〜ロボアドバイザーってなに?〜【第40回】高橋先生の教えて経済ニュース

6061.jpg

ロボアドバイザーとは簡単に言うとロボットが自分に代わって投資してくれて管理もしてくれるサービスのことです。WEB上でいくつかの質問に答えると、その人の考え、状況に合わせた投資の配分を提案してくれて、実際にその配分で投資をしてくれるサービスもあります。

投資対象を海外の上場している投資信託(ETF)としているサービスが多いです。
国内のインデックスファンドの組み合わせを提案をしてくれるサービスもあります。

投資金額は、少額のところは1万円くらいから利用できるものもありますし、10万円くらいの資産があれば、幅広いサービスから選択できると思います。

コストは投資している金額の約0.5%~1%が毎年かかります。

ロボアドバイザー自体がまだ始まったばかりのサービスなので、過去の実績も確認することができません。そのため、比較検討が難しい点がデメリットでしょう。サービスによっては提案商品がその会社の取扱商品だけで提案されるものもありますので、そういったものには注意が必要です。

こういったサービスを使っても、投資の結果は世の中の経済の状況によるところが大きいです。したがって、必ず儲かるということではありません。ただし自分で闇雲に売ったり買ったりをするよりは、過去の実績やデータを使って、プログラムされたサービスを使っていくことは効率的だと思います。


動画はこちら

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大!【上村和弘のFX基本講座】

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ。

FXは、いわゆる短期投資家・トレーダーと呼ばれる一部の人だけの特別な金融商品ではありません。数か月や1年に一回しか売買せずに長期保有を目的とする人達も利用しています。外貨預金よりも、少しだけレバレッジを上げて運用するのです。この10年、長期投資の方法で資産を大幅に増やした方も多く見られています。

資産運用には、大きく分けて二つの利益を得る方法があります。キャピタルゲイン(=値上がりや値下がりなどの価格変動から利益を得る)と、インカムゲイン(=株の配当や預金の利息など配当・金利から利益を得る)です。

この二つを利用することが、お金に働いてもらうこと。キャピタルゲインとインカムゲインどちらか一方だけを狙うのではなく、両方を狙う事も一考です。

スワップポイントは、通貨の金利差を受け払いすることで発生しますが、通貨の金利差が大きい程、金額が多くなります。しかも、このスワップポイントは毎日付与されます。
レバレッジを掛けているだけに、少額の投資金ながら大きなスワップポイントが期待出来ますので魅力的です。
スワップポイント解説画像
各国通貨の政策金利一覧:2016年5月18日
・日本:0.10%
・米国:0.50%
・豪州(オーストラリア):1.75%
・NZ(ニュージーランド):2.25%

通貨の金利差が大きい国を例に金利差を見てみましょう。
★通貨間の金利差=NZ(2.25%)-日本(0.10%)=2.15%

※厳密には通貨間の金利差=スワップポイントではありません。スワップポイントは、ポジションを持ち越す際に通貨間の金利差分を調整しているもので、同じにはなりません。

日本とニュージーランドの金利差は2.15%、ということは…FXでニュージーランドの通貨であるNZドルを保有すれば、この2.15%相当のスワップポイントを貰えるということ。しかもレバレッジを掛けている為、大きなインカムゲインとなります。

例えば、東京金融取引所のホームページに掲載されているスワップポイントの金額を見てみましょう。1万通貨を保有時のスワップポイントは下記の通り。
 ※各国の金利は変動するため、受取・支払のスワップポイントも毎日変化します。

スワップポイントレート画像

例えば、資金1口当たり33,000円で豪ドル円の買い取引を始めたとしましょう。1日39円のスワップポイントが付与、6ヶ月後には7,020円のスワップポイントが付与される計算です。計算の簡素化の為に1日39円のスワップポイントを固定して計算してありますが、大きなインカムゲインだと言えます。期間収益に掛かる利回りとしては21.2%程、レバレッジの恩恵を受けている格好です。

