関東の梅雨入りは?雨は多いの? 2016年の梅雨予報

6131.jpg

 日本気象協会は、2016年梅雨時期(6月~7月)の天気傾向を発表した。今年の梅雨は全国的に曇りや雨の多い梅雨らしい天気となり、特に太平洋側を中心に降水量が多くなる見込み。また気温が平年より高めで、蒸し暑い日が多くなると予想している。

 2016年の梅雨は、日本付近に南からの温かく湿った空気が入りやすくなるとともに、太平洋高気圧の北への張り出しが弱く、日本付近に梅雨前線が停滞する日が多くなる見込みだという。特に、関東から九州の太平洋側と沖縄・奄美では大雨の恐れがあり、土砂災害や洪水・浸水などに注意が必要。また、全国的に気温が平年より高くなり蒸し暑い日が続くため、湿気対策をしっかり行うことを勧めている。

 今年の梅雨入りは、沖縄・奄美で5月16日ごろとなり平年より遅めであったが、その他の地方は平年並みのところが多い見込み。最新の1か月予報では、6月5日~12日ごろに各地で梅雨入りの発表があると予想している。

 梅雨時期の天候のポイントを地域別にみると、北海道・東北では6月中旬以降に曇りや雨の日が多くなり、特に7月は大雨に注意が必要。6月、7月とも気温は平年並みか高め。関東甲信・北陸~九州では太平洋側を中心に曇りや雨の日が多く、大雨の恐れもある。気温は6月を中心に平年並みかやや高めで蒸し暑い。奄美・沖縄は6月中旬以降に曇りや雨の日が多く、大雨の恐れもある。気温は平年より高めで、特に6月は蒸し暑い日が多い見込み。

 梅雨明けは、奄美・沖縄は6月末から7月上旬で平年並みか遅くなる見込みだが、その他の地域は7月中旬ごろで平年並みと予想している。梅雨明け直後は気温が急に高くなることが予想されており、体が暑さに慣れるまでは熱中症のリスクが高まるため十分な注意が必要だという。

 なお、最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイト「tenki.jp」で確認できる。

画像一覧

  • 2016年梅雨の天気傾向 (画像提供:日本気象協会)
  • 日本気象協会
  • 日本気象協会:天気予報専門サイト「tenki.jp」

提供元

関連記事

関連記事

元バイヤーが教える!クールビズスタイルを安っぽく見せない秘訣

先頃発表された気象庁のこの夏の予報によると、今年の夏は猛暑とのこと。また、暑い夏がやって来ますね。

もはや亜熱帯のような毎年の夏の気候もあって、ビジネスシーンにおけるクールビズは定着した感があります。しかしクールビズはいいけど、「服にお金をかけたくない」、「ファストファッションは安く見えるので…」、「服のセンスが問われるから面倒…」という方も多いと思います。

そこで長年セレクトショップのバイヤーをしていた編集スタッフが、ファストファッションでも安く見せない、簡単にセンス良く見られるクールビズスタイルの秘訣をお教えします。

■何度でも着回せるベーシックアイテムを選ぶ!

ファッションのセンスを身にけるのは難しいと思われている人ほど、目立つもの、格好いい服を選ばないとと思いがち。

しかし、ファッションセンスは組み合わせがすべて。いろんな服と組み合わせることができたり、何度でも繰り返して着ることができるベーシックアイテムこそが、安っぽく見えず、コストパフォーマンスに優れた鉄板アイテムです。実はこのベーシックアイテムは、ファストファッションと呼ばれるブランドや店舗にはズラリと並んでいるものなんです。

■何度でも着回せるも色を選ぶ!

センス良くコーディネートするコツを教えて!バイヤー時代に何度も言われたことです。もちろんカリスマスタイリストが組み合わせる上級者テクニックもありますが、明日からできる、そして誰でもできる秘訣をお教えします!

