではないか?と考える人もいるかもしれません。今回はそんなあなたのために、品切れ状態の特産品を狙うときに覚えておきたい、ふるさと納税のマル秘テクニックをお話しします。

この方法であれば、あなたが控除期限を忘れて寄付をしなかったという状況は起こりえないでしょう。例え、ふるさと納税でもらえる特産品が品切れ状態で寄付を見送ろうかと悩んでいたとしても、全く問題ありません。あなたはこの方法に従って寄付を行えばいいのです。

その方法とはふるさと納税のポイント制サイトを利用するという方法です。

ポイント制サイトとは「ふるぽ」や「ふるさとチョイス」といったようなふるさと納税サイトのことで、このようなサイトでは事前に寄付を行い、寄付金額に応じたポイントをもらえます。もらったポイントは様々な特産品と交換することができるのです。

このポイントサイトを利用する最大のメリットはポイントの期限がその年だけでなく、2年間ポイントを有効としている点です。つまり、今年に寄付を行ったとしても来年にふるさと納税の特産品をもらうことが可能なのです。

ぜひこのようなポイントサイトを利用することでお得にふるさと納税を楽しみましょう。

ランキング