また、7,020円分の収益を考えると、約70銭分の値下がりに対応できる値幅となります。(インカムゲイン分で値下がり分を相殺する意)

余裕資金を確保した上で、このような取引を行うと価格変動リスクを和らげる効果が有ります。タイミングにもよりますが、大きく円高が進行した後のFX長期投資は検討の一つになります。キャピタルゲインで儲けて、インカムゲインで儲けて、そんな投資家が2012年~14年には多く見られました。また、そういう時代が来るかも知れません。

■長期投資の注意点
FXは大きな利益が出る半面、それ以上に損失を被る恐れもあります。長期間保有する目的でも、途中で決済し終了という事も起こり得ますので、余裕資金を持った対応が必須となります。スワップポイントの利益以上に、為替相場の変動で損失が出る可能性も有りますので注意が必要です。リスク管理対策で回避できる部分も有りますが、その辺の内容は今後紹介したいと思います。

今回は、スワップポイントに関する一回目の記事でした。そのため簡単な概要をお伝えしておきました。イメージの良いスワップポイントですが、高金利通貨を買い・低金利通貨を売るとスワップポイントを受取れますが、逆に高金利通貨を売り・低金利通貨を買うとスワップポイントを支払う必要が出てきます。また長期間での運用メリットも、相応のリスクが有りますので、初心者のうちは少額から余裕を持った取引が推奨されます。

FXの長期投資のイメージが掴めましたか?
次回は、スワップポイントを掘り下げて、期待利回りとの関係について触れて行きます。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい

●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!

●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編

●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!

売買タイミングを狙わずにすむ株式投資とは?

株式投資を始める人、あるいは始めて間もない人が戸惑うのは、「株はいつ買ったらいいか」ということ。そして、株式投資をしている人の多くが迷うのが「株をいつ売ったらいいか」ということ。つまり、売買のタイミングです。

誰でも知っている通り、株は安いときに買って高いときに売ることで利益が得られます。逆に、買ったときより安い価格で売れば損失をこうむります。ですから、いつ買っていつ売るかという売買タイミングが重要になるわけです。株を買うベストなタイミングとは、株価が最も安いときであり、売るベストなタイミングは株価が最も高いときであることは言うまでもありません。
でも、ベストなタイミングを狙おうとすると、ずっと株価を見ていなければなりません。個人投資家にはそんな時間はないし、精神的にもよくないでしょう。そのうえ、ずっと見ていたからといって、ベストなタイミングに売買できるわけではありません。最も安い、最も高いというのは、あとになってみて初めてわかることだからです。
したがって、最も安いときに買って最も高いときに売るというのはムリなのです。そこで、売買タイミングに左右されにくい株式投資の方法を2つご紹介します。

1.頭と尻尾はくれてやる
株式投資に関しては昔からいろいろな格言があり、その中でも特に有名なのが
「頭と尻尾はくれてやれ」。
つまり、最安値や最高値を狙おうとせず、ほどほどの安値で買って、ほどほどの高値で売るのがよい、ということです。それでも利益は得られるのですから。

2.長期で保有する
もう一つの方法は、株を長期で保有することです。

例えば、短期で利益を得ようとしたら、A付近で買ってB付近で売らなければなりません。でも期間を長くとれば、仮にBで買ってしまったとしても、C付近、D付近、E付近で売れば利益が得られ、その間、配当を受け取ることもできます。
短期だと売買タイミングが限られますが、長期だと売りのチャンスが増えるわけです。
ただしこれは、株価が上下しながらも長期で上昇していく株の場合。したがって、長期保有では銘柄の選択が重要になってきます。
銘柄をじっくり選んで長期に保有するのが、売買タイミングを狙わずにすむ投資法といえます。

投資で得られるのはお金だけじゃない!30代でも今すぐ株式投資をする理由

株式投資をする世代は50%以上が60代以上のシニア。そんなデータが存在します。最近株式投資では1,000円から始められるという文句で、よく広告を見かける中で若年層が投資しないことは不思議に思われるかもしれません。

