コスパ最強!「ファストファッションを安く見せない」3つのコツ

6105.jpg

このレシピを実行して

8,000貯まる!
<材料>

・低プライスの洋服

<Point>

1低価格の服でも安く見せないコツがある

※10,000円かかる洋服を、ファストファッションで2,000円で購入する場合

人が生活するためには欠かせないのが衣服ですが、おしゃれにばかりお金をかけられないというのが本音ではないでしょうか。

しかし、低価格の服ばかりを買うとなるとなかなかおしゃれに着こなすのは難しいもの。しっかりとポイントを押さえておかないと、周りに「安っぽい服を着ているなあ」と思われても仕方ありません。今回は安い服でも安く見えないコツについてお話しします。

■着こなしをシンプルにする
高額な服とそうでない服との違いは、やはり生地やカタチ、デザインの差。もちろん安い服が全て悪いというわけではありませんが、プリントTシャツや柄入りのシャツなどはどうしても見た目に影響を与えてしまいます。

できるだけ無地に近いもので、シンプルなデザインのものであれば正直高いものでも安いものでもぱっと見でわかる人は少ないでしょう。服装はできるだけシンプルに考えてみてください。

■靴を気にしよう
ジャケットやコートをばっちり着こなしているおしゃれな人でも靴が汚ければ、どれだけ他の服がブランド品であってもおしゃれに見ることはできないでしょう。

高ければいいというわけではありませんが、最低限の清潔感をキープし、出かける前はキレイな状態か確認してから履くようにしましょう。

■自分の体型にあったものを選ぶ
最後にお話する内容が最も重要と言えるかもしれません。どんな服でも自分に合っていないものはおしゃれに見せることは難しいです。身長が低いのにだぼっとした服を着るとより小さく見せてしまいますし、太っているのにぴっちりした服を着るとボディラインが強調されてしまいます。

また、猫背の姿勢ですとかっちりした服もいまいちぴんと来ないですし、自分の体格や姿勢を意識しながら服を選ぶことが非常に重要なのです。

これらの3つのことを意識してみれば、たとえ低価格の服を着ていてもおしゃれな着こなしが実践できるでしょうし、コストパフォーマンスがぐんと上がるはずですよ。

<関連記事>

画像一覧

  • コスパ最強!安い服を安く見せないための3つのコツとは

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

ネットオークションやフリーマーケットで被服費を抑える

被服費は本当に大きな出費です。いいものを持っていたとしても、トレンド
や季節によって、いつだって人は服やバッグ、靴などを買い替えていかなけれ
ばなりません。しかしいいものは高い。どうにか節約したい。そんなときに使
えるのが、以下の2点のテクニックです。

・インターネットオークションを活用する

 世の中にはネットオークションと呼ばれるサイトが溢れています。ヤフーオ
ークションが最も有名なサイトだと思いますが、それ以外にも楽天オークションやドコモなどのキャリアが運営するオークションサイト、最近ではLINEな
ども参入してきています。
オークションでいい服、自分の好きな服を購入するのは当然ですが、もう一つヒントが隠れています。それは、インターネットバンク同士で同行間の取引をすると、振込手数料が無料だということです。日本の銀行はほぼすべて口座開設を無料でできますので、色々なネットバンクの口座を持っていて、相手の振込口座にあわせて自分の口座を変えましょう。そうすることによって、多ければ数百円の振込手数料を節約することができるようになります。

・フリーマーケットを探す

 フリーマーケットというと、いらなくなったお皿やおもちゃなどを売っている、いわゆる「バザー」のようなものを想像する人も多いかもしれませんが、
そんなことはありません。おしゃれな服や靴、バッグなどが売っているフリー
マーケットはほぼ毎週末、どこかで行われているものです。
たとえば関東近辺であれば、こんな風なサイト「フリーマーケットへ行こう!(http://www2j.biglobe.ne.jp/~tatuta/)」などで調べて、自分の家の近くのフ
リーマーケットの開催時期を調べて見ましょう。
ちなみに、隠れたポイントがもう一点。フリーマーケットは基本的に15時前後で終わります。出展者は自分たちが持ってきた服などを持って帰りたくないため、14時ごろから安売りを始めます。さらに節約がしたい方は、この時間帯にぜひ参加して、お目当てのものをゲットしてみてください。

2015.5.27更新

毎日の食費を大幅に減らすコツ!格安販売している訳あり商品ってなに?

自分の収入の多い少ないに関わらず、贅沢したくなる日ってありますよね。普段の生活にストレスが溜まっていれば、石の塊みたいに大きなステーキを口いっぱいほお張ったり、新鮮でみずみずしいお刺身をお腹いっぱいになるまで食べたいと感じる人も少なくないでしょう。

■日常でのプチ贅沢のたいせつさ
しかし、そのような贅沢をするとなると、やはりお金が厳しいと感じます。石の塊みたいな大きなステーキどころか20%値引きシールが貼られたステーキ肉でさえ購入するか迷いますし、たまにする贅沢もスーパーで売っているお刺身で済ませてしまうでしょう。

確かに節約という視点で見れば、賢い選択をしています。しかし、ずっと節約ばかりしているといつか反動が大きくなるでしょう。いらいらやストレスが募るばかりでは、あなたの仕事やプライベートのパフォーマンスにも影響が出ることが考えられます。