それは色味を3つ以上使わないこと。合わせる色数が増えるほど、複雑なテクニックが必要となるのです。鏡の前に立ったときに、自分の服の中の色味の数を数えてみてください。自分の服の中に3つ以上の色味がある場合は、その中の1つを取り除くようにしてみましょう。

ネイビー系とホワイト、ネイビー系とグレー系、ベージュ系とホワイトなど、同じ色味の濃淡はOKです。例えば、濃いネイビーのジャケットに水色のシャツ、ミディアムグレーのコットンパンツ。皆さんがお持ちの服でも組み合わせられますよね、意外と簡単ですよ。

■ポイントはさりげない小物には気をつかうこと

冬服と違って薄着になるこれからの季節は、シャツやパンツなどが目立つ季節。ベーシックアイテムだと、皆んなと同じになるのでは?はい、その通りです。このままでは差のつくセンスは生まれません。安っぽく見えたり、センスを感じられないスタイルを生み出しているのは、実はシャツやパンツではないのです。

ポイントはベルト!皆さん、クールビズスタイルの時に、スーツと同じベルトを使い回していませんか?例えば、スニーカーなのに黒の革ベルトや、くたびれて色の変わったベルトをそのまま締めている…安っぽく見えてしまうスタイリングの典型ですw。

夏であれば茶色のメッシュの革ベルトがオススメ。革靴にもスニーカーにも合わせられ、ベーシックな色合いにアクセントとセンスを生みます。ちなみに…、ベルトの色と革靴の色を合わせるのは意外と知られていない重要なスタイリングのルールですのでお気を付けを。

そしてもう1つがネクタイ。クールビズなのにネクタイ?と思われるかもしれませんが、ノータイばかりがクールビズではありません。ニットタイと呼ばれるものや、フレスコタイと呼ばれるメッシュのネクタイは、涼しさとセンスを呼びます。ちょっと緩めに締めて暑苦しくないようにすれば、ほら、カリスマスタイリストもびっくりのスタイリングの完成です。

■オススメのファストファッションアイテム

最後にコストパフォーマンス抜群で、安っぽく見えないクールビズスタイルの必須アイテムをご紹介します!

・白のオックスフォードのボタンダウンシャツ
・ネイビーのギンガムチェックシャツ(チェックが細い方がいい)
・ネイビーのコットンパンツ(チノパン)
・ミディアムグレーのコットンパンツ(チノパン)
・ミディアムブラウンのメッシュレザーベルト
・無地のネイビーニットタイ
・無地のネイビーのフレスコタイ

このアイテムを組み合わせを変えて合わせてみてください。コストパフォーマンスに優れたクールビススタイルがいくつもできますよ。

お金をかけずともセンスアップはできる!明日からチャレンジしてみてくださいね。

起業を目指すなら知っておきたい!価値の本質「バリュエーション」って何?

あなたは「バリュエーション」という言葉を聞いたことがありますか?

たとえばマンションや車の価格をはじき出したり結婚相手の品定めを行ったり、そのモノの価値がどのくらいあるか見極めることで、自ら事業を起こす人やM&A、さらに事業再生などを考える人ならば知っておきたいキーワードなのです。

■バリュエーションって何?

「バリュエーション」とは、英語の「value(価値あること)」の語尾に「tion」をつけたもので、端的に言うと「価値」を「価格」にして表現すること。

M&Aを検討するときに企業価値算定が行われているように、バリュエーションは専門家が行う難しい作業と思われがちですが、冒頭で述べた例のように、実は私たちが日常の中で無意識に行っていることでもあるのです。

また株の売買で儲けや損が生じるのも、その株価をどうやってバリュエーションしたか、つまりどうやって評価したかにかかってくるのです。

■バリュエーションを学べるオススメ書籍

そんなバリュエーションについてもっと深く学びたい方におすすめしたいのが、森生 明氏著の『バリュエーションの教科書』(著者:森生 明、東洋経済新報社)。

『バリュエーションの教科書』の画像

一般的にバリュエーションを行うためには、数学や統計学の知識を身につける必要があり、決して短い道のりで到達はできないと言われています。しかしこの本では、常識的なスタイルを大胆に無視。