これだけ株式投資をするためのハードルが下がっているにも関わらず、20代、30代の若者から株式投資を始めようと考える人は非常に少ないのです。これは一重に株式投資をするためのお金がないからと言えるでしょう。

1000円から株式投資を始められると言っても、元手が少なければ当然リターンも少なくなります。株式投資をする時間を割くくらいなら、バイトや副業でお金を稼いだ方がよっぽどお金を稼ぐことができる。そのように考える若者が多いことがわかるでしょう。

しかし、あなたが今株式投資をすることはお金を稼ぐ以上の価値があります。その価値の大きさを知っていれば、今すぐ株式投資を始めたくなるでしょう。

例え今、本を読んでいても外で遊んでいても、ネットサーフィンをしていたとしても、すぐに株について調べ、口座開設まで済ませてしまう人も出てくるかもしれません。

これだけ重要な株式投資のお金以外の価値を知っていてください。
それは投資スキルが身に付くということです。

株式投資のスキルは他のどのようなジャンルのスキルと比較しても、将来のあなたに大きな影響を与えることは間違いないでしょう。別の記事にも書いたように、本格的に株式投資を始めれば10年後にはあなたの資産が1,000万円以上変わっていることも十分に考えられます。

「株式投資なんて難しそうだし私には無理だ」

そんな声が聞こえてきそうですが、逆に小さなお金だからこそハードルが低い状態で始められるのです。もし、あなたに潤沢な資金があったとしてもそれらを株式投資に突っ込むのか?と質問すれば、多くの人はノーと言うでしょう。

わずかな投資金額だからこそ、慎重に考えて投資を行う癖がつきます。その慎重さや考えることによってあなたの投資スキルはどんどんと上がって行くでしょう。そして投資に使える資金が非常に大きくなったとしても安定的に利益を上げ続けることができるのです。

このように、投資スキルを身につけることによって得られるメリットは計り知れません。ぜひともお金がないから投資をしないのではなく、お金がないからこそ投資を始めてみてください。

今、自己投資するならプログラミング!勉強する価値はどれほど大きい?

将来のために自己投資という言葉は聞くけれど、実際のところ自己投資ってなにをすればいいの?と考える人もいるでしょう。

勉強する重要性はわかるけれど何を勉強すればいいのかわからない。また、勉強するものは決まったとしても、それを勉強する価値がわからないと感じることも多々あるのではないでしょうか。

仮に将来のための副業や投資の重要性を理解していたとしても、ネットのうさんくさい情報を見るとあまり気が進みません。さらに、リスクもあるとなると正しい情報を手に入れてから行動したいのに、どれが正しい情報かもわからなくなります。

そのような100%信用のおけない勉強をするくらいであれば、プログラミングを勉強してみてはいかがでしょうか。プログラミングと聞くとなんだか難しいと一重に拒否反応を起こしてしまう人もいるかもしれません。しかし、プログラミングにも様々な種類のものがあり、初心者でも触れていれば身に付くというレベルのものもあります。

今回は、今、あなたがプログラミングの勉強をするべき理由についてお話します。

これからますます需要が大きくなる
SEと聞くと年収は多くても拘束時間が非常に長くブラック企業というイメージを持つかもしれません。確かにそのような側面もあるかもしれませんが、全ての企業がそのようなわけではありません。

むしろ、これからは優秀なプログラマーはどこでも引っ張りだこになるため、ブラック企業に就職し、辞めたとしても仕事がなくなることはないと言われています。かの有名なFacebookの元役員ですらプログラミングの重要性を語っており、手に職つけるという意味でも非常に有効な手段になるでしょう。

自分のアイデアを形にできる
もう一つプログラミングをする理由として、自分がこんなサービスがあったらいいなと感じたものをそのままサービスとして世に送り出すこともできます。現状の代わり映えしない社会人生活を送るのもいいかもしれませんが、将来独立したい!と考えている人はこのような一歩を踏み出すのも一つの手段でしょう。