■訳アリ商品でコスパアップする
では、財布事情も気になる中でどうすれば満足できるのでしょうか。
それは、訳あり商品を購入するという方法です。

訳あり商品というのは少し形がいびつであったり、賞味期限が近づいているというような、いわゆる市場には出せない商品です。しかし、特にスーパーで出しても問題ないと感じられる商品も数多く、多少型くずれがあったとしても味や品質には全く影響がないような商品も数多くあります。

このような商品は一般のスーパーや市場では販売できないため、あまり目にする機会がないかもしれません。しかし、このような商品はスーパーの製品よりも格安で売られていることが多いです。

■「訳アリ商品」はネットで購入
そんなものをどこで購入すれば良いのか?と疑問に思われる方もいるでしょう。確かに街角のスーパーや大型のショッピングモールにこのような訳あり商品を見かけることはなかなかありません。このような商品は主にインターネット販売で手に入れることができます。

楽天やAmazonといった大型サイトでももちろん、訳あり商品だけを集めたサイトも存在します。送料だけに気をつけていれば確実に安くお買い物ができるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

月1万円を節約!料理下手でもOK「今すぐ始めたい食費節約テク」

■支出を減らすなら食費を見直す

一人暮らしをしている人にとって、支出の中で大きな割合を占めているものに食費が挙げられるのではないでしょうか。どうしても毎日食事を作るとなると準備や手間がかかるため、外食やスーパーの惣菜に頼ってしまうという人も少なくないでしょう。

また、そもそも最初から自分で料理を作ることを諦めている人もいます。「自分は料理が苦手だから」そんな言い訳をつけて、財布を持って外に出かけてしまうのです。

しかし、それではあなたは大きな損を抱えることになります。というのも食費は誰もが生活する上で欠かせない出費であるからです。

一人暮らしでかかる月の食費の平均額が2万5千円程度と言われていますが、基本的なポイントを抑えるだけで、食費を1万円以上節約することも可能でしょう。

今回は忙しくても食費を抑えたい!と考えるあなたのために、まずやるべき食費を抑えるポイントについてお話しします。

■食費節約ポイント1:米を炊く
まずは米を炊くことから始めましょう。米は水で洗って、釜に決められた量の水と米を入れて炊飯器のボタンを押すだけで簡単に炊くことができます。それを1食分ずつ冷凍で分けておいて、食べるときにレンジで温めれば炊きたてのようなふっくらしたご飯が食べられます。

会社にご飯だけ持って行き、お昼にはおかずだけ買うということもできますし節約効果は抜群です。

 ■食費節約ポイント2:卵や納豆などの簡単な食材を常備 
続いて家の冷蔵庫に、焼く・茹でるといった調理をしなくてもすぐに食べられる簡単な食材を常備しましょう。卵や納豆、チーズやハムといったものは冷蔵庫に置いて損はありません。それだけで立派な朝ご飯を作ることも可能ですし、気が向いたらフライパンで食材を焼いてみるところから始めましょう。

 ■食費節約ポイント3:飲み物を持参する
これからの季節に意外と多い出費が飲料に関する出費です。昼ご飯を買ったついでにお茶やコーヒーも買うという人が多いですが、それも、積もれば大きな出費になります。

お茶はパックと水を入れるだけで簡単にできるものもあるので、そのような便利なものを使って毎日の職場にお茶を持って行くようにしましょう。

ここで紹介した3つのポイントのいずれかを行うだけで、月に数千円程度は節約できるでしょうし、もし全部を実行すれば1万円の節約だって実現可能だと思いますよ。

年収1000万円の人よりも年収300万円の人が幸せである理由とは

最近、収入格差が問題となっていますが今後も収入格差は広がるというように予想されています。男性と女性の賃金格差だけでなく、これからは非正規雇用が増えるとも考えられ、早急に対策する必要があると言えるでしょう。

しかし、一方でそのような流れに逆らうことなく、年収300万円で幸せな生活を送っている人がいることも事実です。そのような人たちは周りから見れば、低所得者であることは間違いありません。仕事は求人情報を探せばいくらでも見つかるような仕事をしていますし、労働時間が極端に短いというわけでもないようです。

そのような中でも毎日の生活が充実し、時間やお金に追われる生活から無縁の世界に住んでいるのです。なぜ彼らは少ない年収の中でも幸せな生活を送っているのでしょうか。

最も大きな理由と考えられるのが、年収300万円の人は自分の収入と幸せの定義を心得ている人が多いということです。

何を言っているのかよくわからないと思うので、説明して行きます。まずそもそも収入が増えることで、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。買えるものが増える、贅沢ができる、旅行に行けるといったことでしょうか。しかし、これらのことは日常生活を送る上では、ある意味不要なものと考えることができます。

一方で年収が高いことによるデメリットはなんでしょうか。それは、多くの場合、毎日くたくたになるまで働いて、休みの日も仕事のために思いっきり休憩するだけの生活を送ること、また、より高い年収を求めて必死に稼ごうと頑張るあまり、例のように休みを求めるだけの生活を送ることが考えられます。

このように、収入に縛られている人は幸せの定義が自分ではなく、他者との比較になってしまっているケースが多いのです。例え年収がいくらであっても、自分の枠内で求められるだけの生活を送るほうが幸せという考え方もあるのです。

もちろんこれらの考え方が全ての人に当てはまっているわけではありません。競争が好きな人も多いでしょうし、毎年海外旅行に行きたいと考えている人もいるでしょう。しかし、このような年収が低い人でも幸せを感じる生活を送ることは十分に可能です。ぜひ、自分の中で幸せな自分の理想像を作っていただけたらと思います。

ランキング