ピラミッドの全体像を見てから骨格と枠組みを作り、そこに肉付けして完成させるという斬新なアプローチ法を、MBA(経営学修士)取得やビジネスリーダー、起業を目指す人々が通う『グロービス経営大学院』で教授も務める森生氏が紹介しています。

バリュエーションの世界は、事業活動のリスクが多様化かつ複雑化している背景を受け、2000年以降より難しさを増していると言われており、“今のバリュエーション”を知ることが起業家たちに求められていることかもしれません。

そしてバリュエーションを学ぶことで、経済ニュースの意味や背景も鮮明になり、グローバル取引などの場で役立つスキルが自然と身についていくことでしょう。

【2016夏休み】自由研究にもおススメ!土器や土偶を作る古代体験ができる

 埼玉県行田市にある埼玉県立さきたま史跡の博物館では7月21日~23日、「夏休み子ども体験」を開催する。縄文土器や土偶、土鈴・土笛をつくる体験講座で、夏休みの自由研究にもおすすめだという。申込みは6月1日午前9時より、電話で受け付ける。

 さきたま古代体験「夏休み子ども体験」は、毎年小学生以上を対象に実施している人気のイベント。昔の人の道具やアクセサリーについて勉強しながら、実際に制作するので、夏休みの自由研究にも適した内容となっている。

 2016年の体験は粘土をこねて、縄文土器や土偶、土鈴・土笛を制作する。土鈴・土笛は、実際に音を出すこともできるという。制作した土器などは、窯で焼くなど(一部は野焼き)してから、8月下旬に受け取ることができる。

 いずれも対象は小学生以上。定員は各回20人となっており、先着順。申込みは、6月1日午前9時より電話で受け付ける。材料費・参加費は、プログラムにより異なるため事前に確認が必要。入館する場合は、別途観覧料も必要となる。

◆さきたま古代体験「夏休み子ども体験」
開催日・内容:
7月21日(木)縄文土器をつくろう
7月22日(金)土偶をつくろう
7月23日(土)土鈴・土笛をつくろう
時間:各回とも13:30~15:30
場所:県立さきたま史跡の博物館 さきたま体験工房
対象:小学生以上
定員:各回20人(保護者および付添いの人の参加は、当日定員に満たなかった場合に可)
申込み:6月1日(水)9:00より電話で受付(先着順)
材料費・参加費:
「縄文土器をつくろう」600円
「土偶をつくろう」「土鈴・土笛をつくろう」300円
※入館する場合は、観覧料(一般200円、高校生・学生100円)が必要

【2016夏休み】子どもたちの知的好奇心と自己決定力の育成を目指すサマーキャンプ

 日能研ディスカバリークラブは8月、豊かな自然環境の中でアドベンチャー体験にチャレンジする「日能研サマーキャンプ2016」を開催する。岩手県山形村と福島県裏磐梯の2コースがあり、対象は小学3年生。

 日能研ディスカバリークラブは、年長~小学3年生までの児童を対象に、野外活動や公民館、企業など教室の外で子どもたちに体験・発見を通した新しい「プレ教育」の場を提供する取組み。さまざまなフィールドでの未知の体験を通して、子どもたちの知的好奇心と自己決定力の育成を目指している。

 日能研サマーキャンプ2016は、小学3~4年生の日能研生との合同キャンプ。豊かな自然に恵まれたキャンプ場を舞台に、5泊6日という長めのアウトドアライフの中で日常生活では出会えないさまざまなアドベンチャー体験に挑戦する。

 今回は、岩手県山形村と福島県裏磐梯の2コースを用意。岩手県山形村では「あまちゃんの郷 伝承文化と自然の教室」をテーマに、スローフードやスローライフ、沢登り、洞窟体験、山歩き、カヌー&カヤックなど、都会では味わうことのできない体験を提供。福島県裏磐梯では、大自然に包まれた湖畔のキャンプ場を舞台に、カヌー&カヤック、沢登り、遠征ビバーク、アドベンチャープログラムに挑戦する。