そのためにも今プログラミングを学んでおくことで、自分が想像したものをぱっと作り出す力が必要になります。最初の一歩がなかなか踏み出せないかもしれませんが、初心者であればhtmlやcssといったところから始めてみればいかがでしょうか。

FX投資家の実状【上村和弘のFX基本講座】

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXに関わる知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説していきます。FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる筈です。そしてFXのテクニックやFXツールの生かし方等にも触れていきますので、すでにFXをされている方にとっても役に立つはずです。では、今回の「FX投資家の実状」をはじめます。

●FXって、どんな人たちが取引しているの?
FX投資家ってどんな人達が取引しているのか、気になりますよね。まったく怖がる必要はありません。FXはごく普通の人たちが取引しているんです。読者の方も、電車やスターバックスで隣に座った人が、為替相場の値動きを示したチャート(値動きのグラフ)を睨んでいる姿を見たことあるのではないでしょうか。

昔からFX会社の顧客層で多かったのが20代・30代・40代の勤め人。男女比は8対2というものでした。この辺りのデータは今もあまり変わっていないようですが、近年女性の比率が上昇中だという事を聞いています。

大手FX会社マネーパートナーズのデータによるとイメージはこんな感じ
●男女比は80:20で男性が多い
●取引時間帯は21時~24時
●取引通貨は米ドル/円が約50%
●取引スタイルは短期~中長期
●情報源:FX会社のHP
●FX経験年数は3年未満が約55%
(引用:株式会社マネーパートナーズ http://www.moneypartners.co.jp/stepupnavi/data.html)

前回の第2回『 FXって何?』の記事で、FXの特徴に24時間トレードを上げていますが、これは会社員の方で夜間に取引したいニーズが大きいからです。幾らオンライントレードやスマートフォンが普及したといえども、勤務中にFXや株を取引していたら…まずいですよね。職務専念義務違反ってやつですね。でも、実際はどうでしょう??

大事な会議の最中、実務作業中に、為替相場が気になってスマフォを開いて仕事に集中できないでは、上司の怒りを浴びてしまいます。FX投資家の多くを占める会社員の方は、家に帰り自宅でトレードしていることが上記データからも分かりました。

今からFXを始めようとしているあなたも怖がる必要はありません。FXの基本とノウハウ等をこの連載でしっかりと学べば、ベテラントレーダーに負けない取引スタイルを確立できるに違いありません。

●FXって、儲かるの??
さて、それでは、FXって儲かるのでしょうか。とっても気になる利益と損失のデータについても見ておきましょう。FXで本当に儲かるの? 気になるところですね。

本当に気になるのはFXって儲かるのというこちらのデータではないでしょうか。
ネットでも雑誌でも儲からない、いや儲かる…・と議論が繰り広げられていますね。大手FX会社の『外為どっとコム社』による2014年12月に取ったデータによると、外為どっとコムのお客様でアンケートに回答した方の55%が儲かったと答えています。半数以上の方が利益ですから、なかなか良い数字ではないでしょうか。

ただし、私の経験から言うと、米ドル/円が円安トレンド(流れ)を描くと多くの投資家が儲かり、円高トレンド(流れ)だと損しやすいというのが、FX儲かる儲からない論に直結しますね。マネーパートナーズのデータでも取引通貨の半分はドル/円でした。

FXで数万円を1億円に増やすなんて夢物語は語りません。しかし、頭から投資を否定しなくてもいいのでは、と思うデータですね。私の知人に、FXで資金を140倍にした方がいますが、コツコツ勉強しながらリスクと向き合い取引しています。重要なのは、やり方ですね。

資源の無い日本は、昔から努力と工夫で世界の国々と肩を並べてきました。世界最初の先物取引所を作ったのも日本人、農耕民族の日本は狩猟民族の欧米に勝てないと自虐的になる必要はありません。海外では、日本のFXトレーダーをキモノトレーダーとして恐れているんですよ。※キモノトレーダー:外国為替市場に影響を与える主婦トレーダー。

次回もお楽しみに!

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

ランキング