 岩手県山形村は8月8日から8月13日、福島県裏磐梯は8月18日から8月23日の日程で開催。6月8日と11日には、サマーキャンプ参加にあたっての保護者向け説明会も行われる。参加申込みは日能研各校にて受け付けている。

◆日能研サマーキャンプ2016
日程・会場:
【岩手県山形村】8月8日(月)~8月13日(土)内間木キャンプ場
【福島県裏磐梯】8月18日(木)~8月23日(火)小野川湖レイクショア野外活動センター
参加費:
【岩手県山形村】62,640円(税込)※会場までの交通費は含まず・別途新幹線料金が必要
【福島県裏磐梯】69,660円(バス代・税込)
対象:小学3年生(小学3~4年の日能研生も参加)
定員:各会場36名

◆保護者説明会
日程・会場:6月8日(水)日能研西日暮里校/6月11日(土)・日能研本部(新横浜)
時間:10:00~12:00

【節約絶景ドライブ】千里浜なぎさドライブウェイなど見どころ満載 ~石川県・能登半島を満喫ドライブ編~

●節約絶景ドライブ:石川県・能登半島を満喫ドライブ編
これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。題して「節約絶景ドライブ」。みんなが知っているドライブスポットから、地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします。

●見どころが多すぎるドライブコース
北陸新幹線の開通とともに、いま一番注目が集まっている北陸地方。その中でも今回は石川県・能登半島を快適に走るドライブコースをご紹介します。輪島の朝市から国定公園の断崖絶壁の名勝地を辿り、日本で唯一の砂浜を車で走れる道路から夕陽を眺めれば、気分もリフレッシュされること間違いありません。

おすすめスポット●7
国道249号で行く能登半島の絶景を堪能プラン
・ルート:輪島朝市→国道249号→総持寺祖院→琴が浜→県道49号→ヤセの断崖→義経の船隠し→増穂浦海岸→国道249号→世界一長いベンチ→県道36号→能登金剛→巌門→国道249号→千里浜なぎさドライブウェイ
・距離:約90km
・所要時間:約120分

▼千里浜なぎさドライブウェイは、本当に砂浜を車で走ることができます。
千里浜なぎさドライブウェイの画像

今回は能登半島の海岸線に沿って絶景スポットをドライブ。日本海に面する能登半島は、断崖絶壁に沿って走ることができるため、常に日本海の美しい海の景色が堪能できます。
能登空港から車で20kmほど北上した、輪島朝市からドライブはスタート。1000年以上もの歴史を持つ朝市は、岐阜県高山市、千葉県勝浦市と並んで日本三大朝市に数えられる市場。朝8時から12時までという時間に開催されており、近くに駐車場も完備しているのでドライブのスタートにはうってつけ。

輪島朝市で買い物を楽しんだら、国道249号で南下します。鳳至川に沿って走る国道249号は能登半島の中央部を貫くバイパスですが、もし時間に余裕があれば海岸線を沿って南下できる県道38号を利用するも良いでしょう。国道249号を南下して八ヶ川沿いを走るころになると、大本山総持寺祖院の門前町が見えてきます。ここは1321年に開山された北陸地方随一の名刹。深き山中に構えられた荘厳な姿は拝観することもできます(大人400円)。

さらに道なりに沿って走ると、目の前に日本海が広がる大パノラマが飛び込んできます。そのまま海沿いを南下するルートは、開放感も抜群。途中にはトトロ岩のような奇岩を見ることもできます。

しばらくすると鳴き砂で有名な琴が浜が見えてきます。NHK朝ドラの舞台にもなったので知っている方も多いのでは。海水浴場になっているので駐車場も完備。車を降りて自分の足で鳴き砂をお試しするのも一興です。

国道249号から県道49号に入ると、関野鼻という観光スポットがあらわれます。海岸には遊歩道が完備され、関野鼻や義経一太刀岩、弁慶二太刀岩、裸弁財天を祀る洞窟などを見ることができます。さらに走るとヤセの断崖、能登金剛、義経の船隠しなどの絶景スポットが次々に出現。能登金剛は遊覧船に乗って観光できるので、ぜひお試しください。

さらに海岸線を辿って、日本小貝三名所のひとつ増穂浦海岸があらわれたら、再び国道249号に合流。途中にはギネスにも乗った世界一長いベンチが近くある道の駅『とぎ海街道』もあるので小休止するのもおすすめ。しばらく南下すると、いよいよ千里浜なぎさドライブウェイに続く道が見えてきます。波打ち際の砂浜を車が往来する光景は、初めての方にとってはかなり驚きの体験になるはず。全長約8kmも続く日本で唯一の砂浜道をたっぷり堪能すれば、ドライブは終了。なぎさドライブウェイに到着してゆっくり時間を過ごせば、日本海に沈む夕陽を見ることもできます。

★節約絶景スポット1:輪島朝市
日本三大朝市として有名な輪島の朝市。およそ360m続く通りに面して200以上もの露店が並び、威勢の良い掛け声と活気あふれる市場の光景を見ることができます。能登半島で採れば海産物以外にも、軽く食べられるおやつもあるので、食べ歩きしながら往来するだけでも気分が盛り上がります。定休日は毎月第2・4水曜日と正月3ヶ日となっているほか、8月と11月にも臨時定休日があるので調べてから出かけるのがおすすめです。12時前には終わってしまうので、出かけるならぜひ午前中に行きましょう。

★節約絶景スポット2:ヤセの断崖・義経の船隠し・能登金剛・巌門
能登半島きっての景勝地として有名な能登金剛・巌門。その近くには松本清張の名作「ゼロの焦点」の舞台となったヤセの断崖や、源頼朝から逃れるために義経と弁慶が舟を隠したという義経の船隠しなどがあるので、ぜひとも立ち寄りたい絶景スポット。ヤセの断崖には無料駐車場があり、そこに停めてヤセの断崖を眺めたのち、断崖沿いの遊歩道を歩けば約3分で義経の船隠しを見ることができます。能登金剛・巌門はぜひ遊覧船に乗って海上から眺めるのがおすすめです(大人1,100円)。

▼能登国定公園にある能登金剛。巌門をはじめ珍しい形状の奇岩や洞窟などを見ることができます。
能登国定公園にある能登金剛の画像

★節約絶景スポット3:千里浜なぎさドライブウェイ
日本で唯一ここだけという、車で砂浜の上を走れる道路がこちら。全長およそ8キロに渡って伸びる波打ち際の本当にすぐ横を車で走ることができます。通常の砂粒よりも粒子が細かいため、バスのような重たいものが乗っても砂浜がめり込むことがなく、安心して走行することが可能。実際に観光バスも数多く行き来しています。砂浜上には道路標識もきちんと整備され、通行は無料、24時間いつでも走ることができます(波が高い時などには規制あり)。ここから眺める夕陽は絶景なので、ぜひ夕暮れ時の訪れたい場所です。

●節約テクニック
能登半島の北部にある朝市からスタートして、夕暮れ頃になぎさドライブウェイにたどり着くように設定した今回のドライブコース。能登半島の海岸線部分は国定公園に指定されているほど美しい景観が楽しめる絶景スポットなので、次々に名勝地が出現し、じっくり見て回ると1日では回り切れないこともあるほど。能登空港まで飛行機で向かい、そこからレンタカーを借りて今回のドライブコースを回り、金沢駅でレンタカーを返却(乗り捨て)して、北陸新幹線で帰京するというのもおすすめです。

●【節約絶景ドライブ】 シリーズ
おすすめスポット●1 伊豆半島編

おすすめスポット●2 房総フラワーライン編

おすすめスポット●3 富士パノラマライン編

おすすめスポット●4 日立シーサイドロード編

おすすめスポット●5 日本ロマンチック街道で行く軽井沢編

おすすめスポット●6 箱根・芦ノ湖スカイライン編

おすすめスポット●7 伊勢志摩国立公園を満喫ドライブ編

ランキング